楽に生きる考え方

給料が上がらない理由を解説。社長とニーズがあってないという話

どうも、たくろーです。

僕はサラリーマンとして会社から毎月給料をもらいつつ、フリーランスとしてメディア事業をしていて、例えばライターさんにお金を払って記事を発注したりもしています。

そんな風にサラリーマンとフリーランスのハイブリッドタイプな働き方をしていると「給料ってなんだろう」「お金ってなんだろう」と考える機会が多くなりました。

サラリーマンとしてだけ働いていた頃は、長く働けば給料は上がるものだし、上げてもらわなきゃ困るし、上がらないのはダメなんだ、と思っていましたが……。

いざ自分で事業をやってみると、給料に対する考え方において「勘違いだったな」と思うことが多くなってきましたので、その辺りの気づきをシェアしたいと思います。

給料が上がらない理由

給料が上がらないのは当然だと考えるべき

給料が上がらないのは、当然です。

もちろん新卒から定年まで丁寧に育ててくれる大企業なら、毎年ベースアップがあるかもしれません。ただそれも、大体は数千円くらいです。10年働いてやっと数万円程度。

中小企業だったらベースアップもないし、転職時にオファーされた金額から上がらないことだってよくある話です。

ただそれって当然で、月20万円で募集されている仕事は、あくまで月20万円分の仕事なのです。

経営者からすると20万円分の仕事をやってもらえればよくて、たまたま別の仕事を割り振ることがあっても「まあ成果報酬じゃなくて時間に対する固定給で雇ってるわけだし、勤務時間内にできるならついでにやってよ」という感覚です。

もちろん「残業代が出てない」とかなら、また別の話です。それは弁護士に相談して下さい。

そうじゃなくて普通にお給料が出ている状態で「こんなにいっぱい仕事をやってるんだから25万円に上げてほしい」と考えるのは、経営者とニーズが合ってないんですよね。

会社側が自分に25万円分の仕事をして欲しくなったなら、上司からオファーが来ます。でも20万円分の仕事しか求められていないからオファーされていない。

ただそれだけの話なのです。

労働力と給与額が合っていないなら、話し合うと良い

ここで問題になるのが「20万円分の仕事だと聞いていたのに、これじゃあ25万円じゃないと割りに合わないよ」という状況です。

本心から思うなら、会社側と話し合いましょう。

「自分はこの仕事内容ということだから20万円でオファーを受けた。でも実際は25万円分の仕事内容じゃないか。20万円の仕事に戻して欲しい」

という話です。

ただ難しいのは、就業規則や契約書には具体的な一つひとつの仕事内容が書かれているわけではないことです。(それは現実的に難しいですからね)

結局はお互いの「感じ方」の部分が多くなりますから、自分は25万円分の仕事をしていると思っていても、会社からすればその仕事で20万円分なのかもしれません。

それなら「そういうものか」と納得して働くか、適正な報酬を支払ってくれると感じる会社に転職するかという二択になるだけの話です。

この考え方を引きずると、フリーランスになっても苦労する

「会社にいたって給料が上がらない。自分でやればやるだけ稼げるフリーランスになろう」と考える方も多いのですが、そういった方は最初ちょっと苦労するかもしれません。

僕は本業でも副業でもフリーのライターの方を雇うことが多いのですが、中にはこんなことを言う方がいらっしゃいます。

「記事の単価を3,000円から5,000円に上げてもらえませんか?不躾ながら、現在他のクライアント様とも数社お付き合いさせていただいておりまして、仕事の配分を検討しております。単価を上げていただければ、より一層リサーチを綿密にし、根拠の確かな記事を制作できるように頑張ります。」

このように「やるのはこれまでと同じ仕事だけど、今引っ張りだこだから単価を上げて欲しい」と伝えてくる方がいらっしゃるのです。

「これは実にサラリーマン的な考え方だなあ」と思っているのですが、残念ながら「1記事5,000円の仕事」のオファーじゃないと、5,000円は出せません。

せめて「自分には5,000円のこんな仕事もできるから、そっちをやらせて欲しい」とアピールして欲しいのです。

じゃないと、こちらとしては3,000円でやってくれる人(且つ遂行能力のある人)に、3,000円分の仕事を頼むだけの話ですね。

報酬をあげたいなら、サラリーマンであろうがフリーランスであろうが、もっと高い報酬のオファーを受けるしかありません。

給料を上げる3つの方法

給料を上げる3つの方法

「それじゃあ実際に給料を上げるにはどうすればいいんだよ」と思った方に、ここでは現実的な3つの選択肢をお伝えします。

給料を上げるには、基本的に以下のいずれかのイベントを起こす必要があります。

黙って成果を出して、昇格を待つ

もっとも一般的で、多くの日本人がとっている行動が「黙って成果を出して待つ」という方法です。

例えばそれが月額20万円の仕事なら、黙って働いて、常に22万円分くらいの成果を出せるようになりましょう。(金額はイメージですよ)

すると会社側が新規事業を始めるときとか、事業を拡大するタイミングに「あいつはいつも成果を出しているから、この25万円のポジションを任せてみるか」と判断が下るわけです。

それが昇格やポジションチェンジであり、ごく一般的な給料の増え方です。

もちろん会社側から成果を出していると思われていなければ、オファーは来ません。会社が事業を拡大しようと思っていなかったり、ポジションが空かなかったりしても、やはりオファーは来ません。

ただいつも通りにサラリーマン生活を送っていて、ふと「給料が低い!」と騒いだところで、給料は上がらないのです。

成果か価値を提示して、ポジションチェンジを打診する

諸刃の剣になるのが、自分から給料アップを打診する方法です。

この場合は、ただ「給料をあげてくれ」では話になりません。例えば、

「いつも頑張って働いているんだから、20万円では足りない。25万円に上げて欲しい。嫌なら辞める」

こんな交渉をすると、会社側に人手が足りていなければ渋々と給料を上げてもらえるかもしれません。しかし人手が余っていれば突っぱねられます。

どちらの結果になるにせよ、最終的にはお互いに気持ちよく働けなくなってしまいます。

そうではなくて「今やってる20万円の仕事も良いけど、実は自分にはこんなスキルがあって25万円の仕事ができる。ぜひとも自分に25万円の仕事をやらせてくれないか」と打診するのが適切なアピールの仕方です。

今やってる仕事内容と同じことをするのに「給料を上げてくれ」と打診するのは、雇っている側からすると意味がわからないのです。

欲しい給料額のオファーを出している仕事に転職する

あるいは「転職」するのが、もっともスムーズに全員がwin-winになれる「給料を上げる方法」かもしれません。

今20万円の仕事をしていて、「自分なら25万円の仕事ができる」と感じるなら、25万円のオファーを出している仕事に転職すれば良いのです。

するとあなたがやっていた20万円の仕事が「20万円の仕事をやりたい」と感じているまた別の人に行き渡り、人材が回ります。人材業界の会社も儲かるし、会社はモチベーションの高い社員を雇えるし、みんなが幸せになれます。

転職エージェントは下記の記事にまとめています。ランキング上位の2〜3社を利用して、自分の求める仕事があるかチェックしてみると良いでしょう。

600人が選ぶ!転職エージェントおすすめ人気ランキング10社比較!どうも、たくろーです。 今回は転職エージェントを利用して転職に成功した600名が実際に利用した転職エージェントを、利用者数の多い順...

給料を上げるというよりも、総収入を上げるべき

給料を上げるというよりも、総収入を上げるべき

色々と解説してきましたが、僕は給料を上げることに固執するのはくだらないと思っています。

ぶっちゃけ会社員の給料なんてどんぐりの背比べなので、それはそれで貰いながら、別の収入源を見つけて総収入を上げる方が手っ取り早いかもしれません。

もちろん自分が実際に色々とやってみたからこそ思うことですが、少なくとも自分にとっては、それがもっともスムーズに「総収入を上げる方法」でした。

大体の話は、下記の記事にまとめています。

【ブログ飯達成】働かなくてもいい状況になったけど、会社員は辞めないと決めた話
【ブログ飯達成】働かなくてもいい状況になったけど、会社員は辞めないと決めた話どうも、たくろーです。 今回は「働かなくてもいいのと、会社員辞めるのとはまた別の話だと思った」というテーマでお話します。 ...

要するに、

「サラリーマンの給料をベーシックインカムのように考えて、副業でプラスアルファの収入を作っていくのがもっとも手っ取り早い」

という話です。

もちろん会社側からの給料アップのオファーを待つのも良いのですが、いつになったら新規事業ができるのか、ポジションが空くのか、なかなかわかりませんよね。

そんなあるかないかもわからないようなタイミングを待つだけで過ごすのは、本気で収入アップを考えているなら得策ではないかもしれません。

サラリーマンとして働く傍らでフリーランスとして働き、事業を起こせば、自分次第で収入をコントロールできるようになります。

あまり会社員としての給料を上げることだけにこだわらず、別口でお金を稼ぐ方法を身につけるのが良いかもしれません。

給料が上がらないのは当然なので、別の収入源を整備しよう

会社員としてだけ働いていたら、いつまで経っても「給料が上がらない」と嘆く人生になるように思います。

頼れるものが少ないと、人はどうしても視野が狭くなり、あまり幸せではなくなってくるのかもしれません。

しかし自分で副業を始めれば、会社の仕事は会社の仕事でやりつつ、目標の収入額を達成するために具体的な行動を起こせるようになります。

そのほうが回り回って会社員としての業務スキルアップに繋がることもありますし、視野も広がりますし、もちろん収入アップの機会も増えます。

ぜひ給料を上げることだけにこだわらず、自分で稼ぐことも検討してみて下さい。

すぐにキャッシュフローが必要な方にはWebライターが。そうでなく不労所得に近いような収入源を作りたいならブログとかがおすすめです。

どちらにせよ、入り口は「ブログ」ですよ。

未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説
未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説どうも、たくろーです。 今回は「未経験から”食っていけるwebライター”になる方法」というテーマでお話します。 ...
ブログ始めて3年目。ブログを書き続けるメリットや魅力を語ってみる
ブログ始めて3年目。ブログを書き続けるメリットや魅力を語ってみるどうも、たくろーです。 今回は「ブログの魅力とは?」というテーマでお話します。 当ブログを書き始めてなんだかんだ3年目になり...
ABOUT ME
たくろー(WEBライター)
ブログ飯を達成しましたが、好きでサラリーマンをしています。 家ではブロガーをしつつ、企業オウンドメディアの編集長やwebライティング講師として活動。以前はブラックなアパレル企業で「人事」や「エリアマネージャー」を経験。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンスです。下記URLより詳しいプロフィールもご覧ください。
30秒でOK!退職代行診断チャート

30秒診断

あなたにピッタリな退職代行は?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの状況に合った退職代行がわかります。

Q3:有給は使いたいですか?

Q3:パワハラやセクハラを受けていますか?

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合の退職代行。24時間365日対応で、有給も全て使って即日退職できます。
25,000円ポッキリ相場以下の価格で、安心して辞められますよ。

\CHECK NOW/

まずは無料で、24時間対応のLINE相談から
公式サイトから無料相談する退職代行SARABA公式サイトにジャンプします

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
評判ヤバい!退職代行SARABA(サラバ)の口コミ体験談を徹底調査どうも、たくろーです。 今回は合同労働組合の「退職代行さらばユニオン」が運営する「退職代行SARABA(サラバ)」を使った人の口コ...

もう一度診断する

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合の退職代行。会社と交渉する法的な権利があるので、安心して即日退職できます。
25,000円ポッキリと相場以下の価格で、安心して辞められますよ。

\CHECK NOW/

まずは無料で、24時間対応のLINE相談から
公式サイトから無料相談する退職代行SARABA公式サイトにジャンプします

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
評判ヤバい!退職代行SARABA(サラバ)の口コミ体験談を徹底調査どうも、たくろーです。 今回は合同労働組合の「退職代行さらばユニオン」が運営する「退職代行SARABA(サラバ)」を使った人の口コ...

もう一度診断する

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合の退職代行。有給も全て使って即日退職できます。
実はパワハラやセクハラなどの具体的な被害が無い場合は、弁護士に頼んでも賠償請求は難しいかもしれません。
そんな会社に時間を割くくらいなら、弁護士よりリーズナブルな「労働組合」のサービスでスッキリ辞めましょう。
25,000円ポッキリと相場以下の価格で、安心して辞められますよ。

\CHECK NOW/

まずは無料で、24時間対応のLINE相談から
公式サイトから無料相談する退職代行SARABA公式サイトにジャンプします

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
評判ヤバい!退職代行SARABA(サラバ)の口コミ体験談を徹底調査どうも、たくろーです。 今回は合同労働組合の「退職代行さらばユニオン」が運営する「退職代行SARABA(サラバ)」を使った人の口コ...

もう一度診断する

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

「弁護士法人みやび」です。

弁護士法人みやびは、その名の通り弁護士の退職代行。有給が全部使えるように交渉してもらえて、とにかく安心して辞められます。
料金は50,000円ポッキリと労働組合のサービスより高くはなりますが、その分「弁護士」というネームでトラブルのリスクなく辞められるでしょう。

お金よりも「安心」を取りたいあなたは、弁護士法人みやびで決まりです。

\CHECK NOW/

まずはLINEで無料相談から
さっそく無料相談する弁護士法人みやび公式サイトにジャンプします

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス
【評判ヤバい】弁護士法人みやびの口コミ調査。体験談や利用の流れを解説どうも、たくろーです。 今回は退職代行サービスを展開している「弁護士法人みやび」の評判や実績を調査しました。 結論として、と...

もう一度診断する

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

「弁護士法人みやび」です。

弁護士法人みやびは、その名の通り弁護士の退職代行。有給だって全て消化できるのはもちろん、損害賠償請求までお願いできます。
退職代行自体の料金は50,000円ポッキリ。それに加えて賠償請求は「成果の20%」の成果報酬でお願いできるシステム。

損害賠償請求までお願いしたいあなたは、弁護士法人みやびで決まりです。

\CHECK NOW/

まずはLINEで無料相談から
さっそく無料相談する弁護士法人みやび公式サイトにジャンプします

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス
【評判ヤバい】弁護士法人みやびの口コミ調査。体験談や利用の流れを解説どうも、たくろーです。 今回は退職代行サービスを展開している「弁護士法人みやび」の評判や実績を調査しました。 結論として、と...

もう一度診断する

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

「退職代行J-NEXT」です。

J-NEXTは普通の会社が運営する退職代行なので、有休消化などはお願いできません。
とにかく20,000円ポッキリという料金が魅力で、退職代行業界の中でもトップクラスの格安サービスです。

安心よりも「料金」を取りたいあなたは、退職代行J-NEXTに相談してみて下さい。

\CHECK NOW/

J-NEXTならとにかく安く辞められる
さっそく無料相談する

退職代行J-NEXTの口コミ・評判。20,000円ポッキリで即日退職!退職代行J-NEXTは、退職代行業界最安水準の20,000円ポッキリの価格がウリ。さらに、同価格帯のサービスと比べると圧倒的にサポートが...

もう一度診断する

【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP10!選び方や基礎知識も解説
【5月最新】退職代行おすすめ人気ランキングTOP10!リアルな実績でランク付け退職代行を使われたことがある元人事が、退職代行をランク付けしました。安心して有給消化までお願いできる法的権利のあるサービスを中心に、状況別の選び方やおすすめサービスも解説しています。...
【保存版】後払いできる退職代行おすすめ6つを比較。種類や利用手順まで解説!
【2022最新】後払いできる退職代行おすすめ6つを徹底比較どうも、たくろーです。 今回は「後払いのできるおすすめの退職代行サービス」をご紹介します。 こんな方向けのサービスが...