働き方の話

【ヤバい】パワハラにあたる言葉とは?判例からみるパワハラ語一覧

【ヤバい】パワハラにあたる言葉とは?判例からみるパワハラ語一覧

この記事を読めば、パワハラにあたる言葉がわかります。

どうも、たくろーです。

前にいた会社はそれなりにパワハラ感の強い会社で、それなりの罵詈雑言やプライバシーの侵害は当たり前のように受けてきましたが……

今回パワハラについて詳しく調べてみると、上には上がいるんだなとわかりました。パワハラってヤバいですね。

この記事が役に立つ人
  • 自分が受けているのがパワハラなのかわからない人
  • 部下に強く当たっているのが心配になってきた人
  • 訴えて辞めようかと思っている人

とにかく、相手が傷つけばパワハラです。知らずに被害者になって傷ついたり、もちろん自分が加害者になったりしないよう、パワハラにあたる言葉や行動を知っておきましょう。

パワハラにあたる言葉とは?

まずはパワハラについての基礎知識を少しお伝えしていきます。

パワハラとは「パワーハラスメント」の略で、ようするに「やられた方がメンタルや社会的にダメージを受ける行為」のことですね。

じゃあパワハラに当たる言葉って?となると難しく考えてしまいがちですが、具体的には「ばかやろう」「役立たず」「給料泥棒」「責任を取れ」みたいな、なんだかもう子供の暴言のようなものもパワハラに当たります。

(さすがに今どきあんまり言う人いませんよね)

ちなみに上司から部下からだけでなく、同僚同士や部下から上司の行為もパワハラになり得ますので、いくら嫌いな上司でも「ハゲ」とか「デブ」とか言っちゃいけません

パワーハラスメントには「定義」がある

明確な「職場のパワーハラスメントの定義」は下記の通り。

同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的、身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為

厚生労働省『みんなでなくそう!職場のパワーハラスメント』より

ちなみにパワハラに当たるのは「言葉」だけでなく「行為」もあって、さきほど貼った図表のように主に6つに分類されています。

  1. 身体的な攻撃
  2. 精神的な攻撃
  3. 人間関係からの切り離し
  4. 過大な要求
  5. 過小な要求
  6. 個の侵害

上記のように整理されるんですね。働いてたら、大なり小なり心当たりがあるのではないでしょうか?

たくろー
たくろー
ちなみに僕は、前にいた会社で2と4と6のパワハラは受けたことがあります。あれはパワハラだ。

とはいえ、具体的に何がパワハラになって何がセーフなのか、明確に線引きするのは難しいとされています。受けた側の感じ方にもよるからですね。

罰則に明確なルールはなくて、受けた側の感じ方ひとつ

「バカ」って1回いったら「はいアウトー」ってなると、多分いろいろと弊害が出てきますよね。なので、パワハラに明確なルールを作るのは難しいと。

上記のように概念的に設定されています。

要するに「それが仕事に必要ではないことで、受けた側がパワハラだと感じたらパワハラ」ということです。

もちろん自分が相手にパワハラしてしまわないよう気を付けたいですし「このくらい我慢しよう」なんて無駄に耐えて病んでしまうのも避けたいですね。

パワハラにあたる言葉一覧

パワハラにあたる言葉一覧

それでは、実際にあったパワハラに関する判例や公的な書類の具体例から、パワハラにあたる言葉を見ていきましょう。

以下、様々な判例で「パワハラに当たる」要件と判断された主な言葉をまとめました。

パワハラにあたる言葉

「馬鹿」「ふざけるな」「役立たず」「給料泥棒」「死ね」

「やる気がないなら、会社を辞めるべきだと思います。当SCにとっても、会社にとっても損失そのものです。」

「そんなに休むと、上は必要ない人間だと言う」

「金庫室なんかいつまでも開けておいたらあかんに決まってるやろ。防犯上良くないことくらいあほでも小学生でも分かるやろ」

「よくこんな奴と結婚したな、もの好きもいるもんだな。」

「いつまでしがみつくつもりなのかなって」「辞めていただくのが筋です。」「懲戒免職とかになったほうがいいんですか。」

「1年を過ぎて、OJTと同じようなレベルしか仕事ができない人が、もう会社はそこまでチャンス与えられないって言ってるの。」「もう十分見極めたから。」「懲戒になると、会社辞めさせられたことになるから、それをしたくないから言ってる。」「この仕事には、もう無理です。記憶障害であるとか、若年性認知症みたいな」

明るい職場応援団などを参考に集めました。

見てるだけで鬱になってきますね……。

とはいえ、どの言葉も「どう考えてもパワハラ」なものばかりです。相手が傷ついている以上「知らずに言っちゃった」なんて絶対に通らないのがパワハラですので、気を付けましょう&受けてる場合は弁護士に相談しましょう。

逆に、パワハラに当たらない言葉とは?

ではどういう言葉やシチュエーションならパワハラに当たらない?って話になると、やはり「それが業務上必要な適正な指導(言葉)か?」というところ。

たとえば、

  • 遅刻したら1:1で叱られた
  • 営業成績がわるいので、改善案を考えるよう怒られた
  • 決められた納期を守れなかったので叱られた

上記のようなシチュエーションならパワハラにはならないでしょう。

「叱る」の中身にもよりますが、仕事をしていくうえで必要な注意や叱責はパワハラに当たりません。しかし、もちろんそこに無駄な暴言や悪口、人格を攻撃するような言葉が混じっていればパワハラになりますと。

とはいえ普通に働いていれば、そんなこと言わないはずですね。

パワハラにあたる言葉が飛び交ってるような職場なら辞めよう

正直「パワハラにあたる言葉」が日常的につかわれるような会社は異常ですね。

僕が前にいた会社もそれなりにパワハラ感はありましたが……判例をいろいろと探してみると、やっぱり上には上がいるなと思いました。

今は退職代行サービスを展開している弁護士もいて、カウンセリングは無料で受けられたりします。もしも被害にあっていれば、無理せず然るべきところに相談して解決しましょう。

例えば下記の記事で説明している「弁護士法人みやび」とかですね。

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス
弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス弁護士法人みやびの評判や実績を調査し、サービスの特徴をまとめました。 結論としては、とても利用者に寄り添ったサービスを展開している...

では、できれば被害者にも加害者にもならない職場で過ごしましょう。

ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
これまでにアパレル業界のエリアマネージャー職や人事・総務の仕事を経験。現在は企業メディアで編集・ライティング・SEO対策を担当する副編集長として働きつつ、ブロガー・webライターとしてパラレルワーク中。筋トレとザンギが好きです。詳しくはPROFILEもご覧ください。
3週間で転職できるスキルが身に付く「ブログ講座」を用意しました

【速報】ブログを始めて未経験から超ホワイトなwebマーケ企業に転職した僕がお届けする「3週間講座」を無料で用意しました。

職務経歴書に書けるブログの作り方
こんなあなたにオススメです。

  • お店で毎日消耗しながら働いて、いつか転職しようとは思うけれど踏ん切りがつかない27歳のアパレル店長
  • それなりに出世したものの、先が見えてしまって絶望している35歳・人事部の中間管理職
  • もしも40歳をすぎて今の会社が潰れたら…と想像すると、どうやって暮らしていけば良いのかわからない営業マン

3週間で学び、ブログを書き、1年後にはwebマーケティング企業に転職できるスキルを身に付けましょう。

【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座
【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座この記事は「職務経歴書に書けるブログの作り方&webライティングスキル」を3週間(21日)で学べる講座です。 さっそく申し...