北海道ログでおすすめの10記事はこちら!

どうも、たくろーです。

「北海道ログ」ってタイトルだけど、北海道のことそんなに書いてないし、このブログなんなん?

と思った方。初めて来ていただいた方。そんなあなたに、僕の人となりやブログのことがわかる記事を10記事選んでみました。

せっかくのご縁ですので、ぜひご覧ください。

ちなみに北海道ログのコンセプトページはこちらです

北海道ログでおすすめの10記事はこちら!

とりあえず「自分で何回も読んだくらい好きな記事」を選んでみました。

暇なときに読んでみてね。

1. 夫婦喧嘩に関する記事

【旦那目線】夫婦喧嘩なんてめんどくさいからしない。そんな我が家の特徴我が家は結婚して今年で4年になるのですが、喧嘩という喧嘩をしたことがありません。「どうしてうちは夫婦喧嘩をしないんだ?」と考えたところ、...

僕の夫婦観について書いた記事。なんとなくお気に入りです。

夫婦喧嘩は、めんどくさいからしません。

うちの夫婦は、なんとなくですが、「二人ともが解決脳である」という特徴があるように思います。なにか問題が起これば、二人ともとにかくそれをスムーズに解決しようとします。そのためにはエネルギーを使うけれど、どうでもいいことにはあまり関心を寄せません。

2. 仕事ができない人について書いた記事

仕事ができない人を無視すると余計疲れる。ベストな接し方とは?どうも、たくろー(@tklandphoto)です。 「どうやったら部下の仕事ができるようになるんだろう。まじで疲れる……」 ...

仕事ができない人について書きました。世の中にはいろんな人がいます。できるだけストレスを感じずにサラリーマン生活を送るにはどうすればいいのか、というお話です。

基本的には「仕事ができない人をサポートすることで自分の評価を上げていく」みたいなエサに利用するのが良いと思ってます。

綺麗ごとだけで他人の面倒を見るなんてバカらしいですし、自分にとってメリットがあるように動くのが良いですね。

例えば自分のマネジメント力アップのためとか、仕事を教えて自分の理解を深めるためとか、あるいはサポートしてポイントを稼ぐとか、あくまで自分の利益になるように利用していけるとベストです。

3. 会社辞めるときに「明智光秀か」と言われた

転職は裏切り?退職するときに「お前は明智光秀か」と裏切り者扱いされた話前の会社から転職するとき、上司から「お前は明智光秀か」と裏切り者扱いされました。光栄です。「転職は裏切りなのか?」という根本的なことを、僕の状況をケーススタディにしてめっちゃ考えてみました。...

以前はそこそこブラックな会社で働いていたのですが、辞めるときに「明智光秀みたいなことしやがって」と言われました。その手記です。

まずは直属の上司に「転職先決まったから退職するぞ」と申しでたことが発端です。

そこでは「ちゃんと2か月くらい余裕みて引継ぎしてから辞める」ということは伝えたのに、なぜか「責任感がないんじゃないか」みたいな話をしてきました。

ちょっと驚きましたが、まだ想定の範囲内です。

問題は後日。

信長様(別の上司)から「明智光秀みたいなことしやがって」とのお言葉を頂いたと。

「そうか、ならば本能寺の変だ。」

4. アパレルあるあるまとめ

アパレル販売あるあるを、元エリアマネージャーがジャンル別にまとめた
アパレル店員あるある85個を、元エリアマネージャーがジャンル別にまとめた アパレル業界からweb関係の業界に転職してしばらく経ちました。供養のために、いま覚えている限りの「アパレルあるある」を記しておき...

これからアパレルで働こうかなと思っている人にこそ読んでほしい記事です。専門用語バンバン出てきますが、なんとなくアパレルの空気感をわかってもらえるはず。

まずは施設別のアパレルあるあるをまとめていきたいと思います。働いた事の無い人からは何が何だかわからないかもしれませんが、「あ、こんな感じなんだ」と思ってください。

ブランドに所属していて、その施設にテナント出店している、という立場のアパレルあるあるです。なにを解決するわけでもない、ただそれだけの文章です。

5. 円山公園でエゾリスと戯れた記録

円山公園のエゾリス
【札幌】円山公園でエゾリスと出会えるスポット大公開【アクセス抜群】札幌の円山公園にはリスが沢山住んでいます。円山公園は札幌の自然公園で、円山公園駅から徒歩10分くらいの場所。つまり、駅から10分も歩けば...

かなり初期に書いた文章なので、今見るとちょっと様子が変ですが、結構好きな記事です。札幌に移住してきて、エゾリスと戯れて嬉しかった記録。

2匹目のエゾリス

6. 「働きたくないから死ぬしかない」はさすがに飛躍しすぎだなという話

働きたくないし死ぬしかないと思うあなたへ。元ニートの教える処世術どうも、たくろーです。 今回は過去の僕のように「働きたくないし死ぬしかない、もうまじで詰んだ」と思っているあなたへ、ちょっとしたメ...

20歳そこそこの頃はニートみたいな生活をしていたのですが、その頃思っていたことなども踏まえた、僕の「働く」に対する考え方をまとめた記事です。

ちなみに僕が絶望していたときに、それを察した父から「まあ就職難しいなら、自分で商売でもなんでもすればいいんじゃないか?」と言われたことがあります。

正直そのときは「いや、そんなことできるわけないやろ……」と思ったものですが、なるほどそういうことだったのかと、今になって思います。

7. 自己啓発はなぜ気持ち悪いのか

自己啓発ってなんで気持ち悪いの?本質的な意味から考えたどうも、たくろーです。 今回は「自己啓発ビジネスに頼るときは、自分で情報を取捨選択できないと意味ないよ」ってテーマでお話します。 ...

僕は意識高い感じが割と苦手なのですが、それに付随して「自己啓発」という概念になんとも言えない気持ち悪さを感じます。そんな記事です。

特に心構えを学ぶようなセミナーに「行け」って言われてイヤイヤ参加するような状況とか、ほんとに意味ないからやめたほうがいいですね。

前提として「自分からやる」状態で「ある程度実践的な内容」じゃないと意味ないのかなと思います。

スピリチュアル感の混ざったざっくりした話とか、聞いたところで「参加した感」が出るだけでほんとに意味ないですからね。

8. 退職代行を使われたらこんな感じ

退職代行を使われた会社のリアルな感想・対応・注意点【利用者も必見】この記事を読めば、退職代行サービスを使われた会社側のリアルな感想と対応方法がわかります。「利用者側が注意しておいたほうが良いこと」もあわ...

前にいたブラックな会社で人事の仕事をしていたときに、退職代行からの連絡を受けたことがあります。支店の社員がやめたのですが、そのときのお話です。

「〇〇様の代理でご連絡しています。SARABA(サラバ)ユニオンの〇〇と申します」

え?
すでに意味わかんないですよね。

会社にかけてきて「代理で電話してる」というワードがすでに意味分からないですし、ユニオン?なにそれ?って感じです。

その頃は僕自身、退職代行というサービス自体を耳にしたことがあるかないかといった時期。

今となっては「あいつ、流行の最先端走って辞めていったな」としか思えないのですが…とにかく以下のような内容の連絡でした。

9. Webライターになるにはブログ書け

未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説
未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説どうも、たくろーです。 今回は「未経験から”食っていけるwebライター”になる方法」というテーマでお話します。 ...

僕がWebライターに転職した経緯とか、そんなことをまとめた記事です。長文すぎて大変ですが、ライター職に興味のある方はぜひご覧ください。

会社では人事の仕事を続けながら、家にかえればひたすらブログと向き合いました。

今でも似たような生活を続けていますが、仕事の日は4時間~、休みの日は丸一日(12時間~)ブログを書くのが日課になってましたよ。
謎の執念によって3か月足らずで書き上げた記事数はたしか70記事くらいです。

少しずつPVが上がってきたこともあり「そろそろ試してみるか」と、そのときに丁度見つけたwebマーケティング企業のwebライターの求人に応募しました。

10. 葬送のフリーレン推し

葬送のフリーレンがつまらないという意見を考察。漫画の魅力を語ってみた僕の大好きな漫画に『葬送のフリーレン』というタイトルがあります。 色々調べていると検索サジェストに「葬送のフリーレン つまらない」...

最近もっとも推している漫画が、葬送のフリーレンです。知らない人はもぐり。最新刊まで読んでない人ももぐり。絶対読んだほうがいい。フリーレンは道徳の教科書である。

『葬送のフリーレン』は、人と人との関わりの薄い現代社会へのアンチテーゼのような作品です。

僕自身も人付き合いは苦手ですし、正直実家にも数年単位で帰っていません。

しかし『葬送のフリーレン』を読むと、人との関わりの大切さや、その美しさを思い出させてくれます。

「たまには親孝行しようかな」なんて思わせてくれる漫画は、なかなか他にありません。

まとめ

北海道ログの個人的なおすすめ記事をご紹介しましたが、この辺りを読むと僕の人となりとか、何を言ってるブログなのかとか、なんとなくお分かりいただけるかなと思います。

せっかくですので、ぜひ色々と読んでみて下さいね。