うまく働くコツを知りたい

【実体験】手取り16万円で一人暮らしはギリギリ。家賃5万円以下にしよう

「手取り16万円って、一人暮らしできるの?」

「家を探さないといけないけれど、手取り16万円だとどのくらいの家賃が限度だろうか……」

こんな疑問にお答えします。

僕は以前、実際に手取り16万円くらいで一人暮らしをしていた時期がありました。しかもアパレル業界でしたので、定期的に服も買わなくてはいけない地獄のような貧乏生活です。

そんなときに住んでいた家は、家賃5万円のレオパレス。これでギリギリでした。手取り月収の丁度3分の1の家賃ですね。

この記事では、手取り16万円の生活スタイルや家賃目安、あとは「他の人と比べて手取り16万円ってどうなの?」というところや、収入を上げていくコツまで実体験を交えながら解説していきます。

手取り16万円の一人暮らしは、家賃5万円以下じゃないと詰む

手取り16万円の生活費内訳。家賃5万円、食費3万円、服飾費3万円、水光熱費1万円、ネット代1万円、雑費3万円

上記グラフは、僕が実際に手取り16万円で暮らしていた頃の生活費内訳の目安です。

あらためて見るとギリギリですね。月収額面20万円で手取り16万円という収入は、人間らしい生活ができる最低限の収入とも言えるかもしれません。

この頃はアパレル業界で働いていまして、店で着る服を買う必要があったので服飾費が高めです。今はやめましたがタバコを吸っていたということもあり、雑費の半分くらいは煙になっていました。酒は飲まないのでギリギリなんとかなっていましたが、これで酒飲みなら完全に詰んでますね。

というわけで、月収額面20万円で手取り16万円の一人暮らしは修行僧みたいな生活になります。すくなくとも家賃は5万円以内に抑えましょう。

家賃は手取りの3分の1以下がベストと言われるのは本当

家賃は手取りの3分の1以下がベストと言われるのは本当

「家賃は手取りの3分の1以下に抑えろ」という格言がありますが、これはまさに真理。

人間らしい生活をするには、手取りの3分の1以下という家賃配分が限度です。

額面18万円(手取り14万5千円)で家賃5万円の家を借りて一人暮らしをしていたこともありますが、非常に苦しかったことを覚えています。というよりも、正直なところ実家から仕送りをもらわないと生活できていませんでした

しかも家賃額は削ることができませんので「ちょっとくらい高くてもいいか」なんて思ったら引っ越すまで苦しむことになります。

こだわって自分の身の丈に合った物件を選びましょう。

家賃5万円以下で一人暮らしするなら、郊外の1Kが無難

あくまで僕の経験上の話ですが、大阪とかそれなりに栄えた地域の少し郊外だと「築年数20年のマンションの1Kや1DKくらいの部屋」が家賃5万円の目安になります。風呂トイレが別だとラッキーですね。

都内の中心地だと「風呂無しの四畳一間」みたいな家しかないかもしれませんので、基本的には少し郊外に離れる事になるでしょう。

僕は一四国の徳島県に住んでいたこともあるのですが、そのときは家賃5万円で1LDKの広い部屋に住めましたので、地域によってもかなり変わってきます。

とはいえ、なんにせよ家賃5万円で選ぶなら「どこかに妥協する必要がある部屋」になるでしょう。「立地・広さ・風呂トイレ・ガスの種類」から優先順位をつけて選んで下さい。

個人的には会社から交通費が出る範囲で通勤30分~1時間くらいの郊外に住むのがおすすめです。

でかけるときも定期が使えてオトクですし、良い家が見つかることが多いでしょう。プロパンガスの物件は絶望的にガス代が高くなることが多いので、都市ガスだと最高ですね。

削るなら食費しかないから、貧乏飯のスキルは上がる

ギリギリの生活をしていると削れる部分も少なくて、だいたいの人が食費を削ることになるでしょう。僕もそうでした。

ちなみに生活費の内訳の中は「固定費」と「変動費」にわかれます。

固定費は毎月かならず一定額が出ていくもので、変動費は節約したり贅沢したりできる費用ですね。

  • 固定費…家賃、ネット代、スマホ代、保険など
  • 変動費…食費、水光熱費、交際費など

とはいえ、水光熱は節約するにも限界があります。交際費を削るとボッチになって仕事に支障をきたす恐れもありますし、じゃあ何を削るのかと言うと「食費」しかないというわけですね。

業務スーパーで2kgの冷凍鶏肉を買って小分けにして使ったり、もやしメインの食生活になったり、一度に大量のカレーを作って1週間食べ続けたり……と、とにかく食費を抑えるスキルは上がります。

手取り16万円の生活を1年も続ければ、きっと今よりもたくましい自分になれるでしょう。

手取り16万円だと、額面月収は20万円になる

月の手取りが16万円だと、額面の月収は20万円です。

給料は「額面」と「手取り」で表されていて、

  • 額面…求人票に書いてある「総支給額」のこと。ここから所得税や保険料が引かれた分が支給される
  • 手取り…実際に支給される金額

上記のような違いがあります。今回話している「手取り16万円」は、保険料などが引かれたあとの支給金額のことですね。

額面20万円の税金・保険料の内訳とは?

額面月収200,000円
控除額(-)40,770円
 厚生年金保険料18,300円
 健康保険料9,870円
 雇用保険料600円
 所得税・住民税12,000円
手取り月収目安159,230円

所得税と住民税は計算方法が非常に複雑になっているため、目安の金額で書きました。(ちなみに住民税は前年度の所得に応じた金額になります)

ちなみに健康保険料は「東京都」のもので掲載しています。地域によって増減があります。また、40歳を超えると更に「介護保険料」が追加されるのでご注意を。

こうやって見ると税金とか保険料めっちゃ高いですよね。20万円稼いで4万円も取られるとか、冷静に考えたら半端ない取られ方です。

とはいえ日本で平和に暮らせているのはこの税金があってこそとも言えますので、節約して暮らすしかないですね。

ボーナス無しだと年収240万円。ボーナスがあれば貯金できそう

手取り16万円の一人暮らしの生活レベルは、ボーナスの有無にも大きく左右されます。

ボーナスがない会社なら、20万円×12か月で年収は240万円です。

しかし給料の2か月分のボーナスが夏と冬に1回ずつ出るような会社だったとしたら、プラス80万円されて年収320万円になります。

ボーナスがあれば、随分と楽な暮らしになるでしょう。仕事を探すときは、額面はもちろんボーナスの支給金額目安にも注意したいですね。

というわけで、基本的に手取り16万円の生活で貯金したいならボーナスに頼るしかありません。手取り16万円の生活でボーナスも無いならどう考えても貯金なんてできませんので、なんとか収入を上げる方法を考えた方が良いですね。

手取り16万円は平均よりもかなり低い。収入アップを目指そう

手取り16万円は平均よりもかなり低い。収入アップを目指そう

手取り月収16万円(額面20万円)は、平均と比べると非常に低い金額です。

言ってしまえば「中小企業の新卒の初任給」くらいですね。

下記の表は、国税庁の実施する民間給与実態統計調査結果(令和1年版)の、「(第 14 図)年齢階層別の平均給与」をまとめたものです。

手取り16万円だと、ボーナス混みで「年収300万円」くらいになると思って比べてみて下さい。

年齢層平均年収
20歳~24歳264万円
25歳~29歳369万円
30歳~34歳410万円
35歳~39歳445万円
40歳~44歳476万円
45歳~49歳499万円
50歳~54歳525万円
55歳~59歳518万円
60歳~64歳411万円
65歳~70歳324万円
70歳~282万円
全体436万円

上記の通り、国税庁が公にしているデータだと年収436万円が全年齢の平均。つまり「月収額面30万円でボーナス75万円(2.5か月分)」くらいが全国平均ですね。

月収20万円(手取り16万円)は平均よりもめちゃくちゃ低いという、悲しい事実がここに示されています。

調査対象は実態よりも大企業に偏っていたりと「真実よりもけっこう高め」になるように抽出されている感は否めませんが、これが一つの事実です。是非とも収入を上げていきたいと思いますので、考えられる3つの手段をまとめました。

頑張って出世して収入を上げる

「今いる会社が大企業で、収入が低いのは今だけ」という人におすすめの方法がコレ。「今の会社でとにかく必死にがんばる」という方法です。

ちなみに僕が以前ブラック企業にいたとき、入社時は額面18万円(手取り14万5千円)からスタートしました。奴隷ですね。

そこからなんだかんだと出世して、5年目で額面30万円までは上がったという実績はあります。

こんな風に頑張って出世して給料を上げていく……という方法は一つ考えられますが、運も絡みますし、会社によってシステムもマチマチです。頑張ったからといって必ず上がるわけでもありませんし、あえて狙うというのは難しいかもしれませんね。

あくまで従来の通常ルートではありますが、今の時代これにだけ期待していると将来詰むかもしれません。以下の他のルートも模索してみて下さい。

副業をして収入を上げる

もっともおすすめの方法はコレ。副業です。

もう少し正確に言えば「複業」が良いですね。パラレルワークと呼ばれる働き方がベストです。

パラレルワーカーとは?実感したメリットデメリットや人気の仕事まとめ
パラレルワーカーとは?実感したメリットデメリットや人気の仕事まとめ働き方のアタリマエが変わってきた、昨今。パラレルワーカーとして働く人もたいへん増えているそう。僕も例に漏れず、そんな生き方を選択している...

今の時代、副業はもはや当たり前。僕もサイト運営や前の会社から請け負っている事務作業で副収入を得ていますし、かなり一般的になってきていますね。

僕はいまとなっては「そもそも収入源が一つだけという状態が当然になっているのがおかしい」とすら思っています。もし倒産したら人生一気に詰みますし、会社に依存しすぎるのは良くないですね。

それも「夜にバイトする」みたいな給与収入をもらう方法ではなくて、自分でビジネスをすることをおすすめします。

ブログを書いて広告収入を得るとか、せどりで稼ぐとか、自分の知識を教えるとかですね。興味あれば下記の記事もご覧ください。

【昭和すぎ】副業禁止の会社で、副業したらクビ?バレたらどうなるか解説
いまどき副業禁止の会社はおかしい?副業がバレたらどうなるか解説この記事を読めば、副業禁止の会社で副業してることがバレたらどうなるのかわかります。 今回は、「いまどき副業禁止の会社はおか...

転職して収入を上げる

「先輩も貧乏そうな顔をしている」ような会社なら、いつかは転職して給料を上げていく必要があります。

年功序列で満足なほど給料が上がっていく会社なんて、大企業の一部ですからね。

サラリーマンとしての収入を上げるには、様々な経験を積んで自分の価値を上げながら定期的に転職を繰り返しましょう。そこで役立つのが「軸ずらし転職」と呼ばれる方法です。

上記の本で解説されているのが、今の仕事の軸をずらして年収を上げていく転職の方法。まだ読んだことがなければ参考にしてみて下さい。

ちなみに、もしネットビジネスの方面が嫌いでなければ個人的にはwebマーケ業界がおすすめですね。webライターの仕事なら最初は副業として始めることもできますし、経験や実績ができれば転職も余裕です。

いろいろと、自分がやりたいことや将来のビジョンに合わせて考えてみて下さい。

未経験からwebライターに転職する方法。実体験と採用側の視点で解説未経験からwebライターに転職した僕ですが、企業メディアで副編集長をやってます。転職した実体験と、いまこそわかる採用側からみた転職のコツを解説。webライターになりたい人は必見です。...
【リアル】現役ライターがwebライターの仕事内容や収入を解説します
【リアル】現役ライターがwebライターの仕事内容や収入を解説しますこの記事を読めば、webライターの具体的な仕事内容や収入がわかります。 今回は「webライターの仕事ってこんなに楽しいよ。...

手取り16万円の一人暮らしはしんどい。収入アップを目指そう

というわけで、手取り16万円の生活はかなりしんどいです。

節約するにも限度がありますので、なにか自分のスキルで収入を増やしていくのがベストですね。

2万円を節約するより、2万円多く稼ぐほうがよっぽど簡単です。

ぜひもう少し上を目指して、快適な暮らしを手に入れていって下さい。ブログとかおすすめですよ。

ブログをやるメリット10個!サラリーマンの新たなキャリアの足がかりにも。この記事を読めば、あらたなキャリアを考える”あなた”が「ブログを始めるメリット」がわかります。 突然ですが、サラリーマンが...
【初心者向け】超基本のブログの書き方。プロライターが0から教えますブログ記事の超基本の書き方を解説します。ただ書くならなんでも良いのですが、読まれるブログを書きたいなら必見。読者視点で考える、正しい書き方がわかります。...
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
これまでにアパレル業界のエリアマネージャー職や人事・総務の仕事を経験。現在は企業メディアで編集・ライティング・SEO対策を担当する副編集長として働きつつ、ブロガー・webライターとしてパラレルワーク中。筋トレとザンギが好きです。詳しくはPROFILEもご覧ください。
【速報】退職代行を使うなら労働組合がベストだと判明(北海道ログしらべ)
  • トラブルなく辞めたい
  • 有給を全部つかって辞めたい
  • 安い方が嬉しい

こんな人は、労働組合の退職代行を選びましょう。

労働組合法で会社と交渉する権利が認められていて、トラブルになる可能性がほぼありません。

もっともおすすめなのは「退職代行SARABA(サラバ)」ですね。24時間対応でレスも早いと評判も上々です。

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービスこの記事を読めば、退職代行SARABAの口コミや評判、サービスの特徴がわかります。 退職代行SARABA(サラバ)は、評判...

下記の記事には、まともな退職代行サービスだけを厳選したランキングも掲載しています。退職の検討材料にして下さいね。

【元人事が厳選】本当におすすめの退職代行サービス7選。効率よく辞めよう
【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP7!元人事が優良サービスを厳選この記事を読めば、退職代行のおすすめ人気ランキングとあなたに合った選び方がわかります。 退職代行は、ブラックな環境で働いている人の...