転職についての話

【超大手】リクルートエージェントの評判・口コミ。元人事が実態を解説!

リクルートエージェントは札幌でも評判良い?元人事が実態を解説!

「リクルートエージェントってなに?」「転職エージェントってどんなシステムなの?」

こんな疑問にお答えします。

転職エージェントは、仕事探しに慣れていない人にはもちろん、ベテランが転職するときにもとても役立つサービス。過去に人事部で働いていた僕が、転職エージェントの超大手である「リクルートエージェント」について掘り下げます。

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントの画像

リクルートエージェントとは、「株式会社リクルートキャリア」が運営する転職支援サービスです。特徴は以下の通り。

  • 完全無料
  • 求人数が非常に多い
  • 一般には非公開のレア求人もとても多い
  • 個別担当がついて転職のアドバイスをしてくれる
  • 履歴書や経歴書の添削もしてくれる
  • 代わりに求人を探してくれる
  • 面接日程調整や給与交渉などもしてくれる

このように、仕事を探す人にとっては至れり尽くせりのサービスです。

「えっ無料とかあやしい…」と思ってしまいますが、リクルートエージェントは「採用する企業からお金を受け取っている」ので、僕たちにお金はかからないというワケです。

「転職活動って、なにから始めれば良いかわかりません…」

こんな方はぜひ、リクルートエージェントに相談しましょう。

なにしろリクルートエージェントは「転職させればさせるほど儲かる」ので、必死で転職をサポートしてくれます。完全にWIN-WINの関係です。

リクルートエージェントは企業の情報を握っている

リクルートエージェントでは、「企業側の担当」と「仕事を探している側」の担当が別々に存在します。

企業側の担当営業さんは、募集を出したい企業と綿密に打ち合わせをしています。求人を出すときは、その会社が「どんな人が欲しいのか」等をかなり細かく打ち合わせするんですね。

「求人にはこうやって書いているけれど、実際はこんな人でもOK」

「給与額はおおっぴらにはこの金額でしか書けないけど、キャリアによってはもう少し年収アップも相談できるよ」

こんな情報が飛び交っています。

僕は企業の人事部にいた事があり、雇う側として人材会社の営業さんともよく商談しました。リクルートエージェントも勿論利用していたのですが、求人条件のすり合わせや打ち合わせは、他社よりもかなり細かかった印象です。

リクルートエージェントは求職者の情報もリサーチする

もちろん、求職者側の担当は、仕事を探している人と綿密に打ち合わせをします。

私も転職するときに実際に使いましたが、「これまでの仕事でどんな事に気を付けて働いていましたか?」とか「譲れない条件はどんな事ですか?」とかかなり細かく聞かれました。

その人によって「仕事に対して求めること」は違いますので、詳細にカウンセリングされます。

正直ちょっとうざいくらい聞いてくるとても丁寧にヒヤリングされますので、どのような人間なのかを把握されます。

それを企業側の担当とも共有して、「紹介する予定の企業はこの人にマッチしているのか」という事をリクルートエージェント側でも検討してくれます。

つまり「面接受けたけどなんか違った」というミスマッチを減らす仕組みができています。

これは企業側としても求職者側としても安心ですよね。

つまりどんな会社?

つまりリクルートエージェントは、「無料であなたと一緒に転職先を探してくれる会社」で、企業側からすると「働きたい人を連れて来てくれる会社」です。

めっちゃいいですよね。

リクルートエージェントは3分で登録できる

リクルートエージェントは、最初の登録でゴチャゴチャ職務経歴だかなんだかを書かなくて良いので、3分もあれば登録できます

登録するだけで非公開求人が見れるようになるので、見るだけでもおもしろいです。

まずは公式ページへ。(新しいタブで開きます)

さっそく登録画面になります。(時期により画像などは変わると思いますが、登録内容は基本的に一緒です。)

下記のような書き方でOKです。

転職希望時期
深く考えなくてOK
希望勤務地これは正直に。
現在の職種一番近いものを選ぶ。
現在の年収だいたいでOK。
メールアドレスID発行メールがくるので正確に。
転職情報メールどちらでもOK。(ない方がうざくない)

同意して次に進みます。

ここは正直に書きましょう。大学とか高校卒業年がわからない方は、リクルートさんの卒業年チェックツールをどうぞ(新しいタブで開きます)

次に進みます。

ここの在籍期間が少々面倒ですが、在籍期間はひとまずなんとなくでOKです。後から修正できますので、あとでじっくり調べて下さい。

一番下の「スカウトサービス同時登録」ですが、する場合はさらに情報入力が必要です。後からでも登録できますので、あまり時間をかけたくない方はひとまず「登録しない」でOK

これで完了です。

メールアドレスが正しい場合、メールが届きます。

文面は時期によって変わると思いますが、概ねこのような内容。この時点でマイページが開設されて、非公開求人も見れるようになります。

このあと面談日程を設定して、実際にリクルートエージェントの札幌オフィスにいって転職について相談することになります。

【無料登録】詳細はこちら

リクルートエージェントを利用するメリット

リクルートエージェントを利用するメリットは何でしょうか。これについては、企業側と、求職者側で分けて考えてみます。

「わりと全員が得をしている良いサービスだなー」と思っているので、詳しく書きます。

前提知識として、企業側はリクルートエージェントで採用する場合結構な額のお金を払います

「一人採用するたびに、その人の想定年収の〇%をくださいね」

こんな契約を結んでいます。(安い車が買えるくらいの金額を払います。)

エージェント系は基本的にこのシステムが多くて、雇えなかったらお金は一切かからない完全成果報酬型です。

(余談ですが、普通の求人サイトに広告を出す場合は「〇週間掲載で〇万円」みたいな契約が多いです。この場合は雇えても雇えなくても決められた金額を支払う、定額課金型になります。)

といった知識を持っていただいた状態でご覧ください。

企業側のメリット

企業側のメリットは以下です。

  • 「うちの会社で働きたい人」を連れて来てくれる
  • 条件交渉もしてくるので良い人材を逃しにくい
  • 面接の日程調整などもやってくれて楽

なんとなくご存じだと思うのですが、今のご時世めっちゃ人手不足です。これから少子高齢化が進みにつれ、もっと人手不足になります。

もちろん海外からの採用も増えていますが、海外採用の方の配置先は通訳業務や単純作業の絡んだ仕事が多いのが現状です。いま日本人が行っている仕事は人手不足が続くはずです。

そんな中で、「うちの会社で働きたい人」を探してつれてきてくれるというのは、人事担当からするとめっちゃ楽です。

本当に応募がくるかどうかわからない求人広告を出してお金を払うより、人を雇えたときだけお金を払うスタイルの方が採用予算をねん出しやすいんですね。

という企業側の事情が、転職エージェントが流行している理由の一つでもあります。

求職者側のメリット

対して求職者側のメリットはこちら

  • 完全無料
  • エージェントは本気でサポートしてくれる
  • 採用されたという事は期待されている

完全無料なのは勿論ですが、エージェント達の仕事はおざなりではなく本気です

上にも書いたとおり、転職させればさせるだけ儲かるんですから。

「えっじゃあ適当な求人を押し付けられるのでは…」

こんな不安を持つ方もいると思いますが、適当な求人をポンポン紹介しても就職に繋がらないことなんて、エージェントはとっくに気づいています。

転職しようとしている人が自分でなんでも調べられる時代なので、適当な仕事はバレます。

そこを分かった上でこのような商売をしているのですから、その人にあった仕事を紹介しようとうざいぐらいとても真剣にカウンセリングをして紹介してくれます。

また、3番目の「採用されたという事は期待されている」という所ですが、上でもお伝えした通り企業側はあなたを採用すると結構なお金を払うので、「うーんまあ微妙だけど採るか」とはなりません。「ぜひうちに来て欲しい」と思われたから採用されるんです。

求人サイトだと、上でも書いた通り「広告を出した段階で課金している」ので、企業側は「微妙な奴でもとりあえず採用するか」というマインドになります。そんな期待されてるのか数合わせなのかよくわからない状態で採用されるの嫌じゃないですか。

対してエージェントの成果報酬型なら、採用された場合は「”君だから”採用したんだ」と言われてるのに等しいんですね。

これ、めっちゃよくないですか?

あと、例えば国営の転職機関のハローワークとかだと、紹介しようがしまいが職員の給料なんて変わらないので、カウンセリングのクオリティは完全に人によってしまって運ゲーになります。

お金が発生すると人は真剣になるので、民間のエージェントは求職者にとって非常に頼れる存在であることは間違いありません

中でもリクルートエージェントは最大手。そもそも選べる求人数も多いので、転職する場合はひとまず登録して間違いのない企業と言えます。

\金がからむと人はがんばる/

【無料登録】詳細はこちら

リクルートエージェントの評判、口コミ

実際にリクルートエージェントを利用した方の口コミを集めてみました。

ポジティブな口コミ

一緒に頑張りましょう!みたいな感じで担当してくれると、モチベーション沸きますよね。

こんな方もいました。札幌のリクルートエージェントが役立ってるという情報。詳しく話聞いてみたいですね。

いろんな利用の仕方があるのがわかります。この人はYahoo知恵袋代わりにつかってますね。

ネガティブな口コミ

ネガティブとはちょっと違いますかね。これだけ結構真剣に話してくれます。人生を左右するんですから、このくらい真剣に話してくれる担当の方が良いですよね。

実際はどうかわかりませんが、こんな風に感じられてしまうのはよくないですね…。札幌の方です。クオリティはある程度担当にもよるようです。チェンジできると思いますので、相談してみれば良いと思います。

合う合わないはありそうですが、そんなときは別のエージェントに切り替えるのも一つの手です。 なぜならどちらにせよ無料だから。ほかのエージェントや転職サイトについては下記記事もご覧ください。

札幌でおすすめの転職サイト7選!元人事が、企業側目線も交えて解説!
札幌でおすすめの転職サイト7選!元人事が、企業側目線も交えて解説!札幌で転職する際の、おすすめの転職サイトをまとめました。エージェント型とサイト型で分けて解説していますので、あなたにあったサービスを見つけて下さい。...

リクルートエージェントに関するQ&A

さいごにちょっと気になる事をまとめておきました。もし質問があれば調査しますのでコメント下さい。

Q1:絶対にオフィスに行かないと面談できませんか?

A1:ウェブ面談も可能です。今のご時世、ウェブでもリアルでも対応できないと生き残れなさそうです。下記のような状況の方もいらっしゃいました。

Q2:大卒じゃないと良い仕事ないですか?

A2:調べたところ、高卒や既卒、学歴不問の求人も意外と多い印象です。実際に私がいた会社でリクルートエージェントに頼んでいたときも、マネージャー採用ですが学歴は不問にしていました。どちらかというと経験が大切だと思います。

下記のようなツイートをしている方もいました。

Q3:勧められた求人は絶対に面接を受けないといけませんか?

A3:気に入らなければ受けなくてOKです。自分の希望をしっかり伝えた上で、紹介してくる求人が希望とずれているようであればもっと綿密に打ち合わせをしましょう。但し、面接を予約してからのキャンセルは基本的に禁止されています。面接を受けるかどうかは真剣に考えましょう。

Q4:探してもらうだけじゃなくて自分で好きな会社に応募したいです。

A4:もちろん可能です。リクルートエージェントのサイトに載っている会社であれば、非公開求人も含めて応募可能です。書類選考で落ちた場合も、何がダメだったのかなどを企業側に聞いてくれる場合もありますので、何かしらのフィードバックは期待できます。(実際人事担当をしていたときは結構聞かれました)

下記のような方もいますが…がんばりましょう。

Q5:転職できたのでメール止めたいです。

A5:おめでとうございます!止めましょう。メールの最下部に退会リンクがあります。ここから進むのが早いです。

リクルートエージェントの口コミ・評判まとめ

  • 転職するならリクルートエージェントに相談するのは良手
  • 登録や面談の調整は簡単にできる
  • 自分に合わなければ別のとこにすればOK

転職エージェントは都合よく利用すればOKですので、まずは登録してみて、合わなければ別のエージェントに相談するもよし、求人サイトから直接応募してみるのも良しです。

一旦やってみないと何が自分に合っているのか比較もできませんので、転職を考える方はいちど登録してみて下さい。

\登録してみるか。/

【無料登録】リクルートエージェントに相談する

ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
これまでにアパレル業界のエリアマネージャー職や人事・総務の仕事を経験。現在は企業メディアで編集・ライティング・SEO対策を担当する副編集長として働きつつ、ブロガー・webライターとしてパラレルワーク中。筋トレとザンギが好きです。詳しくはPROFILEもご覧ください。
3週間で転職できるスキルが身に付く「ブログ講座」を用意しました

【速報】ブログを始めて未経験から超ホワイトなwebマーケ企業に転職した僕がお届けする「3週間講座」を無料で用意しました。

職務経歴書に書けるブログの作り方
こんなあなたにオススメです。

  • お店で毎日消耗しながら働いて、いつか転職しようとは思うけれど踏ん切りがつかない27歳のアパレル店長
  • それなりに出世したものの、先が見えてしまって絶望している35歳・人事部の中間管理職
  • もしも40歳をすぎて今の会社が潰れたら…と想像すると、どうやって暮らしていけば良いのかわからない営業マン

3週間で学び、ブログを書き、1年後にはwebマーケティング企業に転職できるスキルを身に付けましょう。

【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座
【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座この記事は「職務経歴書に書けるブログの作り方&webライティングスキル」を3週間(21日)で学べる講座です。 さっそく申し...