「Twitterやめたい」と思って即座にやめた話。やめてもブログで稼げるよ

どうも、たくろー(@tklandophoto)です。

Twitterのフォロワーさんが1,200人くらい集まったくらいで「あ、めんどくさい」と思って即座にTwitterやめました。でも特に問題なくて、ブログ収入がサラリーマンの収入を超えてます。

さて、Twitterなんてやめたいですよね。めんどくさいし。

なかなかフォロワーさんは増えないし「アカウント消してまた始めからやろうかな」とか「このまま続けてても意味ない気がするけど、でも呟かなきゃ」なんて義務感で続けている人がほとんどです。

たくろー
とりあえず結論だけ言うと「Twitterやめたい」って悩んでる人は、多分やめても何の問題もないよ……という話ですね。

Twitterを商売で使って稼いでいたり、知人と必要なコミュニケーション取っていたりするなら、そもそも「Twitterやめたい」なんて思いませんからね。

楽しくなくて成果もでてないなら、他にもっとやることあるなと思って、僕はTwitterやめました。

というわけで、Twitterやめたいならやめて、もっと楽しいところでがんばりましょう。

目次

\この記事を書いた人/

たくろー
ブロガー
関西から札幌に移住してきました。会社ではWebメディアの編集長を。家では無心でブログを書き続けるブロガーとして生きています。以前はブラックなアパレル企業で人事やエリアマネージャーの仕事をしていて、退職代行からの電話を受けたことがあります。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンス。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

Twitterやめたいと思って即座にやめた話

Twitterやめたいと思って即座にやめた話

とりあえず、Twitterやめたいと思って即座にやめた話からしていきます。

僕がTwitterを始めたのは、純粋に「写真を見てもらいたい」っていう承認欲求からでした。ブログとは関係なくて、写真アカウントだったんですよね。

たくろー
もともと写真撮るのが好きで、北海道の風景を撮りまくってたのもあって、何か発表する場が欲しかったんです。

もちろんフォロワーさんが増えるのも嬉しいし、いいねつけてくれるのも嬉しいし「絶対に毎日4枚の写真を投稿する」ってルールを決めて運用してたんですが……。

フォロワーさんが1,200人くらいになったあたりから「義務感」だけになってきて、めんどくさくなってTwitter運用やめました。

今はほぼ放置して、たまに宣伝するだけのアカウントになってます。

(でもなぜかフォロワーさん増えていってて、1,400人くらいになってます。なんか申し訳ない)

Twitterやめたいなら、こんな感じでやめればいいんじゃないですかね?

Twitterはあくまで手段。薄っぺらい目的なら意味ない

そもそもTwitterの目的が「フォロワーを集めたい」とか「いいね欲しい」なんて理由なら、即座にやめていいですよ。

たくろー
その目的でTwitterやる意味って「楽しい」以外にありませんし、やめたいくらい楽しくないならやめましょう。

逆にいえば「自分の商品を売りたい」「知人とのコミュニケーションを大事にしたい」みたいな確固たる目的があって、成果が出てるなら、そもそも「Twitterやめたい」なんて思わないはずです。

成果でてないならやり方変えた方がいいし、Twitterにこだわる必要もありませんし。

僕の場合も「写真見てもらいたい」「いいね欲しい」っていう超薄っぺらい目的でしたので……楽しくなくなったときに即座にやめました。

インフルエンサーの「SNSやれ」は信じるな

「でも今どきTwitterとかのSNSやらないと集客できないってみんな言ってるし……」

って不安になりますよね。

僕も最初そんな感じに思って、なんとかTwitterのコンセプトを方向転換してブロガー向けの発信でもしようかと思ったんです。

たくろー
でもやっぱり楽しくなかったし、あんまり意味ないから即座にやめました。でも別にブログで伸ばせてるし、今のところ問題ありません。

そもそもインフルエンサーの「Twitterやった方がいいよ論」は、結果論でしかありません。

その人って、多分「圧倒的な人気コンテンツを作って成果を出した人」じゃないですかね?

ブログとか、とか、webサービスとか、あるいは「めっちゃスタイルいい」とか、何かで成果を出した人じゃないですか?

その人はコンテンツの人気が出た次に「自分のファンを作る段階」になって、初めてTwitterが伸びてるはずです。

そりゃ伸びますし「Twitterやった方がいいよ」って言いますよね。

たくろー
というわけで、Twitterやるのは圧倒的な人気コンテンツを作ってからですね。

「Twitterやめたい」と思ってる時間で、まずは目の前の別のことに取り組むのが良さそうですよ。

僕も、もっと圧倒的なブログ成果を出せたらTwitter再開するかもしれません。

Twitterやめたい人へ贈る5つの言葉。今すぐやめていいよ

Twitterを辞めたい人へ送る5つの言葉。今すぐ辞めよう

ここからは僕が実際にTwitterをやめて感じたことを5つの言葉にまとめました。

Twitterやめたいあなたに「あ、Twitterやらなきゃいけないなんて義務は幻想だったんだな」と思ってもらえると嬉しいです。

  1. 「自分がTwitterを辞めたら誰かが困る」なんて幻想だよ
  2. Twitterの発信で成果が出てるなら、そもそも辞めたいと思ってないよ
  3. Twitterで馴れ合うだけの人間関係は、人生に必要ないよ
  4. Twitterの「毎日報告」は、別に求められてないよ
  5. Twitterやる前に、まずは好きなことで結果出した方がいいよ

1. 「自分がTwitterを辞めたら誰かが困る」なんて幻想だよ

Twitterやめたいと思ってもストッパーがかかるのって「なんとなくフォロワーさんに悪いな」とか「やめたら申し訳ないな」みたいな謎の義務感が理由です。

でも、これって幻想でした。

SNSで発信をやめても、世間の人はさほど気にしません。

たくろー
むしろ自分がTwitterに依存してるだけの場合もありますよ。

本当に仲が良い人ならTwitter外でコミュニケーションを取ればいいですし、そうじゃないなら……別に連絡とれなくなっても良いですよね。。

だからTwitterをやめても、僕たちの人生に何の影響もありません。

2. Twitterの発信で成果が出てるなら、そもそも辞めたいと思ってないよ

そもそもの話ですが「Twitterやめたい」と思う時点でろくな成果でてないはずなんですよ。

たくろー
成果が出てるなら「Twitterやめたい」なんて思いませんし、むしろもっと本気で取り組めるはずです。

で、なぜろくな成果が出ていないのかというと「圧倒的な人気コンテンツがないから」ですね。

順番が違いますので、まずは別のところで成果を出してからTwitterに乗り込むと良いのかなと思います。

3. Twitterで繋がってるだけの人間関係は、さほど必要ないよ

「いや、でもTwitterで繋がってる人もいるし……」って思いますよね。

たくろー
でも僕は実際にTwitterやめてみて「Twitter上の人間関係は、さほど必要ないな」と思いました。

確かに僕も、なんとなく「いいね」を付け合うフォトグラファーも増えて、知り合いも増えて、その繋がりがなくなるのもちょっとなーと思ってはいましたが……実際にTwitterやめてもあんまり問題ありませんでした

もちろんビジネスで必要な人もいると思いますが、それはやっぱり直接連絡とれば良いですよね。

4. Twitterの「毎日報告」は、別に求められてないよ

Twitterで「今日はこれやる!」「今日はこんなに頑張った」みたいな報告を毎日垂れ流すのは、やめたところで何の問題もありません。

もちろんその行為を否定することではないんですが「ぶっちゃけ周りから見ると意味不明」ということだけは忘れないほうが良いですね。

もちろん「インフルエンサーの毎日報告は需要がある」のですが、一般人が報告したところで価値0ということです。

たくろー
成果の出てる人がやった行動はみんな知りたいんですけど、有象無象の一般人が毎日やったことは別に知りたくないですからね。

発信の基本は価値提供ですので、毎日報告は「Twitterやめたい」と思ってまでやることじゃありません。

どうしてもやりたいんじゃなければ、やめても問題ないですよ。

5. Twitterやる前に、まずは好きなことで結果出した方がいいよ

まとめると「まずはTwitterの外で頑張った方が良い」ということです。

Twitterやめたいなら即座にやめて、何か圧倒的な人気コンテンツを作る方に全振りするのがベストかなと思いました。

たくろー
僕はそう思って、Twitterに割く時間をなくしてブログに全振りしたら成果伸びてきましたよ

なので「Twitterやめたい」と思った今がチャンスです。

今すぐやめて、もっと他のことがんばりましょう。

Twitterやめたいと思ったらチャンス。今すぐやめて結果を出そう

Twitterやめたいなら、即座にやめましょう。

僕もそうでしたが、そのメンタルでやっててもあんまり意味ありませんし、結果も出にくいかなと思います。

本当に仲が良かったり利害関係のある相手ならTwitterやめても繋がれますし、そこで切れるならそこまでの関係だったということですね。

というわけで、まずは圧倒的なコンテンツを作ってから「自分のファンを作る段階になってから」Twitter再開すると良いと思ってます。

僕も、もうちょっとブログなり何なり頑張ってからTwitter再開しようかなと思います。(やらないかもしれませんが)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関西から札幌に移住してきました。会社ではWebメディアの編集長を。家では無心でブログを書き続けるブロガーとして生きています。以前はブラックなアパレル企業で人事やエリアマネージャーの仕事をしていて、退職代行からの電話を受けたことがあります。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンス。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

目次