会社を辞める方法を知りたい

【完全版】退職代行を使うメリット・デメリット。3つのタイプに分けて解説

「退職代行をつかって辞めるメリットなんてあるの?自分で言えばいいんじゃない?」

「退職代行を使いたいけど、なにか重大なデメリットは無いんだろうか……」

こんな風に退職に悩む方の疑問にお答えします。

実は退職代行には3つの種類がありまして、メリット・デメリットも種類によって変わるんですよね。それが退職代行を選ぶときに悩んでしまうポイント。

なのでこの記事では、退職代行の概要を解説したうえで「普通の会社・労働組合・弁護士」の3つの種類に分けてメリット・デメリットを解説していきます。

自分にあったサービスを見極めて、もっともメリットのある退職代行を選べるようになりましょう。

ちなみに、基本的には「労働組合」の退職代行がおすすめで、安心して使えてコスパも最高でメリット大です。手っ取り早く選びたい方は「労働組合」のサービスから選んでみて下さい。

>さっそく労働組合の退職代行のメリットを見る

退職代行を使うメリットは、退職に関する面倒事をお金で解決できること

退職代行を使うメリットは、退職に関する面倒事をお金で解決できること

退職代行を使うメリットは、嫌な退職手続きをお金で解決できることです。

パワハラを受けているとか、上司に退職相談してもまともに取り合ってもらえないとか、あまりに残業続きでもう行きたくないとか、そういうときに退職の面倒事を解決してくれるサービスですね。

もちろん自分で退職の手続きを進めるのが一般的ですし、お金もかからないので良いでしょう。でもそれができないときに頼る先があるのは、セーフティネットとしても機能していて素晴らしいことです。

自分の心をこれ以上すり減らさず、お金で解決して次に進めるのが退職代行の大きなメリットですね。

退職代行のデメリットは、選び方に失敗するとトラブルになる可能性があること

しかし退職代行を使うにはデメリットもあります。それは、トラブルに繋がる可能性があること。

退職代行の中には料金設定がよくわからなかったり、グレーな商売の仕方をしていたりと、あまり褒められた運営をしていないサービスも存在します。

場合によっては会社と退職代行の間でトラブルになってこじれてしまったり、思ってもみなかったオプション料金を請求されることも。

退職代行で起きたトラブル事例を解説。失敗のリスクを避ける方法とは?どうも。たくろーです。 「退職代行を使ってトラブルになったり、失敗したりするリスクはないの?」という心配事をよく聞きますので、以前...

ただ、これは退職代行のサービス内容について理解しておけば解決できる問題です。自分に合った退職代行を利用できるように、退職代行には3つのタイプがあることを覚えておきましょう。

実際に使うには、まずは3つのタイプの退職代行について理解する必要がある

タイプ退職申請条件交渉金銭請求相場
普通の会社××20,000円~
労働組合×30,000円~
弁護士50,000円~

退職代行には、普通の会社、労働組合、弁護士の3つのタイプが存在します。

それぞれできる業務範囲が違い、メリットもデメリットもありますので、理解したうえで選ぶのが一番良い方法ですね。

一言で言ってしまえば、

  • 普通の会社…トラブルになる可能性がある。サービス内容も最低限で、その分安い
  • 労働組合…トラブルになる可能性は低い。有給を使う交渉もできるしコスパが良い
  • 弁護士…トラブルになる可能性は低い。法律の専門家なので、高額だが安心して使える

こんな具合です。

ここからは3つのタイプについて掘り下げて解説していきますので、メリット・デメリットを良く理解したうえで自分にあったサービスを選びましょう。

普通の会社の退職代行を使うメリット・デメリット

普通の会社の退職代行を使うメリット・デメリット

普通の会社が運営している退職代行は、かなりグレーな商売です。こんなこと言うと怒られそうですが、あまり積極的におすすめしたいサービスではありません。

というのも、世の中に存在する「弁護士法」に違反する恐れがあって、それが元でトラブルになるかもしれないからですね。

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)
弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

弁護士法第七十二条より引用

上記の条文は「弁護士以外が法的な代理交渉や手続きをしたら違法だよ」と定められています。退職はもろに民法や労働基準法に関わりますので、本来普通の会社が代理業として手を出すのはNGなんですよね。

そこで、あくまで「使者(おつかい)」という体裁で運営しているのが普通の会社の退職代行です。

「この人が辞めるとおっしゃっています」と意思を伝えるだけ、という形で運営しているので、サービス内容はあくまで最低限。「その分安い」というサービスですね。

普通の会社の退職代行を使うメリット

普通の会社の退職代行は、とにかく安いサービスが多いことと、沢山あるから選択肢が多い、というのがメリットです。

サービス選びは慎重にする必要はありますが、場合によっては他のジャンルの退職代行よりも格安で辞められるのが嬉しいポイントですね。

各社いろいろな無料オプションを用意して差別化を図ろうと頑張っていますので、自分の状況にピッタリあったサービスを選べれば満足いくかもしれません。

玄人向けですね。

普通の会社の退職代行を使うデメリット

普通の退職代行のデメリットは、やはりトラブルになるリスクがあることや、有給や退職金に関する「交渉事」はお願いできないことです。

半年以上働いていれば全員に有給がありますので、できればそれも全部使って辞めたいところですが……うまくいかないかもしれません。

もちろん会社が退職代行に対して協力的であれば良いのですが、弁護士でもなんでもないサービスなので背景が弱くて、会社側も強く出てくる可能性があります。

もちろんそれも承知で運営していますので各社ノウハウはあるでしょうが、確実性を考えるとちょっと怖いですね。

それこそ実績豊富なサービスを見極めて使うことが必要です。

普通の会社でおすすめの退職代行サービス

退職代行
退職代行EXIT

退職代行J-NEXT

退職代行ニコイチ
タイプ
普通の会社普通の会社普通の会社
料金50,000円20,000円27,000円
返金規定なしありあり
特徴全額キャッシュバック超・格安退職代行の元祖
口コミ口コミ記事を見る口コミ記事を見る口コミ記事を見る
公式公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る

普通の会社の退職代行は本当に沢山あるのですが、その中から3つをご紹介します。

退職代行のなかでもっとも有名なのは、社長がテラハに出演してバズった「退職代行EXIT」ですね。退職率100%と公表していますし、転職サービスの紹介を受けて転職に成功すれば全額キャッシュバックされるのが魅力です。ただ、値段は高いですね。

J-NEXTが格安サービスで、2万円ポッキリ。引越しサポートや転職サポートもついていてがんばってます。ニコイチはこの道15年のベテランの退職代行で、実績はバツグンです。

あえて普通の会社の退職代行の中から選ぶなら、この3つがおすすめですね。

労働組合の退職代行をつかうメリット・デメリット

労働組合の退職代行をつかうメリット・デメリット

労働組合の退職代行は、会社員なら誰でも加入できる合同労働組合(ユニオン)が運営しているサービスです。

そもそも労働組合とは、「労働者が主体となつて自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体又はその連合団体」と定められている団体。

簡単にいえば「俺たちの労働環境なんとかしろー!」と会社に交渉したりするための組織ですね。これに加入すること自体には、何のデメリットもありません。

そして労働組合には「組合員のかわりに会社と交渉する権利」が保証されています。

労働組合の代表者又は労働組合の委任を受けた者は、労働組合又は組合員のために使用者又はその団体と労働協約の締結その他の事項に関して交渉する権限を有する。

労働組合法第六条(交渉権限)より引用

この権利を活かして、弁護士法に抵触せずに退職代行サービスを展開できているというわけですね。

たとえば就業規則で定められている退職に関する規定に関しても堂々と交渉できることなどを活かして、トラブルなく退職できるようサポートしてくれます。

労働組合の退職代行を使うメリット

労働組合の退職代行は、とにかく「交渉」をお願いできるのが大きなメリットです。

普通の会社の退職代行があくまで「使者」として退職の意思を伝えるだけだったのに対して、労働組合なら話し合いに持ち込めるんですよね。これは大きな違いです。

例えば「この日を退職日にして有給全部つかって辞めたい」と会社に伝えたときに「いやいや、せめてこの日にしてよ」とゴネられた場合。

普通の会社の退職代行が反論したら非弁行為としてトラブルになる可能性がありますが、労働組合なら問題ありません。そんな風に、とにかくトラブルなく、違法になることもなくサポートしてくれるのが労働組合ですね。

料金が変に高いこともなく、もっともコスパに優れたサービスと言えます。

退職代行の中では、文句なく一番おすすめですね。

労働組合の退職代行を使うデメリット

デメリットはほぼありませんが、強いて言うならば格安サービスよりは高いということくらいです。

普通の企業の退職代行のなかには、たとえば2万円とか、下手したら1万円で請け負ってくれるサービスもありますので。

とはいえトラブルなく、安心して辞められるかといえば別問題ですので、サービス内容と天秤に掛けて選んだ方が良いですね。

労働組合でおすすめの退職代行サービス

退職代行退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
退職代行SARABA

男の退職代行

わたしNEXT
タイプ
労働組合労働組合労働組合
料金27,000円29,800円29,800円
返金規定ありありあり
特徴労働組合の最安値転職お祝い金あり転職お祝い金あり
口コミ口コミ記事を見る口コミ記事を見る口コミ記事を見る
公式公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る

労働組合のなかでおすすめの退職代行は3つ。

一番おすすめのサービスは退職代行SARABAですね。労働組合のサービスのなかで料金が最安値で、返信もとても速いと評判。実績も豊富です。

しかし「男の退職代行」と「わたしNEXT」は、紹介してもらった転職サービスを利用して転職に成功すればお祝い金が貰えるというサービスが魅力。

LINEで相談するのは無料ですので、まずは話を聞いてみて下さい。

弁護士の退職代行を使うメリット・デメリット

弁護士の退職代行を使うメリット・デメリット

弁護士の退職代行は、その名の通り法律の専門家である弁護士が運営しているサービス。

ノウハウも権利も、退職代行の中で最強ですね。

法的な交渉はなんでもお願いできますので、とにかく安心して辞めたい人は弁護士の退職代行を使うと良いでしょう。

ただ他のサービスよりは料金が上がりますし、中にはあまりはっきりと料金が書かれていないサービスもあります。ここでも選び方は大切ですね。

弁護士の退職代行を使うメリット

弁護士の退職代行を使うメリットは、やはりその安心感です。どんな会社も弁護士からの連絡であればスルーしたり強い姿勢は取れないでしょう。

退職は権利ですので、そもそも利用者側に法的な権利があります。

それを全面に押し出して法的なノウハウを元に交渉してくれますので、失敗する事はほぼありえません。

さらに、労働組合にはできない「損害賠償請求」もお願いできることも特徴。給料の未払い、残業代の未払い、パワハラ、セクハラなどの労働問題がある場合、もちろんお金はかかりますがまるまる解決をお願いできます。

なんでもお願いできる、というのがメリットですね。

弁護士の退職代行を使うデメリット

弁護士の退職代行は、やはり他のサービスよりも値段が上がります。普通の人より弁護士を雇う方が高くなるのは当然ですね。

しかし損害賠償請求の費用や着手金などに関しての料金記載が不明瞭な弁護士もあり、事前にしっかり聞いておかないと思わぬ金額を払うことになる可能性はあるでしょう。

その分、やはり選び方には注意が必要なサービスですね。

弁護士でおすすめの退職代行サービス

退職代行
弁護士法人みやび
タイプ
弁護士
料金55,000円
返金規定あり
特徴損害賠償請求もOK
口コミ口コミ記事を見る
公式公式サイトを見る

弁護士の退職代行もたくさんありますが、なかでもおすすめしたいのは「弁護士法人みやび」です。

他の退職代行と比較したときの弁護士の一番の特権と言えば「損害賠償請求」ですが、その料金設定が「別途相談」になっている弁護士事務所が多いんですよね。

その点「弁護士法人みやび」では、損害賠償請求をする場合は「成功報酬一律20%」と明記されています。相談しやすいですよね。

料金も明朗でわかりやすく、LINEで問い合わせもできて相談しやすい弁護士です。ぜひ相談してみて下さい。

自分にとってメリットのある退職代行を選ぼう

というわけで、基本的には労働組合の退職代行がバランスが良くてメリット大ですね。

もちろん弁護士は安心して使えますし、普通の会社の退職代行も選び方によってはお得に使えます。

メリット・デメリットをよく理解して、自分の状況にあったサービスを選びましょう。

【元人事が厳選】本当におすすめの退職代行サービス7選。効率よく辞めよう
【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP7!元人事が優良サービスを厳選この記事を読めば、退職代行のおすすめ人気ランキングとあなたに合った選び方がわかります。 退職代行は、ブラックな環境で働いている人の...
退職代行とは?をQ&A形式で解説。20個の気になる疑問に答えますそもそも退職代行とは、あなたの代わりに退職手続きを済ませてくれるサービスです。 ブラック企業で苦しんでいる人や上司が怖くて辞めると...
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
これまでにアパレル業界のエリアマネージャー職や人事・総務の仕事を経験。現在は企業メディアで編集・ライティング・SEO対策を担当する副編集長として働きつつ、ブロガー・webライターとしてパラレルワーク中。筋トレとザンギが好きです。詳しくはPROFILEもご覧ください。
【速報】退職代行を使うなら労働組合がベストだと判明(北海道ログしらべ)
  • トラブルなく辞めたい
  • 有給を全部つかって辞めたい
  • 安い方が嬉しい

こんな人は、労働組合の退職代行を選びましょう。

労働組合法で会社と交渉する権利が認められていて、トラブルになる可能性がほぼありません。

もっともおすすめなのは「退職代行SARABA(サラバ)」ですね。24時間対応でレスも早いと評判も上々です。

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービスこの記事を読めば、退職代行SARABAの口コミや評判、サービスの特徴がわかります。 退職代行SARABA(サラバ)は、評判...

下記の記事には、まともな退職代行サービスだけを厳選したランキングも掲載しています。退職の検討材料にして下さいね。

【元人事が厳選】本当におすすめの退職代行サービス7選。効率よく辞めよう
【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP7!元人事が優良サービスを厳選この記事を読めば、退職代行のおすすめ人気ランキングとあなたに合った選び方がわかります。 退職代行は、ブラックな環境で働いている人の...