会社を辞める方法を知りたい

退職代行を使うと「引継ぎ」はどうなる?→してもしなくても良い

退職代行を使うと「引継ぎ」はどうなる?→してもしなくても良い

いざ退職代行を使おうと思っても「引継ぎってどうなるの?」と心配になりますよね。会社自体はブラックでどうでもいいけれど「同僚にはちょっと申し訳ない」なんてケースもあるでしょう。

結論からいえば、退職代行をつかっても最低限の引継ぎはできますし、しなくても(ほとんど)問題ありません。

選ぶ権利は、あなたにあります。

この記事が役に立つ人
  • 退職代行を使おうと思っているものの、引継ぎがどうなるか心配で踏ん切りがつかない人
  • バックレようかと思っているものの、同僚や上司からせめて恨まれずに辞めたい人
  • 会社がブラックで今すぐ辞めたい人

退職代行を使うにせよ、自分で辞めるにせよ、あなたがもっとも気持ちよく辞められる選択をしましょう。

退職代行を使っても、最低限の引継ぎはできる

退職代行を使っても、最低限の引継ぎはできる

退職代行は、あなたの代わりに退職手続きを済ませてくれるサービス。即日辞められますので「ブラック企業で働いていて、もう限界だ」なんて方は使っていきましょう。

また、引継ぎも心配いりません。たとえば「最低限の引継ぎはしたいから、後日データを整理して送る旨を伝えて欲しい」と退職代行サービスに依頼しておけば、十分に対応してもらえます。

「引継ぎが全くできないと、さすがに迷惑をかけるのでは……」という心配で退職代行をつかうのに躊躇しているなら、そこは安心して下さい。

あなたの意思次第です。

残された人が困らない程度の引継ぎデータを渡せば恨まれない

  • 一人で進めている商談の内容
  • 自分しかわからない操作やデータ
  • 自分しか知らない、部下に関するデータや特記事項

例えば上記のような、あなたが黙って辞めると真相が闇の中になってしまうような情報だけでも引継ぎしておけば、会社や同僚から恨まれる可能性がグっと減ります。

「急に辞めやがって!」なんて思われるかもしれませんが、実害さえなければすぐに忘れられるでしょう。

とはいえ引継ぎは義務じゃない。どうでもいい会社なら気にせず辞めよう

とはいえ、業務引継ぎは法的に強制されているわけではありません

たとえばあなたが引継ぎせずにバックレたことで会社が潰れるような状況になれば、責任を問われることもあるでしょうが……そんなケースはほぼないでしょう。

いなければいないで、なんとかなるものです。

というわけで、あまりにブラックな会社で「もう二度と関わりたくない」なんて思ってるような状況なら、もう引継ぎもなにも考えず退職代行を使って辞めてしまうのも一つの手です。

退職代行を使って、まったく引継ぎせずにやめたらどうなる?

退職代行を使って、まったく引継ぎせずにやめたらどうなる?

「退職代行をつかって引継ぎせず即日辞めるとどうなる?」と考えてみましたが……基本的には「特にどうもならない」が正解です。

僕が以前勤めていた会社で、従業員が退職代行サービスを使って辞めたことがあります。そのときは「お店の店長」が退職代行をつかって即日飛んだのですが、実際に何が起こるわけでもなく、そのまま辞めてもらうことになりました。

とはいえ状況によっては困ったことになる可能性もありますので、万が一のデメリットも知っておいて下さい。

少なくとも退職金やボーナスは望み薄

退職金やボーナスの支給額や支給の有無は、法的に縛られていません。

たとえば「給料」に関しては、辞めるからといって契約よりも不当に減らすと違法です。しかしボーナスや退職金は、あくまで会社の意思。なくしたところで問題ないんですよね。

というわけで、ボーナスの時期だったら貰ってから辞めたほうが効率的ですし、退職金が関わるような状況なら良好な関係を保ったまま円満に辞めたほうが得するかもしれません。

そこは状況に応じて選びましょう。

最悪の場合、損害賠償請求される可能性もある

あなたが突然やめたことで、会社が半端ない損害を被った場合。万が一ですが、損害賠償を請求される可能性はあります。

とはいえそんなことする暇のある会社はマレですし、一社員が突然辞めるくらいで傾くような会社や業務はそもそもヤバいので、そんなに気にする必要はありません。

とはいえ、もしも何か思うところがあるなら円満に辞めた方が良いかもしれませんね。

退職するときに最低限すべきこと

退職するときに最低限すべきこと

引継ぎをするにせよ、しないにせよ、退職時に必ずチェックしておくべきことがあります。

スルーしていると後から面倒なことになりますので、ここだけは押さえておきましょう。

貸与物はかならず返す

会社から借りているものは、郵送などで必ず返しましょう。

たとえば「事務所の鍵」を持ったままバックレたりしたら……完全に犯罪ですね。少なくとも鍵の交換費用くらいは請求されるか、最後の給料から天引きになるでしょう。

そのほか、社員証を紛失すると罰金規定のあるような会社もあります。その場合も、大抵の場合は最後の給与から天引きになりますね。

いらぬダメージを負わぬよう、借りているものは必ずすべて返しましょう。

源泉徴収票や離職票を受け取る

退職時に「源泉徴収票」や「離職票」あとは「雇用保険被保険者番号のわかる書類」などは、自宅に郵送してもらうように退職代行サービスを介して依頼しておきましょう。

源泉徴収票は「会社側が発行する義務」がありますが、他の書類に関してはとくに規定はありません。

普通の状況で普通の会社を辞めたなら、何も言わなくても送ってくれる職場がほとんどですが、状況が状況です。わざと嫌がらせで送ってこない……なんてことを避けるためにも、必要な書類はあらためて依頼しておきましょう。

退職代行を使うときも、簡単に引継ぎしておくと安全

退職代行サービスを使うときには、基本的には簡単な引継ぎをできるようデータをまとめて送ったり、書類を郵送したりと対応しておいた方が遺恨が残らなくて良いよ、というお話でした。

とはいえもちろん、あなたに義務はありません。気持ち良い方で辞めましょう。

退職代行サービスについてもっと知りたい方は、ぜひ下記の記事もあわせてチェックしてみて下さいね。

退職代行で起きたトラブル事例を解説。失敗のリスクを避ける方法とは?どうも。たくろーです。 「退職代行を使ってトラブルになったり、失敗したりするリスクはないの?」という心配事をよく聞きますので、以前...
【元人事が厳選】本当におすすめの退職代行サービス7選。効率よく辞めよう
【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP7!元人事が優良サービスを厳選この記事を読めば、退職代行のおすすめ人気ランキングとあなたに合った選び方がわかります。 退職代行は、ブラックな環境で働いている人の...
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
これまでにアパレル業界のエリアマネージャー職や人事・総務の仕事を経験。現在は企業メディアで編集・ライティング・SEO対策を担当する副編集長として働きつつ、ブロガー・webライターとしてパラレルワーク中。筋トレとザンギが好きです。詳しくはPROFILEもご覧ください。
【速報】退職代行を使うなら労働組合がベストだと判明(北海道ログしらべ)
  • トラブルなく辞めたい
  • 有給を全部つかって辞めたい
  • 安い方が嬉しい

こんな人は、労働組合の退職代行を選びましょう。

労働組合法で会社と交渉する権利が認められていて、トラブルになる可能性がほぼありません。

もっともおすすめなのは「退職代行SARABA(サラバ)」ですね。24時間対応でレスも早いと評判も上々です。

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービスこの記事を読めば、退職代行SARABAの口コミや評判、サービスの特徴がわかります。 退職代行SARABA(サラバ)は、評判...

下記の記事には、まともな退職代行サービスだけを厳選したランキングも掲載しています。退職の検討材料にして下さいね。

【元人事が厳選】本当におすすめの退職代行サービス7選。効率よく辞めよう
【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP7!元人事が優良サービスを厳選この記事を読めば、退職代行のおすすめ人気ランキングとあなたに合った選び方がわかります。 退職代行は、ブラックな環境で働いている人の...