うまく働くコツを知りたい

「もう働きたくない」と思った僕たちの理想の歩き方。世代別で考えよう

どうも、たくろーです。

社畜のような生活をしてきて「もう働きたくない……」と絶望しているあなたへ、今回は「働きたくない僕たちの理想の歩き方」というテーマでお話ししたいと思います。

実はですね、僕も過去8年ほどブラックなアパレル企業で社畜をしていました。

アパレルは2社経験したのですが、特にしんどかったのは2社目でエリアマネージャーという仕事をしていたときです。

あの頃は月の休みが7日で、その7日すら休日出勤で潰れるような生活でした。

オープンミスを防ぐために休日でも旅行中でも毎朝8:00頃に数店舗の「出勤確認LINE」をチェックし、何か深刻なトラブルがあれば店に行って、クレームがあれば対応するような毎日です。

タイムカードなんて存在しないし、1日の勤務時間はまともに決まっていません。

そうでなくとも社用携帯は毎日鳴り、仕事終わりにも平気で仕事の電話が掛かってきます。休みの日は出かける気力も無くなってきて「何もしたくない」状態になった時期もありました。

たくろー
たくろー
割と異常な環境でも、その中にいると「やらなきゃ」って思っちゃうんですよね。洗脳状態です。

あなたもきっと、そんな働き方をして「もう働きたくないし、何もしたくない」と思ってるんじゃないでしょうか?

僕は「さすがにこのままだと生きてる意味ないな」と思って、自分の理想の未来が描けそうなwebマーケティング業界に転職しました

今は会社員フリーランスの二足のワラジで働いていますが、忙しくてもあの頃よりも精神的に100倍余裕があります

そんな経験も踏まえつつ、今回は僕たちにとっての理想の歩き方を考えてみました。

もう働きたくないなら、違う道を探すのが良い

もう働きたくないなら、違う道を探すのが良い

僕の経験上「もう働きたくない」と思ってしまったら、その仕事をずっと続けても効率悪いだけです。

というのも「仕事のモチベーションを上げる」なんて本質的に意味ないからですね。

その仕事に夢中なら勝手にモチベーション上がりますし、そうじゃなければどれだけ啓発したって無理です。

夢中になれる仕事や環境なら「もう働きたくない」なんて思いませんので、別の環境を探すのが最適解ですね。

「もう働きたくない」と思う理由は、面白くないから

ちなみに僕たちが「もう働きたくない」と思う理由は、その仕事が「面白くないから」です。

そんなことはわかりきっていますので、もはや考察する必要すらありません。

じゃあなんで面白くないの?と考えると、やっぱり「自分の求める仕事像」今の状況乖離があるからですよね。

今の状況が望んだものなら、楽しいはずですから。

例えば僕がアパレル業界で社畜をしていた頃に感じていたのは、

  • 休みが少ない
  • 拘束時間が長い
  • 給料も低い
  • シフトワークで休みすら不規則
  • 出世しても責任だけが増えていく

こんな、よくある「面白くなさ」でした。

そう考えると、自分にとって面白い生き方をしていけるのが、僕たちにとってもっとも幸せな選択肢なんじゃないかなと思います。

対策は世代別で考えておいた方が良い

じゃあどうすれば面白い生き方をしていけるんだろう?と対策を考えたときに、その選択肢は「世代別」で見ていく必要があるように思いました。

僕たちが「もう働きたくない」と悩むのは「働かなくちゃいけないから」です。

極論で言えば60歳で「働きたくない」と思ったなら、定年も近い年齢です。あと数年だけ凌げば、例えば年金で生活するという選択肢も出てくるでしょう。

でも僕たちはそうじゃないですよね。

20代、30代「もう働きたくない」と思ったとき。あるいはこの先40代をすぎて「もう働きたくない」と思ってしまったときに、どうすれば良いのか。

世代ごとに、僕たちにとっての理想の歩き方があるはずです。

世代別「もう働きたくない」と思ったときの理想の歩き方

世代別「もう働きたくない」と思ったときの理想の歩き方それでは「もう働きたくない」と思ったときの理想の歩き方を、世代別で考えていきましょう。

ちなみに僕は20代中盤で初めてアパレル企業に就職して、20代後半で2社目のアパレル企業に転職しています。

さらに30代中盤で、webマーケティング業界に転職しました。

やっぱりどのタイミングでも「こんな会社でもう働きたくない」と思って転職したのですが、そう思ったきっかけも思い返しながら、実体験を元にお伝えしていければと思います。

20代で「もう働きたくない」と思ったら、もう一社やってみても良いかも

20代で「もう働きたくない」と思うのは、当たり前っちゃ当たり前だと思うんですよね。

これまで学生やってたのに社会に放り出されて、何がなんやらわからずに働き始めたら……そりゃ誰でも疲れますよ。

でも、もしかしたらその会社がおかしいだけかもしれませんので、同じジャンルの別企業に転職してみるのは良いかもしれません。

2社目も同じだったら、もうその業界は自分にあってないって判断できますよね。

僕はアパレル企業を2社経験しているのですが、ぶっちゃけ両方ブラックでしたし、面白くありませんでした。

たくろー
たくろー
もちろん合ってる人もいると思いますが、少なくとも僕には合わなかったということですね。

この記事の冒頭でお伝えした社畜エピソードは2社目のものですが、20代中盤の頃に働いていた1社目は「パワハラしてくるクソ上司」がいまして、

なんで俺こんなところで働いてるんだろう……でも働くっていうのは結局こんな風につらいものなんだろうな

と、社会というものが良くわかってなかったので「その会社の考え方=全て」になっちゃってたんですよね。

だから、同じ業種の2社目も確かめてみるのは良い経験になったなと思っています。

どちらにせよブラックでしたけどね。

30代で「もう働きたくない」と思ったら、チャレンジするのも良い

僕は20代後半で2社目のアパレル企業に転職して、30歳になる少し前からエリアマネージャーの仕事をしていました。

冒頭でもお伝えした、クソブラック環境の仕事ですね。

とりあえず頑張って働きはしましたが、その結果として「アパレル業界には自分は合ってない」とジャッジできました。

30代で「もう働きたくない」と思ったら、多分もうその業界は厳しいと思うんですよね。

社会で働くということはなんとなく理解してきている時期ですし、自分が仕事に何を求めて、何が嫌なのかもはっきりしてくるタイミングですので。

そんな中で「これなら一生できるかも」と思えた仕事や業界があるなら、チャレンジするのは良いのかなと思いました。

その結果として僕はwebマーケティング業界に転職したわけですが、少なくとも今のところは最高に自分に合っていて、天職だなと感じています

未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説どうも、たくろーです。 こんな風に悩んでいる方へ、未経験からwebライターに転職して、今では企業オウンドメディアの...

だから30代で「もう働きたくない」と思ったら、チャンスです。

反対に「やりたいこと」もある程度はっきりしているはずですから、それを満たせる仕事を探していきましょう。

人と関わりたくないし働きたくない。そんな人におすすめの転職先とは?どうも、たくろーです。 こんなあなたへ、できるだけ人との関わりが薄くてストレスフリーな「天職」を探すコツをお伝えし...

40代で「もう働きたくない」と思ったときに備えよう

僕はまだ40代を経験していないので、あくまで将来設計の話をしますね。

僕たちは、40代で「もう働きたくない」と思ったときのために「独立できるだけのスキルセット」を持っておくべきだと考えています。

40代にもなって「もう働きたくない」なんて思ったとしたら、そもそも会社勤めが合ってないと思うんですよね……。

40代から完全別業種にチャレンジするとなると流石に厳しいと思いますし、それまでに「自分の武器」は作っておくべきかなと思っています。

たくろー
たくろー
40代でブラックにいるような職歴なら、もうあんまりまともな会社には移れないと思いますし……。

会社勤めしてるわけでもない、自営業の謎のオジサンとかいますよね?いざというときに、あれになれるように準備しておきましょう。

そのために僕たちは、40代になるまでに「フリーランスとして生きていけるだけのスキルや人脈」を身につけておくべきです。

僕にとってはそれがwebマーケティングメディア運営webライティングでした。

今は会社員の収入とは別で、ブログ運営などで月に数十万円を稼げるようになりましたので、万が一いますぐ会社が倒産しても当面は問題ありません

あなたにとって、40代以降を生き抜く武器は何でしょうか?

それを考えつつ、これからの歩き方を考えるのも良いかもしれません。

ちなみにwebマーケティングに興味があれば、まずはブログから始めてみてください。

あなたがブログを始める12のメリット。「金銭・仕事・生活」に分けて解説
あなたがブログを始める12のメリット。「金銭・仕事・生活」に分けて解説どうも、たくろーです。 「ブログが良いって聞いたけど、結局どんなメリットがあるんだろう?実際に稼げるの?」 と一歩踏み出せな...

「もう働きたくない」と思ったら、一旦レールから外れるのも良い

僕は世間的なセオリーから外れている「30代で完全別業種への転職」をして、割と理想の歩き方ができています。

それもこれも、アパレル業界で「もうここでは働きたくない」と思ったからこそ、本気で自分のやるべきことを考えて、チャレンジできたんですよね。

だから僕たちは「もう働きたくない」と思ったらチャンスです。

これから先の自分を考えて、理想の歩き方ができるような仕事をしていきましょう。

【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくないなら、好きな事を仕事にしよう
【稼ぐ≠苦労】そもそも働きたくない人も、自分に向いてる仕事ならできるこの記事を読めば「そもそも働きたくない…仕事したくない…」という人でも、自分に向いてる仕事を探してストレスフリーに働いていく方法がわかり...
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
「ブロガー・Webライター」と「企業オウンドメディアの編集長(兼カメラマン)」の二足のワラジを履くパラレルワーカー。過去にアパレル業界のブラック企業でエリアマネージャーや人事として働いた社畜経験がある。北海道に移住。趣味は筋トレダイエット。妻とwebマーケティングが好き。SEO対策・webライティング・メディア運営が得意領域。
【今が転職チャンス】有効求人倍率が回復傾向

今、転職市場は狙い目です。

今求人募集している企業こそ、力の強い企業であることに違いありません。

チャンスを逃さないように、3ステップで転職のフローを確認していきましょう。

STEP1. 転職エージェントや転職サイトへの登録は済みましたか?

転職エージェントや転職サイトは、無料であなたの転職をサポートしてくれます。まずは2〜3社登録して、良きアドバイザーを得ましょう。

必ず登録すべき求人数の多い転職エージェント

※求人数は2021年4月10日の情報です。日々変動します。

年代別のおすすめ転職エージェントは下記の記事からチェックしておいて下さい。

20代におすすめの転職エージェントと賢い利用法。未経験・第二新卒もOKどうも、たくろーです。 僕は20代の頃に既卒ニートからアパレル業界に就職し、1年で別の企業に転職しています。30代では未経験からI...
30代におすすめの転職エージェントと賢い利用法。未経験・ニートにも対応どうも、たくろーです。 30代でアパレル業界からIT業界に未経験で転職しました。アパレル業界では人事として働いていた経験もあります...

STEP2. 次の仕事に就くために必要なスキルは身についていますか?

次の仕事を就くための「スキル」は十分でしょうか?

僕のおすすめはIT業界ですが、これはプライベートでもスキルを磨けます。例えば僕はブログの運営経験を軸に、未経験からwebマーケティング業界に転職しました。

その知識を、下記の記事でまとめています。

30代未経験のIT転職攻略ガイド。基礎学習→ポートフォリオ作成でOKどうも、たくろーです。 僕は30代中盤で、アパレル業界からIT業界(webマーケティング)に未経験で転職しました。 そんな経...
未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説どうも、たくろーです。 こんな風に悩んでいる方へ、未経験からwebライターに転職して、今では企業オウンドメディアの...
職務経歴書に書けるブログの作り方。書き方から転職方法まで完全ガイドどうも、たくろーです。 企業メディアで編集長をしています。元々アパレル業界にいましたが、ブログ運営経験を職務経歴書に書いてwebラ...

STEP3. 会社の辞め方には自信がありますか?

会社を辞めるには、一定のセオリーがあります。下記の記事でまとめていますので、チェックしておきましょう。

会社の辞め方完全ガイド。円満退社を目指せる「理由・伝え方・タイミング」
会社の辞め方完全ガイド。円満退社を目指せる「理由・伝え方・タイミング」どうも、たくろーです。 「会社を辞めたいと思うけど、何から手をつければ良いのかわからない……」 そんなあなたのために、円満退...

【補足】ブラック企業で消耗していませんか?

もしもあなたの会社がブラックで毎日消耗しているなら、まずは休み、正常なメンタルに戻すのが理想のキャリアへの近道になる場合もあります。

辞めさせてもらえない場合は、退職代行の利用も検討して下さい。

退職代行を使った社員はクズ?いや、会社が時代遅れだっていう話
【真理】退職代行はクズ?甘え?いや、会社が時代遅れだっていう話どうも、たくろーです。 退職代行について調査していたら「退職代行つかうやつ、まじでクズだろ…」みたいなツイートやまとめ記事が目に入...
退職代行おすすめ人気ランキング
【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP9!選び方や基礎知識も解説今回は「退職代行を使いたいけど、どこを選べばいいんだろう?」と困ったあなたへ、優良でおすすめな退職代行をランキング形式で、比較しながらご...