上手な働き方の話

総合職と一般職と専門職と技術職の違いとは?中小ベンチャーの視点で考えてみた。

どうも、たくろーです。

求人票を見ていると「総合職」やら「一般職」やら、いろいろな種類の表題がついてますよね。

「これって一体なんなの?」というのが、実はこれまでずっと腑に落ちていなかったのですが、何度か職種や業種を変えてやっとわかりました。

僕は大手企業では末端の契約社員としてしかキャリアがありませんので、主に中小企業・ベンチャー企業の視点になりますが、わかりやすくシェアできればと思います。

総合職と一般職と専門職と技術職の違い

総合職と一般職と専門職と技術職の違い

まずはざっと「総合職・一般職・専門職・技術職」の違いを整理します。

これらの違いは、実は労働者目線で考えるとわかりにくいんですよね。雇用する会社側の視点で考えると、求められることがクリアになります。

だいたい上記のような感じだと思っておくと良いかなと思います。

それぞれの仕事ジャンルによって、会社側が求めることが違うのですが、求人票ではどうにもわかりにくい書き方になりがちですね。

(「誰でもできる仕事をやる、安く長く働ける奴が欲しい」なんてはっきり書いたら、ちょっとイメージ悪いので)

あくまで僕の捉え方ではありますが、上述したようなイメージで考えておくと良いかなと思います。

総合職と一般職と専門職と技術職の仕事例と働き方

総合職と一般職と専門職と技術職の仕事例と働き方

ではそれぞれの「職」には、具体的にどんな仕事があり、どんな働き方をするのか。

ここではわかりやすくIT分野の中小・ベンチャー企業視点でまとめました。

総合職の仕事例と働き方

総合職といえば「営業も事務もマネジメントもなんでもやる」みたいな働き方になります。

IT分野だと「ディレクター」が総合職のような働き方になりますね。

部署を跨いでエンジニアやデザイナー、ライターなどの仕事を総合的にまとめつつ、必要なら社外のプロとも連携を取りつつ、コンテンツを作り上げる仕事です。雑用もやります。

「それは私の仕事ではありません」という言葉は、総合職の辞書には存在しません。

「細かいことを言わず、とりあえずゴールに向かうためになんでもやる奴」みたいな働き方が「総合職」だと言えます。

大手企業なら新卒採用されますが、中小ベンチャーだと「もともと何かの専門分野を持っていて、マネジメントもできそうな人」が採用されやすいかもしれません。

一般職の仕事例と働き方

一般職は、慣れれば誰でもできる仕事を一手に引き受ける仕事になります。

例えば営業がとってきた契約の見積書を作る、小口現金の管理をする、といった「専門性のない雑多な仕事」を任せられるイメージです。

「もともと決められていることを、決められたようにやる」ことを求められる仕事ですね。

大手企業では一般職もたくさん採用されますが、IT分野の中小企業では、あまり採用されない職かもしれません。専門職や総合職を担う誰かが兼任することがほとんどです。

専門職の仕事例と働き方

専門職は、スキルを要する専門的な仕事を任せられる職です。

世間一般では、まず「士業」と呼ばれる「税理士」「会計士」などが専門職にあたります。

IT分野では、特定の技術やセンスを要するデザイナーやライター、データアナリストなどが、それぞれ専門職として採用されています。

自分の仕事の専門分野を理解するのはもちろんですが、例えばウェブデザイナーが制作したサイトデザインは、デザインして終わりではありません。その後エンジニアがコーディングして、ライターやディレクターが運用することになりますから、ある程度他の分野の仕事を理解しておくことも大切です。

よって自分の専門分野にプラスして、それに関わる仕事の全体像まで気に掛けられるような人材が重宝されます。

技術職の仕事例と働き方

技術職は、専門の技術を要する仕事を任せられる職です。

世間一般でわかりやすいところで言えば、電柱に登って電気工事をする仕事、手作りで製品を作る仕事、家を建てる土木関連の仕事など。

IT分野でいえば、エンジニアが技術職に該当します。昔はよく「IT土木」なんて言葉で揶揄された通り、技術職としての側面が強い仕事ですね。

技術職は直接的に製品やサービスを作ることに関わるため、技術さえあれば儲けやすい仕事です。その分自分の仕事に責任とこだわりを持てる人でなければ、務まらないかもしれません。

総合職と一般職と専門職と技術職の目指し方

総合職と一般職と専門職と技術職の目指し方

それでは各職を目指すにはどうすれば良いのか。

中途で中小・ベンチャーの企業で働くことを考えてまとめました。

総合職の目指し方

総合職を目指すのは、なかなかこれといった攻略法がないのが難点です。

  • 「総合職募集」の仕事に応募する
  • 一般職や専門職として入社してステップアップする

上記のようなフローになりますが、会社によって「総合職」に対する考え方は様々ですので、一概に言えません。基本的には、自分のキャリアに合った求人募集に対して応募するのが一番の近道です。

webディレクターになるには?仕事内容や必要なスキルを実体験から解説!どうも、たくろーです。 今回は「webディレクターって何する人なの?」ということを、とにかくわかりやすさを重視して網羅的にお話しま...

一般職の目指し方

一般職は待遇さえ選ばなければ、最も簡単にチャレンジできる職です。いわゆる「一般事務」として募集されている仕事ですね。

ただ難しいのが、やはり経験のある人が優先されることです。「経験がなくて一般職になかなか受からない」と詰んでいる状況の方は、派遣からなら割と簡単に入れておすすめです。

【必見】アパレルから事務に転職する方法。志望動機サンプルも掲載!店頭で煮え切らない日々を送ってる人必見。この記事を読めば、アパレルから事務に転職する具体的な方法がわかります。志望動機例も掲載してますので、チェックしてみて下さい。...

専門職の目指し方

専門職を目指すには、その仕事に必要な資格を取るか、具体的な実績を身につける必要があります。

例えばIT分野でデザイナーを目指す場合。実際にデザインを作ってWebサイトにポートフォリオとして掲載したり、作ったデザインを販売したり、副業フリーランスとして仕事を受注して納品したりして実績を作ります。

その実績をもとに仕事を探すのが、専門職を目指す一番の近道ですね。ライターなども同様です。

未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説
未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説どうも、たくろーです。 今回は「未経験から”食っていけるwebライター”になる方法」というテーマでお話します。 ...

技術職の目指し方

技術職を目指すには、基本的には資格を取ったり学校に行ったり、分野によっては「弟子入りする」なんて方法もあります。

例えば技術職のエンジニアを目指す場合。

大きい仕事をしたいなら、理系の大学にいって新卒でエンジニアとして大手に就職するのがベターです。一方で中途の場合は、プログラミングスクールに通って仕事探しまで面倒を見てもらうのが最も近道と言えます。

基本的には学校で技術を学び、それを活かせる仕事に応募すると良いでしょう。

まとめ

仕事には色々な種類があります。

実際に長く働いてみないと、「結局仕事ってなんなの?」はなかなかわからないと思いますが、ぜひ自分なりに仕事と向き合ってみてください。

自分に合った仕事を探して、良い働き方をしていきましょう!

【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくないなら、好きな事を仕事にしよう
【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくない人も、自分に向いてる仕事ならできるこの記事を読めば「そもそも働きたくない…仕事したくない…」という人でも、自分に向いてる仕事を探してストレスフリーに働いていく方法がわかり...
ABOUT ME
たくろー(WEBライター)
ブログ飯を達成しましたが、好きでサラリーマンをしています。 家ではブロガーをしつつ、企業オウンドメディアの編集長やwebライティング講師として活動。以前はブラックなアパレル企業で「人事」や「エリアマネージャー」を経験。「一つの会社とか収入源に依存しない働き方がいいよね」というスタンスです。下記URLより詳しいプロフィールもご覧ください。
30秒でOK!退職代行診断チャート

30秒診断

あなたにピッタリな退職代行は?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの状況に合った退職代行がわかります。

Q3:有給は使いたいですか?

Q3:パワハラやセクハラを受けていますか?

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合の退職代行。24時間365日対応で、有給も全て使って即日退職できます。
25,000円ポッキリ相場以下の価格で、安心して辞められますよ。

\CHECK NOW/

まずは無料で、24時間対応のLINE相談から
公式サイトから無料相談する退職代行SARABA公式サイトにジャンプします

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
評判ヤバい!退職代行SARABA(サラバ)の口コミ体験談を徹底調査どうも、たくろーです。 今回は合同労働組合の「退職代行さらばユニオン」が運営する「退職代行SARABA(サラバ)」を使った人の口コ...

もう一度診断する

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合の退職代行。会社と交渉する法的な権利があるので、安心して即日退職できます。
25,000円ポッキリと相場以下の価格で、安心して辞められますよ。

\CHECK NOW/

まずは無料で、24時間対応のLINE相談から
公式サイトから無料相談する退職代行SARABA公式サイトにジャンプします

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
評判ヤバい!退職代行SARABA(サラバ)の口コミ体験談を徹底調査どうも、たくろーです。 今回は合同労働組合の「退職代行さらばユニオン」が運営する「退職代行SARABA(サラバ)」を使った人の口コ...

もう一度診断する

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABA(サラバ)は、労働組合の退職代行。有給も全て使って即日退職できます。
実はパワハラやセクハラなどの具体的な被害が無い場合は、弁護士に頼んでも賠償請求は難しいかもしれません。
そんな会社に時間を割くくらいなら、弁護士よりリーズナブルな「労働組合」のサービスでスッキリ辞めましょう。
25,000円ポッキリと相場以下の価格で、安心して辞められますよ。

\CHECK NOW/

まずは無料で、24時間対応のLINE相談から
公式サイトから無料相談する退職代行SARABA公式サイトにジャンプします

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
評判ヤバい!退職代行SARABA(サラバ)の口コミ体験談を徹底調査どうも、たくろーです。 今回は合同労働組合の「退職代行さらばユニオン」が運営する「退職代行SARABA(サラバ)」を使った人の口コ...

もう一度診断する

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

「弁護士法人みやび」です。

弁護士法人みやびは、その名の通り弁護士の退職代行。有給が全部使えるように交渉してもらえて、とにかく安心して辞められます。
料金は50,000円ポッキリと労働組合のサービスより高くはなりますが、その分「弁護士」というネームでトラブルのリスクなく辞められるでしょう。

お金よりも「安心」を取りたいあなたは、弁護士法人みやびで決まりです。

\CHECK NOW/

まずはLINEで無料相談から
さっそく無料相談する弁護士法人みやび公式サイトにジャンプします

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス
【評判ヤバい】弁護士法人みやびの口コミ調査。体験談や利用の流れを解説どうも、たくろーです。 今回は退職代行サービスを展開している「弁護士法人みやび」の評判や実績を調査しました。 結論として、と...

もう一度診断する

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

「弁護士法人みやび」です。

弁護士法人みやびは、その名の通り弁護士の退職代行。有給だって全て消化できるのはもちろん、損害賠償請求までお願いできます。
退職代行自体の料金は50,000円ポッキリ。それに加えて賠償請求は「成果の20%」の成果報酬でお願いできるシステム。

損害賠償請求までお願いしたいあなたは、弁護士法人みやびで決まりです。

\CHECK NOW/

まずはLINEで無料相談から
さっそく無料相談する弁護士法人みやび公式サイトにジャンプします

弁護士法人みやびの口コミ・評判を調査。料金が明朗で使いやすいサービス
【評判ヤバい】弁護士法人みやびの口コミ調査。体験談や利用の流れを解説どうも、たくろーです。 今回は退職代行サービスを展開している「弁護士法人みやび」の評判や実績を調査しました。 結論として、と...

もう一度診断する

診断結果

あなたにおすすめの退職代行は

「退職代行J-NEXT」です。

J-NEXTは普通の会社が運営する退職代行なので、有休消化などはお願いできません。
とにかく20,000円ポッキリという料金が魅力で、退職代行業界の中でもトップクラスの格安サービスです。

安心よりも「料金」を取りたいあなたは、退職代行J-NEXTに相談してみて下さい。

\CHECK NOW/

J-NEXTならとにかく安く辞められる
さっそく無料相談する

退職代行J-NEXTの口コミ・評判。20,000円ポッキリで即日退職!退職代行J-NEXTは、退職代行業界最安水準の20,000円ポッキリの価格がウリ。さらに、同価格帯のサービスと比べると圧倒的にサポートが...

もう一度診断する

【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP10!選び方や基礎知識も解説
【5月最新】退職代行おすすめ人気ランキングTOP10!リアルな実績でランク付け退職代行を使われたことがある元人事が、退職代行をランク付けしました。安心して有給消化までお願いできる法的権利のあるサービスを中心に、状況別の選び方やおすすめサービスも解説しています。...
【保存版】後払いできる退職代行おすすめ6つを比較。種類や利用手順まで解説!
【2022最新】後払いできる退職代行おすすめ6つを徹底比較どうも、たくろーです。 今回は「後払いのできるおすすめの退職代行サービス」をご紹介します。 こんな方向けのサービスが...