【季節ごとの服装】「札幌、いま何着てる?」こんな疑問に札幌移住民が回答。

今の札幌の服装は?季節毎の服装目安を札幌移住民が解説!

この記事を読めば、いま札幌の人が何を着てるのかわかります。

たくろー
どうも。札幌のwebライター、たくろーです。

天気予報を見ても、札幌が実際どのくらいの体感気温なのかわかんないですよね。

札幌に行くけど、今の服装は?みんな何着てるの?ダウンとかおかしい?

こんな心配を解消できるように、札幌移住民の僕が「札幌の季節別のおすすめの服装」を解説します。札幌旅行や出張の参考にしてみて下さい。

リアル情報

※2023年2月1日更新

はい、真冬です。
暖かい格好をして、スノーブーツを履きましょう。

ちなみに普段履く雪用シューズのおすすめは、ヌプシのブーティーです。

あわせて読みたい
ヌプシブーティーを3年履いたレビュー。札幌の冬の普段履きはコレで決まり。 どうも、たくろーです。 北海道に移住してきて3年目の冬を迎えようとしていますが、冬になると雪国で活躍するのがスノーブーツです。 これまでにスノーブーツは色々と試...

札幌がどんなところか知りたい方は、以下の移住体験記事もどうぞ。

あわせて読みたい
札幌移住のメリット・デメリットを関西からの移住民が解説 この記事を読めば「札幌に移住して、北海道で暮らすとは?」がすべてわかります。 どうも、たくろーです。 北海道が好きすぎて、2019年の1月に関西から札幌へと夫婦で移...
目次

\この記事を書いた人/

たくろー
ブロガー
関西から札幌に移住してきました。会社ではWebメディアの編集長を。家では無心でブログを書き続けるブロガーとして生きています。以前はブラックなアパレル企業で人事やエリアマネージャーの仕事をしていて、退職代行からの電話を受けたことがあります。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンス。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

札幌、いま何着てる?→まずは札幌の平均気温を知ろう

札幌で着る服装選びの注意点

真夏以外の札幌は、日ごとの気温の上下が激しいことに注意して下さい。

天気予報を見たり、平均気温を見たりして「まあこのくらいの気温ならこれで大丈夫か」と思って実際来たらめちゃくちゃ寒いとかよくあります。

これには罠が潜んでいて、札幌の春や秋は最低気温が異様に低いということが関係しています。

下の表が、2010年~2019年の札幌の平均気温です。

札幌の平均気温最低気温最高気温
1月-6.4-0.7
2月-6.10.3
3月-2.04.8
4月3.411.9
5月9.418.5
6月13.822.1
7月18.726.3
8月19.727.0
9月15.523.5
10月8.016.3
11月1.88.7
12月-3.82.0
年間平均6.013.4

「4月の最低気温3.4度か。まあ最高気温は12度くらいあるし春コートで余裕だな」

と思って薄着で来たらめちゃくちゃ寒いです。

なぜならあくまで「平均の最低気温」な上、春や秋は特に真昼間以外はほぼこの最低値付近をマークしているから。

さらに、札幌は非常に風の強い街です。なんと一年間の半分ほどの日に、強風注意報の基準に達する程度の瞬間最大風速をマークしています。

あわせて読みたい
札幌の風が強い理由は?1年の半分ほどが「強風」の街の原因を探った この記事を読めば、札幌の風が強い理由がわかります。 札幌、風が強すぎると思いませんか?移住してきてからずっと感じていたのですが、あまりに強い。関西と全然違いま...

風のせいで体感気温がやけに下がることもありますので、特に春と秋は特に気を付けてくださいね。

というわけで、札幌に来る際は服装をしっかり確認しておきましょう。

【月別】札幌で着る服装の、季節ごとの目安

それでは、札幌の月ごとの服装目安をお伝えします。

本州と大きく変わるのは、やはり春と秋です。11月にはすでに雪が降ったりしていますし、4月はまだかなり寒いです。桜が咲くのがゴールデンウィークだと言われれば、イメージが付くでしょうか?

なかなかジャストな服装を選ぶのは難しいかもしれませんので、羽織りなどで調整できるような構成にしておくのがベストかもしれませんね。

札幌の12月〜2月の服装

札幌の12月〜2月の服装

冬はなんとなく想像つきますよね。

一日を通して気温が氷点下以上に上がらない日も多く、とにかく外が寒いです。暖かい室内との差も大きく、一番北海道らしい季節です。

札幌の12月~2月の服装

上着フード付きのダウンや防寒コート
トップスあったかインナー+ニットなど
ボトムスあったかパッチ+お好きな物
シューズスノーシューズ
小物マフラーやニット帽、イヤーマフなどの着脱できる防寒グッズがあると気温調整しやすくてGOOD!

いくら外が寒いとはいえ、トップスに着込みすぎると室内や電車が地獄になります。
しかし、本当に寒いのは「足」です。パッチは確実に履いて着てください。

札幌の真冬の雪はサラっとしています。あまり不快感は無いと思いますが、吹雪いたときはフードがあった方が安心。ファーがあると雪を弾いてくれて良いかも。

ちなみに道民は基本的にどれだけ雪が降っても傘は差しません。傘を差してると「あ、あの人旅行客だな」と結構目立ちます。

ちなみにスノーシューズはこういうのです。

札幌の3月〜5月の服装

札幌の3月〜5月の服装

3月はまだ寒いですが、ダウンを着るほどではなくなってくる微妙な時期です。インナーを真冬と変えず、上着を調整するのが良いかもしれません。

札幌の3月〜5月の服装

上着中綿無しのコートやジャケット
トップスあったかインナー+薄手のニットなど
ボトムスお好きな物を
シューズ3月:防水シューズorスノーシューズ
4月~5月なんでもOK
小物風がつめたいので、巻物があると助かる。

3月は雪が解けてジュクジュクしている場所がある時期で、防水のスニーカーなどがあれば安心です。

4月に入ればさすがに街中に雪はなくなりますので、スニーカーでも何でもOK。サンダルはさすがに寒い。

4月でも風がめちゃくちゃ冷たいので、ゴールデンウィークに入るあたりまではマフラーやストールがあると安心です。

4月の中旬を過ぎても、夕方以降はめっちゃ寒いです。

札幌の6月〜7月前半の服装

札幌の6月〜7月前半の服装

北海道の短い夏の始まりです!長袖も着れるし、半袖でもおかしくないです。一番好きな格好ができるのではないでしょうか。半袖と、軽い羽織があれば便利です。

札幌の6月〜7月前半の服装

上着カーディガンやシャツ程度
トップスTシャツでOK
ボトムス何でもOK(男は短パンは早い)
シューズ何でもOK(男はサンダルは早い)

やっと花も咲いてきて牧歌的な雰囲気が出てきます!

札幌の7月後半〜8月の服装

札幌の7月後半〜8月の服装

夏本番です。平均の最高気温は26度程度ですが、1週間くらいとても暑い週があります。その週だけは一気に30度を超えて、道民は全員ダウンします。基本的に半袖で大丈夫です。

札幌の7月後半〜8月の服装

上着基本不要。冷房が苦手な場合はカーディガンなど。
トップスTシャツでOK
ボトムス短パンでも何でもOK
シューズサンダルでも何でもOK

札幌も良いのですが、7月~8月は富良野や美瑛が最高に熱い季節です。緑が多くてサイクリングとか最高です。

札幌の9月の服装

札幌の9月の服装

短い夏は終わり。少しずつ気温が下がってきます。コートまではいりませんが、夜は少し風の冷たい日がでてきます。

札幌の9月の服装

上着薄手のカーディガンやパーカー
トップスTシャツでOK。長袖でも変じゃない。
ボトムス男の短パンはおかしい。
シューズ男のサンダルはおかしい。

過ごしやすいのですが、本州から来るとなると少し気温の違いで体調を崩しやすいかもしれません。

札幌の10月の服装

札幌の10月の服装

秋の気配がしてきます。後半は紅葉の最盛期です!

上着軽いカーディガンやパーカー
トップス長袖。あったかインナーまではいらない。
ボトムス短パンはヤバい。
シューズサンダルはヤバい。

紅葉を見るために、例えば定山渓などに行く際は少し厚手の服があっても良いです。定山渓は札幌の街中よりも気温が2,3度低くなります。ご注意を。

札幌の11月の服装

札幌の11月の服装

例年11月になると1度は雪が降ります。日によって15度を超える日から0度の日まで、気温が変わりやすくて一番の鬼門!天気予報をよく見て注意して下さい。

上着中綿入りのコートがあれば安心
トップスあったかインナー+薄手のニット
ボトムスなんでもOK
シューズ防水スニーカーあれば安心。

「札幌って、いま何着てる?」→±5度くらいに対応できるよう、ちょっと余分に服を持ってこよう

札幌の今の服装まとめ

本州とはずいぶんと季節の服装が違うことに驚かれたかもしれませんね。何度も言いますが、とくに春と秋は服装を失敗しやすい季節です。

すこし余分に持ってくるのが、札幌をおとずれるときの服装を攻略するコツかもしれません。

ちなみに、服装を失敗しても札幌駅ビルにユニクロもGUも入ってますので、最悪なんとかリカバリー効くと思います。

あくまで参考までに、北海道を旅行楽しんで下さい!

あわせて読みたい
よく使われる北海道弁(札幌弁)18選。札幌移住民が解説します この記事を読めば、「北海道弁」の最新事情がわかります。 北海道弁といえばどんな方言を思い浮かべますか? 「なまら」とか、「しばれる」とか、いろいろありますよね...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関西から札幌に移住してきました。会社ではWebメディアの編集長を。家では無心でブログを書き続けるブロガーとして生きています。以前はブラックなアパレル企業で人事やエリアマネージャーの仕事をしていて、退職代行からの電話を受けたことがあります。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンス。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

目次