転職ノウハウを知りたい

「志望動機なんてねーよ」と思ってた僕が、やりたい仕事に出会ってわかったこと

どうも、たくろーです。

今回は「志望動機なんてねーよって思ったら、もっとやりたい仕事をちゃんと探した方が良いよ」というテーマでお話しします。

まず、僕は面接というものが大っ嫌いでした。

新卒で右へ倣えで面接を受けるのがめちゃくちゃ嫌で、大学を出るときに就職活動はしていません。

しばらくニートした後に初めて就職したのも先輩に紹介してもらったアパレル企業で、なんとなく面接を受けて入社しただけです。

そもそも働きたくなかったし、まともな志望動機なんてあるわけがないんですよね。

2社目のアパレル企業に転職したときも、これまた知り合いからの紹介だったので、まともな面接は受けてません!

たくろー
たくろー
ちなみにアパレルでは8年働いて、最終的にはエリアマネージャーや人事の仕事をしてました

でも直近で転職したwebマーケ業界の企業は、志望動機がめちゃくちゃスラスラと出てきましたし、働いてて最高に楽しい職場です。むしろ土下座してでもやってみたかった仕事ですね。

つまり、当然のことですが「やりたい仕事」だったら志望動機は自然と出てくるんですよ。

志望動機が思いつかないようなクソみたいな仕事じゃなくて、自分が「やりたい仕事」を探しましょうってお話をしていきます。

「志望動機なんてねーよ」と思ったら、その仕事はやめよう

「志望動機なんてねーよ」と思ったら、その仕事はやめよう

「志望動機なんてねーよ」と思っちゃうような仕事に応募するのは、シンプルに時間の無駄です。

人生においてあんまりメリットないので、応募するのはやめておきましょう。

というのも、やる気の出ない仕事より「本当にやりたいこと」をやった方がスキルアップも早いし、絶対にお金も稼げるし、良いことづくめだからですね。

たくろー
たくろー
僕は別にやりたくもない「アパレル業界」で仕事をしていましたが、良かったのは奥さんと出会えたことくらいです。

今やっている仕事(webメディアの運営)が自分にぴったりだからこそ「初めからもっと自分に向いてる仕事をしてたら良かったなー」と、思うこともあるんですよね。

だからこそ、志望動機も思いつかないようなクソみたいな仕事をするんじゃなく、ぜひ「やりたい仕事」を探して欲しいなと思っています。

そもそも就職しなきゃいけないなんて決まってない

僕は今のところ「サラリーマンとして働いた経験はあった方が良い」と感じていますが、これからの時代の絶対だとは思っていません。

いきなりフリーランスとして生きていくという選択肢も、これからどんどん増えてくるのは確実です。

だから志望動機が思いつかないような仕事なんかじゃなくて、徹底的に自分のやりたいことにチャレンジしてみたらいいんじゃないかなと思っています。

たくろー
たくろー
完全に肌感ですが、30歳くらいまでならやりたいことやって失敗しても、最終的になんとかなると思いますよ。

とにかく何かを本気でやれば、その経験をもとにブログを書いたりYouTubeで発信したりすれば稼げると思いますしね。

あなたがブログを始める12のメリット。「金銭・仕事・生活」に分けて解説
あなたがブログを始める12のメリット。「金銭・仕事・生活」に分けて解説どうも、たくろーです。 「ブログが良いって聞いたけど、結局どんなメリットがあるんだろう?実際に稼げるの?」 と一歩踏み出せな...

フリーでも会社員でも「やりたい仕事」に越したことはない

というわけで「志望動機が思いつかないような仕事」なんていますぐ捨てて、やりたいことやりましょう。

そうじゃないと、多分ずっと後悔すると思います。

やりたくない仕事だったら「いや、別にやりたくてやってるわけじゃないし」なんて深層心理で思い続けて、仕事に対して本気になれません。

たくろー
たくろー
アパレル業界で働いてた頃の僕がそうでしたので、これは確実ですね。

働き方はサラリーマンでもフリーランスでも、なんでもいいと思いますが「志望動機がスラスラ出てくる」ような仕事を選ぶのが良いですよ。

志望動機なんてねーよと思う僕たちが、やりたい仕事を探すマインドセット

志望動機なんてねーよと思う僕たちが、やりたい仕事を探すマインドセット

ここからは、やりたい仕事の探し方を解説していきます。

「自分にはあの仕事はできないな」とか「やりたいけど、現実的に無理だろうな」とか、そんなことは一旦おいておきましょう。

とにかく自分が本当にやりたいことを見つけて、その「やりたいこと」を頑張るのは、クソみたいな会社の志望動機を考えるよりもずっと楽しいはずです。

ここでは「僕たちがやりたい仕事を見つけるマインドセット」を、3つのアイデアに分けてお伝えしていきます。

  • 「やれる」じゃなくて「やりたい」で考える
  • 自分が今まで続けてきて、苦じゃないことを考える
  • お金にならなさそうなことでも、選択肢に挙げる

「やれる」じゃなくて「やりたい」で考える

僕たちは、知らず知らずのうちに選択肢を狭めています。

宇宙飛行士にはなれない。弁護士にもなれない。でも工場の仕事ならできる。販売員にも多分なれる。

これまで生きてきて感じたことから、勝手に「これは無理」「これはやれる」とジャッジしちゃってるんですよね。

それはやめて、とにかく「やりたい」で考えましょう。

こうやって書くと綺麗事みたいですが……長年働いてきて思うのは「やりたい仕事じゃないと本気になれなくて、その仕事が好きな人と競ったときに絶対負ける」ってことです。

たくろー
たくろー
僕もPC触るのが好きだし、データ弄るのも好きだし、音楽やってたから創作活動も好きだったんですが、そういうの全部捨てて最初は販売業に入って後悔しました

自分が「誰にも負けない」とか「誰より好きだ」って分野で頑張った方が、生きる効率が上がりますよ。

自分が今まで続けてきて、苦じゃないことを考える

やりたいことは、言い換えると「続けて苦じゃないこと」なんですよね。

自分が続けて苦じゃないことの「何が好きなんだろう?」と掘り下げて考えると、やりたいことに近づくヒントが見えてくるはずです。

例えば僕はゲームが一生続けられるくらい好きで、学生の頃は引きこもってMMOばっかりやってました。

あらためて思ったのが「レベルアップ」とか「スキルアップ」の快感なんですよね。

日々数値が伸びていくのが面白くて夢中になっていたので、そこに至るプロセスのまどろっこしい「対面接客の販売業」は僕には向いてませんでした。

たくろー
たくろー
反対に、全体の閲覧数とか販売数が見えて、工夫すればいくらでも伸ばしていけるwebマーケティングがあってたようです。ソロでもできるのが良いですね。

こんな風に「自分は何が好きで、何なら続けて苦じゃないんだろう?」と考えてみて下さい。

【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくないなら、好きな事を仕事にしよう
【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくない人も、自分に向いてる仕事ならできるこの記事を読めば「そもそも働きたくない…仕事したくない…」という人でも、自分に向いてる仕事を探してストレスフリーに働いていく方法がわかり...

お金にならなさそうなことでも、選択肢に挙げる

「できる・できない」の話とも少し被りますが「自分が思っている以上にお金を稼ぐ選択肢は多い」ということを知った方が良いかなと思います。

世間には、よくわからないことでお金を稼いでいる人がたくさんいるんですよ。

例えば僕は本業とは別で、個人でもブロガーやwebライターとして活動して月に30万円〜の副収入を稼いでいます。

でも実際に自分でブログを運営してみるまでは「ブログで稼ぐとか、うさんくさいな……」と思っていました。

たくろー
たくろー
ブログ副業とか、普通の感覚だと怪しいですよね

でも「やってみたらお金を稼げること」ってめちゃくちゃたくさんあります。

時給1,000円〜のアルバイトはもちろん安定していますが、そうじゃない稼ぎ方もたくさんあるってことですね。

まずは「お金を稼げるのか?」という視点は捨てて「やりたいこと」を考え、その「やりたいことでお金を稼ぐ方法」を考えていくと良いですね。

働きたくないけどお金はほしい。夢中になれることがあれば稼げるよ
働きたくないけどお金はほしい。夢中になれることがあれば稼げるよどうも、たくろーです。 「働きたくないけど、お金はほしいんだよな……」 と思ってる人へ、その具体的な方法をお伝えします。 ...
【誤解】アフィリエイトって危ないの?いや、普通の広告業だよ……どうも、たくろーです。 「アフィリエイトって何?なんか危なそう……変な商売じゃないの?」 と、なぜかめちゃくちゃ誤解を受けて...

とはいえ、企業側もさほど「志望動機」は重視していない

とはいえ、企業側もさほど「志望動機」は重視していない

「志望動機がスラスラでないような仕事なんてやめとけ」とは言ってきたものの「いや、それでもとりあえず働かなきゃいけないんだよ」ってシチュエーションもあるかもしれません。

その場合は、とりあえず志望動機を考えなきゃいけませんが、ぶっちゃけ企業はそこまで「志望動機の良さ」みたいなことは重視していません

上記のグラフはワークポート社がいろいろな会社の採用担当に実施した調査で、実は企業の採用担当の40%が「志望動機を重視しない」と答えています

たくろー
たくろー
僕がアパレル業界でエリアマネージャーや人事として働いて採用担当をしていたときも、正直「動機」は割とどうでもよくて、あくまで「人となり」を見てましたよ。

なので志望動機は、そんなに構えずに考えてみると良いんじゃないかなと思います。

志望動機とは、要するに「友達になろうよ」と一緒

僕が思うに、志望動機はシンプルに「あいさつ」です。

誰かと初めて出会って「あなたのことは前々から伺っていましたよ。ぜひお話したいと思っていました」と挨拶すると考えたときの、会社宛バージョンですね。

なので、その内容自体は割とどうでも良いのかなと思います。

たくろー
たくろー
「人となり」や「人間としての深み」あるいは「人としての面白さ」がその会社とマッチしているのか?という視点で判断されるのが面接という場だと思って下さい。
志望動機は、あくまでそのうちの1つの挨拶でしかありません。

なので、志望動機自体はそんなに深く考えなくてもいいんじゃないかなーと、個人的には思っています。

あんまり嘘はつかずに、その会社に対して少しでも興味を持てた部分について、本心から話せればいいと思いますよ。

(でも、さすがに興味0の会社に応募するのは、やめといた方が良いんじゃないかなとは思います)

志望動機がないなら、もっとやりたい仕事を探そう

それがやりたい仕事なら、志望動機は勝手に出てきます。

だからぜひ自然と志望動機が出てくるような仕事を探して、そっちの分野で頑張ってみてください。

下記の記事も参考にしていただき、自分に合った仕事でがんばっていきましょう。

【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくないなら、好きな事を仕事にしよう
【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくない人も、自分に向いてる仕事ならできるこの記事を読めば「そもそも働きたくない…仕事したくない…」という人でも、自分に向いてる仕事を探してストレスフリーに働いていく方法がわかり...
転職3回の元人事が選ぶ!おすすめ転職サイトと転職エージェントどうも、たくろーです。 既卒ニート→アパレル業界→アパレル業界→IT業界と転職してきました。 実際に仕事に就いたのは3回です...
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
「ブロガー・Webライター」と「企業オウンドメディアの編集長(兼カメラマン)」の二足のワラジを履くパラレルワーカー。過去にアパレル業界のブラック企業でエリアマネージャーや人事として働いた社畜経験がある。北海道に移住。趣味は筋トレダイエット。妻とwebマーケティングが好き。SEO対策・webライティング・メディア運営が得意領域。
【今が転職チャンス】有効求人倍率が回復傾向

今、転職市場は狙い目です。

今求人募集している企業こそ、力の強い企業であることに違いありません。

チャンスを逃さないように、3ステップで転職のフローを確認していきましょう。

STEP1. 転職エージェントや転職サイトへの登録は済みましたか?

転職エージェントや転職サイトは、無料であなたの転職をサポートしてくれます。まずは2〜3社登録して、良きアドバイザーを得ましょう。

必ず登録すべき求人数の多い転職エージェント

※求人数は2021年4月10日の情報です。日々変動します。

年代別のおすすめ転職エージェントは下記の記事からチェックしておいて下さい。

20代におすすめの転職エージェントと賢い利用法。未経験・第二新卒もOKどうも、たくろーです。 僕は20代の頃に既卒ニートからアパレル業界に就職し、1年で別の企業に転職しています。30代では未経験からI...
30代におすすめの転職エージェントと賢い利用法。未経験・ニートにも対応どうも、たくろーです。 30代でアパレル業界からIT業界に未経験で転職しました。アパレル業界では人事として働いていた経験もあります...

STEP2. 次の仕事に就くために必要なスキルは身についていますか?

次の仕事を就くための「スキル」は十分でしょうか?

僕のおすすめはIT業界ですが、これはプライベートでもスキルを磨けます。例えば僕はブログの運営経験を軸に、未経験からwebマーケティング業界に転職しました。

その知識を、下記の記事でまとめています。

30代未経験のIT転職攻略ガイド。基礎学習→ポートフォリオ作成でOKどうも、たくろーです。 僕は30代中盤で、アパレル業界からIT業界(webマーケティング)に未経験で転職しました。 そんな経...
未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説どうも、たくろーです。 こんな風に悩んでいる方へ、未経験からwebライターに転職して、今では企業オウンドメディアの...
職務経歴書に書けるブログの作り方。書き方から転職方法まで完全ガイドどうも、たくろーです。 企業メディアで編集長をしています。元々アパレル業界にいましたが、ブログ運営経験を職務経歴書に書いてwebラ...

STEP3. 会社の辞め方には自信がありますか?

会社を辞めるには、一定のセオリーがあります。下記の記事でまとめていますので、チェックしておきましょう。

会社の辞め方完全ガイド。円満退社を目指せる「理由・伝え方・タイミング」
会社の辞め方完全ガイド。円満退社を目指せる「理由・伝え方・タイミング」どうも、たくろーです。 「会社を辞めたいと思うけど、何から手をつければ良いのかわからない……」 そんなあなたのために、円満退...

【補足】ブラック企業で消耗していませんか?

もしもあなたの会社がブラックで毎日消耗しているなら、まずは休み、正常なメンタルに戻すのが理想のキャリアへの近道になる場合もあります。

辞めさせてもらえない場合は、退職代行の利用も検討して下さい。

退職代行を使った社員はクズ?いや、会社が時代遅れだっていう話
【真理】退職代行はクズ?甘え?いや、会社が時代遅れだっていう話どうも、たくろーです。 退職代行について調査していたら「退職代行つかうやつ、まじでクズだろ…」みたいなツイートやまとめ記事が目に入...
退職代行おすすめ人気ランキング
【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP9!選び方や基礎知識も解説今回は「退職代行を使いたいけど、どこを選べばいいんだろう?」と困ったあなたへ、優良でおすすめな退職代行をランキング形式で、比較しながらご...