退職代行は即日辞められる?当日の朝でもOK?即日退職のロジックを解説

退職代行で即日辞めるってどういう理屈?あなたの知らない退職のルールとは

どうも、たくろーです。

「退職代行のサイトに即日辞めれるって書いてあるけど、本当か?」

と心配な方へ、退職代行で即日辞められるロジックを解説します。

そもそも会社って、割といつでも辞めれるようになっています。

僕たちは「会社を辞める」となると、それはもう人生の一大事のように悩んでしまいますが……そもそもそんなに重く考えるようなことでもありません。

たくろー
「1か月前には言うべき」とか「2か月前から引継ぎした方が良い」みたいな暗黙の了解も、あくまで会社側が都合の良いように設定したルールだったりします。

引継ぎしなきゃいけないって法律で決められてるわけでもなんでもないので、退職代行にまかせて即日辞めたって特に問題ないんですよね。

というわけで、退職代行で即日辞められる理屈と、本当に即日辞めたいときの退職代行の選び方、おすすめサービスまでご紹介していきます。

おすすめ退職代行
目次

\この記事を書いた人/

たくろー
ブロガー
関西から札幌に移住してきました。会社ではWebメディアの編集長を。家では無心でブログを書き続けるブロガーとして生きています。以前はブラックなアパレル企業で人事やエリアマネージャーの仕事をしていて、退職代行からの電話を受けたことがあります。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンス。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

退職代行で即日辞めるって、どういう理屈?

退職代行で即日辞めるって、どういう理屈?

「退職代行で即日辞められる」という話は、基本的には「無期雇用の正社員」であることが前提になります。

民法第六百二十七条で「無期雇用の人は退職日の二週間前に申し入れれば辞めれるよ」と定められていることを利用して、ちょっと小細工しながら即日辞めるというわけですね。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第六百二十七条より引用

このルールですが、要するに「退職日が二週間後」でありさえすれば良いので、いくらでもやりようがあるというわけです。

例えば「2週間後に辞めます」と伝えて、そこから風邪をひいてたまたま1回も出勤できなかったとしても、伝えた退職日で辞めれるんですよね。

たくろー
こんなの、もう即日辞めたようなもんです。

退職代行で即日退職を実現させるのも同じような理屈で「退職日は2週間後で、そこまで欠勤するのでもう出社しません」みたいな話で済ませます。

あるいは有給が残っていれば「今日から有給を全部消化して、使い終わった翌日で退社します」みたいな話も通せるんですよね。

というわけで退職代行で即日辞めるときは、民法にのっとって退職手続きをサポートしてもらうに過ぎません。

単純なロジックですね。

有期雇用だとルールが変わるから注意。でも即日退職は基本OK

しかし有期雇用で働いている場合は、少しだけ話が違ってきます。

例えば契約社員の人とか、パートタイムの人とか、派遣社員の人とかに多い雇用形態ですね。

期間が決まっている契約の場合は「基本的には契約期間が終わるまでは辞められないし、やめさせられない」という法律になっています。

たくろー
働く人と会社の両方を守るような内容ですね。

とはいえ抜け道はあって「やむを得ない事由」だとお互いが判断すれば辞めて良いとも決まっていますので、それを利用する形になります。

(やむを得ない事由による雇用の解除)
第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

民法六百二十八条より引用

基本的には退職代行が上手くやってくれますが、状況を正しく伝えるためにも自分の雇用形態は確認しておきましょう。

特に派遣で働いているなら、下記の記事もチェックして自分がどういう契約で働いているのか把握したうえで退職代行を使うとスムーズですね。

あわせて読みたい
派遣社員も退職代行で即日辞められるのか調査してみた どうも、たくろーです。 以前人事として働いていたアパレル企業は、退職代行を使って辞める従業員がいるようなブラックでした。ちなみにエリアマネージャーとして働いて...

公務員は即日退職が難しい場合が多い。要相談

公務員は民間企業のサラリーマンとはまたちょっと違う法律で縛られていて、国家公務員法や地方公務員法にのっとって退職することになります。

そして、実は「何日前に言えば辞められる」と明確には決まっていないんですね。

「退職を申し入れる→辞令が下れば退職できる」という手続きを踏む必要があるので、要するに「自分の好きなときに辞められるわけじゃない」という話です。

例外があって、地方公務員は地域の条例によって「〇日前までに言えば辞められる」と明確に定められている場合も。この場合はその日程に則れば辞められます。

職員の給与、勤務時間その他の勤務条件は、条例で定める。

地方公務員法第四節 第二十四条その5より引用

つまり地方公務員の場合は、退職代行に相談する前に地域の条例で退職に関する規定を調べておけばスムーズですね。

たくろー
一般的には民間と同様に14日前だったり、あるいは10日前だったりします。

自衛隊はまた違ったりしますので、公務員の方は下記の記事もあわせて確認してみて下さい。

あわせて読みたい
【決定版】公務員も退職代行を使える。民間との流れの違いを知っておこう 「公務員って退職代行を使って辞めれるの?」 「自衛隊は流石に無理?でも退職代行で辞めたい……」 こんな風になかなか退職を言い出せない公務員の方の疑問にお答えしま...

つまり退職代行は、当日の朝でも辞められる

つまり退職代行は、当日の朝でも辞められる

ちなみに「即日退職」という言葉通り、当日の朝に連絡しても、スムーズに話が通れば退職できます。

僕が以前にいた会社では退職代行を使われたことがあるのですが、その使った従業員は朝に退職代行に申し込み、昼ごろに会社に連絡が来ました。

下記の記事で、その体験談を本人に連絡をとってまとめてあります。

あわせて読みたい
退職代行SARABAの口コミ評判は?特徴や料金、体験談を徹底調査 どうも、たくろーです。 今回は合同労働組合の「退職代行さらばユニオン」が運営する「退職代行SARABA(サラバ)」を使った人の口コミや体験談を調査徹底!そこからわか...

ちなみに「使われた」ときの僕の体験談は、下記の記事です。ご興味あればどうぞ。

あわせて読みたい
退職代行を使われた会社のリアルな感想・対応・注意点【利用者も必見】 この記事を読めば、退職代行サービスを使われた会社側のリアルな感想と対応方法がわかります。「利用者側が注意しておいたほうが良いこと」もあわせて掲載。 以前勤めて...

夜中に申し込んでも、次の日から出勤しなくて済む

僕のブログ経由で退職代行に申し込む人のデータがある程度溜まってきましたが、結構夜中に申し込む人も多いことがわかりました。

たくろー
やっぱり仕事から帰って「もう本当に限界だ……」と感じたときに、退職代行を使って辞める人が多いんですね。

夜中でも申し込めば翌日の朝には会社に連絡してくれるので、もちろん即日退職できます。

そんな風に即日退職するには、退職代行の「選び方」に気をつけましょう。

即日辞めるための退職代行の選び方。3つのポイントをチェック

即日辞めるための退職代行の選び方。3つのポイントをチェック

即日退職を叶えるためには、退職代行の選び方も大切です。

選び方を失敗すると「申し込んだは良いものの、対応が遅くて即日退職できなかった……」みたいな残念なことにもなりかねません。

3つのポイントをチェックしたうえで、即日辞められる退職代行を選びましょう。

まずは営業時間をチェック

即日辞められる退職代行を選ぶなら、まずは営業時間をチェックすることが大切です。

「即日退職」ができると書いていても、24時間対応か、営業時間は何時までか、休日があるのか、というような営業方針はサービスによってマチマチ。ちゃんと確認してから利用しましょう。

例えば、今回の記事でも24時間対応サービスとしてご紹介する予定の退職代行SARABA(サラバ)だと、

このように「24時間、いつでも対応するよ」という規定になっています。(ためしに夜中にLINEしてみたら、すぐ返事きました。)

対して、例えばとある弁護士のサービスだと

このように「24時間受付」とはなっているものの「対応できる」とは書いてありません。

電話相談は平日9時~19時になっていることから、リアルタイムで対応してもらえるのはこの時間帯のみだとわかりますね。

たくろー
受け付けはするが、いつ対応するとは言わんぞ!という感じです。

これが良い悪いというわけではなく、あくまで企業の営業時間の話ではあります。

しかし「即日退職」を叶えたいなら、「受付」と「対応」の言葉の違いも確認しつつ退職代行を選ぶと良いでしょう。

もちろん24時間「対応」してくれる退職代行を選んだ方が、スピーディに連絡がくる可能性が高くて即日退職に向いてますね。

支払い方法も忘れずにチェック

即日退職したい場合は「支払い方法」もかならず確認しておきましょう。リアルタイムに対応してくれたとしても、料金を支払えなければ即日退職できません。

一般的には、

  • 振り込み
  • クレジットカード
  • キャリア決済
  • 後払い

このあたりの支払方法の中からいくつかが用意されている退職代行がほとんどです。

たとえば「振込」にしか対応していないサービスだったら、夜中に申し込んだときはネットバンキングのアカウントがないと払うのが難しいかもしれません。

振り込みが難しければ「クレジットカード」や「後払い」が使える退職代行を選ばないと、即対応してもらうのは難しいでしょう。

たくろー
すぐに決済が終わって安心なのはクレカですね。

ちなみに振り込み対応の場合は、向こうで入金が確認できなくても「振込明細」の写メでOKな会社も多いので、そのあたりも確認しつつ利用してみて下さい。

LINEに登録して1時間以内に連絡がなければ次へ

即日退職したい場合は、対応のスピーディさも重要です。

個人的に調査した限りでは、LINE登録して1時間以内に返信がこなければ他の退職代行にも申し込んでみると良いかなと思いました。

たくろー
すぐ対応してくれるところは、本当にものの数分で返信がきますので。

悠長にしていると、すぐに連絡してもらえなくて即日退職が叶わなくなる可能性もあります。できるだけすぐに対応してもらえるサービスにお願いしたいですね。

即日辞められる、24時間対応の退職代行3選!

というわけで、即日退職を叶えるには最低限「365日24時間対応」の退職代行を選ぶと良いでしょう。

加えて「振込」「クレジットカード」が使えるサービスなら、どんなシチュエーションでもすぐに支払えますよ。

これらの条件に該当するサービスの中から、知名度や実績のある人気の退職代行を厳選してご紹介していきます。

今すぐ辞めたい方は、さっそく即日退職をお願いしましょう。

退職代行SARABA(サラバ)│24時間対応で、一番安い

退職代行SARABA(サラバ)

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合が運営している退職代行です。会社と交渉できますので、有給も使って辞めるようなサポートもしてもらえてオトクですね。

そして個人的に調査したなかでは、もっともスピーディに返信をくれた退職代行でもあります。試しに夜中に連絡してみましたが(担当の人ごめんなさい)、2分くらいでレスを貰えました。

即日辞めたい方は、まずは退職代行SARABAに相談すれば間違いないでしょう。

まずはLINEかメールで無料相談できますので、さっそく話を聞いてみて下さい。

さっそく無料相談する

サービス名退職代行SARABA(サラバ)
正社員退職料24,000円
アルバイト退職料24,000円
連絡手段LINE/メール
支払い方法クレジット
退職失敗時返金全額
即日退職可能/24時間対応

\CHECK NOW/

24,000円ポッキリで安心してやめるならSARABA
さっそく無料相談する

あわせて読みたい
退職代行SARABAの口コミ評判は?特徴や料金、体験談を徹底調査 どうも、たくろーです。 今回は合同労働組合の「退職代行さらばユニオン」が運営する「退職代行SARABA(サラバ)」を使った人の口コミや体験談を調査徹底!そこからわか...

男の退職代行│24時間対応で、支払い手段が豊富

男の退職代行

男の退職代行は、珍しい「男性専用」の退職代行サービス。ここも労働組合が運営しているため、「有給を使いたい」などの交渉ごともすべて任せられます。

ここも「24時間対応」のサービスですので、とにかく今すぐ辞めたい方に安心ですね。クレジットカードや振り込みだけでなく、キャリア決済や翌月後払いで支払えるという支払い方法の多さも魅力です

「即金が無いけど今すぐ辞めたい」という男性は、ぜひ男の退職代行に相談してみて下さい。

さっそく無料相談する

サービス名男の退職代行
正社員退職料29,800円
アルバイト退職料19,800円
連絡手段LINE・メール
支払い方法クレジット/振込/キャリア決済/コンビニ決済/翌月後払い
退職失敗時返金全額
即日退職可能/24時間対応

\CHECK NOW/

男の退職代行で即日退職する
さっそく無料相談する

あわせて読みたい
男の退職代行の口コミ評判は?体験談やレビューを徹底調査してみた どうも、たくろーです。 今回は人気退職代行の一つである「男の退職代行」の評判を調査しました。 労働組合なので有給をつかう交渉も任せられるうえ、JRAAに特級認定さ...

わたしNEXT│24時間対応で、支払い手段が豊富

わたしNEXT

わたしNEXTは、男の退職代行と対照的に「女性専用」の退職代行です。男の退職代行と同じ運営元が展開しているサービスで、そのサービス内容もほぼ同じですね。

こちらも24時間対応なので、いつでも安心して相談できます。多くの転職サービスと提携しているのも魅力ですね。

即日辞めたい女性は、ぜひわたしNEXTに相談してみて下さい。

さっそく無料相談するわたしNEXT公式サイトへジャンプします

サービス名わたしNEXT
正社員退職料29,800円
アルバイト退職料19,800円
連絡手段LINE・メール
支払い方法クレジット/振込/キャリア決済/コンビニ決済/翌月後払い
退職失敗時返金全額
即日退職可能/24時間対応

\CHECK NOW/

わたしNEXTで即日辞める
さっそく無料相談するわたしNEXT公式サイトへジャンプします

あわせて読みたい
わたしNEXTの口コミ評判は?特徴や料金、使い方を解説 どうも、たくろーです。 今回は有名な退職代行サービスの一つである「わたしNEXT」の評判を調査しました。 「女性専用」というなかなか珍しいサービスで、労働組合が運...

即日退職したいなら、24時間対応の退職代行で

即日退職をお願いできる退職代行はたくさんありますが、実は24時間対応のサービスは少ないのが現状です。

本当に今すぐ即日辞めたい方は、まずは今回ご紹介した24時間対応の退職代行を頼ってみて下さい。

あわせて読みたい
後払い退職代行おすすめ6選【2023最新】分割払いやコンビニ払い対応サービスも紹介 どうも、たくろーです。 今回は「後払いできるおすすめの退職代行サービス」をご紹介します。 こんな方向けのサービスが「後払いのできる退職代行」ですね。 一般的な退...
あわせて読みたい
【リアル】看護師が退職代行を使った体験談と、おすすめの退職代行を紹介 この記事を読めば、看護師が退職代行をつかって辞めた体験談と、看護師におすすめの退職代行サービスがわかります。 知り合いに実際に退職代行を使って辞めた看護師がい...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関西から札幌に移住してきました。会社ではWebメディアの編集長を。家では無心でブログを書き続けるブロガーとして生きています。以前はブラックなアパレル企業で人事やエリアマネージャーの仕事をしていて、退職代行からの電話を受けたことがあります。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンス。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

目次