webライティングの話

【プロ直伝】webライティングがグっと上達する5つの練習法。目指せ構成力アップ

この記事を読めば、webライティングがグっと上達する練習法がわかります。

たくろー
たくろー
どうも。札幌のwebライター、たくろーです。企業メディアで副編集長をしてます。

僕は現在、本業では企業メディアでライターの方々の記事の文章のチェックだったり、編集だったりをこなしてます。ってことは、自分は並みのライター以上に練習しなければなりませんと。

そういう意味でいえば、このブログもwebライティングの練習の一つになってますね。

ブログを始めた当初は、誤字脱字だらけの記事なんて当たり前でした。それどころか寄り道しまくりの恥ずかしい記事を量産していたのに、webライティングを練習しまくったおかげで大分マトモになってきたんです。

この記事が役に立つ人
  • ブログを運営してる人
  • 相手にもっと伝わる文章を書きたい人
  • webライターを目指してる人
  • ライティングスキルが煮詰まってる人

今回はそんな僕がいろいろと試した中で「これwebライティングの練習になってええな」と思った行動をご紹介しようかなと。

ぜひご参考下さい。

※下記「職務経歴書に書けるブログの作り方3週間講座」にて「8日目」に解説する内容です。

【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座
【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座この記事は「職務経歴書に書けるブログの作り方&webライティングスキル」を3週間(21日)で学べる講座です。 さっそく申し...

webライティングを練習するポイントは「構成力」アップ

webライティングを練習するポイントは「構成力」アップ

webライティングを練習するときには「文章の構成力」を磨くのをメインの目的にするのが効率的だと思ってます。

というのも、どれだけ綺麗な文章を書いても「伝える順番」がめちゃくちゃだと理解するのに時間がかかってしまうからです。

反対に文章の構成さえ理路整然としていれば、多少文章が乱れていようが、誤字があろうが、ぜんぜん伝わります。

たくろー
たくろー
めっちゃ話し言葉の主婦ブログとかでも、読みやすい記事いっぱいありますよね。

なので「構成力」をメインに練習しましょう。

この記事のテーマなら、メリットとか感想を伝えてモチベーションを上げてから本題に入った方が読者に行動してもらえるだろうな
この記事のターゲットはすでにメリットはわかってるだろうから、データで根拠を伝えて納得してもらって、やり方のフローを徹底的にわかりやすく伝えよう

みたいな話ですね。

というわけで「もっと読者に伝わるストーリー」を描けるようになる練習方法をメインにお伝えしていきます。

「文章力」は水物だけれども、基本の型はある

「文章力」は水物だけれども、基本の型はある

「文章力」はけっこう水物だなーと思っていまして。

適正な文章の書き方は執筆するメディアや読者層によっても変わるので、一概に言えないことも多いんですね。

たくろー
たくろー
例えばファッションブログと医学的に権威のあるサイトが同じ文体・テンションだったらマズいってイメージです。

とはいえ、もちろん基本的なwebライティングの型はあります。「1文に読点は2個までが目安」とか「そもそも40文字以上になるなら切った方が良い」なんてことは、だれでも押さえておきたいポイント。

今回ご紹介する練習法には、上記のような基本的なwebライティングの型を体にしみこませる効果もあります。

というわけですので、先に基本は押さえておいた方が良いかもしれません。

超・基本的な文章術について念のため確認しておきたい方は、ぜひ以下の2記事をご覧になってから戻ってきてくださいね。

句読点の使い方がおかしい文例と、読みやすい文章を書く10のルール「句読点の、使い方が、おかしい人が、良い文章を、書く方法を、解説します」この文章がマズいと思えた方は、ぜひ記事を読んで続きを学んでいって下さい。...
読みにくい文章とは?例と改善法、読みやすい文章を書くコツを解説この記事を読めば、読みにくい文章を反面教師にすることで「読みやすい文章を書くコツ」がわかります。 人は気づかぬうちに読みに...

webライティングがグっと上達する5つの練習法

【プロ直伝】webライティングの5つの練習法

というわけで、僕がこれまでに実際にやって効果があると感じた「webライティングが上達する5つの練習方法」をお伝えしていきます。

この5本立てでいきましょう。

1. 好きなメディアを見つけて、とにかく読み込む

1. 好きなメディアを見つけて、とにかく読み込む

webライティングの練習において「模倣(もほう)」は大切です。

スポーツでも勉強でも、練習するときはとにかく先人の模倣から始まりますよね。

たくろー
たくろー
数学の公式をイチから生み出すとか、フォークの投げ方を開発する必要はなく、すでに成果としてあるものは使ってしまえということです。

なので、まずは「この文章好きだな、読みやすいな」と思うメディアを見つけて読み込みましょう。

そのときに注意すべきポイントは下記2点。

  • 脳内で音読したときの文章のリズム
  • 自分が納得したポイント

です。

良いメディアの文章は、だいたい音読したときにスラスラと読めます。文章のリズムが良いんですね。

たとえばですが、僕の好きなメディアの一つに「LIG BLOG」というものがあります。

企業メディアらしからぬ雰囲気で、ふざけたテーマとか文体のことも多いんですが、構成はめちゃくちゃしっかりしてるんですよね。

たくろー
たくろー
これが読みやすいってことか!と思えます。

自分が書いた文章脳内音読したとき、好きなメディアのような「良いリズム」で書けてるか?ってところを比べてみるのが勉強になりますね。

あとは文章を読んで「なるほど」と思ったポイントは大切です。

お、このタイミングでアンケートデータがあるのは納得感が出るな
この流れで具体例があるのはわかりやすいな

なんて、自分が納得したポイントをどんどん貯めていくのも有効です。それはきっと他の読者も「なるほど」と思うポイントなので、自分のwebライティングにも活かしたいですね。

たくろー
たくろー
ぼくは好きな具体例をスマホにメモってたりします。

そのまんま使うのは避けたいですが、応用すれば必ず自分のライティングに活かせるタイミングがきます。

上記の2つの視点で好きなメディアを研究すれば、楽しく読んでるだけでwebライティングの練習になるというわけです。

2. webライティングの本で学ぶ

2. webライティングの本で学ぶ

webライティングについて解説されている本で学ぶのも、もちろん良い練習になります。

練習したい方向性によって読む本が違ってきますので、ジャンル別でいくつかご紹介しておきます。

まず、webライティングの基本概念については以下の2冊。

片方は「webマーケティング」に関する書籍ですが、ブログやメディアで書くなら知っておくべき知識です。

発行から少し年月は経っていて、紹介されているGoogleのサービス内容などは一部古くなっているものもありますが、本質は変わりません。かなり有用です。

たくろー
たくろー
沈黙の~シリーズは、webライターやブロガー必読ですね。

次に、読者に行動してもらうための文章術の「セールスライティング」の練習。これは以下の3冊の本が読みやすくて有用です。

セールスライティングなんて名前なので「売りつけるときに使うの?」って思われそうですが、ちょっと意味合いが違います。

セールスライティングは、先ほども書いた通り「読者に行動してもらうため」の文章術です。

この文章術を極めれば、もちろん何かを買ってもらうことも、ボタンを押してもらうことも、今日から筋トレを始めてもらうことも思うがままです。

つまりただ「買ってもらう」よりも、もっと深い意味で使える文章術なんですね。

たくろー
たくろー
練習しておいて損はないライティング技術です。

最後に、純粋な「文章術」については以下の2冊。

とくに『新しい文章力の教室』は国語の教科書にして欲しいくらいの良書です。ぜひ読んでおいて下さい。

3. 馴染みのないジャンルの記事を添削してみる

3. 馴染みのないジャンルの記事を添削してみる

好きなメディアを読み漁って、本でもwebライティングの練習をしましたと。次は「添削」してみるのもめちゃくちゃ良い練習になります。

編集者になったつもりで、あまり馴染みのない適当な検索ワードで1位に表示されている記事を添削してみるってわけです。

ここは”です・ます”が続いてて読みにくいなー
ここは表現がむずかしいから、具体例入れた方がわかりやすそうだな

こんな感じです。

慣れてるジャンルの記事だと新鮮な気持ちで見れなかったりするので、やはり「普段読まないジャンルの記事」がオススメです。

具体的に赤ペン先生みたいにチェックをいれていくと、どんなメディアでも絶対直したい箇所が見つかります。そうやって添削してみることで、自分で文章を書くときもミスに気づきやすくなるというわけですね。

たくろー
たくろー
僕は仕事で編集するようになってから、自分で記事を書くときの誤字とかめっちゃ減りました。

使うツールはグーグルドキュメントがおすすめ。完全に無料ですし、web上に保存されるのでわずらわしくありません。

手順は以下の通り。

  1. 新規ドキュメントを作る
  2. 添削する記事をドキュメントにコピペする
  3. コメント機能でメモしながら添削する
たくろー
たくろー
人様のメディアを勝手に添削したドキュメントなんて見せられないので、具体例はなしでスミマセン。

添削するときは、自分で文章を書くときには気づけないような「読みにくさ」を探してみて下さい。リズムだったり、言葉の使い方だったり、漢字の量だったり。

気づいたポイントを自分の記事作成のときに活かせれば、この上ないほどwebライティングの練習になるというわけです。

4. 一つのキーワードで様々な目次を作りまくってみる

4. 一つのキーワードで様々な目次を作りまくってみる

webライティングは「キーワード」「ターゲット」「テーマ」で成り立っています。どれか一つでも”おざなり”にしてしまえば、誰のどんな悩みを解決できるのかわからない記事になってしまいます。

というわけで、一つのキーワードでターゲットやテーマを変えて目次を作るのはwebライティングの練習としてとても有効です。

例えば「筋トレ 初心者」というキーワードで記事を書くとします。ターゲットは沢山思いつきますね。

  • 身体を作ってモテたい大学生の男の子
  • ダイエットに筋トレが良いと聞いた35歳主婦
  • メンタル強化に筋トレが良いと聞いた28歳の営業のサラリーマン男性

モテたい大学生の男の子向けなら「初心者が2か月でモテる体を作るための筋トレ講座」みたいなテーマが良いかもしれません。

主婦なら「家事のスキマ時間でできるダイエット筋トレ」でしょうか。営業リーマンであれば「鋼のメンタルを作るための筋トレメソッド」が良さそう。

もちろん実際に記事を書くときには、上位記事の傾向を見てターゲットやテーマを設定することも多いと思います。だからこそ、いろんなテーマの記事を書けるように練習しておくことは有効。

たくろー
たくろー
特に本格的にwebライターとして仕事を受ける人は、いろんなシチュエーションの記事が書けるよう練習しておくに越したことはないですね。

いろんなテーマで目次を作るコツは「筋トレ 初心者 〇〇」のように、もう一つサジェストワードを設定するようなイメージを持つことです。

2つだけ目次を作ってみました。ちょっと長くなりますので、以下のボタンから開いてご覧下さい。

モテたい大学生向け

キーワード【筋トレ 初心者 (モテる)】

初心者向け筋トレメニュー〇選│最速でモテる身体を作る方法

【H2】筋トレを始めるメリット
【H3】自信がつく
【H3】モテる
~~その他メリット

【H2】初心者が鍛えるべき筋肉部位
【H3】大胸筋
【H3】上腕三頭筋
【H3】大腿四頭筋
~~その他部位

【H2】初心者におすすめの自重筋トレメニュー〇選
【H3】プッシュアップ
【H3】スクワット
【H3】フロントランジ
~~その他筋トレメニュー

【H2】2か月でモテる身体を作る筋トレスケジュール
【H3】週2筋トレ編
【H3】週5筋トレ編

【H2】初心者の体作りに必要な習慣
【H3】食事法を見直す
【H3】睡眠習慣を見直す
~~その他習慣

【H2】まとめ

ダイエットしたい主婦向け

キーワード【筋トレ 初心者 (女性)】

【女性向け】初心者におすすめの筋トレメニュー。スキマ時間で痩せる方法

【H2】筋トレ初心者も、スキマ時間で痩せられる
【H3】代謝アップで日常生活で脂肪が燃える
【H3】全身引き締めに効果あり
【H3】うれしいバストアップ効果も

【H2】初心者におすすめのスキマ時間筋トレメニュー
【H3】ウォールプッシュアップ
【H3】ワイドスクワット
【H3】ヒップリフト
~~その他メニュー

【H2】初心者が筋トレ前後に取り入れたいストレッチ
【H3】筋トレ前におすすめの動的ストレッチ
【H3】筋トレ後におすすめの静的ストレッチ

【H3】初心者がスキマ時間筋トレの効果をあげるには?
【H3】筋トレの頻度は週に3日
【H3】ストレッチはかならず取り入れる
【H3】プロテインで栄養補給
【H3】全身鏡でフォームチェック
~~その他コツ

【H2】まとめ

実際に書くキーワードでも良いですし、普段ふれたことの無いようなキーワードでもOKだと思います。いろいろと目次を作ってみることで、webライティングの良い練習になりますね。

5. とにかくブログを書いて反応を分析する

5. とにかくブログを書いて反応を分析する

最終的には「とにかく書く」ことがwebライティングの練習になりますと。

身も蓋もない練習法ですが、これも一つの真理です。

とにかく数をこなすことでスピーディに書けるようになりますし、誤字脱字も減ってきます。書いてるうちに寄り道して、いつのまにか変なストーリーの記事が出来上がることも少なくなるはず。(#実体験です)

なので、ブログです。

仕事でライティング案件を受けて執筆するだけだと、どうしても書いたあとの記事の反応がわかりません。

どの記事の反応がよくてどの記事の検索順位が上がらなかったのか分析できず、自分が本当に勉強すべきポイントも見つけられないと。

たくろー
たくろー
ただ書くよりも、その記事が検索エンジンや読者からどう評価されているのか分析するほうが勉強になります。

なので、ここまでにお伝えしてきた4つの練習法をやりつつ、最終的にはとにかく記事を書いて、記事を分析してメンテやリライトを繰り返すのがおすすめです。

もしもまだブログを運営していなければ、ぜひ下記の記事も読んで始めてみて下さい。

ブログをやるメリット10個!サラリーマンの新たなキャリアの足がかりにも。この記事を読めば、あらたなキャリアを考える”あなた”が「ブログを始めるメリット」がわかります。 突然ですが、サラリーマンが...
ブログを始めて未経験からwebライターに転職する方法 このページを読めば、ブログをはじめて未経験からwebライターに転職する方法がわかります。 Follow @...

webライティングの練習をしまくって変わったこと

webライティングの練習をしまくって変わったこと

実際に僕もwebライティングを勉強しまくってます。一番好きな練習法は本を読むことと、とにかく書くことですね。

本業で7時間ほどライターさんの作ってくれた記事編集とか記事のメンテをして、朝と夜には家で4時間くらいPCをカタカタやってます。なんの予定もない休みの日は12時間ぐらいブログ書いてることも。

たくろー
たくろー
文字で見たらちょっと変態ですね。でも楽しい。

本について、定番のものはほとんど読んでしまいましたが、kindle unkimitedの読み放題で「これめっちゃ良書やん」みたいな本を探すのも楽しいです。

そんな感じで、とにかく練習しまくった結果、かなり時短&クオリティアップ効果がありました。

シンプルに書くスピードが早くなった

ブログ始めたてのころよりも、とにかく書くスピードが上がりました。もちろんテーマとか内容にもよりますが、倍くらいのスピードになってるんじゃないでしょうか。

たくろー
たくろー
「前は1日3,000文字くらいが精いっぱい」→「いまは7,000文字くらいいける」 くらいの違いです。

見出しを全部つくる→とりあえず上から順番に埋める→最後に画像をはめる

みたいな手順が自分にあってるみたいですが、こういう自分なりの「書き方の型」みたいなのが見つかれば速くなると思います。

次の日に文章を見直したとき、修正したいポイントが少なくなった

一番感じるのは、この効果。「一発でまともに書けるようになった」というのが大きいかなと思います。「慣れ」ですね。

ブログを始めた最初のころは、書いた記事を次の日に見たら「やべえ全部書き直したい」みたいになってたのですが…最近はほぼなくなりました。

たくろー
たくろー
誤字脱字はまあまあ見つかりますが、その程度です。

直す時間がなくなって、かなり時短になりましたね。

日常でも、要点やストーリーを考えて伝えられるようになった

これは副次的な効果ですが、仕事のメールとか普段人と話すときも、説明スキルが上がった気がします。

webライティングでは基本的に「結論→理由→具体例」と書いていきます。

ライティングの目的は基本的には「人に行動してもらうため」ですので、理由とか根拠具体的な方法などを順序立てて伝える必要もありますと。

というわけで、日常生活でも順序だててストーリーを伝えられるようになった気がします。

たくろー
たくろー
気がするだけかも

でも何もしないよりは、人生において絶対にメリットがありますね。

webライティングを練習して、もっと読みやすい文章を

僕の場合ですが、webライティングを練習して「構成力」を伸ばすことで、いろいろなメリットを感じてます。

とくに「次の日みたときに直したい箇所がほぼなくなった」のは大きいと思ってます。

webライティングは日々ガンガン練習して、読みやすい文章を目指して行きたいですね。

もし興味があれば、ブログ内でいろんな「文章術」についても解説していますので、あわせてご覧下さい。

webライティング関連記事
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
これまでにアパレル業界のエリアマネージャー職や人事・総務の仕事を経験。現在は企業メディアで編集・ライティング・SEO対策を担当する副編集長として働きつつ、ブロガー・webライターとしてパラレルワーク中。筋トレとザンギが好きです。詳しくはPROFILEもご覧ください。
3週間で転職できるスキルが身に付く「ブログ講座」を用意しました

【速報】ブログを始めて未経験から超ホワイトなwebマーケ企業に転職した僕がお届けする「3週間講座」を無料で用意しました。

職務経歴書に書けるブログの作り方
こんなあなたにオススメです。

  • お店で毎日消耗しながら働いて、いつか転職しようとは思うけれど踏ん切りがつかない27歳のアパレル店長
  • それなりに出世したものの、先が見えてしまって絶望している35歳・人事部の中間管理職
  • もしも40歳をすぎて今の会社が潰れたら…と想像すると、どうやって暮らしていけば良いのかわからない営業マン

3週間で学び、ブログを書き、1年後にはwebマーケティング企業に転職できるスキルを身に付けましょう。

【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座
【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座この記事は「職務経歴書に書けるブログの作り方&webライティングスキル」を3週間(21日)で学べる講座です。 さっそく申し...