webライティングの話

【プロ厳選】おすすめのwebライティング本9選。初心者~上級者まで対応

この記事を読めば、webライティングを学べる本がわかります。

たくろー
たくろー
どうも。札幌のwebライター、たくろーです。

僕は本業でも企業メディアの副編集長をしていて、ライターさんの文章をチェックしたり、記事を編集したりしてます。

てことはライティングについて常に勉強しておく必要があるわけで、本を読んだりwebで調べたり、毎日なんだかんだと知識を入れてるんですよね。もはやkindleで「ライティング」とか「文章」とか検索してunlimited対象本を読み漁るのが日課になってます。

そんな僕が「この本めっちゃwebライティングの勉強になる」と思った書籍を、備忘録も兼ねてご紹介していこうかなと。

この記事が役に立つ人
  • 読みやすい文章を書きたい人
  • webライターになりたい人
  • ブログでもっと読まれる記事を書きたい人
  • ビジネス文書をもっとスマートに書きたい人

そもそも、どのジャンルの本を読むべき?」といった部分から解説しますので、初心者から上級者まで、ぜひwebライティングに関する本を選ぶ参考にして下さい。

下記の記事を読んで、事前知識をいれておくのもおすすめです。

webライティングとは?SEOにも効く、ブログ記事の正しい書き方この記事を読めば、「webライティング」をブログ運営に活かす”具体的な方法”がわかります。 webライティングの基本を理解...

初心者がwebライティング本を選ぶ基準

初心者がwebライティングの本を選ぶ基準

冒頭でもお伝えしたとおり、ライティングに関する本はとても沢山出版されています。ジャンルをまとめると下記の通り。

文章術読みやすい文章の書き方
web(SEO)ライティングwebで書く上の基礎知識
セールスライティング人に行動してもらうための文章術
コピーライティング商品と人を結びつける文章術
ブログブログのアクセスを増やす(稼ぐ)方法
アフィリエイト商材やテーマ選び、事例など
たくろー
たくろー
多すぎる…

自分がどれを読めば良いか、わかりますか?わかんないですよね。

まずは基本のwebライティングと文章術の本がオススメ

webで文章を書くうえで、まずはweb記事のルールを身に着けておく必要があります。

結論から話すだとか、読者のニーズから逆算して書くだとか。

たとえば紙の本だと、前書きとか後書きがめっちゃ長いですよね。でもwebであんなに長々と自己紹介をしたり、本を書いた背景を説明しはじめたら「めんどくせー」と思われます。

たくろー
たくろー
即離脱ですね。

できるだけコンパクトに、読者の悩みを解決できる文章を書くのがwebライティングの基本。

というわけで、まずはwebライティングの基本概念を学べる本を読むのが得策です。

次に、セールスライティングの本を読むのがおすすめ

「文章で人に行動してもらう」ってめっちゃ難しいんです。極めた人は文章だけで何億円も稼げるようなスキルですので、そりゃ難しいに決まってますと。

しかし事実として文章にはそれだけパワーがあって、その本質を学べるのが「セールスライティング」というわけですね。

たくろー
たくろー
ちなみに「セールスライティング」と「コピーライティング」の使い分けは世界的にあいまいです。

セールスライティングの本質は物を売るのではなくて、人に行動してもらうことです。

行動してもらうんだから、もちろん物を買ってもらうことも、ボタンを押してもらうこともお手の物。

役立つシチュエーションはブログの執筆とかライティングの仕事だけじゃなくて、例えば「ビジネスメール」とか、ある意味では「マニュアル作り」でも活かせるようなスキルです。

始めて読んだときに本質を掴むのはむずかしいと思いますが、何度も何度も定期的に読み直すと、スルメみたいに味が出てくるのがセールスライティングの本ですね。

そのあとは、必要に応じて好きなジャンルを足していく

そのあとは、ブログのアクセスを伸ばしたいなら「ブログ運営」の本を。アフィリエイトの売上を上げたいなら「アフィリエイト」について解説している本を選びましょう。

たくろー
たくろー
上記の狭いジャンルの本は品質がピンキリですので、基本を学んで自分で良し悪しを判断できるようになってから読んだ方が良いんです。

ジャンルは本当に沢山あります。

分析を学びたいならグーグルサーチコンソールについて解説された本もありますし、リスティング広告を学べる本もあります。

どんどん知識を入れていきたいですね。

基本の書き方を学べるwebライティング本

まずは基本。ここから読みましょう。

国語的な通常の文章術とwebライティングの大きな違いは「SEO」です。人だけじゃなく「検索エンジン」からも好まれる文章を書く必要があるんですね。

基本的なノウハウを抑えておかないと、他のライターやメディアと同じ土俵で戦えません。

というわけで、まずはwebライティングの基本的な書き方を学べる以下の2冊がオススメです。

沈黙のwebライティング

沈黙のwebライティング情報自体は少し古い部分もありますが、本質は変わりません。まさに「webライティングの教科書」のような1冊です。

  • SEOライティングとは何か
  • リライトの大切さ
  • 正しい引用の仕方
  • 取材記事を書くコツ
  • バズる記事とは?

上記のような内容で「ユーザーファースト」がどういうことか、SEOとは何かを解説してくれています。webライティングの基本がわかる本ですね。

沈黙のwebマーケティング

沈黙のwebマーケティング

「良いwebコンテンツとは?」がわかる本。webマーケティングの基礎知識を学べる入門書です。

  • SEOとはなにか
  • 売るためのwebデザインとライティング
  • オリジナリティの出し方
  • シェアされるコンテンツを作るコツ

上記のようなことがわかります。

web記事の本質である「読者に行動してもらう」ためのライティング手法にも言及されていますので『沈黙のwebライティング』とセットで読むと良いですね。

文章術を学べるwebライティング本

webライティングの超基本を学んだあとは「リズムよく読みやすい文章」を書くコツを会得しましょう。

以下の書籍で学べる文章術は、webだけでなく、ビジネスメールでも手紙でもLINEでも、なんにでも応用できるスキルです。

ぜひ手に取ってみて下さい。

新しい文章力の教室 苦手を得意に帰るナタリー式トレーニング

ニュースサイト「ナタリー」の元編集長が執筆された、webライティングの定番書籍です。とにかく「読まれる文章」を書くコツがまとまっています。

  • 書く前に準備すること
  • 完読される良い文章の書き方
  • 意味が明確に伝わる文章の書き方
  • 読んでもらうための工夫の仕方

上記のような内容が、これでもかという量の具体例とともにつづられています。めちゃくちゃわかりやすい。

webで文章を書くすべての人が、一度は教科書にすべき本です。

言葉ダイエット

言葉ダイエット

webライティングに特化した本ではなく「ビジネス全般」で使えるように書かれた文章術の本です。

  • 読みにくい文章とは
  • 読みやすい文章の基本とは
  • 言葉の削り方とは

上記のようなシンプルなテーマで、とにかく「端的に読みやすい文章を書くコツ」がまとめられています。

『新しい文章力の教室』と被る内容も多いですが、より深く学びたいときはこちらも。

セールスライティングを学べるwebライティング本

次はセールスライティングやコピーライティングの本。

ある程度書いたあとじゃないと理解が追い付かないとは思いますので、すでにブログを書いたりwebライターとして仕事をしている人に読んで欲しいジャンルです。

以下「人に行動してもらうにはどうすれば?」がわかるwebライティング本をまとめました。

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術

メンタリストDaiGoさんの書籍。ドストレートに「人に行動してもらう文章の書き方」が解説されています。

  • 人を動かす文章の具体例
  • 人が行動してしまうとき心理
  • 人の感情をゆさぶる文章の書き方

上記の内容が学べます。全編においてまさに1テーマ「人をすぐに行動させる文章術」について語られていて、本自体も非常に読みやすい構成。

時間をおいて何度も読めば、そのたびに勉強になります。

【書評】『人を操る禁断の文章術』はセールスライティングの良書(メンタリストDaiGo著)メンタリストDaiGo著『人を操る禁断の文章術』の書評です。 どうも。たくろーです。 「あなたの思う、世界最高の美女とは?」...

一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング

一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング

コピーライティングの第一人者「村上むねつぐ」さんの著書。ボリュームは控えめな本ですが、そうとは思えないほど内容がつまっている良書です。

  • 人から信用してもらうには?
  • 売れる文章を書くには?
  • 売れる文章の型とは?

上記の「売るための文章を書くコツ」が解説されています。『人を操る禁断の文章術』とセットで読めば、セールスライティングについての理解がめっちゃ深まると思います。

セールスライティング・ハンドブック

セールスライティング・ハンドブック

正直ちょっと小難しくて、ライティングにそのまんま活かすには難しいかもしれません。「古典の教科書」のような本です。

  • 情報収集の大切さ
  • コピーライティングの基本
  • さまざまな仕事上のライティングの心構え

上記の内容がわかります。直接「webライティング」について言及されているのはほんの一部なので、正直「必読」というほどではありません。

でもセールスライティングやコピーライティングの基本概念から知りたい場合は、読んでおいて損のない本ですね。

その他ブログ運営に役立つwebライティング本

以下、その他ジャンルのwebライティング本をまとめます。

ブログについて言及されているものや、分析ツールについての解説書など。

人もお金も動かす超スゴイ!文章術

人もお金も動かす超スゴイ!文章術

webライティングの基本とセールスライティングを混ぜて「ブログの書き方」としてわかりやすくまとめたような本です。

  • 文章術を練習するメリット
  • 読まれる文章の書き方
  • ファンの作り方
  • 行動してもらう文章の作り方

上記がとにかくわかりやすく解説されています。一つひとつの情報の中身の密度は、この記事内で紹介したwebライティングやセールスライティングの本に軍配があがります。

でも「ブログの書き方」として全体感を学ぶには、めちゃくちゃわかりやすい本です。

Google Search Console これからのSEOを変える基本と実践

Google Search Console これからのSEOを変える基本と実践

グーグルサーチコンソールの具体的な使い方や、記事の内部SEO対策について触れられている本。記事を分析するときに役立つ本ですね。

  • グーグルサーチコンソールで出来ること
  • 内部SEO対策の基本と具体的な手法

上記の内容が100項目の大ボリュームで書かれています。辞書みたいな感じで、目次を眺めて必要な見出しをパラパラと呼んでみるだけでも勉強になりますね。

もしあんまりサーチコンソールについて学んだことがなければ、一読しておくと知らない機能も知れて良いかもしれません。

おすすめのwebライティング本まとめ

ライティングの勉強におすすめのwebライティング本をご紹介しました。

ライティングにそっくりそのまま活かせるという意味では『新しい文章力の教室』が一番でしょうか。基本的な「読みやすい文章の書き方」を勉強できて、めちゃくちゃありがたい本です。

今回ご紹介した本はぜんぶ間違いなく良書。絶対になにか学べるポイントがあるはずですので、ぜひご一読ください。

まずはさらっといろんなライティングについて知りたいという人は、以下の記事でもいろいろと解説しています。ぜひあわせて読んでみて下さい。

それでは、今日も元気に書いていきましょう。

ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
これまでにアパレル業界のエリアマネージャー職や人事・総務の仕事を経験。現在は企業メディアで編集・ライティング・SEO対策を担当する副編集長として働きつつ、ブロガー・webライターとしてパラレルワーク中。筋トレとザンギが好きです。詳しくはPROFILEもご覧ください。
3週間で転職できるスキルが身に付く「ブログ講座」を用意しました

【速報】ブログを始めて未経験から超ホワイトなwebマーケ企業に転職した僕がお届けする「3週間講座」を無料で用意しました。

職務経歴書に書けるブログの作り方
こんなあなたにオススメです。

  • お店で毎日消耗しながら働いて、いつか転職しようとは思うけれど踏ん切りがつかない27歳のアパレル店長
  • それなりに出世したものの、先が見えてしまって絶望している35歳・人事部の中間管理職
  • もしも40歳をすぎて今の会社が潰れたら…と想像すると、どうやって暮らしていけば良いのかわからない営業マン

3週間で学び、ブログを書き、1年後にはwebマーケティング企業に転職できるスキルを身に付けましょう。

【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座
【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座この記事は「職務経歴書に書けるブログの作り方&webライティングスキル」を3週間(21日)で学べる講座です。 さっそく申し...