RECOMMEND

おすすめのレンズフィルターケース5選!評判・使い勝手から厳選比較

一眼レフやミラーレスを使っていると、どんどん溜まってくるレンズフィルター。

元々入っているケースに個別に収納している人も多いと思いますが、やはりまとめた方が便利。でもそうなってくると、レンズフィルターケースはどれを選ぶのが正解?

というわけで、選び方やおすすめ商品を調査してまとめました。フィルターケースの購入を検討している方は、ぜひご参考下さい。

レンズフィルターケースとは?

「レンズフィルターケース」とは、その名の通りカメラのレンズフィルターを一か所にまとめて収納しておけるケース。

保護フィルターやPLフィルター、NDフィルターなどをバラバラに管理していると面倒になってきます。3,4枚溜まってきて、「そろそろ一か所にまとめたいな…」と思ったタイミングで買うアイテム。

通常、レンズフィルターといえばこんなケースに入っているもの。

毎回「今日はどれ持って行こう?」と選んでカバンに入れるのは面倒だし、かさ張るし…ということで、一つにまとめられるのが「レンズフィルターケース」です。

選ぶときは口径に注意

レンズにもフィルターにも口径があるように、フィルターケースにも対応サイズがあります。特に円形だけでなく角型フィルターも使う方は要注意。必ずサイズに合ったものを選びましょう。

とはいえ、82mmや78mmくらいの円形フィルターならほとんどの商品が対応していますのでご安心を。

汚れにくさも気にしたい

フィルター、汚れたらめちゃくちゃ面倒ですよね。とくにPLフィルターやNDフィルターのような特殊なものになると、ちょっとした汚れが取り返しのつかないことになる可能性も。(一回、指にキュっと擦れただけでPLフィルターがお亡くなりになったことがあります…)

というわけで、「汚れにくさ」は重視したいところ。レビューや評判から、性能が高いものを厳選してまとめています。汚れにくさに関連するところで、「防水・防塵」であれば尚良さそうです。

枚数は自分のレンズシステムに合わせて

あとは枚数。増えることも考えて、自分が普段使うフィルター枚数+αを収納できるものを用意したいところ。最低限4枚入れば使えるかなと思い、今回は4枚以上入るフィルターケースからご紹介。(2枚しか入らないのとかもありますが、それならもう普通に買ったときのケースで良い気が…)

僕の場合、いまのところ「PLフィルター1枚」「NDフィルター2枚」「クロスフィルター1枚」に加えて、各レンズに保護フィルターを付けっぱなし。交換するときのために1枚分のスロットは空けておきたいところ。なので5枚以上入ってほしく、それなら6~8枚用なら安心かなー…。

といった選び方になるかな、と思います。あくまでご参考までに。

おすすめのレンズフィルターケース5選

今回選んだおすすめのレンズフィルターケースは、収納サイズや枚数、コスパ、さらにレビュー・評判から使い勝手を調査して厳選しました。

掲載価格は調査時のamazonの情報ですので、目安としてご覧下さい。

↓横にスクロールできます。商品画像クリックで詳細へ。

メーカーKenkoTyckaCokinKANINeewer
画像
収納サイズ~82mm~86mm84mm~130mm100mm~170mm100mm×150mm
収納枚数4~8枚~8枚5~6枚4~6枚6枚
価格1,755円~2,564円1,690円3,245円~7,610円3,080円~4,580円1,699円
特徴ベーシックで評判良し防水でコスパ良しセミハードで堅牢角型用で評判良いのはコレ角型でコスパ重視ならコレ

Kenko COMODO フィルターケース

商品名kenko COMODO(コモド)フィルターケース
対応口径~82mm
収納枚数小:4枚,大:8枚
カラーブラック,ネイビー
価格小:1,755円,大:2,564円
特徴汚れつきにくいと評判、カラビナ付き

レンズフィルター自体でもよくお世話になるKenkoのアクセサリーブランド、COMODO(コモド)の商品。防水や防塵性能がないのはちょっと残念ですが、なにより「他のケースと比べてフィルターが汚れにくい」という評判が多いのがポイント。フィルターケースに一番求めたいことは、そこではないでしょうか。

内側はオレンジ。リュックや三脚に装着出来たり、カラビナでぶら下げられたりと機能性もよく、ノーマルに使いやすい商品。Kenko COMODO、オススメです。

Tycka フィルターポーチ

商品名Tycka フィルターポーチ
対応口径~86mm
収納枚数最大8枚(実質5枚程度)
タイプストラップ有or無
価格1,690円
特徴生活防水

防水性能のついているケース自体が珍しいため、そこを気にしたい人はこちらが選択肢に。しかし「最大8枚」の収納については注意が必要。これは全て最薄型だった場合。実際は5~6枚くらいの収納で限界…という評判が多いです。

枚数以外はなかなか評判よく、コスパも良いのでオススメ。COMODOよりちょっと値段を抑えたいor防水が欲しい人はコチラで。

Cokin フィルターケース

商品名Cokin フィルターケース
対応口径84mm/100mm/130mm
収納枚数5枚
タイプM,L,XL
価格3,245円/4,127円/7,610円
特徴セミハードで堅牢性高、アダプタも収納可

作りのしっかりさに定評あり。一番クレームの付き易い「レンズの汚れにくさ」にはほぼ言及がなく、つまり普通に使いやすい商品。セミハードケースでしっかりしているのに、防水性能は無いのは少し残念。

ソフトケースの商品よりも少しだけ値段は上がりますが、ちょっと気を遣いたい人はコチラを。

KANI 角型フィルターケース

商品名KANI 角型フィルターケース
対応口径100mm×100mm/150mm×100mm/170mm×150mm/190mm×170mm
収納枚数4枚
タイプ1色のみ、4サイズ
価格3,080円/3,530円/4,380円/4,580円
特徴背面ベルトあり、撥水素材

角形フィルターに定評のあるKANIの商品。フィルターケースもやはり角型にこだわりが。サイズ展開が4種類と非常に多く、手持ちに合ったものを選べて安心。

防水と明記はしていないものの、撥水素材のアピールあり。さらにソフトケースながら堅牢性の高さについての評判も高め。角形フィルターケースを探している人は基本的にコレで。

Neewer フィルターポーチケース

商品名Neewer フィルターポーチケース
対応口径100mm×150mm
収納枚数最大6枚
タイプ1色のみ
価格1,699円
特徴ストラップつき

角形フィルター用の商品でリーズナブルなものが珍しいのでご紹介しましたが、どうやらフィルターが汚れがちのよう…。しかし海外の方の評判は割と良いようですので、許容範囲の違いでしょうか。

「そんなに細かいことは気にしねえ」という方で角型フィルターのケースを探している場合、ショルダーにもなって便利なこちらも候補に入れてみて下さい。

レンズフィルターケースで、カメラライフをスマートに

メーカーKenkoTyckaCokinKANINeewer
画像
収納サイズ~82mm~86mm84mm~130mm100mm~170mm100mm×150mm
収納枚数4~8枚~8枚5~6枚4~6枚6枚
価格1,755円~2,564円1,690円3,245円~7,610円3,080円~4,580円1,699円
特徴ベーシックで評判良し防水でコスパ良しセミハードで堅牢角型用で評判良いのはコレ角型でコスパ重視ならコレ

フィルターケースがあると、カメラバッグがかなりスッキリします。各メーカーいろいろと出していますが、個人的にはある程度余裕を持って6枚~収納できるものがオススメ。

NDフィルターの種類や、イルミ撮影にこだわり始めるとクロスフィルターも増えそう。

レンズフィルターケースを導入して、ぜひ快適なカメラライフを。

ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
これまでにアパレル業界のエリアマネージャー職や人事・総務の仕事を経験。現在は企業メディアで編集・ライティング・SEO対策を担当する副編集長として働きつつ、ブロガー・webライターとしてパラレルワーク中。筋トレとザンギが好きです。詳しくはPROFILEもご覧ください。
3週間で転職できるスキルが身に付く「ブログ講座」を用意しました

【速報】ブログを始めて未経験から超ホワイトなwebマーケ企業に転職した僕がお届けする「3週間講座」を無料で用意しました。

職務経歴書に書けるブログの作り方
こんなあなたにオススメです。

  • お店で毎日消耗しながら働いて、いつか転職しようとは思うけれど踏ん切りがつかない27歳のアパレル店長
  • それなりに出世したものの、先が見えてしまって絶望している35歳・人事部の中間管理職
  • もしも40歳をすぎて今の会社が潰れたら…と想像すると、どうやって暮らしていけば良いのかわからない営業マン

3週間で学び、ブログを書き、1年後にはwebマーケティング企業に転職できるスキルを身に付けましょう。

【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座
【3週間で学ぼう】職務経歴書に書ける、最高のブログの作り方講座この記事は「職務経歴書に書けるブログの作り方&webライティングスキル」を3週間(21日)で学べる講座です。 さっそく申し...