綺麗な文章とは?その条件と具体的な書き方をプロが解説

どうも、たくろーです。

今回は「綺麗な文章の書き方」というテーマでお話します。

僕は仕事柄、駆け出しのライターさんと接することが多いのですが、常々「人に読んでもらうための文章を書ける方が少なすぎる」と感じていました。

理由はシンプルで、「まわりの皆が文章を読んでくれる環境で育ったから」だと考えています。

例えば学校の宿題上司に宛てたビジネスメール冷蔵庫に貼った書き置き

これらの読み手は、ちょっとくらい文章がわかりにくくても頑張って読んでくれます。それは「あなたの文章を読む必要があるから」に他なりません。

たくろー
でも文章を仕事にすると「別にあなたの文章を読む理由がない人」に向けて書くことになるので、途端に上手くいかなくなるというわけですね。

そこで!多くの方に読まれるために必要なのが「綺麗な文章を書くスキル」です。

今回はいつも記事を編集・校正しているプロの視点から、皆から読んでもらえる綺麗な文章の書き方を解説していきます。

目次

\この記事を書いた人/

たくろー
ブロガー
関西から札幌に移住してきました。会社ではWebメディアの編集長を。家では無心でブログを書き続けるブロガーとして生きています。以前はブラックなアパレル企業で人事やエリアマネージャーの仕事をしていて、退職代行からの電話を受けたことがあります。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンス。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

綺麗な文章とは

綺麗な文章とは

「綺麗な文章」とは、読み手からみて理解しやすく、抑揚(よくよう)がついた読みやすい文章のことです。

読み手に対する「優しさ」「気遣い」が込められた文章とも言えますね。

まずはそんな「綺麗な文章」の具体的な特徴をまとめました。

読んでいて気持ちが良い文章

綺麗な文章の特徴として、豊かな表現でつづられた「読んでいて気持ちが良い文章」であることが挙げられます。

例えば、

「これは〜です。特徴は〜です。理由は〜です。例えば〜〜です。つまり〜〜です。」

このように同じ文末が続く、ただ羅列されただけの文章は、抑揚がなく稚拙な印象になってしまいます。読んでいてまったく気持ち良くありません。

たくろー
このタイプの文章を、僕はいつも「読書感想文のような文章」と表現しています。駆け出しのライターさんの多くが、このタイプの文章を書きますね。

綺麗な文章は、総じて「豊かに表現する」ことを意識して書かれています。

読みやすさが重視された文章

綺麗な文章は、相手が読みやすいよう考え抜かれた文章でもあります。

例えば学校の宿題研究論文ビジネスメールなどは、相手が読んでくれるのが前提のもの。どれだけ読みにくかろうが、頑張って読んでもらえるはずです。

しかし「別に読む必要がない文章」においては、少しでも読みにくければ誰からも読まれません。以下の例をご覧ください。

勿論文章に漢字を詰め込む事で多少知的な印象を与えられる可能性はありますが、途中で離脱される可能性が増大します。

たぶん途中で読むの嫌になりましたよね?

これは読みにくさの一例ですが、例えば読み手からみてわかりやすい量の「漢字」と「かな」が使われていることは、綺麗な文章である大切な要素の一つです。

読みにくい文章については下記の記事でも解説していますので、反例を知っておくのも良いかもしれません。

あわせて読みたい
読みにくい文章の特徴と添削例。あなたの文章を読みやすくするコツとは? どうも、たくろーです。 「文章が読みにくいって言われるけど、何をどう直せばいいんだろう……」 と悩んでいるあなたへ、読みにくい文章の特徴と添削例を解説していきま...

綺麗な文章の書き方

綺麗な文章の書き方

それでは、綺麗な文章の書き方を解説していきます。

全章でお伝えした「綺麗な文章」を書くために必要な要素を、シンプルに5つまで整理してまとめました。

ぜひ一度、文章を書く際に意識してみてください。

一文一義で書く

一文一義とは、「一文で伝えることを一つに絞ること」を指します。

この一文一義さえ意識していれば、文章が複雑になって読みにくくなることも、主語と述語が迷子になることもありません。

綺麗な文章を書くには、まずはすべての文章を「一文一義」で書く癖をつけましょう。

あわせて読みたい
【例文あり】一文一義の「文」と「文章」の書き方。デメリットも知っておこう どうも、たくろーです。 「一文一義ってなに?どうやって書けばいいの?」 と悩んでいる方へ、一文一義の「文」と「文章」の書き方を解説していきますね。 まず、すべて...

PREP法で書く

PREP法とは「結論-理由-具体例-再結論」の順番で書く技法です。小説やシナリオを書くのでない限り、かならずPREP法で書くよう意識しましょう。

この書き方を用いると、とにかく読者にとって必要な情報だけに絞って伝えやすくなります。何が言いたいのかわからなくなることもありません。

「相手に何かを説明するときは、とにかくPREP法で書くのが良い」と覚えておきましょう。

あわせて読みたい
【例文】PREP法とは?プロが教える、もっと伝わる文章の書き方・練習法 どうも、たくろーです。 と困っている方へ、PREP法を用いた最高の文章の書き方を0から完全ガイドします。 僕は企業webメディアで編集長として働いていて、個人でもブロ...

同じ言葉を何度も続けない

綺麗な文章の特徴として「表現が豊かであること」を挙げましたが、同時に同じ言葉を何度も続けないことも大切です。

「僕の明日の予定の中の1番難しい仕事は朝の朝礼です。今日も誰も褒めてもくれなかったので、明日も多分ダメです。」

「の」「も」がやたらと続いていたり、「〜です。〜です。」と同じ文末表現が続いていたりします。

こういった文章は複雑なうえに稚拙に見えますので、まずは「同じ言葉を続けない」「文末表現は散らす」と意識しておくと良いでしょう。

あわせて読みたい
【一覧表あり】文末表現とは?文章のリズムを操り、単調な記事を脱却しよう この記事を読めば、ブログやメール、LINEで文章を書くときの「文末表現」に悩むことがなくなります。 文章を書くときには「文末表現」がとっても大切です。 ずっと同じ...

表記ゆれを避ける

同じ言葉を続けないとは言っても、同じ意味の言葉をさまざまな書き方にしてしまうのは違います。

例えば「匂い・臭い・におい・ニオイ」といった「同じ読み・意味なのに別の書き方の言葉」が混在している文章はNG。

これは「表記ゆれ」と呼ばれており、文章を読みにくくする原因になるとして編集者から忌み嫌われている現象です。

表記ゆれは避けて、同じ意味の言葉は同じ表記で取り扱うようにするのが、綺麗な文章を書く方法の一つですね。

あわせて読みたい
表記ゆれとは?具体例やデメリット、具体的な対策を解説 どうも、たくろーです。 「表記ゆれってなに?指摘されたけど、どう対策すればいいかわからない……」 「表記ゆれが悪いとは聞くけど、実際どの漢字を開くと良いんだろう...

句読点を適度につかう

句読点の使い方には100%決まったルールはありません。しかし「一文に付き読点は2つまで」が、プロライターの中では暗黙のルールになっています。

どちらかというと、句読点の正しい使い方を知るというよりも「明らかにおかしい使い方」を知っておくべきと言えるかもしれません。

句読点の付け方にクセがあると、途端に読みにくい文章になります。ぜひ一度フラットな気持ちで、自分の文章を見直してみて下さい。

あわせて読みたい
句読点の使い方10のルール。使い方のおかしい文例と添削例も掲載 どうも、たくろーです。 今回は「句読点の100%正しい使い方はないけど、おかしい使い方は一目でわかるよ」というテーマでお話していきますね。 僕は企業メディアで編集...

綺麗な文章とは、読者にとって読みやすい文章である

綺麗な文章とは、要するに「読み手に対する思いやり」をもって書かれた文章のことです。

誤字脱字をしない。一文一義でわかりやすく書く。漢字はひらいて読みやすくする。意味が通る言葉かどうか見直す。

そんな一つひとつの積み重ねが、綺麗な文章を構成しているということを忘れないで下さい。

それでは綺麗な文章を書けるよう、お互いに精進していきましょう。

文章の練習にはブログがおすすめですよ。

あわせて読みたい
社会人におすすめの文章力トレーニング法。「頭が悪いと書けない」は嘘。 どうも、たくろー(@tklandphoto)です。 こんな方は、まずは「文章力」についてもっと理解を深めていきましょう。 僕は現在、企業の運営するウェブメディアの編集長と...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

Webライター、
本格的に目指しませんか?

Webライターとして本格的に活動するなら、まずはメディアで社員やアルバイトとして働いてスキル・ノウハウを身につけることをおすすめしています。

その本質は、日々プロからの添削が受けられることです。いきなりフリーで活動すると「プロライター」の視点で見られることになりますが、現場で働けば、最初は下働きをしながらプロの仕事を学べるのです。

とはいえ転職が難しい場合、プロからの添削が受けられるWebライター講座を検討してみてください。

世の中にはさまざまなライティング講座がありますが、個人的にはYOSCAの運営する「あなたのライターキャリア講座」が推しです。プロからの添削1年アフターフォローYahoo!JAPAN寄稿ライターへの推薦など、個人的に「これならおすすめできる」と思えるサービス内容が揃っています。

まずは資料を確認して、検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

関西から札幌に移住してきました。会社ではWebメディアの編集長を。家では無心でブログを書き続けるブロガーとして生きています。以前はブラックなアパレル企業で人事やエリアマネージャーの仕事をしていて、退職代行からの電話を受けたことがあります。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンス。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

目次