ブログ・サイト運営の話

【保存版】ブログ記事のタイトルを付ける7のルール。ブログ名についても解説

【保存版】ブログ記事のタイトルを付ける7のルール。ブログ名についても解説

この記事を読めば、今よりアクセスを増やすための「ブログのタイトル」のつけ方がわかります。

たくろー
たくろー
どうも。札幌のwebライター、たくろーです。

ブログ記事のタイトル、適当につけてませんよね?

たとえばこの記事だって「ブログのタイトルについて」みたいなシンプルすぎるタイトルだったら、興味が沸かなくて辿り着いてもらえなかったかもしれません。

読んでもらえればいいなーと思って【保存版】とか「7のルール」とか付けてみましたが、どうでしょう?

目に止まりましたか?

ってなわけで、今よりもっと読んでもらえるようになるブログ記事のタイトルに関するテクニックをお伝えしていきます。

お伝えするのは僕が働いている企業メディアでも採用されているようなルール。プロも採用するアイデアをそのままブログにもスライドさせて使っていきましょう。

さらに、後半では「ブログ自体のタイトル(ブログ名)」についても解説しています。

この記事が役に立つ人
  • ブログ記事のタイトルをつけるテクニックが知りたい人
  • ブログ自体のタイトル(ブログ名)をつけるテクニックが知りたい人
  • とにかくブログのアクセスを伸ばしたい人

ぜひご参考下さい。

ブログ記事のタイトルにこだわるべき理由は?

ブログ記事のタイトルにこだわるべき理由は?

まずは、なぜブログ記事のタイトルにこだわらなければならないのか?といった理由から。

これはシンプルに言えば「SEO対策」です。Googleなどの検索エンジンから記事を正しく認識してもらうための対策のことですね。

タイトルを最適化することで、検索エンジンに評価してもらい、読者の目につきやすくしたいと。そのうえでクリックしてもらいたいと。

つまり「もっと多くの人に見てもらいたいなら、タイトルにもこだわろうね」ということです。

上記の内容が良く分からない場合は、まずは基本の「webライティング」について解説した記事を読んで戻ってきてもらうとわかりやすいと思います。以下の記事をどうぞ。

webライティングとは?SEOにも効く、ブログ記事の正しい書き方この記事を読めば、「webライティング」をブログ運営に活かす”具体的な方法”がわかります。 webライティングの基本を理解...

ブログ記事のタイトルはSEO対策でとても重要。

SEO対策の基本フローは、まず検索エンジンに「わかりやすい記事だなー」と思ってもらえるコンテンツを作るところから始まります。

記事の内容とタイトルがシンクロしていて、より具体的でわかりやすいタイトルであるほど検索エンジン的には読みやすいと。

検索エンジンから「分かりやすい記事だ」と思ってもらえれば検索結果上位に表示されるので、そこでやっと検索してきた人の目に止まるようになるというわけですね。

そして検索してきた人が「このタイトルの記事なら、自分の知りたいことを教えてくれそうだ」と思えば、クリックしてもらえます。

たくろー
たくろー
ここでやっと記事を見てもらえる段階にきました。長い道のりです。

記事の内容によって、すぐに読むのをやめてしまわれることもあれば、めちゃくちゃ熟読されることもあるでしょう。記事内のボタンをクリックして、次のページにいってもらうこともあるかもしれません。

そんな読者の行動を検索エンジンが観察したうえで「その記事によって読者が満足できてる」と判断すれば、検索順位はさらに上がると。

タイトルがダメだと、検索エンジンにも読者にも読んでもらえない

つまり記事の内容がどれだけ良くても「タイトル」がダメだと検索上位に上がらないってことです。

そうなると誰の目にも止まらないので、webの中で悲しく沈んでいく記事になってしまうと。

たとえ検索エンジンのお眼鏡にかなって検索上位に上がったとしても、こんどは読者から見て魅力的なタイトルでなければクリックしてもらえないと。

たくろー
たくろー
世知辛い。

ブログ記事のタイトルって、思った以上にとても大事なんですね。

ブログ記事のタイトルを付ける7のルール

ブログ記事のタイトルを付ける7のルール

じゃあ具体的にはどんなタイトルをつければ良いの?って話です。

ここでは「7のルール」として、ブログ記事のタイトルの付け方をまとめました。

タイトルを付ける7のルール
  1. キーワードを含め、記事の中身を表現する
  2. 最初の24文字でメイントピックを伝える
  3. 長くても35文字までがベスト
  4. 人にも機械にも伝わる正しい日本語を使う
  5. 具体的であるほど良い
  6. 目を惹く装飾を考える
  7. つけて終わりにせず、定期的に見直す

基本的かつ大切なことばかりです。順番に見ていきましょう。

ちなみにタイトル付けには「記事のキーワード」が密接に関係してきます。「キーワードってなに?」という方は、先に以下の記事を読んで戻ってきてもらうとわかりやすいかもしれません。

絶対にブログでネタ切れしない方法。キーワードは読者のニーズにある!
【KWリスト有】絶対にブログでネタ切れしない方法。読者のニーズを探し出せ!この記事を読めば、もう二度とブログがネタ切れしません。読まれるキーワードを見つけるカンタンな方法がわかります。 ブログがネ...

1. キーワードを含め、記事の中身を表現する

もっとも大切かつ大前提のルールです。

ページのコンテンツについて正確に記述する
読みやすく、ページのコンテンツの主題が効果的に伝わるタイトルを選びます。

Google SEOスターターガイドより引用

Google社の「SEOスターターガイド」には上記の記述がありますが、具体的には「タイトルに必ず記事のキーワードを含めましょう」ってことですね。

さらにいえば、検索エンジンにも人にもわかるように、記事の中身をタイトルで表現しておく必要があります。検索エンジン文法を大切にしますので、主題と副題が理解できる文法を目指したいところ。

たくろー
たくろー
もし「ブログのタイトルまじ重要でヤバくて草」みたいなタイトルだったら、中身になにが書いてあるのかわかんないですよね。

この記事だと、

【保存版】ブログ記事のタイトルを付ける7のルール。ブログ名についても解説

ってタイトルにしています。

この記事は「ブログ タイトル」がキーワード。これならキーワードも入ってますし、中身に何が書いてあるのか一目でわかると思います。

  • 【保存版】の部分が目を引くための装飾
  • 「ブログ記事のタイトルを付ける7のルール」が主題
  • 「ブログ名についても解説」が副題

といったイメージです。

例えばこれが「ブログ記事やブログ名のタイトルを付ける保存版ルール7つ」だったら、ちょっと文章が複雑になりすぎてパっと見て理解しづらくなります。

端的でわかりやすい文章にするコツを学ぶ場合は、下記の2冊がオススメです。

基本的な文章術については、以下の記事もあわせてご覧ください。

読みにくい文章とは?例と改善法、読みやすい文章を書くコツを解説人は気づかぬうちに読みにくい文章を書いてしまうもの。毎日ブログを書いたり、仕事でライターさんの原稿を編集している僕も、気を抜けばいまだに...
句読点の使い方がおかしい文例と、読みやすい文章を書く10のルール「句読点の、使い方が、おかしい人が、良い文章を、書く方法を、解説します」この文章がマズいと思えた方は、ぜひ記事を読んで続きを学んでいって下さい。...

2. 最初の25文字でメイントピックを伝える

実は検索エンジンにブログ記事のタイトルが表示されるとき、最初の25文字前後しか見えないことがほとんどです。

例えば上記の画像は「【移住1年超】札幌移住の感想。注意点やメリット・デメリットを解説」というタイトルの記事が検索結果に並んだときの見え方です。

上記の検索結果だと最初の23文字だけが表示されていますが、だいたいこんなもんです。

もしもこれが「移住した感想や注意点、メリット・デメリットを解説!札幌移住とはいかに?」みたいなタイトルだったら、

「移住した感想や注意点、メリット・デメリットを解…」

までしか見えません。

そうなるとメイントピックの「札幌移住」の記事だということがわからないので、検索してきた人からすれば「なんだこの記事?」と思われてしまうと。

最初の25文字くらいで記事の内容がわかるようにして、さらにいえばキーワードは前半に持ってきておいた方が理解されやすくて良さそうですね。

3. 長くても35文字までがベスト

簡潔でわかりやすいタイトルを使用する

簡潔で有益なタイトルにします。タイトルが長すぎる場合や関連性が低いと見なされた場合、Google は検索結果にタイトルの一部のみや、自動的に生成されたタイトルを表示することがあります。

Google SEOスターターガイドより引用

前提として、ブログは1記事1テーマが基本です。

それを考えると、タイトルは1~2文でパっと理解できる文章にできるはずなんですよね。

逆に言えば、40文字も50文字も長々とタイトルをつけなければならないような記事は「1テーマのコンテンツとしてまとまってない」のかもしれません。

良い記事を書けば、タイトルは自然と1文35文字くらいにまとまるハズ、というわけです。

たくろー
たくろー
といいつつ、この記事のタイトルは36文字でハミ出してますが。

4. 固有のタイトルを付ける

各ページに固有のタイトルを付ける

サイトのページごとに固有のタイトルを付けるのが理想的です。そうすることで、サイト上の各ページの違いを Google が認識しやすくなります。サイトで別個のモバイルページを使用している場合は、モバイル版にも適切なタイトルを使用してください。

Google SEOスターターガイドより引用

同じブログの中でタイトルが被ってしまうと、検索エンジンが混乱します。

具体的には、被った記事同士で評価を分け合って、両方の検索順位が下がってしまうことも。

たとえば「札幌 移住」のキーワードの記事だと認識されるタイトルの記事がブログ内に2つあった場合。

このブログの「札幌 移住」キーワードへの評価が100点だったとして、1つの記事が50点、もう一つの記事が50点の評価になってしまい、結果的に60点の記事よりも検索順位が下がってしまう。

みたいなイメージです。

たくろー
たくろー
内部でどんな計算がされているのかはわかりませんので、ほんとに”イメージ”ですが。

1記事1テーマは大前提として、同じブログの中で同じテーマの記事があるのは基本的にマズいってことですね。

記事同士で評価を分け合って順位が上がりにくくなってしまいます。

5. 具体的であるほど良い

タイトルは「広告コピー」みたいなものです。

パッと見て興味をもってもらう必要があるので、わずか1文で「読んだ人にとって具体的にどんなメリットがあるのか?」がわかるように書けるとベストですね。

例えばですが、今回の記事では「7のルール」という言葉を入れました。

「タイトルを付ける方法」よりも「タイトルを付ける7のルール」の方が具体性があがるってわけですね。一番シンプルで効果的な方法は「数値」を入れることです。

たとえば「タイトルは30文字にしろ」だとさらに具体的になるかもしれませんが「7のルール」のほうがエモいと思って採用しました。

たくろー
たくろー
エモさも大切です。

数値をいれたタイトルといえば、例えば以下のような文章ですね。

「タイトル」とはズレますが、コピーライティングについては以下の本が超わかりやすくてオススメです。

6. 目を惹く装飾を考える

めちゃくちゃシンプルなことですが、タイトル冒頭に【】をいれるのは有効です。それと組み合わせて使いたいのが、パワーワードですね。

人の目を惹く言葉をいれることで、クリックされる確率が上がります。

例えば以下のような言葉。

「とはいえ使いすぎて下品になるのはちょっと…」って問題もありますので、あくまで記事のイメージに合うなかで、できるだけ強い言葉を使っていきましょう。

たくろー
たくろー
そうやって考えると、記事のタイトルはたくさん思いつきます。

例えばこの記事のほかのタイトル案なら。

【7のルール】ブログ記事のタイトル付けで失敗しない方法

【最新】もっと稼げるブログタイトルの付け方7か条

などなど。いろいろ組み合わせて、記事の内容ターゲット読者にマッチするタイトルを考えたいですね。

7. つけて終わりにせず、定期的にメンテする

これがもっとも重要かもしれません。

記事の内容ももちろんですが、タイトルに関しても定期的に見直す事が必要です。

目安としては、記事を公開してから1か月後。

  • 狙ったキーワードで評価されて検索順位がついているか
  • 狙ったキーワードで実際に検索されているか

上記2点を確認します。

検索順位のチェックには、ウインドウズならGRC、マックならランクトラッカーが人気。

GRCの検索順位チェック画面GRCの検索順位チェック画面

キーワードを登録しておけば、そのキーワードにおける検索順位をチェックして一覧で見せてくれるツールですね。

1か月たっても全然順位がついていなければ、タイトルや内容を見直す必要があるかもしれません。

検索順位を確認したうえで、実際に検索されているのかどうかは、グーグルサーチコンソールの「クエリ」をチェック。

検索結果→クエリを見ると、どんな検索ワードで表示・クリックされているのか確認できます。

「狙ったのと全然ちがうキーワードで表示されてる…」みたいなことがあれば、まずはタイトルを見直してみるのがオススメですね。

ブログ自体のタイトル(ブログ名)をつけるコツ

ブログ自体のタイトル(ブログ名)をつけるコツ

ここまでブログの「記事」ごとのタイトルの付け方を解説してきましたが「ブログ自体のタイトルってどうなの?」ってことも気になりますよね。

結論から言えば、普通のブログならキーワードは狙わずに「オリジナリティのあるタイトル」を付けるのが定石かつベストです。

順を追って解説していきます。

ブログ自体のタイトルでは、無理にキーワードは狙わない

完全にアフィリエイト用のブログなら、キーワードを狙ったタイトルを付けるケースもあるかもしれません。

たとえば「ウォーターサーバー比較.com」みたいなブログ名ですね。内容が一目でわかりますし、ウォーターサーバーを探している人がトップページに来てくれるので収益性も高いブログになります。

難点は「ウォーターサーバー 比較」のキーワードはいろいろな人が上位を狙っている…ということ。

「あのサイトの情報をもう一度見たいな」と思ってくれた読者が再度「ウォーターサーバー 比較」と検索したときに、検索結果の中のどのサイトだったかわからなくなってしまう可能性が高いんですね。

1位を取ってる間は最強ですが、順位が落ちてしまうとむしろ機会ロスに繋がるかも…というわけです。

検索してもらいやすい、オリジナリティのあるタイトルがオススメ

そこで、基本的にはオリジナリティのあるタイトルを付けて「指名検索」を狙いやすくするのが定石です。

たとえばウォーターサーバー比較サイトでは「ミズコム」というメディアが猛威を振るっています。

そもそも「ウォーターサーバー 比較」ワードでもトップを取っていますし、サイトタイトルも「ミズコム」とオリジナリティがあってわかりやすいと。

たくろー
たくろー
「もう一度見たいな」と思ったときに「ミズコム」と検索してもらいやすいんですね。

その他、自分の名前とからめたブログ名や、ブログテーマと関連した造語を付けるのも流行ってます。

事前にそのタイトルで検索して、ライバルサイトを確認する

「これは良いんじゃない?」とタイトルを思いついたとき。

ぜったいに検索してライバルサイトを確認してから採用して下さい。

もちろん他のサイトと被っても問題は無いのですが、検索順位で無駄な争いが起きてしまいます。

たとえばですが、この「北海道ログ」というブログ名。

「北海道」の「ログハウス」を紹介してるサイトとめっちゃ競合してるんですよね…

「北海道ログ」って検索してもらうとわかると思うのですが、ログハウス屋さんと無駄に検索上位を争って熾烈な争いを繰り広げていると。

たくろー
たくろー
ログハウス探している人が「北海道ログ」って検索するわけないのに、ログハウス屋さんのドメインが強すぎて負けてると。

もっと別のサイト名にしておけば、この無駄な争いもなかったと。

というわけで、事前に検索してライバルがいないワードにしておいたほうが後々困らないってわけですね。

【真理】家族に教えても恥ずかしくないタイトルにする

ブログのタイトル付けの真理として「家族に教えても恥ずかしくないタイトル」っていう発想は重要だと思ってます。

ブログで稼げるようになれば、確定申告が必要になっています。そうなると個人事業主の登録もするでしょうし、法人化することも視野に入ってくるかもしれません。

そうなると家族に説明するシーンも出てくるでしょうし「え、どんなサイトなの?」って言われるのは想像に難くありません。

たくろー
たくろー
そこで恥ずかしいブログ名だったらヤバい。

友達に教えるときも、ブログ仲間に教えるときもそうです。

「自分が一生恥ずかしくならないであろうタイトル」を付けておくのは、大前提として必要ですね。

ブログのタイトルの付け方まとめ

ブログ記事のタイトルの付け方と、ブログ自体のタイトルの付け方を解説してきました。

タイトルはとても大切です。

検索エンジンにも読者にもわかりやすいタイトルをつけて、もっと読まれるブログにしていきましょう。

その他、ブログの書き方に関する話題は以下の記事もあわせてどうぞ。

ライティングの関連記事
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
WEB集客の専門家として、ライティングやサイト運営について情報発信しています。元人事の立場から、働き方や辞め方についても。現在は企業メディアで編集・ライティング・SEO対策を担当するサラリーマンとして働きつつ、サイト運営でパラレルワーク中。筋トレとザンギが好きです。詳しくはPROFILEもご覧ください。
未経験からwebライターになれる「ブログ」始めませんか?

【朗報】ブログを始めたら、超ホワイトなwebライターに転職できた。

ブログを始めれば、良いことばかり
  • ブログを続ければ超ホワイトなwebライターに転職できる
  • 続ければ続けるほど、たいてい結果がでる
  • 人に行動してもらえる文章術がみにつく

35歳からwebライターに転職した体験談はコチラ→

サラリーマンがブログを始めるメリットはコチラ→

すでに「ちょっとブログ始めてみようかな?」と思ってた方は、以下の記事もご覧ください。

ブログを始めて未経験からwebライターに転職する方法 このページを読めば、ブログをはじめて未経験からwebライターに転職する方法がわかります。 Follow @...