webライターになる方法

【リアル】現役ライターがwebライターの仕事内容や収入を解説します

【リアル】現役ライターがwebライターの仕事内容や収入を解説します

この記事を読めば、webライターの具体的な仕事内容や収入がわかります。

たくろー
たくろー
どうも。札幌のwebライター、たくろーです。

今回は「webライターの仕事ってこんなに楽しいよ。特に企業ライターは。」というテーマでお話します。

僕はプライベートでブログを運営しているほか、企業メディアで副編集長として働いてます。(もともとwebライターとして入社しました)

webライターへの転職活動を始めたときは、それはもう仕事内容についてめっちゃくちゃ調べました。

でも企業で働くwebライターが実際にどんな仕事をしていて、1日どんな風に過ごしているのか?みたいなリアルな情報は見つからず、おそるおそる転職したと。

というわけで、これからwebライターを目指す人に対して「実際にwebライターってどんな仕事してんの?」っていうリアルなところを記しておこうと思い、この記事を書きました。

「企業メディアに所属して仕事をするwebライター」「フリーランスとして仕事をするwebライター」では仕事内容や収入が大きく変わってきますので、分けて解説していきます。

この記事が役に立つ人
  • webライターに興味がある人
  • 転職先を探している人
  • ブログを運営している人

ちなみに僕が働いているメディアはかなりホワイトですので、全ての企業に当てはまるかどうかはわかりませんが…参考までにご覧下さい。

webライターの仕事内容とは?

webライターの仕事内容とは?

webライターの仕事内容は、基本的には「記事を書くこと」です。

…それはわかりますよね。その「記事を書く」の中身を深掘りしつつ、他にどんな付随業務がでてくるのか、といった部分をお伝えしていきます。

ちなみにフリーランスとして働くのと企業に所属して働く場合では、仕事内容が変わってくることがほとんど。

さらに、企業メディアと一口に言ってもニュースメディアなのか、オウンドメディアなのか…ジャンルによっても仕事内容が変わってきます。

たくろー
たくろー
もしも「他の企業からのライティング案件を受ける企業」だったら、フリーランスの働き方に近くなるかもしれません。

さすがにそこまで分けるとヤヤコシイので、今回は一般的な「企業のオウンドメディア」だと想定して解説していきます。

※オウンドメディアとは、企業が集客するために作ってるブログみたいなものです。たとえば「北欧、暮らしの雑貨店」とかがオウンドメディアの成功事例として有名。

ちなみにフリーランスの仕事は「記事の納品」で終わることがほとんどですが、企業に所属していると「そのあとの記事の面倒」も見ていく場合があります。

そんな違いもお伝えしていきますね。

ちなみに「webライターの記事の書き方」にフィーチャーした内容は以下の記事で解説していますので、あわせてご覧下さい。

【超基本】webライターの記事の書き方。依頼元から喜ばれる文章術とはこの記事を読めば、「webライターの記事の書き方」の基本がわかります。 いざwebライターになりたい!と思っても、「基本的...

フリーランスとして働くwebライターの仕事

フリーランスとして働くwebライターの仕事

フリーランスとして働くwebライターの仕事は、さきほどもお伝えした通り「記事の納品」です。

仕事内容は超シンプル。

どんなメディアでも「こんなテーマで記事を書いて欲しい」という指示書が用意されます。

グーグルスプレッドシートで情報共有されることが多いので、簡単に使い方をチェックしておくとスムーズかもしれません。

そこに書かれているのは「対策キーワード」「テーマ」「ペルソナ」(※)など記事執筆に必要な情報。

たくろー
たくろー
ちなみに僕が会社で外注ライターさんに依頼するときは、キーワード、テーマ、ペルソナ、目次まで仕上げた指示書に沿って書いてもらってます。文字数は指定してません。

仕事をするうえでは、いかにメディアの要望に沿った記事に仕上げられるかがポイントです。初稿を提出した後は編集のチェックが入り、誤字脱字やテーマとの相違点の有無、場合により文字数などを確認され、問題があれば修正を依頼されるという流れ。

ちなみに納期はメディアや契約によります。

単発の依頼なら「1週間で初稿の提出まで完了して下さい」なんて仕事があったりします。継続依頼であれば、1か月タームで「今月は5記事お願いします」なんて依頼されることも。

というわけで、フリーランスwebライターの仕事内容はシンプルに「記事の納品」です。

※「対策キーワード」とか「テーマ」などの基本用語について詳しく知りたい場合は、下記の「webライティング」について解説した記事をご覧下さい。ブログでも企業メディアでも基本は一緒です。

webライティングとは?SEOにも効く、ブログ記事の正しい書き方この記事を読めば、「webライティング」をブログ運営に活かす”具体的な方法”がわかります。 webライティングの基本を理解...

企業に所属して働くwebライターの仕事

企業に所属して働くwebライターの仕事

企業のオウンドメディアに所属するwebライターの仕事は、ただ記事を納品するだけではなく多岐に渡ります。

基本的な記事作成や納品の手順はフリーランスの流れと同じですが、それ以外の付随業務がついてくるというわけですね。

「企業内で仕事をするwebライター」として働くなら、記事の納品にくわえて大抵上記のような仕事が増えます。

たくろー
たくろー
公開したあとの記事の反応を見ながら、もっと読んでもらえるように記事を育てていくような仕事ですね。

どうすれば検索順位を上げられるのか、どうすれば読んで貰えるのか、どうすれば商品リンクをクリックしてもらえるのか。

反応を分析してより良い記事にしていくフローを経験できますので、納品して終わりのフリーランスwebライターよりも成長がマッハです。

加えて編集者からのフィードバックもあるはずですので、ライティングの言葉遣いのクセとか、直した方が良い表現なども日々改善できて、レベルアップ速度が半端ないはず。

僕自身がこの道を通っているということもありますが「本気でwebライターとして頑張っていきたい!」という方はぜったいに企業ライターを目指すべきだと思ってます。

もちろん、いきなりフリーランスとして仕事を始めて成功する人もいますし、それはスゴイことですけどね。でも全員が成功できる再現性のあるチャートではないと感じます。

【やめとけ】未経験でフリーランスのwebライターはツライ。企業勤務がベスト。この記事を読めば、未経験でフリーランスのwebライターになる過酷さと、企業ライターの楽しさがわかります。 「在宅ワークで未...

気になるwebライターの仕事の収入とは?

気になるwebライターの仕事の収入とは?

仕事内容はなんとなくイメージできたものの「じゃあそれでどのくらいの収入があるの?」ってことも気になりますよね。

企業メディアで働くサラリーマンとフリーランスでは、収入の構造も大きく変わります。働いた分だけもらえるフリーランスか、月々決まった給料をもらえるサラリーマンか。

どっちが良いですか?

フリーランスで仕事をするwebライターの収入・年収目安

フリーランスで仕事をするwebライターの収入・年収目安

フリーランスで働くwebライターは、1記事や1文字単位の依頼料という形の収入になります。

あくまで目安ですが、文字単価の場合は以下のような相場です。

文字単価で受注する仕事は、正直とても安いです。

たくろー
たくろー
webライターに転職する前に一度単発の仕事を受けてみようと思ったことがありましたが、相場を見てバカらしくなってやめました…。

未経験でなんとか1文字0.3円の仕事が取れたとして。「5,000文字」の記事を書いても僅か1,500円です。5,000文字のボリュームの記事を書こうと思えば、指示書を確認してから調査をして、目次を作って記事を書き…となると普通に1~2日かかります

日給750円~1,500円と考えると最低賃金どころの話ではないのですが、個人事業主としてその料金で依頼を受けてるので誰にも文句言えません。

もし文字単価0.5円だったと仮定しても、毎日5,000文字を20日間がんばって50,000円。

地獄ですね。

ちなみに文字単価5円ってめっちゃくちゃ高いんですが、それでも5,000文字で25,000円。そのくらいのレベルになればだんだん「文字単価」での受注ではなくなってきて、1記事〇万円みたいな仕事が増えてきます。

たくろー
たくろー
ちなみに僕のいる会社でも、外注ライターさんには1記事〇円で書いてもらってます。 

もしもコンスタントに1記事2万円の仕事を受注できて、毎日1記事書いたとしても20日働いて40万円です。経験の長い人やトップレベルでこれはキツイ。

もちろん契約内容にはよりますが、フリーランスとしてwebライター1本で生活していくのはかなり厳しいことがわかりますよね。

もちろんあくまで「webライター1本では」という話ですので、いろいろな収入源があってめっちゃ稼いでる人もいるとは思います。

企業で仕事をするwebライターの収入・年収目安

企業で仕事をするwebライターの収入・年収目安

webライターとして生きていくなら、僕は圧倒的に「企業への転職」をおすすめします。安定した給料をもらいながらスキルアップできるし、保険もつくし、有給もあるし。

今回は全国のwebライターの募集から給与条件を簡単に調査してまとめてみました。そのデータが下記です。

もちろん地域にもよります。東京だと時給1,200円~、月給25万円~の求人がほとんど。

リモート勤務OKでアルバイトを募集している企業もありますので、田舎にいながら都内の時給の仕事を受けられる可能性があるのも強みですね。

たくろー
たくろー
僕のいる札幌では求人自体が少ないのですが、それでも時給1,100円~の求人ばかりで、最低賃金は十分に上回っている募集ばかりです。

安定した給料をもらいながらwebライターとしてのキャリアを積めるなら、ぜったい転職した方が良いと思いませんか?

後々フリーランスとして頑張りたいと思っていたとしても、まずはどこかの企業で経験を積んでから独立すべきですね。

未経験からwebライターの仕事を始めるには?

未経験からwebライターの仕事を始めるには?

ここからは、webライターの仕事内容や収入をご覧頂いたうえで「よっしゃ、webライターなりたい!」と思った方へのお話。

未経験からwebライターの仕事を始めるための方法をお伝えします。

僕自身、アパレル業界からwebライターに転職しましたので、その実体験から解説していきます。

なにはともあれ、まずはブログを書くべき

なにはともあれ、まずはブログを書くべき

「真の未経験」だと、基本的にはムリです。たとえ0.1円の仕事でもキツいはず。

まずは何かしらのライティング経験をつけるために、ブログを書き始めましょう。それも日記のようなものではなく、構成をいれて「誰かの悩みを解決する情報」を発信するブログです。

ブログを運営する過程で、webライティングの基本がすべて学べます。おすすめは「Wordpress(ワードプレス)」というシステムを使って運営するブログですが、これは企業メディアのほとんどで採用されているもの。

採用条件に「ワードプレス使用経験」なんてものを設定している企業もあるほど重要なスキルです。

ちなみに対策キーワードやターゲット、テーマを明確に設定して執筆された記事は、読めばわかります。

ブログをポートフォリオにすることで相手にスキルを伝えられるので、未経験から一歩踏み出せるというわけですね。

転職するにせよ、フリーランスとして仕事を受けるにせよ、webライターへの入り口は「ブログ」です。まずは始めましょう。

webライターを目指す人がブログを書くべき4つの理由【書かないと損】この記事を読めば、webライターになるためにブログを書くべき理由がわかります。メリットばかり。 パラレルワークや副業を考え...
ブログと日記の違いとは?テーマを決めて「読まれるブログ」にするコツ。この記事を読めば、「ブログ」と「日記」の根本的な違いがわかります。「読まれるブログ」にしていく手順もレクチャー。 「ブログ...

未経験から企業のwebライターに転職する方法

未経験から企業のwebライターに転職する方法

未経験から企業のwebライターに転職するには、まずは前述したように「ブログ」を始めましょう。

そのうえで、通常の転職活動と同様に募集を探します。

経験不問の求人は少ないものの、本気でブログを書いていれば要件を満たすメディアがほとんど。

このあたりはブログの経験でOKです。

ちなみに僕はブログ運営で身に付けたスキルやPVの実績などなどを職務経歴書に書いて、ポートフォリオにして応募しました。

転職エージェントにいくつか登録して、一番信頼できそうな担当者と一緒に転職活動をすすめていくのがオススメです。

おすすめできるエージェント

webライターに転職した体験談は、以下の記事もあわせてご覧下さい。

未経験でwebライターになるには?35歳、他業種から転職した実体験ウェブメディアの現役のディレクターが、「webライターの仕事ってなに?」を解説します。文章を書く仕事なのですが、ただ書けば良いという話でもありません。意外と奥が深い仕事です。...

未経験からフリーランスとして仕事を受ける方法

未経験からフリーランスとして仕事を受ける方法

転職と同様に、まずはブログです。

何かライティングスキルを見せられる経歴がなければ、本当に仕事を受けられません。

本来「フリーランスのwebライター」は十分なライティング経験を積んでからなるものです。「未経験から簡単副業でwebライターを始めよう♪」みたいなことを言ってる広告は信じない方が良いですね。

とはいえ「それでもまずは在宅の副業でwebライターの経験をつけていきたい!」という方は、クラウドソーシングで始めましょう。

代表的なクラウドソーシングのサービスは上記の3つです。上記サービスが企業とライターの間を仲介してくれているので、変な会社から騙されたりしないことがメリット。

そのかわり手数料が発生したり、基本的な相場が低めなことがデメリット。最初の経験を積むと割り切るなら、選択肢としてアリです。

でもちょっと経験をつけたあとは、はやめに次のステップに行くべき。具体的には好きなメディアのライター募集に応募するなどして、継続して仕事を取れるようなメディアに売り込んでいくような流れがベストかなと思います。

企業メディアで仕事をするwebライターのキャリアプラン

企業メディアで仕事をするwebライターのキャリアプラン

最後に、企業メディアでwebライターとして働くとどんな未来が待ってるの?ってところをお伝えしていきます。

実体験として語れる具体例は中小企業のメディアのものになりますが、多分どこでも同じはずです。

ディレクター→編集長という社内出世プラン

基本的にはコレ。webライターとして入社したあとは、ライターの書いた原稿を編集する「ディレクター」に。

ディレクターの次は場合により副編集長をはさみ、メディアの編集長へ。

こんな風に、あくまで「メディア事業」の中で出世していくパターンが一般的かなと思います。

年収目安は企業規模にもよりますが、webディレクターになれば月給30万~40万くらいが相場でしょうか。

さらに上がれば、もちろん収入もアップしていきますね。

経験を積んだ後にフリーランスになるプラン

webライターとして働く人は、こんなキャリアを目指す人も多いのではないでしょうか。

企業メディアで十分な経験を積んで自分に価値をつけてから、フリーランスとして独立するパターンです。その会社からも継続して仕事を受けてるwebライターとかも割と一般的みたいですね。

たくろー
たくろー
僕のいる会社でも、以前働いていてフリーになり、今は外注ライターとして仕事を受けてる人がいます。

会社勤めが合わない方とか、自分でいろいろと事業をやりたい方は、こんな働き方を目指すのも良いかもしれません。

webマーケティング・コンサル系にスライドするプラン

webライターとしてメディア運営に携わると、いわゆる「コンテンツマーケティング」のスキルが身に付きます。

そのスキルを活かして、例えば他の企業のwebマーケティングの手伝いをするような仕事にスライドする人も。ライティングというよりも分析や全体の数値を追うのが好きな人は、コンサル方面に行きがちですね。

たくろー
たくろー
僕がいま働いているメディアにもコンサルが入ってるのですが、その人も元々はメディア事業出身の方だったりします。

これから様々な業種がオンラインにシフトしていくなかで、まさに引く手あまたの職種ですね。

コンサルになれば、一般的にはライターなどよりも収入は上がる傾向にあります。

webライターの仕事内容・収入まとめ

webライターの仕事内容や収入についてまとめました。

これからwebライターになろうと思ってる人は、記事の納品で終わってしまうフリーランスを目指すよりも、まずは企業で働くwebライターになるのがオススメです。

たくろー
たくろー
フリーランスになるのは、企業ライターとして一通りメディア運営の経験をつけた後の方が良いですね。

もちろん在宅で片手間でしか働けない…という事情の方はその限りではありませんが、フルで働いてwebライターとして生きていきたいなら転職推奨です。

また、webライターの基本的な仕事内容は「本気でブログを運営する」のと一緒です。まずは全力でブログを運営するところから始めてみて下さい。

ブログを始めて未経験からwebライターに転職する方法 このページを読めば、ブログをはじめて未経験からwebライターに転職する方法がわかります。 Follow @...
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
WEB集客の専門家として、ライティングやサイト運営について情報発信しています。元人事の立場から、働き方や辞め方についても。現在は企業メディアで編集・ライティング・SEO対策を担当するサラリーマンとして働きつつ、サイト運営でパラレルワーク中。筋トレとザンギが好きです。詳しくはPROFILEもご覧ください。
未経験からwebライターになれる「ブログ」始めませんか?

【朗報】ブログを始めたら、超ホワイトなwebライターに転職できた。

ブログを始めれば、良いことばかり
  • ブログを続ければ超ホワイトなwebライターに転職できる
  • 続ければ続けるほど、たいてい結果がでる
  • 人に行動してもらえる文章術がみにつく

35歳からwebライターに転職した体験談はコチラ→

サラリーマンがブログを始めるメリットはコチラ→

すでに「ちょっとブログ始めてみようかな?」と思ってた方は、以下の記事もご覧ください。

ブログを始めて未経験からwebライターに転職する方法 このページを読めば、ブログをはじめて未経験からwebライターに転職する方法がわかります。 Follow @...