webライティングを学びたい

【例文あり】SEOに効果的なリード文の書き方。5つのポイントを解説

どうも、たくろーです。

「リード文って結局なに書けばいいの?人によって言ってること違うんだけど……」

「リード文って何文字くらいが正解なの?」

と、お悩みのあなたへ、データも交えながらリード文の書き方をお伝えしていきますね。

ちなみに僕は企業メディアで副編集長としてサラリーマンしながら、ブログでも毎日ひたすら記事を書いています。

そうやって書く中で、どんなメディアでも何の記事でも「リード文」は大切にすべき要素だなーと実感しているのですが……プロのライターにも重要性がわかってない人が多いんです。

たくろー
たくろー
適当に書いちゃう人多いんですよね。それはいかん

その記事にどれだけ良い内容が書いてあっても、リード文が適当だったら「あ、この記事はなんか違うな」と読者に思われてしまって、その時点で帰られちゃうんですよね……。

というわけで、リード文は「誰が」「なんで」「誰に」「何をどのように」伝える記事で「読んだ人がどうなれるのか?」がわかるように書いていきましょう。

そうすればもっと記事を熟読してもらえるようになって、SEO的な評価も爆上がりして、ひいてはアクセス増加が見込めると。

というわけで「リード文も本気で書くべきだ」ということを、このブログの実績データも交えながらお伝えしていきます。もちろん具体例や効果的な書き方も解説しますね。

ブログでも企業メディアでも役立つ「導入文」の書き方。どうぞご覧下さい。

この記事が役に立つ人
  • ブログの検索順位を上げたい方
  • 離脱率を改善したい方
  • リード文がどうにもしっくりこない方

※下記「職務経歴書に書けるブログの作り方3週間講座」にて「10日目」に学ぶ内容です。

【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座
【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座この記事は「職務経歴書に書けるブログの作り方&webライティングスキル」を3週間(21日)で学べる講座です。 さっそく申し...

リード文(導入文)の必要性とは?

リード文(導入文)の必要性とは?

リード文とは、記事の導入の文章のこと。一般的な記事では、目次の上にある文章のことですね。

この記事で言えば、下記の画像の箇所のこと。

この部分です。

これが「リード文(導入文)」と呼ばれるテキストですが、「読者と記事を結びつける」ような役割を担っています。カンタンに言えば「その記事の内容の要約」が書かれるべき箇所ですね。

記事を読んでくれる方は、何かのキーワードで検索した結果たどり着いた方がほとんど。

なので読者にとっては、その記事で本当に自分の悩みが解決できるのか確かめた上で読み進めないと、時間がムダになっちゃう可能性があるんですね。

すごく良い情報が書いてあったとしても、リード文が適当だと「この記事、なんか違うな」と思って帰られてしまうことだってあるかもしれません。

つまり「誰の何が解決できるのか」がわかることがリード文の最低条件で、読者からも検索エンジンからも好まれるいうことです。

300文字~500文字くらいの簡潔なリード文が推奨されてる

目安としては、読んでもらうのに丁度いいリード文の文字数は「300~500文字くらい」だと言われてます。

といっても、文字数は本質ではありません。

あくまで「どんな記事なのか知ってもらう」ターンなので、無理に引き延ばして書く必要はありませんし、無理に縮める必要もありません。

あくまで「必要な情報を、必要なだけ書く」と、だいたい300文字~500文字くらいに収まることが多いよ、という目安ですね。

たくろー
たくろー
ちなみにこの記事のリード文は、500文字くらいです。

とはいえ「パっと見てわかりやすい内容が好まれる」というリード文の特性上、ある程度「簡潔」であることは推奨されています。

このブログの検索上位記事のリード文の平均文字数は303文字

検索上位記事のリード文の平均文字数、なんと303文字このブログの上位記事のリード文の文字数調査

でも「リード文が300文字~500文字ってどういう根拠?」って思いますよね。

ちょっと確認してみようと思いまして、僕のブログの検索上位の記事(googleで1位~5位)の中から、ランダムで20記事リード文の文字数を数えてみました。

もうちょっと数えようと思ったですが、20記事で力尽きました。すみません。

しかしその結果、平均303文字でした。

文字数を気にして書いたことは一度もないのですが、なぜかそうなってましたと。

たくろー
たくろー
だいたいそうなるってことですね

上のグラフの通り、記事によって160文字くらいから500文字後半までの幅はありましたが、だいたいの記事が200文字~350文字程度という結果。

でも大切なのは「300文字」が良いって話ではなく、

「リード文に必要なことを必要なだけ書けばだいたい300~500文字くらいになるはずだよ」

ってことですね。

※ちなみに160文字のリード文は明らかに短かくて説明不足感がすごかったので、すぐ修正しました。

SEOに効果的なリード文の書き方、5つのポイント

SEOに効果的なリード文の書き方、5つのポイント

今回は、実際にリード文で書くべき必要な事柄を5つのポイントにまとめました。

以上のポイントです。記事を書く上で意識すべきことが、そのまんまリード文にも当てはまるってことですね。

これらが全て盛り込まれた読みやすいリード文であれば、読者が記事を評価できるはずです。

「自分にはちょっと違うな」と思えば出ていきますし、「そうそう、これが知りたかったんだよ」と思ってもらえれば読み進めてもらえます。

「じゃあ大袈裟に書いた方がいいのかな?」というとそれも違います。そうなれば、少なくとも検索エンジンからは「なんか冒頭と本文で言ってること違うぞ?」と思われて評価されないでしょう。

記事の内容を正しく、端的に表現するのがリード文を書くコツですね。

「誰が」書いているのか(権威性・オーソリティ)

読者も検索エンジンも、それが「誰が」書いた記事なのか非常に気にします。

さて、世の中には「ポジショントーク」というテクニックがありまして。「立場をあきらかにして相手を信用させる」というカンタンな技術なんですね。

ぶっちゃけ僕がこの記事のリード文で書いてる内容も、それを狙ってのことです。

どうも、たくろーです。

こんな感じのこと書いたり。

ちなみに僕は企業メディアで副編集長としてサラリーマンしながら、ブログでも毎日ひたすら記事を書いています。

上記のようなことを書いたり。

「自分が何者なのか」というのを説明して、嫌な言い方すればマウントを取りにいってるんです。

たくろー
たくろー
こんな経験のある人間だから、この記事で言ってることは正しいぞと言いたいわけですね。

こうやって説明すると、めっちゃヤなやつです。

でもこれは結構大切でして。

だって、一度も働いたことのないニートが「転職の仕方」について想像だけで書いた記事、ぜんぜん参考にならないですよね。

脱毛したことのない人が書いた「おすすめの脱毛器」の記事も、基本的には誰の心にも響きません

やっぱり「転職の話」は転職したことのある人やプロの転職アドバイザーから聞きたいですし、「おすすめの脱毛器」は脱毛したことのある人や脱毛サロンの店員さんから聞きたいと思うはず。

ちなみにここでいう「誰」とは、名前とか肩書のことだけではありません。

「適当な脱毛器を買って痛い思いをした経験から、この記事を書きました。」

たとえば上記の文章だけでも「脱毛経験のある人」だとわかります。つまり「どういう状況の人が書いた記事なのか」といったニュアンスでも、とにかく読者に伝われば問題ないわけです。

ちなみに、ここに数字が入ればもっと具体的かつ効果があがります。

露骨なポジショントークの代表例なら「僕はブログで月に100万円稼いでます」みたいな人いっぱい見ますよね。

あれも「権威性」のアピールになってて「おお、そんな人が言うなら読んでみたいな」と思ってもらうためのものです。

たくろー
たくろー
みんな自慢したいわけじゃなくて、必要があって書いてるだけなんです。

というわけで、「誰」が書いているのか明らかにすることで信頼してもらい、結果的に離脱率が低くなることで、SEO的にも良い影響があると考えられるんですね。

「なぜ」書いているのか

僕は、全てのweb記事を「研究論文」みたいなもんだと思ってます。なので「なぜ」はすごく大切だと感じてるんですが…これを忘れてる人が多いように思います。

もちろん専門サイトであれば、「なぜ」なんて語る必要すらないケースもあります。

「口コミサイト」があったとして、口コミを紹介しても「なんで?」とはならないですよね。でも僕が何も説明せずに「化粧水」に関する記事を書いてたら「なんで?」ってなると思います。

たとえばその記事で、

「もう35歳も超えて肌が気になってきてたから、実は1年ほど肌ケアに取り組んでた。この化粧水を使ったら、結果的にこんなに改善された。だから同年代の人がいれば諦めずに始めてほしいと思って紹介する。」

上記のようなことが書いてあれば、「お、なるほどな」ってなるかもしれません。

でも何も言わずに

「僕がつかってるおすすめの化粧水を紹介します」

ってなると「なんだ、ただ化粧水売りたいだけかよ」って思われてしまいます。

このように「なぜ」その記事を書こうと思ったのかということは、できるだけ伝えた方が良いですね。

ちなみにこの記事では、

そうやって書く中で、どんなメディアでも何の記事でも「リード文」は大切にすべき要素だなーと実感しているのですが……プロのライターにも重要性がわかってない人が多いんです。

上記の部分が「なぜ」に当たります。

これは本当で、リード文はプロでも結構おざなりにしがちなんです。次から正しい要素をいれながら書くだけで、多くのプロライターより一歩リードできますね

「誰に」対して書いているのか

記事の存在意義にも関わるくらい大切な問題が、「誰に」対して書いているのか、ということです。

これを書くにはいろんなテクニックがあります。例えば僕はもう、ダイレクトに箇条書きすることが多いですね。

この記事で言えば、

この記事が役に立つ人
  • ブログの検索順位を上げたい方
  • 離脱率を改善したい方
  • リード文がどうにもしっくりこない方

上記のような具合です。

さらにいえば、会話文形式でも書いています。

「リード文って結局なに書けばいいの?人によって言ってること違うんだけど……」

「リード文って何文字くらいが正解なの?」

と、お悩みのあなたへ、データも交えながらリード文の書き方をお伝えしていきますね。

場合によっては、そうとは言わずにさりげなく書く場合もあります。

例えば、下記のような内容。

ブログの検索順位を上げたいと思うのは全員の願いですが、その実リード文にまで気が回っていないサイトもよく目にします。そこで今回は、SEOに効果的なリード文の書き方を解説しますね。

上記のような内容なら、暗に「検索順位を上げたい人」に向けて書いてることがわかります。

こんな風に、かならず「誰に」書いてるのか明記したほうが良いですね。

「でもその人に当てはまらなかったら帰ってしまうんじゃ?」って思うじゃないですか。

いいんですよ。

そもそもタイトルと記事内容とターゲット読者を正しく設定した記事を書けていれば、当てはまらない人は来ないはずなんです。もしたまたま来てくれたとしても、読んでも悩みを解決できないからあまり意味ないと。

つまり理屈上では、良い記事を書けていれば来る読者は自動的に全員がターゲットになるはずなので「お、おれのこと言ってる」と思ってもらえて離脱率が下がります。結果的に、SEO的にも良い影響があると。

たくろー
たくろー
あくまで理屈上なので、100%はムリですが。

なので「誰に」かいた記事なのかは絶対に書いた方が良いですね。

「何をどのように」伝えているのか

リード文では、その記事で「何をどのように」伝えるのか、という記事テーマを話しておくと親切です。

例えばこの記事のリード文で言えば、下記のような内容のことですね。

というわけで「リード文も本気で書くべきだ」ということを、このブログの実績データも交えながらお伝えしていきます。もちろん具体例や効果的な書き方も解説しますね。

「リード文を本気で書く必要性を、データをもって解説してる記事」だとわかります。

たくろー
たくろー
データってのは「実際に上位記事のリード文の文字数を数えてみた」っていうアレのことです。

この「何」を明記しておくことで、「あ、じゃあちょっと読んでみようかな」とか、逆に「それは知ってるからいらないな」とか、読者が判断できるわけです。

とはいえ、ブログタイトルと記事の内容をシンクロさせたうえで正しくリード文を書けていれば「それは知ってるからいらないな」にはならないはずなんです。

逆に書かなければ「読んでみようかな」と思ってもらうきっかけが一つ減ってしまうことになると。

なので理屈上は書かない理由がないんですね。書きましょう。

読んだあと、読者が「どうなれる」のか

その記事を読んだ結果、読者がどうなれるのか明記しましょう。これはもう、上の4つの総括みたいな話ですね。

この記事で言えば、

そうすればもっと記事を熟読してもらえるようになって、SEO的な評価も爆上がりして、ひいてはアクセス増加が見込めると。

上記の冒頭文のことですね。

あくまで「その読者」にとってのベネフィットを伝えることで「なるほど、そんな効果があるなら読んでみよう」と思ってもらえるということです。

これが自分にとって価値がないベネフィットなら離脱されますので……あくまで「その人の悩み」を的確に解決することが必要ですね。

検索上位記事のリード文の具体例

検索上位記事のリード文の具体例

それでは、せっかくですので僕のブログの上位記事(特定のキーワードでgoogle検索順位1位~5位)から、ジャンル別のリード文の具体例をお見せしていきます。

書いてる時点の順位ですので、アップデートとかで吹き飛んでたらスミマセン。

とりあえず一度は順位を取った事がある記事ということで、ご参考下さい。

急いで検索してるキーワードの記事のリード文の例

以下、「ルミナー4という画像編集ソフトが起動しない…」と困ってる人に向けて書いた記事のリード文です。3位くらいですね。

この記事を読めば、重くて起動しないLuminar4(ルミナー4)を起動させるヒントがわかります。

この度Luminar4(ルミナー4)を導入したのですが、しばらく使った後クラッシュして落ちて、二度と起動しなくなりました。「最初のロード画面は出てくるけど、ソフト自体は起動しない」という現象です。

僕の場合は「カタログに登録した画像枚数が多すぎて、メモリが足りず落ちていた」というのが起動しなかった原因。

シンプルに「ルミナー4の処理が重い」のが問題点でした。

それを突き止める過程でいろいろと調査した、ルミナー4が起動しない原因と対処法をまとめました。

また、検討されている方に向けて、「ルミナー4をオトクに試せるプロモーション情報」も掲載しています。

ぜひチェックしてみて下さい。

【重い】Luminar4(ルミナー4)が起動しない原因と対処法。
【重い】Luminar4(ルミナー4)が起動しない原因と対処法。この記事を読めば、重くて起動しないLuminar4(ルミナー4)を起動させるヒントがわかります。 この度Luminar4(...

基本的に「壊れた!どうしよう!」と急いでる人向けなので、結論を詳しめに書いてます。

「あ、なるほどそういうことなのか」と思ってもらったうえで実際に読み進めてもらうと。

急いで検索してきてる人が読む記事は「結論を強めに書く」ことを意識すれば、読者に優しい記事になるという具体例です。

概念・悩みについて解説してる記事のリード文の例

以下、の文章は「働きたくねえな…」と思ってる人に向けて書いた記事のリード文。1位~2位くらいです。めっちゃ長めの例ですね。

この記事を読めば、働きたくない人でも”好きなこと”を仕事にしてストレスフリーになる方法がわかります。

今回は、「そもそも働きたくないなら、”仕事感”を感じない好きなことでお金稼げるようになろう」というテーマでお話します。

すでにご存じだと思いますが…よほど資産があったり、宝くじに当たったりしない限りは働く必要があります。

僕も例に漏れず、なんとなく就職したアパレル業界で「働きたくねえな…」と思いながら8年間も仕事してきました。

そんななかで「そうだ、せっかくなら好きなことをして生きよう」と思って一念発起して転職し、今はウェブ系の業界で好きなことを仕事にして生きています。

元々PCを触ることやシミュレーションゲームが好きなので「ブログ・メディア運営」がめちゃくちゃ向いてたってわけですね。

家と職場で一日中PCにかじりついていても、一切働いてる感じがしません。

(もしご興味あれば、詳しいプロフィールもご覧下さい。)

こんな風に自分が好きで続けられることを見つけて、1年くらい学習して最低限のスキルをつけて転職したら最高なんじゃない?という話をしていきます。

この記事が役に立つ人

  • この先のキャリアに悩むひと
  • 働きたくない人
  • 本当に働きたくないわけではないけど、モヤっとする人
  • 今の仕事がいやになった人

完全にニートで働いたことのない人にはピンとこない記事かもしれませんが、なにかヒントになれば幸いです。

抽象的なことばかり言ってもワケわからないと思いますので、マインドマップを使った「自分に向いてる仕事えらびの方法」も解説。

ぜひご覧ください。

【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくないなら、好きな事を仕事にしよう
【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくない人も、自分に向いてる仕事ならできるこの記事を読めば、そもそも働きたくない…という人でも自分に向いてる仕事を探してストレスフリーに働いていく方法がわかります。 ...

上記のように「根深い悩み」「概念」みたいなことについて解説・アドバイスしてる記事のリード文では「共感」が大切だと思ってます。

なので「自分が何者で、何を思ってこの記事を書いたのか」みたいなことを強めに書いてます。「あ、こんな人の言うことなら読んでみようかな」と思ってもらえれば嬉しいですね。

これで660文字なので、平均よりはめちゃくちゃオーバーしてます。イレギュラーな具体例ということで。

今すぐ使える、SEOに効果的なリード文のひな形

というわけで、完全に僕の趣味ではありますが、300文字程度におさまるリード文のひな形を用意してみました。

さきほど具体例をお伝えしたように、記事ジャンルによって項目のボリューム配分を変えると効果的です。

適当に、ご自由にお使い下さい。

SEOに効果的なリード文の書き方と具体例まとめ

リード文に必要なことを必要なだけ書けば、自然と読者の離脱率が下がると。その結果SEO的にも良い効果につながり、検索順位も上がりやすくなりますと。

リード文ってけっこう重要なんですね。

  • 誰が書いているのか
  • 何について書いているのか
  • なぜ書いているのか
  • 誰に対して書いているのか
  • 何を解決できるのか

ぜひこの5項目、意識して書いてみて下さい。

このブログでは、webライティングに関する記事を沢山用意してます。ぜひ他の記事もいろいろ読んで、練習してみて下さいね。

ライティング関連記事まとめ
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
ブロガー・Webライター。本業は企業オウンドメディアの副編集長(兼カメラマン)。過去にアパレル業界のブラック企業でエリアマネージャーや人事として働いた経験がある。北海道に移住。趣味は筋トレ。SEO対策、webライティングが得意。
3週間で転職できるスキルが身に付く「ブログ講座」を用意しました

【速報】ブログを始めて未経験から超ホワイトなwebマーケ企業に転職した僕がお届けする「3週間講座」を無料で用意しました。

職務経歴書に書けるブログの作り方
こんなあなたにオススメです。

  • お店で毎日消耗しながら働いて、いつか転職しようとは思うけれど踏ん切りがつかない27歳のアパレル店長
  • それなりに出世したものの、先が見えてしまって絶望している35歳・人事部の中間管理職
  • もしも40歳をすぎて今の会社が潰れたら…と想像すると、どうやって暮らしていけば良いのかわからない営業マン

3週間で学び、ブログを書き、1年後にはwebマーケティング企業に転職できるスキルを身に付けましょう。

【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座
【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座この記事は「職務経歴書に書けるブログの作り方&webライティングスキル」を3週間(21日)で学べる講座です。 さっそく申し...