男の退職代行の口コミ評判は?体験談やレビューを徹底調査してみた

【お祝い金あり】男の退職代行の口コミ・評判。転職したら儲かる?

どうも、たくろーです。

今回は人気退職代行の一つである「男の退職代行」の評判を調査しました。

労働組合なので有給をつかう交渉も任せられるうえ、JRAAに特級認定されていたり、男性専用だったり、支払い方法がめちゃくちゃ豊富だったりとユニークなサービス。

退職に困った男性は、ぜひ利用してみて下さい。

10秒でわかる、男の退職代行の評判

  • 税込26,800円ポッキリ。分割や後払いも使えるのが評判
  • 労働組合なので、有給も問題なく使えたという声
  • 転職支援を受ければ、最大5万円のお祝い金あり

\CHECK NOW/

まずは無料で、LINE相談から
さっそく無料相談する男の退職代行公式サイトへジャンプします

目次

\この記事を書いた人/

たくろー
ブロガー
関西から札幌に移住してきました。会社ではWebメディアの編集長を。家では無心でブログを書き続けるブロガーとして生きています。以前はブラックなアパレル企業で人事やエリアマネージャーの仕事をしていて、退職代行からの電話を受けたことがあります。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンス。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

1分でわかる!男の退職代行とは?

「男の退職代行」は、あなたの代わりに退職手続きをしてくれるサービス。

「男性限定」というオリジナリティのあるサービスで、労働組合だから有給をつかう交渉もしてもらえたり、さまざまな支払い方法で払えたり、多くの転職サービスと提携していたりする優良なサービス。

「後払いで明日から有給を消化しながら、二度と行かずに辞める」なんてことも可能です。

男性だけの限定サービスですが、女性の方は同じ会社の運営する「わたしNEXT」を同じ条件で利用可です。

あわせて読みたい
わたしNEXTの口コミ評判は?特徴や料金、使い方を解説 どうも、たくろーです。 今回は有名な退職代行サービスの一つである「わたしNEXT」の評判を調査しました。 「女性専用」というなかなか珍しいサービスで、労働組合が運...

男の退職代行の利用者には、どんな人が多い?

男の退職代行のサービス担当の方に聞いてみました。男の退職代行の利用者は、「製造業」「営業職」「システムエンジニア」「運送業」「接客」「介護」といった職業の方が多いそうです。業界のイメージ的にもブラックなところが多そうな職種ですね。

とにかく「辞めたい会社の電話番号」「辞めることを伝える相手(人事担当やあなたの上司)」「退職理由」さえわかれば、滞りなく退職は可能とのこと。

辞めたいものの、どうにも言い出せない方や、もう二度と行きたくない…という方は、ぜひ男の退職代行を利用してみて下さい。

サービス基本情報

サービス名 男の退職代行
労働組合名 退職代行toNEXTユニオン
正社員退職料 26,800円(税込)
連絡手段 LINE・メール
支払い方法 クレジット/振込/キャリア決済/コンビニ決済/翌月後払い
退職失敗時返金 全額
即日退職 可能

\CHECK NOW/

まずは無料で、LINE相談から
さっそく無料相談する男の退職代行公式サイトへジャンプします

男の退職代行の評判・口コミ

男の退職代行の評判・口コミ

男の退職代行の評判や口コミを集めました。全体的に、入社してからそんなに日がたっていない状態で「なんか違うな…」と思って使った利用者が多い印象です。

転職支援サービスも紹介してもらえるので、ついでにキャリア相談もできて安心ですね。

新卒で辞めた人の口コミ

男の退職代行公式サイトより引用

新卒で初めての退職で手続きがわからなかったが、丁寧で充実したサポートをしてもらえ退職できた。
食品製造、4ヶ月間勤務、22歳、正社員
「男の退職代行」公式ページより引用・抜粋

無料で相談してから利用できたことや、追加の費用が一切かからなかったことで、とにかく安心して辞められたという口コミでした。

人間関係が最悪な職場に配属されてしまった……ということで、さすがに自分ではどうしようもないことですね。環境を変えるために退職代行を使うのも選択肢の一つです。男の退職代行なら転職サービスも紹介してもらえるので尚さら安心という話。

人材会社を辞めた人の口コミ

男の退職代行公式サイトより引用

退職代行サービスを利用して嫌な思いをせず退職ができた。ストレスだったノルマから即日で解放された。
人材コーディネーター、2ヶ月間勤務、26歳、正社員
「男の退職代行」公式ページより引用・抜粋

入った会社に将来性が見えず、違う職場に移りたいものの、まだ入社2か月なので自分では言い出しづらい…というシチュエーションの方の口コミです。

自分にあっていない環境でずるずる働いてもあんまり意味ないと思いますので、早めに見切りをつけるのは大切ですね。

2週間で辞めた人の口コミ

男の退職代行公式サイトより引用

職場に行くこともなく、連絡を取ることもなく書類手続きだけで辞めることができた。
溶接工、2週間勤務、34歳、契約社員
「男の退職代行」公式ページより引用・抜粋

入って2週間ということで、辞める事に葛藤を感じつつも退職代行にお願いしたというケースですね。

「この仕事、どう考えても自分に合わんな…」ってすぐにわかっちゃった場合は、早めに退職を決めたほうがお互いにとって良いかもしれません。

メディア掲載

男の退職代行は、かなり多くのメディアに掲載されています。

日経新聞、朝日新聞、サンケイスポーツなど新聞に掲載するには資金力も必要。背景のしっかりした会社ならではですね。

\CHECK NOW/

まずは無料で、LINE相談から
さっそく無料相談する男の退職代行公式サイトへジャンプします

男の退職代行を利用するメリットとは?

男の退職代行は、なにより労働組合を持っていて会社と交渉できるというのがオススメポイント。有給を使って辞めたい方は、少なくとも労働組合を持つサービスを選ぶのが基本です。

その他、男の退職代行のメリットや特徴をまとめました。

  • 退職のサブスク「ヤメホー」が使える
  • JRAAから「特級認定」取得
  • 支払い方法が豊富

退職のサブスク「ヤメホー」が使える

月額3,300円で、年に2回まで辞められるという退職サブスクサービス「ヤメホー」を展開しています。これはかなりセンセーショナルな話題でしょう。

「すでに辞めることを見越している」という計画的な使い方はもちろんのこと、「すぐにはまとまったお金を用意できない」という人が、分割払いのようなイメージで利用するのもOK。

12か月が最低利用期間にはなりますが、「万が一つぎも辞めることになったら…」という不安がある方は、普通に利用するよりヤメホーの方がお得になる可能性もありますね。

次の職場を続ける自身の無い方は、ヤメホーの利用も検討してみて下さい。

JRAAから特級認定取得

JRAAの特級認定は、日本退職代行協会の100以上の検査項目の審査をクリアした優良業者にのみ与えられる認証です。

日本退職代行協会というパワーワード。

こんな協会がある事が驚きですが、男の退職代行を運営している「合同労働組合toNEXTユニオン」の信頼性の一つになっています。

支払い方法が豊富

男の退職代行の大きな特徴の一つに、支払い方法のバリエーションが豊富な事があげられます。

他のサービスは、振込とクレジットカードのみのところが殆ど。しかし男の退職代行では、その他に「翌月後払い」「コンビニ払い」「キャリア決済」といった支払いもOK。

振込 可能
クレジット VISA,マスターカード,AMEX,JCB,ダイナース
電子マネー ペイパル、楽天ペイ
コンビニ決済 可能
キャリア決済 ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い
翌月後払い paidy

後払いできるサービスはかなり少なめでレア。即金がなくても辞められるのは嬉しいポイントですね。

多くの転職エージェントと提携している

転職出来たらお祝い金最大5万円

男の退職代行で辞めると、提携している転職サービスの紹介を受けられます。改めて転職サイトを探さなくて良いので、辞めた後もスムーズですね。

ちなみに提携しているエージェントは以下の通り。

WORKPORT 「実績35万人」の大手転職エージェント
株式会社UZUZ 20代向けの、ブラック企業を徹底的に排除した転職サービス。
株式会社みらい人事 学歴や国籍などの関係ない転職をモットーにしているサービス
JHR転職エージェント 内定獲得87.3%。失敗しない転職に自信あり。
株式会社レゾナンス ベンチャー、IT、広告業界に強いエージェント

どこも確かなサービスばかりです。

希望すれば退職完了後にあなたに合ったエージェントを紹介してもらえますので、一度無料相談でお問合せ下さい。

\CHECK NOW/

まずは無料で、LINE相談から
さっそく無料相談する男の退職代行公式サイトへジャンプします

利用の流れもカンタン

[ptimeline] [ti label=”STEP1″ title=”LINE相談”]まずは公式サイトから、LINEで退職について無料相談します。状況などを話し、安心して退職できるか聞いてみましょう。[/ti] [ti label=”STEP2″ title=”支払い”]納得すれば支払いです。さまざまな支払方法が選べます。[/ti] [ti label=”STEP3″ title=”行動開始”]入金確認後、24時間以内に男の退職代行が行動を開始します。[/ti] [ti label=”STEP4″ title=”退職完了”]退職手続きが完了次第、連絡をもらえます。もう行かなくてOKです。[/ti] [/ptimeline]

これだけです。タイミング的には、「休みの前日の夜」とかに相談して支払いを済ませればスムーズに辞められそうですね。

LINEでの無料相談で「いや、やっぱり必要無いな」と思えば使うのやめれますし、費用はかかりません。

無料相談するだけなら一切デメリットはありませんので、退職を悩んでいる場合はいちど無料で相談してみて下さい。

\CHECK NOW/

まずは無料で、LINE相談から
さっそく無料相談する男の退職代行公式サイトへジャンプします

【他社比較】他の退職代行との違いは?

【他社比較】他の退職代行との違いは?

男の退職代行は、間違いなく優良サービスです。とはいえ他のサービスと比較すると物足りない部分が見つかるかも?

というわけで、男の退職代行ではカバーできていない特徴を持つサービスを比較します。しっかり比較して、自分にピッタリなサービスを選びましょう。

金銭請求もしたいなら、弁護士の退職代行「弁護士法人みやび」を

金銭請求もしたいなら、弁護士の退職代行「弁護士法人みやび」を

男の退職代行は、労働組合のサービス。基本的な代理交渉はまかせられますが、”金銭請求”だけは弁護士の専売特許です。

未払い残業代・未払い給与・パワハラやセクハラの損害賠償請求など、お金の関わる交渉事が発生する場合は、弁護士の退職代行に依頼する方が良いでしょう。

弁護士法人みやびは基本料金55,000円と価格は少々上がりますが、金銭請求の成果報酬20%、追加費用は一切なしのわかりやすい金額設定です。成果報酬の金額や追加費用を濁している弁護士サービスも多い中、非常にシンプルでわかりやすい弁護士法人みやび。金銭請求したいなら、ぜひ頼りたいサービスです。

サービス名 弁護士法人みやび
退職料 55,000円
金銭請求 成功報酬20%
連絡手段 LINE/メール
支払い方法 振込など
受付 24時間対応/即日退職可能
代表者 弁護士 佐藤秀樹
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階

\CHECK NOW/

まずは無料で、LINE相談から
弁護士に無料相談する

あわせて読みたい
弁護士法人みやびの口コミ評判は?退職代行体験談や利用の流れを解説 どうも、たくろーです。 今回は退職代行サービスを展開している「弁護士法人みやび」の評判や実績を調査しました。 結論として、とても利用者に寄り添ったサービスを展...

とにかく安く辞めるなら、J-NEXTもあり

とにかく安く辞めるなら、J-NEXTもあり

とにかく安く辞めたいなら、たったの20,000円ポッキリで辞められるJ-NEXTもおすすめです。通常の企業なので、交渉事はできません。あくまで退職意志などを”伝える”だけのサービスですので、特別な交渉の必要ない「入ったばかりだけど、もう辞めたいな…」なんて人におすすめです。

転職お祝い金はありませんが、転職エージェントや引っ越しサービスの紹介は受けられるので、辞めた後のサポートも充実。とりあえず安さで選ぶなら、J-NEXTに相談してみて下さい。

サービス名 退職代行J-NEXT
運営会社 J-NEXT株式会社
正社員退職費用 20,000円
アルバイト退職費用 20,000円
連絡手段 LINE・メールで24時間
支払い方法 振込/クレジットカード/コンビニ決済
退職失敗時の返金 全額

\CHECK NOW/

まずは無料で、LINE相談から
J-NEXTに無料相談する

男の退職代行の口コミ・評判まとめ

男の退職代行の口コミ・評判まとめ

男の退職代行の口コミや評判から、サービスの特徴を詳しくお伝えしました。ユニークな付帯サービスもあり非常に優良な退職代行と言えます。

  • すぐに仕事を辞めたい
  • 辞めるときは有給も全部消化したい
  • 転職サポートがあったら嬉しい
  • 給料の未払いは無い
  • 残業代は別にいらない
  • 男性である

こんな人は一度LINEの無料相談から、あたらしい一歩を踏み出していって下さい。

\CHECK NOW/

まずは無料で、LINE相談から
さっそく無料相談する男の退職代行公式サイトへジャンプします

あわせて読みたい
退職代行おすすめ9選比較【2023最新】評判や料金を徹底比較 どうも、たくろーです。 今回の記事では、おすすめの退職代行を比較しながらご紹介していきます。 当サイトでは下記の基準で退職代行の信頼性を判断しており、この基準...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関西から札幌に移住してきました。会社ではWebメディアの編集長を。家では無心でブログを書き続けるブロガーとして生きています。以前はブラックなアパレル企業で人事やエリアマネージャーの仕事をしていて、退職代行からの電話を受けたことがあります。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンス。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

目次