うまく働くコツを知りたい

働きたくないし死ぬしかないと思うあなたへ。元ニートの教える処世術

どうも、たくろーです。

今回は過去の僕のように「働きたくないし死ぬしかない、もうまじで詰んだ」と思っているあなたへ、ちょっとしたメモを残します。

僕は過去に、

大学留年しつつ全く就職も決まらないし、そもそも働きたくないし、でも働かずに実家に寄生してたら人生詰むし、もう人生終わったな……

と思っていた時期がありました。

自分にあった仕事を用意してもらえたら働いても良いんだけど、なんで書類送って面接受けて、人に値踏みされてまで働かせてもらわないといけないんだろう?そもそもやりたい仕事とかよくわからんし……

って、本気で思ってました。

たくろー
たくろー
「働きたくないから、もうまじで死ぬしかない」と思うのって割とこういう思考かなと思うんですが、どうでしょうか?僕は23歳くらいの頃にニートをしつつ本気で思っていました。

僕はなんだかんだ縁があって仕事を始めて、良い人と出会って結婚もできて、今は割と好きな仕事をしつつ、好きな土地の北海道で生きています。

でもちょっとでも何かがズレていたら、絶望した人生だったかもな、とも思うんですよね。

その絶望や不安の正体は、結局のところ「お金の問題」です。

あと「働きたくない」「就活なんてしたくない・知らない大人に値踏みされるのがつらい」だったのかな、とも思いました。

今回の記事では、あなたがそれらの不安を解消するアイデアをお伝えしたいと思います。

「働きたくないから死ぬしかない」なら、システムを無視してもいい

「働きたくないから死ぬしかない」なら、システムを無視してもいい

「働きたくないから死ぬしかない」って思考になるのって、要するに「お金」が問題ですよね。僕はそうでした。

でも働きたくないなら、就職せずにレールから外れてもお金を稼ぐ手段があるんですよ。

例えばブログです。

確かに正しい知識を持って運営しなければ1円にもなりませんが、引きこもりつつ1年〜2年も学習すれば、きっと生活費くらいは稼げるようになります。

ブログ半年のアクセスを公開。収益10万円あげた月間PVは13,736ブログを半年運営したPVや収益の実績や、その中でわかったことをまとめました。僕がブログを書き始めたきっかけや、続ける簡単なコツも。...

あるいはクラウドソーシングwebライターの仕事を受ける手もあります。

最初は時給100円にもなりませんが、1年くらい必死で続けてスキルアップすれば月に20万円くらいは目指せるでしょう。

【副業向け】webライターの始め方完全ガイド。収入目安一覧表ありどうも、たくろーです。 「副業でwebライターを始めたいけど、どうすればいい?」 と困っているあなたへ、全くのライティング初...

もちろん「就職しない」って選択肢は、めちゃくちゃ怖いと思います。

世間のシステムをスルーすることになりますし、9割くらいの人とは違った道を歩むことになるんですから。

でも絶対に就職して働かないと生きていけないって考えは、ただの「洗脳」です。

今だからこそ気づけた部分もあるとは思いますが、現代は割と選択肢がある世の中だなと思いました。

「働きたくないから死ぬしかない」とまで思うなら、別に就職する必要はありません。

過去の自分に勧めるなら、僕はブログとwebライターを提案しますよ。

「資格とろう」は絶望するからやめた方がいい

ちなみに僕の「働きたくない」「リクルートスーツに身を包んで書類書いて面接受けて……みたいな就職活動をしたくない」とほぼイコールでした。

たくろー
たくろー
だから「資格を取ってなんとかしよう」みたいな思考になったこともありますが、これも絶望するからおすすめできません。

まず、働かずに資格の勉強をしている間は「不安」で余計に死にたくなりました。

僕は親にお金を出してもらって専門学校に通って税理士の勉強をしつつ、片手間で公務員試験を受けたりしてたんです。

今考えると普通に恵まれた&甘ったれた環境だったとは思うんですが、世間のコミュニティに属さない状態が長くなると、今度は資格が全てになって「資格に落ちたら終わりだ」みたいな思考回路になってくるんですよね……。

過去の僕のように働きたくなくて絶望している状態の人は「働くこと」を難しく考えすぎているのかなと、今になって思いました。

もっと「お金」のこととか、世間の「働かずに生きている人」のこととか、視野を広げていろんなことを知ると良いのかなと思います。

「働く」を難しく考えすぎない方が良い

ちなみに僕が絶望していたときに、それを察した父から「まあ就職難しいなら、自分で商売でもなんでもすればいいんじゃないか?」と言われたことがあります。

正直そのときは「いや、そんなことできるわけないやろ……」と思ったものですが、なるほどそういうことだったのかと、今になって思います。

たくろー
たくろー
本人からすると何気ない励ましだったのかもしれませんが、なぜかその一言だけ鮮明に覚えてるんですよね。

父はサラリーマンを早くにやめて自営業をしていたので、色々と思うところがあったのかもしれません。

その言葉を聞いてからなのか、どこで心境の変化があったのかは正直覚えていませんが、その少し後に先輩から紹介されたアパレル企業に就職して今に至る、という感じです。

資格とかなんとか別に何でもいいから、とりあえずそこにある仕事でもやってみるか……と思ったんですよね。

働くことなんてあんまり難しく考えすぎずに「まあなんでもいいか」くらいの方が、人生うまくいくのかもしれません。

(※ちなみに父親の思い出話みたいになりましたが、まだ健在です。)

まともに働かずに生きている人は全然いる

まともに働かずに生きている人は全然いる

僕は結局就職しましたが、もちろんそれだけが正解じゃありません。

いわゆる普通の人生から外れて「ブロガー」とか「プロニート」とか「自由業」みたいな、謎の生き方をしてる人もいます。

もちろん世間的には少ない人数ではありますが「あなたがそれになれない」なんて決まってないんですよね。

お金はそもそも就職しないと稼げないわけじゃなくて「誰かの悩みを解決すれば対価としてもらえるもの」です。

この本質さえ理解すれば、就職だけが道じゃないし、普通じゃない生き方にも価値があるとわかるはずです。

僕は会社員フリーランスの2足のワラジを履いていますが、一概に会社員が良いともフリーランスが良いとも思いません。

自分にとって安心できる生き方が、一番良いんです。

ここでは「働きたくないなら、こういうモデルケースもある」という意味あいで「普通のレールから降りて、普通じゃないお金との付き合い方をしつつ人生を歩んでいる人たち」をご紹介していきますね。

山奥でニートして月18,000円で生きている人

一時期少し話題になりましたが「山奥ニート」「石井あらたさん」という方がいます。

月に18,000円だけをご近所の仕事を手伝ったりして稼ぎつつ、山奥でニート仲間と暮らしている人ですね。

ニートをサポートするNPOに支援されるはずが、ひょんなことからそのNPOの代表を引き継ぐことになり、なんだかんだ和歌山の山奥の限界集落でニートを引き連れて暮らしている方です。

まさに「働きたくない」を体言している人で、ニートのモデルケースですね。

『山奥ニートの日記』というブログも書かれていますし、書籍も出版されていますので、よければニートの先輩としてチェックしてみて下さい。

タイに移住してブロガーとして億を稼いでいる人

タイに移住して生活費5万円でブロガー、マーケターとして生活していたら、いつの間にか億単位で稼げるようになったマナブさんという方がいます。

ブログを何年も毎日更新していたら、いつの間にかめちゃくちゃ有名になりつつ稼げるようになった人ですね。

元々セブ島で少しだけ就職したことがあるようですが、合わなくてすぐにやめて、フリーランスとして生きる選択をした方です。

かなり勤勉な方ですので「働きたくない」とはちょっと違う部分もあるかもしれませんが、でもレールから外れる生き方としては非常に参考にできるかなと思います。

manablogというブログを運営しているのと、これまた書籍を出版されていますので、こちらもご覧ください。

ホームレスなのに170万円の結婚式をあげた人

ホームレス芸人の小谷さんという方がいます。

普段ホームレスとして暮らしつつ「1日50円」で自分を売っていて、人々にサポートされながら生きているという謎の人物ですね。

キングコングの西野さんと仲が良く、彼の話にもよく出てきます。

結婚式をあげたいと思ってクラウンドファンディングを立ち上げたら、これまで彼の1日を50円で買った人たちからの支援が集まって170万円が一瞬で集まったとか、なかなかのエピソードのある方ですね。

なかなか真似はしづらい生き方ですが、こんな生き方もあります。

西野さんの著書『新・魔法のコンパス』にもエピソードとして出てきますので、良ければ読んでみてください。kindleのサンプルで無料で読める部分のエピソードに出てきますよ。

働きたくないなら、就職せずにお金を稼ぐ手段を見つけるのが良い

働きたくないなら、就職せずにお金を稼ぐ手段を見つけるのが良い

というわけで、まともに働かずに生きていくなら「お金を稼ぐ手段」さえあれば良いのです。

就職するのはもっとも簡単でレールに沿った方法ですが、それが全てではありません。

そしてお金を稼ぐ本質は「誰かの役に立つこと」です。

就職しなくても誰かの役には立てますので、その手段をいくつかお伝えしていきますね。

ブログを書いて広告収入を得る

まず冒頭でもお伝えしたように「ブログ」を書いて稼ぐ方法があります。

ブログで誰かの悩みを解決する記事を書き、その解決法としてサービスや商品を提案して、いくばくかの広告収入を得ましょう。これが「アフィリエイト」と呼ばれる手法ですね。

あるいは、ブログに広告が表示される枠を設けておき、そこに表示された広告がクリックされるだけで数円〜数百円の収入が入る「グーグルアドセンス」という広告システムもあります。

たくろー
たくろー
引きこもって書いていれば稼げますし、誰の指示を聞く必要もありませんので、働かずにお金を稼ぐならブログがもっともおすすめですね。

僕は会社員の収入とは別にブログで月に30万円〜を稼いで生活してます。

【誤解】アフィリエイトって危ないの?いや、普通の広告業だよ……どうも、たくろーです。 「アフィリエイトって何?なんか危なそう……変な商売じゃないの?」 と、なぜかめちゃくちゃ誤解を受けて...
【初心者向け】超基本のブログの書き方。プロライターが0から教えますブログ記事の超基本の書き方を解説します。ただ書くならなんでも良いのですが、読まれるブログを書きたいなら必見。読者視点で考える、正しい書き方がわかります。...

webライターの仕事をとって稼ぐ

こちらも冒頭でお伝えした方法ですが、webライターとして稼ぐ方法もあります。

「クラウドソーシング」というフリーランス向けの仕事受注サイトがあるのですが、そこでいくらでも仕事が募集されてますので、そこで仕事を取るだけですね。

とはいえ最初は小間使いのようなライティングの仕事しかなくて「1件50円でレビューを書く」みたいなのばかりですが、ひたすら応募しつつスキルアップしていけば生活費くらいは稼げるようになります。

具体的なwebライターの始め方は、下記の記事を参考にしてみて下さい。

【副業向け】webライターの始め方完全ガイド。収入目安一覧表ありどうも、たくろーです。 「副業でwebライターを始めたいけど、どうすればいい?」 と困っているあなたへ、全くのライティング初...

クラウドソーシングでデータ入力の仕事を取る

webライターの仕事が難しそうなら、クラウドソーシングで「データ入力」の仕事から始めるのも手です。

画像やPDFで送られてきた数値データをエクセルの表に入力し直したり、あるいは音声を聞いて文字に起こしたりするような仕事ですね。

あまりスキルにはなりませんが、とりあえずお金は稼げます。

まずはこの辺りから、仕事を受注して人の役に立ってお金を稼ぐ感覚を身につけるのも良いでしょう。

ポイントサイトでお金を稼ぐ

世の中には「ポイントサイト」というものがあります。

何かのサービスに無料登録したり、アンケートに答えたり、モニターをしたりするとポイントがもらえて、それを現金に換金できるというサイトですね。

なんのスキルも付きませんが、とにかくお小遣い程度のお金は全然稼げます。

例えば上記のようなサイトですね。

ポイントサイトオタクになって数サイトに登録して稼ぎつつ、ノウハウをブログで発信したりできれば効率良く稼げるでしょう。

やりたいことを本気でやる

もしもあなたに「やりたいこと」があるなら、それを本気でやるのは良い手段です。

とにかく一つのことを極めれば、それがなんであれ大体お金になります。

たくろー
たくろー
ゲームでも、絵でも、歌でも、コーラの早飲みでも、極めれば何かのマネタイズ方法は必ずあるんですよね。

例えばゲームの家庭教師の「ゲムトレ」なんてサービスがあるのですが、ここではゲームを教えるトレーナーが募集されていたりします。

絵を描くのが好きなら、練習がてらに「ココナラ」でイラストを受注して描くのも一石二鳥ですね。

とにかく好きなことを上手にできるようになるのは、お金を稼ぐ一つの手段です。

働きたくないけどお金はほしい。夢中になれることがあれば稼げるよ
働きたくないけどお金はほしい。夢中になれることがあれば稼げるよどうも、たくろーです。 「働きたくないけど、お金はほしいんだよな……」 と思ってる人へ、その具体的な方法をお伝えします。 ...

「働きたくないから死ぬしかない」と思っても、生きてたらやっぱり良いことあるよ

お金を稼ぐには、別に就職だけが全てじゃありません。

お金の本質は「悩み解決」ですので、働きたくないなら就職しなくたって、まともに働かなくたって稼ぐ方法はあります。

僕にはまだ子供はいませんが、もしも自分に子供ができて、そして働きたくなくて悩むようなことがあったなら、絶対にそう伝えたいと思っています。

たくろー
たくろー
僕が親父に「商売でもやれば?」と言われたように、でももうちょっと具体的に「ブログ書け」とか「本気でゲーム配信やれ」とか言うかもしれませんね。

あの頃は本当に働きたくなくて死ぬほど悩みましたが、喉元過ぎればなんとやらです。

生きてて良かったなと思いますし、働きたくないとは思いつつも割と楽しくお金を稼いで生活してますよ。

何か好きなことがあるなら、それをずっと続けるのも一つの手です。できれば自分が安心して生きられるコミュニティに属しつつ、どちらかというと前向きに歩いていけると良いですね。

では、お互いできるだけ良い人生を歩いていきましょう。

【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくないなら、好きな事を仕事にしよう
【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくない人も、自分に向いてる仕事ならできるこの記事を読めば「そもそも働きたくない…仕事したくない…」という人でも、自分に向いてる仕事を探してストレスフリーに働いていく方法がわかり...
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
「ブロガー・Webライター」と「企業オウンドメディアの編集長(兼カメラマン)」の二足のワラジを履くパラレルワーカー。過去にアパレル業界のブラック企業でエリアマネージャーや人事として働いた社畜経験がある。北海道に移住。趣味は筋トレダイエット。妻とwebマーケティングが好き。SEO対策・webライティング・メディア運営が得意領域。
【今が転職チャンス】有効求人倍率が回復傾向

今、転職市場は狙い目です。

今求人募集している企業こそ、力の強い企業であることに違いありません。

チャンスを逃さないように、3ステップで転職のフローを確認していきましょう。

STEP1. 転職エージェントや転職サイトへの登録は済みましたか?

転職エージェントや転職サイトは、無料であなたの転職をサポートしてくれます。まずは2〜3社登録して、良きアドバイザーを得ましょう。

必ず登録すべき求人数の多い転職エージェント

※求人数は2021年4月10日の情報です。日々変動します。

年代別のおすすめ転職エージェントは下記の記事からチェックしておいて下さい。

20代におすすめの転職エージェントと賢い利用法。未経験・第二新卒もOKどうも、たくろーです。 僕は20代の頃に既卒ニートからアパレル業界に就職し、1年で別の企業に転職しています。30代では未経験からI...
30代におすすめの転職エージェントと賢い利用法。未経験・ニートにも対応どうも、たくろーです。 30代でアパレル業界からIT業界に未経験で転職しました。アパレル業界では人事として働いていた経験もあります...

STEP2. 次の仕事に就くために必要なスキルは身についていますか?

次の仕事を就くための「スキル」は十分でしょうか?

僕のおすすめはIT業界ですが、これはプライベートでもスキルを磨けます。例えば僕はブログの運営経験を軸に、未経験からwebマーケティング業界に転職しました。

その知識を、下記の記事でまとめています。

30代未経験のIT転職攻略ガイド。基礎学習→ポートフォリオ作成でOKどうも、たくろーです。 僕は30代中盤で、アパレル業界からIT業界(webマーケティング)に未経験で転職しました。 そんな経...
未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説どうも、たくろーです。 こんな風に悩んでいる方へ、未経験からwebライターに転職して、今では企業オウンドメディアの...
職務経歴書に書けるブログの作り方。書き方から転職方法まで完全ガイドどうも、たくろーです。 企業メディアで編集長をしています。元々アパレル業界にいましたが、ブログ運営経験を職務経歴書に書いてwebラ...

STEP3. 会社の辞め方には自信がありますか?

会社を辞めるには、一定のセオリーがあります。下記の記事でまとめていますので、チェックしておきましょう。

会社の辞め方完全ガイド。円満退社を目指せる「理由・伝え方・タイミング」
会社の辞め方完全ガイド。円満退社を目指せる「理由・伝え方・タイミング」どうも、たくろーです。 「会社を辞めたいと思うけど、何から手をつければ良いのかわからない……」 そんなあなたのために、円満退...

【補足】ブラック企業で消耗していませんか?

もしもあなたの会社がブラックで毎日消耗しているなら、まずは休み、正常なメンタルに戻すのが理想のキャリアへの近道になる場合もあります。

辞めさせてもらえない場合は、退職代行の利用も検討して下さい。

退職代行を使った社員はクズ?いや、会社が時代遅れだっていう話
【真理】退職代行はクズ?甘え?いや、会社が時代遅れだっていう話どうも、たくろーです。 退職代行について調査していたら「退職代行つかうやつ、まじでクズだろ…」みたいなツイートやまとめ記事が目に入...
退職代行おすすめ人気ランキング
【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP9!選び方や基礎知識も解説今回は「退職代行を使いたいけど、どこを選べばいいんだろう?」と困ったあなたへ、優良でおすすめな退職代行をランキング形式で、比較しながらご...