働き方の話

仕事を任せてもらえないあなたへ。上司の代わりに解決方法教えます。

仕事を任せてもらえないあなたへ。上司の代わりに解決方法教えます。
ねこさん
ねこさん
仕事を任せてもらえないのは何故だろう…頑張ってるのにチェックが入るばかり。そろそろ任せてくれてもいいのにな。

こんな悩みを持つ方へ、小売業界のエリアマネージャーとして沢山の部下を見ていた経験から、「仕事を任せてもらう方法」をお伝えします。

結論、上司が指導しやすい環境をあなたが用意しましょう。

仕事を任せてもらえない理由

仕事を任せてもらえない理由

「毎日頑張って仕事をしているのに、なかなか自分一人でやらせてもらえない。」

「何にでもチェックが入って、修正されて、ちっとも自分の思い通りに進められない。」

それでは仕事のモチベーションも下がりますよね。

そんなあなたが仕事を任せてもらえない理由は、会社や上司があなたに気を遣っていることが原因かもしれません。

あなたが行っている仕事には、実は抜けていることがあって、上司が毎回修正しているのかもしれません。

「言ってくれよ」と思うかもしれませんが、言う方も体力を使います。

「モチベーション下がらないように」とか、「変に注意している空気ださないように」とか気を遣うので、正直自分でやった方が速いことも多いのです。

それが重なると、もうなんだか仕事を任せるのが面倒になってきてしまいます。

仕事を任せてもらえない人の特徴

仕事を任せてもらえない人の特徴

「なぜ仕事を任せてもらえないのかわからない」という人に圧倒的に足りないのは、大抵の場合「客観性」と「素直さ」です。

そんな人の特徴は下記の通り。

  • 人の話を聞いているようで聞いていない
  • 頭の中で解釈がねじ曲がってしまう
  • ものごとの本質を理解できていない
  • 自分の立ち位置がわかっていない
  • スケジュール感覚が悪い

上記のような特徴がある結果、「スタンドプレーが目立つ」「変な方向に走っていく」ので、仕事を任せられないのかもしれません。

「仕事を任せてもらえない」という自覚がある場合、悔しいと思いますが一度見直してみて下さい。

少し具体的に解説します。

人の話を聞いているようで聞いていない

人の話を聞いているようで聞いていない

返事はしますが、いまいち聞いていない人です。

これ、意外と多いです。

もしあなたが「仕事を任せてもらえない」と感じているのであれば、一度気を付けてみて下さい。

上司から指示があったあと、「あれ、なんて言ってたっけ。まあそんなに重要なことじゃなさそうだし良いか」なんて思う事があるなら、原因はそれです。

結果、ミスが多くて怒られることにも繋がります。

わからなくなれば、すぐに確認しましょう。

周りの他の人はきちんと確認しているのではないでしょうか?ちょっと他の人の行動を観察してみるのも良いかもしれません。

聞いていなかったことは、素直に謝って再度確認しましょう。

頭の中で解釈がねじ曲がってしまう

頭の中で解釈がねじ曲がってしまう

これに関しては、自分一人で直したり気づいたりすることは非常に困難です。

上司は「ABCの手順でやってくれ」と言っているのに、勝手に頭の中で「AとCが大切だからBは別にあとでいいや」なんて解釈がねじ曲がってしまう人がいます。

上司から注意される際にでる言葉に「そういうことじゃなくて」といったニュアンスが多ければ、たぶん原因はこれです。

まずは指示されたことを一言一句違わずこなしていくことが大切です。

仕事に自分のオリジナリティを出そうとしなければ、そのうち「こういうことだったのか」と気づくはずです。

ものごとの本質を理解できていない

ものごとの本質を理解できていない

解釈がねじ曲がることと似ていますが、本質を理解できない人には仕事を任せられません。

こういった方は、仕事を効率的に進めようとしたり、なんとか爪痕を残そうとオリジナリティを出した上で、大切な事が抜けている事が多いです。

本末転倒です。

」を完成させる仕事の中で、本当に必要な物は「」と「」と「」なのに、自分の解釈で「ACDFG(Eが足りんしFとGはいらん!)」みたいなものを仕上げてくる人です。

「いやFとGはいらないからEだけ入れてくれよ。それならなんとかなったのに」といった具合です。

上司からすると、やり直させることで今度はIとかJを持ってこられても面倒ですから、自分でEを足して完成させます。

もし心当たりのある方がいれば、指示をうけたときやわからなくなったときに「これはこういう解釈で合っていますか?」と確認しましょう。

自分の立ち位置をわかっていない

自分の立ち位置をわかっていない

なまじ仕事が出来たり速かったりする人に多いです。

「別に求められていないことにまで手を出す」人には、仕事を任せられません。

自分のいるレイヤーでは見えていない仕事も世の中には沢山あって、上司はそれらの仕事を把握した上で割り振っています。

空気が読める人であれば出世に繋がる事もありますが、現に仕事を任せてもらえていないのであれば、それは空気が読めていないのでしょう。

「仕事を任せてもらえないから爪痕を残そう」なんて思うことは本末転倒です。おそらく、余計仕事を任せてもらえなくなります。

まずは指示されたことだけを確実にこなしましょう。

スケジュール感覚が悪い

スケジュール感覚が悪い

スケジュールを上手く管理できない人にも、仕事を任せることができません。

「本当に出来ているんだろうか?」と心配で、上司に余計仕事が増えます。

任せるよりも上司が自分で確認した方が圧倒的に速いので、任せられません。

「自分の力を理解できていない」あるいは「順序通りに物事を考えられない」といった方がこれに当たります。

「なんか忙しい!大変だ!でも具体的に今何をすれば良いかわからない!」という人は要注意。

今抱えている仕事の期日を一度全て書き出して、今すべきことと後で良い事をはっきりさせましょう。

<関連記事>ストレスのない仕事の進め方はこちら

https://tklandphoto.com/igaitai/

仕事を任せてもらうには?

仕事を任せてもらうには?

以上のことを総合すると、仕事を任せてもらうためには、「上司がわざわざチェックしなくても済む状況を作り出す」必要があります。

基本的な行動目標は下記。

「与えられた仕事を毎回不備なく終わらせて、仕事の過程も全て説明できること」

これが理想です。

「これなら次から俺がチェックしなくても大丈夫だな」と思われれば仕事を任せられます。

でも、それが難しいんですよね。

例えば掃除一つとっても、「ここも拭いて欲しいけど、わざわざ言うのも面倒だなあ」と思われていれば、いつまでたっても任せてもらえません。

解決するには、自分から聞くしかありません。

仕事を終わらせた後に、下記の通り聞いてみて下さい。

「何か不備ありませんでしたか?次は直すので教えて下さい」

これでOKです。

「わざわざ言うのはヤだなあ…」と思っている上司も、こうやって聞いてくれれば「あ、じゃあ次からここもこうしてくれる?」と言いやすい上に、「聞いてきてくれるなら任せられるな」という判断にも繋がります。

この一言でたいてい全て解決します。

仕事を任せてもらうための方法でした

仕事を任せてもらうための方法でした

仕事を任せてもらうには、「完ぺきにこなす」あるいは「自分から聞く」ことが必要。

自分から聞くだけで、かなり違ってくるはずです。心当たりのある人は明日から試してみて下さい。

自分から聞いてくる部下は、上司からするとかわいいものです。

ちなみに「自分から聞くのが怖い…」という人には筋トレがおすすめ。

ちょっとアホみたいですが、筋トレしたら物おじする状況が改善する可能性が高いです。(自分はそうでした)

気になる方は、下記の記事もご覧ください。

<関連記事>筋トレと仕事には関係がある。

https://tklandphoto.com/work_muscle/

ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
これまでにアパレル業界のエリアマネージャー職や人事・総務の仕事を経験。現在は企業メディアで編集・ライティング・SEO対策を担当する副編集長として働きつつ、ブロガー・webライターとしてパラレルワーク中。筋トレとザンギが好きです。詳しくはPROFILEもご覧ください。
3週間で転職できるスキルが身に付く「ブログ講座」を用意しました

【速報】ブログを始めて未経験から超ホワイトなwebマーケ企業に転職した僕がお届けする「3週間講座」を無料で用意しました。

職務経歴書に書けるブログの作り方
こんなあなたにオススメです。

  • お店で毎日消耗しながら働いて、いつか転職しようとは思うけれど踏ん切りがつかない27歳のアパレル店長
  • それなりに出世したものの、先が見えてしまって絶望している35歳・人事部の中間管理職
  • もしも40歳をすぎて今の会社が潰れたら…と想像すると、どうやって暮らしていけば良いのかわからない営業マン

3週間で学び、ブログを書き、1年後にはwebマーケティング企業に転職できるスキルを身に付けましょう。

【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座
【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座この記事は「職務経歴書に書けるブログの作り方&webライティングスキル」を3週間(21日)で学べる講座です。 さっそく申し...