転職ノウハウ

30代で転職したいと思ったらこれを見ろ。転職活動の進め方を解説

30代で転職したいと思ったらこれを見ろ。転職完全攻略ガイド

どうも、たくろーです。

「転職したいけど、何から始めればいいんだろう?」

と悩んでいる30代のあなたへ、転職活動を進める方法の攻略ガイドを用意しました。

僕は元々人事・採用担当として働いていた経験があり、実際に30代で未経験職(webライター・ディレクター)へ転職しています。

そんな採用側・応募者側両方の視点から「転職したいあなたが今からやるべきこと」をまとめました。

30代の転職では、とにかく目的を明確にし「具体性」を持って動くべきです。

20代とは違い、自分の「できること」や「好きなこと」が定まってきた” 今 “だからこそ、目的をもって後悔のない転職を実現しましょう。

30代で「転職したい」と思ったらここから。5つの「やることリスト」

30代で「転職したい」と思ったらここから。5つの「やることリスト」

まずは事前準備です。

30代で転職したいと思ったとき「なんとなく今の仕事が嫌だな」とか「俺には他にできることがあるはずだ」なんてふわっとした動機で転職活動をすべきではありません。

たくろー
たくろー
そんなテンションで面接を受けても、どうせ受かりませんからね

まずはここでお伝えする5つの「やることリスト」を、順番にクリアしていって下さい。

1. まずは転職動機をポジティブに言い換える

「転職したいな」と思ったとき、そこには少なからずネガティブな理由があるはずです。それを、ポジティブな転職動機に言い換えるところから始めましょう。

ネガティブな動機のままなんとなく転職活動を始めると、それだけ志が低くなりますし、自分が転職する目的がぼやけてしまいます。

例えば、以下のように言い換えてみましょう。

  • 「給料が低いのが嫌だ」→「もっと給料の良い仕事がしたい」
  • 「休みが少ないのが嫌だ」→「ホワイト環境のまともな会社で働きたい」
  • 「人間関係がめんどくさい」→「もっとレベルの高い人間のいる職場で働きたい」
  • 「上司がめんどくさい」→「自分に裁量のあるポジションで働きたい」

まずは動機をポジティブにするところからです。

2. 転職の目的を明確にする

次に、先ほど言い換えた転職動機をベースに「転職する目的」を明確にしましょう。

というのも、世の中には「完璧な求人」は存在しないからです。

給料は良くても残業が多かったり、休みは多くても給料が低かったりしますので、今回の転職で自分が叶えたいラインを明確にしておくことが大切です。

転職先に対して自分が何を求めるのか、反対に何に妥協できるのか考え、今回転職する目的を定めましょう。

例えばですが、

  • 必ず今よりも給料アップさせる
  • 必ず年休120日以上ある会社へ転職する
  • 必ず好きな仕事ができる職種へ転職する

このように給与や休日、仕事内容など、自分が転職するうえで必ず叶えたいことを明確にします。

もちろん一つでも二つでも結構ですので、自分が必ず叶えたい、妥協できないラインを設定しておきましょう。

3. 転職するリスクと天秤にかける

目的を明確にしたあとは「その目的は、本当に今の会社を辞めてまで求めるべきことなのか?」と考えてみて下さい。

今の会社の将来性、自分のポジション、所属部署、経験などを踏まえて考えてみましょう。

例えばその目的が今の会社であと1年頑張れば叶えられそうなら、リスクをとって転職する意義はないかもしれません。もちろん状況にもよりますので、そこは自分の気持ち一つですね。

それでも「絶対に叶えたい」と思える目的なら、迷いなく転職活動に進むと良いでしょう。

4. 背負う家族がいるなら、事前に相談を

「よし、転職活動をしよう」と心に決めたあと、あなたに家族やパートナーがいるなら事前に相談しておきましょう。

あなたが転職する目的が明確であれば、きっと応援してくれるはずです。

反対に、例えば動機がネガティブなものだったり、目的が定まっていなかったりすると……「考え直したら?」と言われるのが目に見えています。

おそらくその状態だと、その動機や目的の薄さを転職先にも見透かされて上手くいかないでしょう。

家族に自信を持って話せる動機や目的を持って、転職活動に臨めると良いですね。

5. 期日を設定する。目安は3ヶ月

家族の理解も得られたら、次は「転職活動の期日」を、3ヶ月後を目安に設定しておくと良いでしょう。

あなたが実際に内定を勝ち取れるか否かは、今の経験やスキルに左右されます。

そこで、3ヶ月も転職活動して1件も内定を取れないような状況になれば「今のスキルや経験では転職が難しい」と判断すべきでしょう。

それにダラダラと転職先を探し続けていると、モチベーションも下がってどんどん上手くいかなくなってきます。

「3ヶ月」を目安に期日を設定したうえで、スピーディに活動していきましょう。

30代が転職活動を進める手順を解説

30代の転職活動のやり方完全ガイド

それでは実際に転職活動を始めましょう。

30代の転職においては、何より「具体性」が大切です。

夢や理想、やりたいことを語れば良かった20代とは違い、より具体的なスキルや経験を求められるのが30代の転職事情。

とにかく「具体性」を合言葉にしながら、転職活動を進めていきましょう。

やりたい仕事、業界、職種を絞る

まずは「やることリスト」の中で決めた「転職する目的」に沿って、仕事内容や業界、職種を絞っていきましょう。

ここで大切なのが「あなたが本心から志望動機を話せる仕事」を選ぶことです。

僕が採用担当として働いていた頃、300人以上の応募者と面接してきましたが、結局のところ「本気度」が面接攻略における本質だと感じました。

「その仕事が自分のやるべき使命だ」と本気で思っているような人ほど、やはり志望動機も理にかなっていて「一緒に働きたいな」と思える熱が面接官に伝わります。

あなたが本気でやりたいと思える仕事内容や業界に絞ってみて下さい。

【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくないなら、好きな事を仕事にしよう
【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくない人も、自分に向いてる仕事ならできるこの記事を読めば「そもそも働きたくない…仕事したくない…」という人でも、自分に向いてる仕事を探してストレスフリーに働いていく方法がわかり...

経歴を整理しつつ、履歴書、職務経歴書のたたき台を作る

次に、自分の経歴を整理しながら応募書類のたたき台を作りましょう。

経歴をなんとなく全て並べるのではなく、あくまで目指す業界や職種にあったスキルをアピールできる書類が作れると良いですね。

例えば僕がアパレル業界で働いていた頃のスキルセットとしては

  • 50名〜のマネジメントスキル
  • 接客スキル
  • 表計算を利用した売上・利益管理
  • 人事としての採用ノウハウ

などがあります。

僕はweb業界に転職しましたので、使えたのは「マネジメントスキル」のみですね。もしアピールポイントに「表計算できます!」なんて書いたところで、全く求められてないので意味がありません。

このように、自分の経歴やスキルの中から「その仕事に求められるのはどのスキルだ?」と考えながら、書類のたたき台を作っていって下さい。

僕が実際に転職したときの体験談は、下記の記事もどうぞ。

未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説どうも、たくろーです。 今回は「未経験から”食っていけるwebライター”になる方法」というテーマでお話します。 ...

実際に仕事を探す

ある程度書類が形になったら、実際に仕事を探し始めます。

僕の経験上、ハローワークにはほぼまともな仕事がありませんので、転職サイトや転職エージェントを利用すると良いでしょう。

【元人事の意見】ハローワークにまともな求人がない理由とは?この記事を読めば、ハローワークにまともな求人が無い理由がわかります。 「ハローワーク、なんでまともな求人がないんだ?」「ハ...

転職エージェントを利用しておけば、例えば書類の添削も面接対策もお願いできます。

転職活動に不安がある方は、エージェントに頼りながら進めるのも良い手段ですね。

転職エージェントは信用できない!という人は、利害関係を整理して考えようどうも、たくろーです。 「転職エージェントってなんで無料なの?逆に信用できないんだけど……」 「転職させたいからって変な求人...

応募書類は、その会社専用にカスタマイズして送付する

いざ応募したい会社が見つかれば、まずは書類をその会社に向けてカスタマイズしましょう。

その「業界」を目指している動機ではなく、あくまで「その会社で働く志望動機」が書けると良いですね。

ちなみに転職の応募書類においては、ある程度の文章力も見られます。

自信のない方は、下記の「正しい文章の書き方」に関する記事も参考にしながら、採用担当から見て魅力的な文章を書けるよう心がけてみて下さい。

【完全版】正しい文章の書き方6か条。間違いやすい表現に気をつけよう
正しい文章の書き方6か条。間違いやすい表現に気をつけようどうも、たくろーです。 「なんか、文章書いてもしっくりこなくて苦手なんだよな……」 と悩んでいるあなたへ、間違いやすいポイン...

面接を受ける

書類選考に受かれば、いざ面接です。

おそらく色々なところで見る情報だとは思いますが「面接は第一印象がすべて」です。

日本では「減点方式」がポピュラーですので、全ての採用担当は「こんな人がいいな」という応募者像を100点のイメージとして持っていると思ってください。

たくろー
たくろー
最初の第一印象が悪いと、それだけで50点くらい引かれると思ってもらっても構いません。

面接中に加点されることはほぼありませんので、第一印象が悪ければそれだけで受かる確率が下がってしまいます。

経歴やスキルは書類でほぼ判断済みですので、面接では「この人はうちの会社で上手く働いてくれるかな?」という視点でジャッジされるということを忘れずに、笑顔で本心から話せると良いですね。

転職したいのに受からない人の理由と3つの対処法。元採用担当が教えるよ
転職したいのに受からない人へ。その理由と対処法を元採用担当が教えるよどうも、たくろーです。 「転職したいのに、全然受からない……どうすればいいんだ……」 「書類は受かっても、1次面接で5連敗だ...

内定

面接がうまくいけば、いよいよ内定です!

内定をもらえたら、できれば「労働条件通知書」「採用通知書」などの証明書類を発行してもらうようにお願いしましょう。

たくろー
たくろー
口約束だけで終わると、万が一のトラブルがないとも限りません。

あとは入社日や退職日を調整するために、必要な準備を進めていきましょう。

内定が出たらどうする?30代の会社の辞め方ガイド

内定が出たらどうする?30代の会社の辞め方ガイド

内定が出たら、次は双方の会社と日程を調整する作業が待っています。

しかしここまで来たら、もう何も迷うことも後ろめたくなることもありません。堂々と会社を辞め、意気揚々と転職先へと出勤するだけ。

会社を辞める手順も一通りガイドしておきますね。

まずは転職先と、入社日の目安を相談する

まず最初に、内定をもらった転職先と相談して「入社日」の目安をすり合わせておきましょう。先に退職手続きを進めたところで、入社日の目安がわからなければ話が進みません。

先方の事情にもよりますが、有休消化のスケジュールなども考えて良きタイミングに設定できると良いですね。

目安としては、2ヶ月後や3ヶ月後くらいの入社を目指すのが一般的かなと思います。

今の会社の退職手続きを進める

なんとなくの入社日の目安がわかれば、いよいよ今の会社で退職手続きを進めます。

直属の上司に「ご相談したいことがありますので、お時間いただけますか?」とちょっと真剣な顔でアポをとってから話しましょう。

できれば入社を予定している日の1ヶ月前くらいに退職日を設定できれば、しばらく有給も消化できて万々歳ですね。この辺りはうまく調整していきましょう。

「退職を言い出すのがどうしてもキツい……」という場合は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

退職を切り出せない人へのアドバイス。別れ話に似てるよね【実体験】
退職を切り出せない人は、重く考えすぎな件。ただの業務報告と捉えようどうも、たくろーです。 「退職したいけど、切り出せないんだよな……」 「転職が決まったけど、抱えてる仕事もあるし、今のタイミ...

指示された相手に業務を引き継ぐ

退職日も決まれば、あとは業務を引き継ぎます。上司から指定された相手に、指定された期日までに引き継げるよう計画的に進めていきましょう。

引き継ぎのコツは、とにかくわかりやすい資料を残しておくことです。

そうでなければ、会社によっては辞めてからも「申し訳ないけど、ちょっとだけ教えて欲しい」なんてめんどくさい連絡がくる可能性もありますからね……。

少し大袈裟なくらい、0から100まで引き継ぐよう心がけると良いでしょう。

ちなみに最終出勤日は、菓子折りの一つくらいは所属部署に渡すのが一般的です。

もちろん会社の文化にもよりますが、辞めた後にヒソヒソと噂をされないために用意しておくと良いですね。

いざ転職へ

引き継ぎも終われば、いざ転職です。

新天地では「前の職場ではこうでした」なんてめんどくさいことは言わず「郷に入っては郷に従え」を体現できると良いですね。

何か改善したい部分が見えたとしても、早くて3ヶ月、半年経って職場に慣れてからが良いでしょう。

それでは、理想の転職を実現して下さいね。

30代の転職におすすめの転職エージェント

30代の転職におすすめの転職エージェント

それでは最後に、30代のあなたの転職に役立つ転職エージェントをご紹介しておきます。

普段はあまり表に出てこないような非公開求人も見れたり、ハイクラスの求人を探せたり、自分にあった仕事を紹介してくれたりするのは、転職エージェントならではのメリットです。

もちろん転職サイトで求人を探しても問題ありませんが、必要であれば、転職をサポートしてくれるエージェントも利用してみて下さい。

doda

doda

dodaは大手の転職エージェントです。もともとIT、エンジニア系に強い企業でしたが、今では日本でトップを争う転職エージェントに成長しました。

求人数ももちろんトップクラスですし、非公開求人も沢山あります。30代から仕事を探すには、とにかく求人数が多いのが大きなメリットになるでしょう。

経歴を登録しておけば企業からスカウトをもらえるシステムもありますので、まずはエージェントとの面談を済ませて希望を伝えておけば、仕事探しがスムーズに進むはずです。

\CHECK NOW/
dodaに無料登録する

JAC Recruitment

JAC Recruitment

30代のハイクラス転職におすすめなのが、JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)です。

紹介企業は外資企業や大企業が中心で、マネジメント職や専門職に強いエージェントとして29年も運営している老舗企業。年収600万円〜を目指したい30代の方は、必ず登録しておきたい転職エージェントです。

大手エージェントよりも求人数は少なくなりますが、その分求人のクオリティは上がるため、自信のあるあなたにおすすめです。

\CHECK NOW/
JAC Recruitmentに無料登録する

Samurai job

Samurai job

Samurai jobも、JACと同様ハイクラス求人だけを取り扱っている転職エージェントです。

ここまでにご紹介した大手エージェントと比べると求人数は落ちますが、マネジメント層への転職を狙う30代のあなたにとっては余計な求人も少なく、効率よく転職活動を進められるはず。

JACで満足な求人が見つからなかった方や、課長クラス以上のポジションを狙っている方は、ぜひ一度相談してみて下さい。

\CHECK NOW/
Samurai jobに無料登録する

kaguya

kaguyaはエンジニア・技術職に特化した転職エージェントです。

とくに技術職が転職する場合、転職エージェント側にもある程度の専門知識があったほうが話がスムーズに進むことがほとんど。経験を積んだ30代だからこそ、専門性の高いエージェントで相談したほうが安心ですね。

技術職でステップアップしたい方は、ぜひkaguyaに相談してみて下さい。

\CHECK NOW/
kaguyaに無料登録する

600人が選ぶ!転職エージェントおすすめ人気ランキング10社比較!どうも、たくろーです。 今回は転職エージェントを利用して転職に成功した600名が実際に利用した転職エージェントを、利用者数の多い順...

30代で転職したいと思ったら、ぜひ「やりたい仕事」を探してみて

30代の転職では「具体性」が大切とは伝えましたが、それよりも大切にして欲しいことがあります。

それが、できれば「自分のやりたい仕事」を妥協せずに探して欲しいということ。

例えば「30代で未経験職なんて難しい」なんて風潮はありますが、僕は実現できました。本気でやりたい仕事だったので、本気で準備をして転職活動をすれば1社目で内定を貰えたんですよね。

つまり結局のところ、30代で転職に成功できるか否かは「どれだけ本気で転職に向き合えるか」が関わっていると、実際に転職して感じました。

本気になるには、やはり自分のやりたい仕事じゃないと難しいはずです。

ぜひ自分が心からやりたい仕事を探して、理想の転職を成功させていって下さいね。

転職するのが怖いのは当たり前。でもいま動けないと、10年後詰むよどうも、たくろーです。 「転職しようかなと思うけど、いざ動くとなると怖いな……」 「自分の職歴で転職できるのかな?次の仕事が...
未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説どうも、たくろーです。 今回は「未経験から”食っていけるwebライター”になる方法」というテーマでお話します。 ...
ABOUT ME
たくろー(WEBライター)
ブログ飯を達成しましたが、好きでサラリーマンをしています。 家ではブロガーをしつつ、企業オウンドメディアの編集長やwebライティング講師として活動。以前はブラックなアパレル企業で「人事」や「エリアマネージャー」を経験。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンスです。下記URLより詳しいプロフィールもご覧ください。
30秒でOK!退職代行診断チャート

30秒診断

あなたにピッタリな退職代行は?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの状況に合った退職代行がわかります。

Q3:有給は使いたいですか?

Q3:パワハラやセクハラを受けていますか?

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合の退職代行。24時間365日対応で、有給も全て使って即日退職できます。
25,000円ポッキリ相場以下の価格で、安心して辞められますよ。

\CHECK NOW/

まずは無料で、24時間対応のLINE相談から
公式サイトから無料相談する退職代行SARABA公式サイトにジャンプします

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
評判ヤバい!退職代行SARABA(サラバ)の口コミ体験談を徹底調査どうも、たくろーです。 今回は退職代行SARABA(サラバ)を使った人の口コミや体験談を調査してわかった評判をお伝えしていきます。...

もう一度診断する

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合の退職代行。会社と交渉する法的な権利があるので、安心して即日退職できます。
25,000円ポッキリと相場以下の価格で、安心して辞められますよ。

\CHECK NOW/

まずは無料で、24時間対応のLINE相談から
公式サイトから無料相談する退職代行SARABA公式サイトにジャンプします

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
評判ヤバい!退職代行SARABA(サラバ)の口コミ体験談を徹底調査どうも、たくろーです。 今回は退職代行SARABA(サラバ)を使った人の口コミや体験談を調査してわかった評判をお伝えしていきます。...

もう一度診断する

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合の退職代行。有給も全て使って即日退職できます。
実はパワハラやセクハラなどの具体的な被害が無い場合は、弁護士に頼んでも賠償請求は難しいかもしれません。
そんな会社に時間を割くくらいなら、弁護士よりリーズナブルな「労働組合」のサービスでスッキリ辞めましょう。
25,000円ポッキリと相場以下の価格で、安心して辞められますよ。

\CHECK NOW/

まずは無料で、24時間対応のLINE相談から
公式サイトから無料相談する退職代行SARABA公式サイトにジャンプします

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
評判ヤバい!退職代行SARABA(サラバ)の口コミ体験談を徹底調査どうも、たくろーです。 今回は退職代行SARABA(サラバ)を使った人の口コミや体験談を調査してわかった評判をお伝えしていきます。...

もう一度診断する

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

「弁護士法人みやび」です。

弁護士法人みやびは、その名の通り弁護士の退職代行。有給が全部使えるように交渉してもらえて、とにかく安心して辞められます。
料金は50,000円ポッキリと労働組合のサービスより高くはなりますが、その分「弁護士」というネームでトラブルのリスクなく辞められるでしょう。

お金よりも「安心」を取りたいあなたは、弁護士法人みやびで決まりです。

\CHECK NOW/

まずはLINEで無料相談から
さっそく無料相談する弁護士法人みやび公式サイトにジャンプします

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス
騙されるな!弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗な退職代行どうも、たくろーです。 今回は退職代行サービスを展開している「弁護士法人みやび」の評判や実績を調査しました。 結論として、と...

もう一度診断する

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

「弁護士法人みやび」です。

弁護士法人みやびは、その名の通り弁護士の退職代行。有給だって全て消化できるのはもちろん、損害賠償請求までお願いできます。
退職代行自体の料金は50,000円ポッキリ。それに加えて賠償請求は「成果の20%」の成果報酬でお願いできるシステム。

損害賠償請求までお願いしたいあなたは、弁護士法人みやびで決まりです。

\CHECK NOW/

まずはLINEで無料相談から
さっそく無料相談する弁護士法人みやび公式サイトにジャンプします

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス
騙されるな!弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗な退職代行どうも、たくろーです。 今回は退職代行サービスを展開している「弁護士法人みやび」の評判や実績を調査しました。 結論として、と...

もう一度診断する

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

「退職代行J-NEXT」です。

J-NEXTは普通の会社が運営する退職代行なので、有休消化などはお願いできません。
とにかく20,000円ポッキリという料金が魅力で、退職代行業界の中でもトップクラスの格安サービスです。

安心よりも「料金」を取りたいあなたは、退職代行J-NEXTに相談してみて下さい。

\CHECK NOW/

J-NEXTならとにかく安く辞められる
さっそく無料相談する

退職代行J-NEXTの口コミ・評判。20,000円ポッキリで即日退職!退職代行J-NEXTは、退職代行業界最安水準の20,000円ポッキリの価格がウリ。さらに、同価格帯のサービスと比べると圧倒的にサポートが...

もう一度診断する

【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP10!選び方や基礎知識も解説
【10月最新】退職代行おすすめ人気ランキングTOP9!リアルな実績でランク付け退職代行を使われたことがある元人事が、退職代行をランク付けしました。安心して有給消化までお願いできる法的権利のあるサービスを中心に、状況別の選び方やおすすめサービスも解説しています。...
【保存版】後払いできる退職代行おすすめ6つを比較。種類や利用手順まで解説!
【保存版】後払いできる退職代行おすすめ6つを比較。種類や利用手順まで解説!どうも、たくろーです。 今回は「後払いのできるおすすめの退職代行サービス」をご紹介します。 こんな方向けのサービスが...