ブログ・SEOの話

キーワード選定のやり方3ステップ。プロが弱小ブログの必勝法を解説

どうも、たくろーです。

今回は「弱小ブログでも勝てるキーワード選定のやり方」というテーマで解説していきたいと思います。

キーワード選定はブログ運営の生命線で、キーワード選びに失敗しているといつまでたってもうまくアクセスが伸びません。

たくろー
たくろー
良い記事書けてるのにPVが増えないブログは、十中八九キーワード選定が原因ですね。

そんなことをいってる僕は、企業メディアで編集長をしつつ個人でもブロガーとして活動しています。

当ブログは1年と少しで10万PV近くまで伸び、googleから認識されているキーワード数も6,000近くまで増えてきました。

アフィリエイトでは、月にだいたい30万円〜稼いでいます。

ahrefsというツールでこのブログのデータを客観的に見ると、下記の通りです。

1位〜3位のキーワード数が465個、10位以内だと1,100個以上が認識されています。

何年も運営している大手メディアでも、オーガニックキーワード数は2万もないところがほとんどですので、効率良く書くキーワードを選定できている証拠としてご覧ください。

(ちなみにどのサイトも、ahrefsで表示される「オーガニックトラフィック」の5倍〜15倍くらいの数値が実際のPVになりますよ。)

今回はブログ運営を始めて1年少々で約10万PVまで伸ばしたノウハウを「弱小ブログが勝つためのキーワード選定戦略」としてお届けしますね。

キーワード選定とは?

キーワード選定とは?

キーワード選定とは、そのサイトにおいて「Google検索で上位表示させたい検索キーワード」を整理する作業のこと。

SEO対策において最も基本となる考え方ですね。

そもそもブログでは、1記事だけ書いてもなかなか上位表示はできません。

検索エンジンから「このブログは◯◯に関する良質な情報がたくさん入っているから、◯◯に関して書かれた記事を検索結果の上位に表示させてやろう」と思ってもらう必要があるので、結果を出すためにはある程度の記事数が必要です。

たくろー
たくろー
それが「まずは100記事書け」とか「半年書け」とか言われる根本的な理由ですね。

記事数が必要だと言っても、ただ闇雲に100記事書いたって結果は出ません。

キーワードを選定して、関連する情報整理しつつ書いていくことで、効率よくブログのアクセスを伸ばしていくのが「キーワード選定の目的」です。

キーワードは「悩み」起点で選定していくのが大切

検索キーワードには「検索したユーザーの悩み」が表れていると考えてください。

たくろー
たくろー
例えば「転職活動 期間」という検索キーワードだったら「転職活動にどのくらいの期間がかかるのか知りたい」というニーズが表れています。

「じゃあ転職活動の期間を知りたい人が、他にどんな悩みを抱えているんだろう?」と考えていくのがキーワード選定の本質です。

「そのブログを読んでくれる人の悩みを全部解決してあげる」というイメージで、関連する情報を綺麗に整理していきましょう。

上手くキーワード選定できれば、わずかなアクセスでも収益は上がる

「キーワード」を上手く捉えられると、それほど大規模に運営できない個人ブログでも十分に収益をあげられます。

例えば僕は、ブログを始めて半年経って月間PVが13,000程度だったときに、10万円の収益を上げました。

ブログ半年のアクセスを公開。収益10万円あげた月間PVは13,736ブログを半年運営したPVや収益の実績や、その中でわかったことをまとめました。僕がブログを書き始めたきっかけや、続ける簡単なコツも。...

現在は月の収益が30万円〜に上がってきましたが、やはり自分のブログの読者の悩みを解決するキーワードを整理しつつ書いていくのが、ブログの基本戦略だと実感しています。

キーワード選定さえ上手にできれば、個人ブログでもアフィリエイトを利用しつつ十分に稼げますよ。

キーワード同士の関係性と、4つに分類する考え方

キーワード同士の関係性と、4つに分類する考え方

実際にキーワード選定を始める前に、まずはキーワードの分類関係性について知っておいてください。

僕はキーワードを4つに分類して考えています。

まずは「メインキーワード」があり、その周りに

  • 集客キーワード
  • 比較キーワード
  • 商標キーワード

の3種類のキーワードがくっついて、一つのキーワード群として構成されるような形です。

メインキーワード「◯◯」に関連する情報をブログ内に増やしていくことで、googleから「このブログは◯◯について網羅的に解説してるな。じゃあそのキーワードに関連する記事を全体的に評価アップしておこう」と判断してもらうようなイメージですね。

上記の考え方がしっくりこなければ、下記の「ブログのアクセスアップ」に関する記事も参考にしてみて下さい。

【プロ直伝】ブログのアクセス数を増やす方法。キーワードを操れ!どうも、たくろーです。 とある企業メディアで編集長をしています。ブログを書き続けていたら、ブログ月収がサラリーマン月収を超えました...

ここでは4種類のキーワードについて、順番に解説していきます。

メインキーワード

メインキーワード

メインキーワードとして扱うのは、そのブログやカテゴリで最終的に狙いたいキーワードです。

例えば「転職」とか「ペットフード」、あるいは「婚活」などの「ジャンルそのものを表すようなビッグなキーワード」ですね。

「転職」のような単体キーワードでも良いですし「第二新卒 転職」みたいな複合キーワードでもOKです。

目安として、例えばキーワードプランナーを利用して探す場合は下記のようなイメージで選んでみてください。

ブログの規模 狙うメインKWの月間ボリューム
〜5万PV 1000〜1万
〜10万PV 1万〜10万
10万PV〜 好きなものを

例えば「転職」というキーワードは下記の通り月間ボリューム10万〜100万と超ビッグですので、大規模サイトじゃないと立ち向かえなさそうです。

その場合はちょっと狭めて「第二新卒 転職」とかにすると、

1000〜1万の月間ボリュームになるので、まだ狙いやすくなりました。

(転職界隈は強い競合サイトが多いので、本当に狙いやすいかは別として。)

「とにかくこのジャンルの悩みを解消する記事を書いていく」という目標にするのがメインキーワードです。

集客キーワード

集客キーワード

集客キーワードは、その名の通り「集客」の役割を担うキーワードです。

メインキーワードに関係する「知りたい」とか「やりたい」みたいなニーズの表されたキーワードですね。

例えばメインキーワードが「転職」なら、

  • 「転職活動 やり方」
  • 「転職活動 期間」
  • 「転職エージェント 怪しい」
  • 「転職 失敗談」
たくろー
たくろー
このような「転職に関連する何かが知りたい」という悩みが表されているキーワードを「集客キーワード」として扱います。

ブログの中では、集客キーワードの記事が6割〜7割くらいになるイメージですね。

比較キーワード

比較キーワード

比較キーワードは、その名の通り「比較」したい人の悩みがあらわれているキーワードです。

例えば「転職」がメインキーワードなら、転職サービスを比較するような悩みですね。

  • 転職エージェント おすすめ
  • 転職サイト 比較
  • 転職エージェント 看護師
たくろー
たくろー
このような、いくつかのサービスの比較データが知りたいというニーズの表されたキーワードを「比較キーワード」として扱います。

ブログの中では、比較キーワードの記事が1割〜2割くらいになるイメージです。

商標キーワード

商標キーワード

商標キーワードは、比較キーワードで紹介したサービス名に関するキーワードです。

例えば「転職」がメインキーワードなら、

  • マイナビ 口コミ
  • doda 評判
たくろー
たくろー
このように「実際にサービスを使う一歩手前」の人が検索するような、サービス名が含まれたキーワード「商標キーワード」として扱います。

必要なだけ書いていくイメージですが、目安としてはブログ内の1割〜2割くらいが商標キーワードの記事になるかなと思います。

【3STEP】弱小ブログが勝つためのキーワード選定のやり方

【3STEP】弱小ブログが勝つためのキーワード選定のやり方

キーワードの基本を知っていただいたところで、実際にキーワード選定をする手順をお伝えしていきます。

僕たちがブログを運営していくうえでは、ブログ全体というよりも「カテゴリごとにキーワード選定」をするようなイメージを持ってください。

例えば「ブログの書き方」というカテゴリがあれば、そのカテゴリのメインキーワードを「webライティング」とか「ブログ 書き方」とかに決めて、メインキーワードに関連するキーワードを整理していくような流れです。

それでは、キーワード選定の手順を追っていきましょう。

  1. メインキーワードを決める
  2. 周辺キーワードを洗い出す
  3. 実際に書くキーワードを整理する

1. メインキーワードを決める

まずはメインキーワードを選ぶところから。

アフィリエイトで稼ぎたいなら、売りたい商材に関連するキーワードを選べると良いですね。

弱小ブログが狙うなら、キーワードプランナーで探したときに、

  • 月間ボリュームが「1000〜1万」
  • 関連するキーワードが20個〜出てくる

こんなキーワードだと、早めに結果が出やすい傾向にありますよ。

例えば今回は「第二新卒 転職」を例に挙げて解説していこうと思います。

キーワード選定の実例

競合がめっちゃ多いので実際にこのキーワードを狙うなら気合いが必要ですが、あくまで例として説明していきますね。

たくろー
たくろー
余談ですが、メインキーワードを「広い市場の中の一部」のようなキーワードにしておけば、後々広げやすいのでおすすめです。 

まずは「第二新卒 転職」を狙っていき、ブログが成長してきたらメインキーワードを「第二新卒」とか「転職」とかに設定し直して、もっとキーワードを広げていくイメージですね。

2. 周辺キーワードを洗い出す

メインキーワードを「第二新卒 転職」に決めましたので、それに関連するキーワードを洗い出していきます。

まずはラッコキーワードを使って、メインキーワードを検索してみましょう。

キーワード選定の実例

今回の場合は、サジェストキーワードが394もヒットしました。

全キーワードをコピーして、エクセルやgoogleスプレッドシート、あるいはマインドマップツールに貼り付けて整理していくと便利です。

例えばエクセルやスプレッドシートを使うなら、下記のように。

キーワード選定の実例

「メインキーワード・キーワード・分類」を書けるような表にしておくと、このあとキーワードを整理していきやすくなります。

たくろー
たくろー
その右側に「実際に書いた記事のURL」を整理していったり、あるいは「書いた日「リライトした日」などをメモしていくと、一元管理できて便利ですよ

プロが本格的にキーワード選定するなら、ちょっと違う言い回しのキーワードも拾ったり、関連する全く別のキーワードも拾っていったりしますが、まずはそこまでやらなくてOKです。

どうせあとで広げたくなりますし、まずはささっと整理して書いていった方が、ブログの評価もモチベーションも上がりますよ。

まずはあくまでサジェストキーワードだけを攻めていきましょう。

たくろー
たくろー
しかしアフィリエイト目的なら、売りたい商品の「商標キーワード」だけは別で洗い出してください。
  • 「(商標) 評判」
  • 「(商標) 体験談」
  • 「(商標) 感想」

とかが商標キーワードのセオリーですね。

転職界隈の商標キーワードなら「リクルートエージェント」とか「doda」とかになるかなと思います。

3. 実際に書くキーワードを整理する

次にキーワードを整理していきます。

どのように整理するかというと「悩みやニーズが被っているキーワードは一つにまとめる」というイメージですね。

例えばですが、

  • 「第二新卒 転職 やり方」
  • 「第二新卒 転職 流れ」
  • 「第二新卒 転職 方法」

上記3つのキーワードは結局のところ「転職活動のやり方が知りたい」というニーズでまとまりますので、1つの記事で説明できます。

たくろー
たくろー
こんなイメージで整理していき、残ったキーワードが「ブログで書くべきキーワード」ということですね。

「いくつくらいのキーワードになると良いの?」という疑問が出てくるかと思いますが、それはキーワードによって全くランダムです。

20記事くらいで網羅できることもあれば、100記事になることもありますので、あくまで数ではなく「そのジャンルで悩みを抱える人にとって必要な情報を網羅する」という視点で書いていきましょう。

そして残ったキーワードを最終的に「集客」「比較」「商標」の3つのキーワードに分類していきます。

キーワード選定の実例

例えば、

集客キーワード

  • 「第二新卒 転職 失敗」
  • 「第二新卒 転職 扱い」
  • 「第二新卒 転職 一年未満」

比較キーワード

  • 「第二新卒 転職エージェント おすすめ」
  • 「第二新卒 転職エージェント エンジニア」
  • 「第二新卒 転職 関西」

商標キーワード

  • 「doda 評判」
  • 「リクナビNEXT 口コミ」
  • 「マイナビ 感想」

こんな感じで整理していって下さい。

スプレッドシートで整理するのがめんどくさいなーってときは、マインドマップを使うとスムーズです。

【参考】もっとプロっぽく選定するには?

今回はあくまで弱小ブログがスムーズに走り出せるように「簡単でわかりやすいキーワード選定のやり方」を解説しました。

「もっと戦略的にアフィリエイトブログを設計していきたい!」という方は「アフィリエイト商材の選び方」「ペルソナ設定」「カスタマージャーニーの作り方」などもマスターしておくと最高です。

下記のnoteで解説していますので、ご興味あれば合わせてご覧ください。

弱小ブログが勝ち残るキーワード選定のコツ

弱小ブログが勝ち残るキーワード選定のコツ

次に、弱小ブログが勝ち残っていくためのキーワード選定のコツを解説していきます。

ここで焦点になるのが、個人ブログのメリットである「身軽さ」ですね。

書く順番も自分の好きなようにできますし、傾向に応じて身軽に方向転換していけます。

別に決めたキーワード以外を書いていったっていいし、好きなようにやれるのが個人ブログの魅力ですね。

たくろー
たくろー
これが企業メディアだと、仕事で運営する以上ガチガチに戦略を立てて、目標数値やチームのスケジュールを引き直して……とやっていく必要があって、どうしても動きが遅くなるんですよね。

個人ブログだからこそ、身軽に、ゲリラ的に攻めていきましょう。

できるだけニッチなキーワードから書いていく

弱小ブログなら、できるだけ「悩みがピンポイント」なキーワードから書いていきましょう。

例えば「第二新卒 面接 服装 女性」みたいなめちゃくちゃピンポイントなキーワードですね。

たくろー
たくろー
こんなのを、いわゆる「ニッチ」なキーワードと言います。

もちろんアクセス数は少ないのですが、悩みがニッチになるほどライバルも少なく、早く上位表示されやすいのがメリットです。

ブログをはじめたての段階では「とにかく記事が評価されにくい」ので、せめて弱いキーワードから狙っていくと早く結果が出て良いですよ。

実体験を語れるキーワードから書いていく

個人ブログで記事を書くうえでの強みは「実体験」を好きなだけ語れることです。

それがもろにブログのオリジナリティにもなりますし、面白いエピソードや壮絶なエピソードがあればファン作りにも繋がりますので、実体験は積極的に盛り込んでいきましょう。

たくろー
たくろー
企業メディアだとブランディングにも関わりますので、やっぱり書けることと書けないことを線引きする必要がありますが、個人ブログならやりたい放題できます。

そう考えたときに、自分が実体験を語りやすいキーワードから順番に書いていくのは良い手段ですね。

ぜひ実体験を交えつつ質の高い記事を書いていきましょう。

計画にこだわらず、評価されたキーワードの周辺を伸ばしていく

キーワード選定は、1回やって終わりじゃありません。

キーワードを選定してから実際に記事を書いていくうちに「あ、このタイプのキーワードは評価されやすいな」みたいな傾向が出てきます。

そんな傾向が見えてくれば、思い切って舵を切っていくのもアリです。

例えば自分に看護師の経験があるなら、自然と「第二新卒 転職 看護師」とか「転職エージェント 看護師 おすすめ」などの「看護師」系のキーワードの評価がつきやすくなってくるかもしれません。

(知らない職よりも質の良い記事が書けるはずですので)

そうなれば無理に「第二新卒 転職」にこだわらず「看護師 転職」方面を伸ばしていくとか、方向転換も考えつつ定期的にキーワードを選定しながら運営してみて下さい。

たくろー
たくろー
こんな風に好きなように身軽に運営していけるのが個人ブログのメリットですので、思ったように運営していきましょう。

キーワード選定に便利なツール

キーワード選定に便利なツール

最後に、キーワード選定に便利なツールをご紹介しておきます。

やっぱり有料ツールの方が便利なものが多いので、予算があるなら導入しておいた方が結果的に効率よくなりますよ。

【無料】ラッコキーワード

ラッコキーワードは、完全に無料で使えるキーワードツールです。

検索すれば、そのキーワードに関連するサジェストワードをずらっと表示してくれますので、かなり有益ですね。

ゲストだと1日20キーワードまでという制限がかかりますが、無料登録するだけで制限がなくなりますので、ぜひ登録しておきましょう。

ラッコキーワードに無料登録しておく

【無料】おむすびキーワード

おむすびキーワードも、完全無料で使えるキーワードツールです。

キーワードを入れるとそれをマインドマップのような形で表示してくれる面白いツールですね。

完璧ではありませんが、キーワードのジャンル分けに困ったら参考にしてみてください。

おむすびキーワードを使ってみる

【無料】キーワードプランナー

キーワードプランナーは、Google広告の一部の機能として無料開放されているキーワードツールです。

ある程度の月間検索ボリュームまで見れますので、メインキーワードを選ぶのに役立ちますね。

ぜひ使ってみて下さい。

キーワードプランナーを使ってみる

【有料】Keyword Tool

Keyword Toolは、キーワードプランナーとラッコキーワードの良いところを合体させたような有料キーワードツールです。

とあるキーワードで検索すると、そのキーワードとサジェストキーワードが検索ボリュームとともに一覧で表示されますので、キーワード選定がめちゃくちゃ楽になります。

まずは無料版で使えますので、試してみてください。

Keword Toolを使ってみる

【有料】ランクトラッカー

ランクトラッカーは検索順位チェックツールですが、キーワードツールとしての機能も持ち合わせています。

キーワード選定をしてブログを書いていく以上、それらのキーワードの検索順位もチェックしていきたいところですので、一石二鳥ですね。

ランクトラッカーならキーワード選定から順位チェックまでワンストップで管理できますので、一つのツールで一元管理していきたい方はぜひ導入してみて下さい。

ランクトラッカーを使ってみる

【レビュー】ランクトラッカーが最強である5つの理由。GRCとGyro-nと比較
【レビュー】ランクトラッカーが最強である5つの理由。GRCとGyro-nと比較どうも、たくろーです。 今回は、個人ブログ運営には最強の検索順位チェックツールであるRank Tracker(ランクトラッカー)を...

【有料】ahrefs

ahrefsは、特定のウェブサイトのデータをチェックできるツールです。

ライバルサイトのデータを調べて、そのサイトが上位を獲得しているキーワードを知れたりと、ブログ運営に慣れてきたら導入したいツールですね。

7日間7ドルでお試しもできますので、ぜひ使ってみてください。

ahrefsを使ってみる

キーワード選定はブログ運営の生命線である

キーワード選定は、ブログ運営にとってめちゃくちゃ大切なことです。

キーワードを4つに分類して整理し、ぜひ効率よくブログのアクセスを伸ばしていきましょう。

実際に記事を書いていくときは下記の記事も参考にしつつ、どんどん質の高い記事を書いていってくださいね。

【プロが教える】webライティングとは?初心者の基礎学習の始め方どうも、たくろーです。 と、webの道へ一歩踏み出そうとしているあなたへ、今回はwebで文章を書く基礎知識を徹底ガイドして...
初心者でもわかるSEOライティング。検索1位を目指す書き方とは?
初心者でもわかるSEOライティング。検索1位を目指す書き方とは?どうも、たくろーです。 「ブログ記事の検索順位を上げたいけど、SEOライティングって具体的にどうすればいいんだろう?」 「ど...
ABOUT ME
たくろー(WEBライター)
ブログ飯を達成しましたが、好きでサラリーマンをしています。 家ではブロガーをしつつ、企業オウンドメディアの編集長やwebライティング講師として活動。以前はブラックなアパレル企業で「人事」や「エリアマネージャー」を経験。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンスです。下記URLより詳しいプロフィールもご覧ください。
30秒でOK!退職代行診断チャート

30秒診断

あなたにピッタリな退職代行は?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの状況に合った退職代行がわかります。

Q3:有給は使いたいですか?

Q3:パワハラやセクハラを受けていますか?

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合の退職代行。24時間365日対応で、有給も全て使って即日退職できます。
25,000円ポッキリ相場以下の価格で、安心して辞められますよ。

\CHECK NOW/

まずは無料で、24時間対応のLINE相談から
公式サイトから無料相談する退職代行SARABA公式サイトにジャンプします

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
評判ヤバい!退職代行SARABA(サラバ)の口コミ体験談を徹底調査どうも、たくろーです。 今回は退職代行SARABA(サラバ)を使った人の口コミや体験談を調査してわかった評判をお伝えしていきます。...

もう一度診断する

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合の退職代行。会社と交渉する法的な権利があるので、安心して即日退職できます。
25,000円ポッキリと相場以下の価格で、安心して辞められますよ。

\CHECK NOW/

まずは無料で、24時間対応のLINE相談から
公式サイトから無料相談する退職代行SARABA公式サイトにジャンプします

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
評判ヤバい!退職代行SARABA(サラバ)の口コミ体験談を徹底調査どうも、たくろーです。 今回は退職代行SARABA(サラバ)を使った人の口コミや体験談を調査してわかった評判をお伝えしていきます。...

もう一度診断する

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合の退職代行。有給も全て使って即日退職できます。
実はパワハラやセクハラなどの具体的な被害が無い場合は、弁護士に頼んでも賠償請求は難しいかもしれません。
そんな会社に時間を割くくらいなら、弁護士よりリーズナブルな「労働組合」のサービスでスッキリ辞めましょう。
25,000円ポッキリと相場以下の価格で、安心して辞められますよ。

\CHECK NOW/

まずは無料で、24時間対応のLINE相談から
公式サイトから無料相談する退職代行SARABA公式サイトにジャンプします

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
評判ヤバい!退職代行SARABA(サラバ)の口コミ体験談を徹底調査どうも、たくろーです。 今回は退職代行SARABA(サラバ)を使った人の口コミや体験談を調査してわかった評判をお伝えしていきます。...

もう一度診断する

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

「弁護士法人みやび」です。

弁護士法人みやびは、その名の通り弁護士の退職代行。有給が全部使えるように交渉してもらえて、とにかく安心して辞められます。
料金は50,000円ポッキリと労働組合のサービスより高くはなりますが、その分「弁護士」というネームでトラブルのリスクなく辞められるでしょう。

お金よりも「安心」を取りたいあなたは、弁護士法人みやびで決まりです。

\CHECK NOW/

まずはLINEで無料相談から
さっそく無料相談する弁護士法人みやび公式サイトにジャンプします

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス
騙されるな!弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗な退職代行どうも、たくろーです。 今回は退職代行サービスを展開している「弁護士法人みやび」の評判や実績を調査しました。 結論として、と...

もう一度診断する

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

「弁護士法人みやび」です。

弁護士法人みやびは、その名の通り弁護士の退職代行。有給だって全て消化できるのはもちろん、損害賠償請求までお願いできます。
退職代行自体の料金は50,000円ポッキリ。それに加えて賠償請求は「成果の20%」の成果報酬でお願いできるシステム。

損害賠償請求までお願いしたいあなたは、弁護士法人みやびで決まりです。

\CHECK NOW/

まずはLINEで無料相談から
さっそく無料相談する弁護士法人みやび公式サイトにジャンプします

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス
騙されるな!弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗な退職代行どうも、たくろーです。 今回は退職代行サービスを展開している「弁護士法人みやび」の評判や実績を調査しました。 結論として、と...

もう一度診断する

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

「退職代行J-NEXT」です。

J-NEXTは普通の会社が運営する退職代行なので、有休消化などはお願いできません。
とにかく20,000円ポッキリという料金が魅力で、退職代行業界の中でもトップクラスの格安サービスです。

安心よりも「料金」を取りたいあなたは、退職代行J-NEXTに相談してみて下さい。

\CHECK NOW/

J-NEXTならとにかく安く辞められる
さっそく無料相談する

退職代行J-NEXTの口コミ・評判。20,000円ポッキリで即日退職!退職代行J-NEXTは、退職代行業界最安水準の20,000円ポッキリの価格がウリ。さらに、同価格帯のサービスと比べると圧倒的にサポートが...

もう一度診断する

【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP10!選び方や基礎知識も解説
【10月最新】退職代行おすすめ人気ランキングTOP9!リアルな実績でランク付け退職代行を使われたことがある元人事が、退職代行をランク付けしました。安心して有給消化までお願いできる法的権利のあるサービスを中心に、状況別の選び方やおすすめサービスも解説しています。...
【保存版】後払いできる退職代行おすすめ6つを比較。種類や利用手順まで解説!
【保存版】後払いできる退職代行おすすめ6つを比較。種類や利用手順まで解説!どうも、たくろーです。 今回は「後払いのできるおすすめの退職代行サービス」をご紹介します。 こんな方向けのサービスが...