転職のコツを知りたい

ブラック企業の求人あるある。7の特徴と見分け方を元人事が解説

ブラック企業の求人あるある。7の特徴と見分け方を元人事が解説

どうも、たくろーです。

「転職したいけれど、ブラック企業にあたったらイヤだな……」「求人でブラック企業を見分けるコツが知りたい」

こんな方のために「ブラック企業の求人あるある」をまとめました。

僕は過去にブラック企業で人事として働いていまして、実際にブラックな求人を作って出したんです。これほど説得力のある解説はないでしょう。

そのときの経験を思い返しながら、ブラック企業の求人に共通する特徴や、まともな会社との見分け方をお伝えしていきます。

ブラック企業の求人あるある。7つの特徴

ブラック企業の求人あるある。7つの特徴

ブラック企業の求人の特徴を一言にまとめると「労働者=コストだと思ってるのが透けて見える内容」ってことです。

例えば僕は、残業代なんて概念もないような会社にいました。そもそも残業時間を管理してないから平均残業時間なんてわからないので「残業ゼロ」になってたりします。そんなわけないですよね。

そんなほころびが随所にあって、およそ労働者を家畜としか思ってないような求人要項になっているのが、ブラック企業の求人の特徴。

自分がブラック企業にいたときは、何とかそういう「ブラックさ」が見えないように求人を作っていましたが、必ずどこかに透けて見えます。

というわけで、そんなブラック企業の求人あるあるを7つの特徴に整理しました。詳しくお伝えしていきます。

労働時間がシンプルに長い。法定ギリギリ

「週40時間・1日8時間」が法定ギリギリの労働時間なんですが、ブラック企業は漏れずに8時間に設定してあります。

もちろん1日の実働が8時間の会社なんて沢山ありますので、その全ての企業がブラックではありません。あくまで「ブラック企業は、およそ全ての企業が8時間の労働時間に設定している」ということですね。

ちなみに小売や飲食、サービス業などの店舗スタッフの場合、常時10人未満の店舗で変形労働時間制(シフト)ではたらく場合は週44時間までいけるという謎ルールもあります。ブラックはだいたいそのギリギリを攻めてきますね。

休日が少ない。年間で100日も休めない

法律では、週に1回(月に4回)でも休みがあれば良いことになっています。

第三十五条 使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。
② 前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

労働基準法 第三十五条より引用

とはいえ週40時間とか1日8時間という制限はありますので、そのあたりをうまく組み合わせて、労働者を最大限に使い倒せるギリギリをせめてくるのがブラック企業ですね。

例えば僕は「月に7回・年間84日」の休みしかない会社で働いていました。なんでそんな会社にいたんだろうか。

そんな感じで、せめて年間休日が100日はないと問答無用でブラックと言って良いでしょう。ちなみに土日祝が休みのカレンダー通りの会社なら、120日くらいあります。

給与が低い or 幅が広い。下限は最低賃金ギリギリ

給与額が明確に書いてあって、それがリアルに低い会社はまだマシです。イヤなら避けられますから。

タチが悪いのは「180,000円~350,000円」みたいに募集幅をめちゃくちゃ幅広くしておいて「試用期間中は時給。試用期間がおわるまでに能力を見させていただき、この給与幅のなかで査定します。」みたいなシステムを導入してる会社ですね。

求人の隅っこに「従業員の平均給与25万円」とか書いてあるのを鵜呑みにして入社して失敗するパターン。結局どうあがいても下限に近い給与査定になるものの「もう2か月くらい働いてるし、すぐに辞めるのも微妙だな……」っていう状況に追い込むやり口ですね。

これ、僕が前にいたブラック企業で採用されていたシステムです。

こんな地獄のようなシステムになってる会社だけは避けましょう。良いことありません。

残業「なし」になっている。そんなわけない

だいたいどんな会社でも、残業10時間程度はあるものです。どれだけホワイトな会社で、基本的に残業をする文化がなかったとしても、少しくらいはあるんですよ。

それが0ってことは「従業員が残業している時間を把握すらしていない」あるいは「なかったことにしている」と、なかなかファジーな管理をしている現れです。

残業0って書いてある求人を見たときに、そのまま受け取って「すごい!残業0なんて天国じゃん!」と思って入ると、だいたいギャップと苦しむことになるでしょう。

一つの求人でいろいろな職種を募集していて、よくわからない

一つの求人でめっちゃいろんな職種を募集している会社を見かけますが、これも一定の割合でブラックですね。

総合職募集のかたわらで地域限定社員を募集するとか、その程度なら全然OKです。でも「ウェブデザイナー、ウェブマーケター、エンジニア、・・・」と思いつく限りの職種をとりあえず載せてるような企業は、だいたい「ほんとはエンジニアが欲しいけど、まあ他の職もとりあえず書いとけ」みたいな状況です。

会社側からすると本当に欲しい職種にあまり集まらなかったり、応募者側からすると応募しても反応が悪かったりと、お互い不幸になる求人の代表例。

なぜそんな求人が出てしまうのかというと、求人サイトに出稿するとき「1記事につき1ヵ月20万円」みたいな感じの契約になることが関係してます。「同じお金払うなら、もったいないから一杯載せよう」みたいに考える会社が出てくるのはイメージつきますよね。

そんな本質からズレた判断をしてしまうような会社ですので、実際に働いてもいろいろとズレてる可能性があり、一定の割合でブラック企業であると考えられます。

できれば避けた方が良いですね。

どう見てもヤンキー上がりの人物が沢山写真に写っている

だいたい「アットホーム」とかそういうメッセージが添えられていますが、剃り込みが入ってたり髪の毛の色が小汚い金髪プリンだったりする人物が沢山うつってガッツポーズしてるような写真の貼られた求人はハズレです。

「人を見た目で判断するな」という言葉もありますが、ある程度判断できてしまうのが求人広告ですね。

少なくともその会社のカラーがわかりますので、堂々と反社的な雰囲気で「アットホーム感」を出した写真を載せているような会社はやめましょう。「パワハラ・労基違反・休日のバーベキュー」の三冠王がまっているかもしれません。

もちろんまともな会社もあるかもしれませんが、わざわざリスクを冒してそんな会社を選ぶ必要はないですね。

「夢」とか「頑張れる」とか熱い言葉が並んでいる

ブラック企業の特徴の一つに「査定の方法があいまい」というポイントがあります。上司や社長から気に入られれば給料が上がるし、そうでなければ一生そのまま。そんな会社ごまんとあります。

そんな会社の求人に共通しているのが「夢」とか「頑張る」とかそういう熱そうな言葉が随所に盛り込まれていることですね。

もう、それしか書くことないんです。

具体的な査定基準なんて無いので、どうやったら給料上がるのかなんて書けません。だから「頑張れば30歳で年収500万も!」みたいな書き方になると。

まともな会社だったら、そんなことではなく評価制度や定期昇給の話が整理して書かれています。感情に訴えてくるしかない変な求人には引っかからないようにしたいですね。

隠れブラック企業の求人を見分けるためのチェック項目

隠れブラック企業の求人を見分ける方法

ブラック企業の求人あるあるを7つお伝えしてきましたが、これでブラック企業の求人の特徴はなんとなくわかりましたよね。

基本的にはその特徴のある求人を避ければOKですが、中には巧妙に隠している会社もあります。

というわけで、次に「隠れブラック求人」を見分ける方法までお伝えしておきます。

見るべきポイントは、

  • 育休・産休の取得人数
  • みなし残業時間
  • 残業の備考欄

 

育休・産休の取得人数

会社が福利厚生制度を充実させようとしたときに、まっさきに手を付け始めるのが「育休・産休」の制度です。

独自の福利厚生とはちがって雇用保険が補填してくれますので、会社に掛かるのは手続きが面倒だったり、余分に人を採用しないといけないという一時的なコストだけだからですね。

逆に言えば、こんな制度すらまともに機能していない会社はマズいです。

求人にはほぼ必ず「育休・産休の前年度の取得実績」を書く欄がありますので、ここが空白だったり全然取得した形跡がない会社はグレーですね。

さすがにウソついて書くわけにはいきませんので、誤魔化される心配もほぼない項目です。

みなし残業時間

一見まともな給料の額の会社だったとしても、そこに「みなし残業」がついていたら要注意です。

例えば上記のとある求人では、年収300万~の条件に「50時間分のみなし残業」が含まれていました。となってくると、実質的な給与は年収200万~250万くらいの会社と同じ条件になりますかね。

もちろん「いくら残業しても給料さえ貰えればいい」って人なら良いのですが、飛びつくと後悔するかもしれない典型的な例です。

一概には言えませんが、さすがに「みなし残業50時間」はブラックですね。僕なら絶対に選びません。

残業の備考欄

上記の備考欄をご覧ください。空白ですね。

これ、サービス残業が横行している会社である可能性があります。

普通の会社なら、例えば「みなし残業」の記載があったり「規定に応じて支給」のような記載があったりするので「空白」はめちゃくちゃ怪しいですよね。

なんでそんなこと言うのかといえば、僕もこんな求人を作った経験があるからです。

残業”なし”って書くのは怪しいから”あり”にするけど、残業代なんて支給されないから何も書くことがない。ここは明記しないでおこう

みたいなノリです。いくら取り繕っても、こういう細かいところに怪しさは出ちゃいますね。

ブラック企業の求人は避けて、良い会社選びを

ブラック企業の求人は、上手く取り繕っていたとしても怪しげな箇所がかならず見つかります。なんとなくイヤな予感がしたら、それが良い方に転ぶことはほぼありませんので避けましょう。

もちろんカンペキな求人はありませんので「自分が何を重視するか?」という部分にも関わってきます。

転職エージェントとかも利用しながら、ぜひ会社選びを成功させてください。

札幌でおすすめの転職サイト7選!元人事が、企業側目線も交えて解説!
札幌でおすすめの転職サイト7選!元人事が、企業側目線も交えて解説!札幌で転職する際の、おすすめの転職サイトをまとめました。エージェント型とサイト型で分けて解説していますので、あなたにあったサービスを見つけて下さい。...
【元人事の意見】ハローワークにまともな求人がない理由とは?この記事を読めば、ハローワークにまともな求人が無い理由がわかります。 「ハローワーク、なんでまともな求人がないんだ?」「ハ...
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
これまでにアパレル業界のエリアマネージャー職や人事・総務の仕事を経験。現在は企業メディアで編集・ライティング・SEO対策を担当する副編集長として働きつつ、ブロガー・webライターとしてパラレルワーク中。筋トレとザンギが好きです。詳しくはPROFILEもご覧ください。
【速報】退職代行を使うなら労働組合がベストだと判明(北海道ログしらべ)
  • トラブルなく辞めたい
  • 有給を全部つかって辞めたい
  • 安い方が嬉しい

こんな人は、労働組合の退職代行を選びましょう。

労働組合法で会社と交渉する権利が認められていて、トラブルになる可能性がほぼありません。

もっともおすすめなのは「退職代行SARABA(サラバ)」ですね。24時間対応でレスも早いと評判も上々です。

退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービス
退職代行SARABA(サラバ)の口コミ・評判。レス速度が超早い安心サービスこの記事を読めば、退職代行SARABAの口コミや評判、サービスの特徴がわかります。 退職代行SARABA(サラバ)は、評判...

下記の記事には、まともな退職代行サービスだけを厳選したランキングも掲載しています。退職の検討材料にして下さいね。

【元人事が厳選】本当におすすめの退職代行サービス7選。効率よく辞めよう
【徹底比較】退職代行おすすめ人気ランキングTOP7!元人事が優良サービスを厳選この記事を読めば、退職代行のおすすめ人気ランキングとあなたに合った選び方がわかります。 退職代行は、ブラックな環境で働いている人の...