転職ノウハウを知りたい

転職エージェントがむかつくと感じた人は7.8%!うざい担当への対処法とは?

どうも、たくろーです。

今回は「転職エージェントがむかつくときは、はっきり要望しないと伝らんよ」というテーマでお話します。

先日900名の方々に「転職エージェントの利用満足度調査」を行いましたが、明確に「むかついた」「不快だった」という声が実に70件も届きました。

割合としては全体の7.8%です。

たくろー
たくろー
多いのか少ないのか……という数字ですが、良い部分も同時に書いてくれている方がほとんどですので、状況によって良し悪しあるという感じですね。

基本的には「要望を伝える→担当をチェンジする→エージェントごとチェンジする」と段階を踏んで対処していけば良いのかなと思います。

転職エージェントに対して「むかつく!」と感じたリアルな意見をご紹介しつつ、対処法までお伝えしていきますね。

転職エージェントが「むかつく」「うざい」と感じた人は全体の7.8%

転職エージェントを利用して感じたこととして「こういうところがウザかった」「むかついた」と具体的なエピソードを教えていただいたのは70名。

今回900名の方々へアンケートを取った中で、全体の7.8%でした。

たくろー
たくろー
しかしただ一方的に悪かったとする意見は少なく、良い点も合わせて書いていただいた方がほとんどです。

転職活動に対して真剣だからこそ、担当の行動にむかつくこともあるということですね。

全体的な意見を少しお見せすると、下記のような感じです。(見にくいと思いますが)

900名へのアンケート結果の画像。

具体的な意見をまとめると、

  • レスポンスが遅い
  • 電話に出れないタイミングでも頻繁に着信があって困った
  • 希望していないような仕事をゴリ押ししてきた
  • 応募求人の決定を急かされた
  • あまり話を聞いてくれず、一方的な提案しかなかった

大体は上記の5つのどれかに属していました。

今回はこのように、転職エージェントに対して「むかつく」「うざい」と感じた方の状況を考察した上で「対処法」まで解説していきます。

調査日:2021年5月17日〜5月19日
調査対象:全国の20代〜40代男女(平均年齢32.9歳)
調査人数:900名
調査委託先:クロスマーケティング社

転職エージェントを「むかつく」「うざい」と感じる理由とは?

転職エージェントにむかつく事になる根本的な理由

転職エージェントに対して「むかつく・うざい」と感じてしまう理由について、今回の調査結果を元に考察したところ大きく3つに分かれることがわかりました。

  • お互いの認識のズレ
  • 案件の量や傾向の問題
  • エージェントの営業方針の問題

上記の3通りですね。少し詳しく解説していきます。

お互いの転職活動に対する認識がズレている

もっとも多かった理由が、連絡や決定に対するスピード感の認識のズレです。

  • 期日より全然早いのにもう回答しないといけないのか少し不満だった(37歳女性)
  • 問合せ事項に関するレスポンスが遅いと感じた(33歳男性)
  • 困った時にすぐにお返事を頂けなかったのでもうちょっと早かったら良かったです。(30歳女性)

上記のような意見にある通り、スピード感の希望が合わず不満を持つケースがありました。

他にも、連絡方法に対する認識のズレが不満に繋がるケースもありました。

  • 電話連絡が多くて困りました。(39歳女性)
  • 電話のタイミングが悪いと思うことがあった(30歳女性)

このように、お互いの状況やベストな連絡手段の認識がズレていることから「むかつく」「うざい」に繋がっているケースが多く見つかりました。

たくろー
たくろー
シンプルに「できれば早く転職活動進めたいので、早めに連絡いただけませんか」とか「電話は出れないのでメールにして下さい」とか、話し合って解決する必要があるのかなと思います。

面倒なら担当を変えてもらうのも良いですが、どちらにせよ要望は伝えた方がストレスなく利用できるでしょう。

そもそもマッチする案件がない

次に「無理矢理感のある仕事を提案されて不満に感じた」というケースも見られました。

  • あまりやりたくない業種も一緒に提案された。(36歳男性)
  • 求人数少ないし、探そうとしないし、アドバイスらしいアドバイスがなかった(34歳男性)
  • 希望の職種はあまり紹介されなかった(48歳男性)

このような場合は「うちのエージェントでは、あなたにその職種は提案できない」と暗に言われている状況です。

つまりあなたにマッチする求人がないのです。

たくろー
たくろー
マッチする仕事があるなら絶対に紹介してもらえますので、そのエージェントから見て「希望の職業を紹介するには職歴やスキルが足りていない」と思われている可能性があります。

傷つく覚悟で「紹介できない理由」をはっきりと聞くか、諦めて別の転職エージェントに相談してみるのが良いでしょう。

エージェント側が成績を重視しすぎている

最後に「担当エージェントの商売っけが強すぎるケース」があります。

  • エージェント経由で募集案件に応募したが、担当者が必死すぎてこちらが疲れる。上から目線の言葉も使われるとイラっとする。(42歳男性)
  • 押しが強くて、気持ちが萎えるところがあった(36歳女性)
  • 転職させたもん勝ちのような、とりあえず面接に行かせ無理矢理入社させたいようなイメージが付きました。(28歳女性)

これは営業方針にも関係しますので、担当を変えてもらうか、使う転職エージェント自体を変更するしかありません。

エージェントにはスピード感を重視するところもあれば、じっくり時間をかけて転職の確実性を上げていくところもあります。

自分に合った方針の転職エージェントを選べると良いですね。

むかつく転職エージェントに当たったときの対処法

むかつく転職エージェントに当たったときの対処法

次に、実際に転職エージェントに対してむかついた時の対処法をお伝えしていきます。

これは大きく3段階で考えていきましょう。

  1. むかつくポイントを改善要望として伝える
  2. 担当エージェントをチェンジしてもらう
  3. 利用する転職エージェント自体を変える

とはいえ、いちいち要望するのがめんどくさいなら1〜2を飛ばして「転職エージェント自体を変える」を選んでもOKです。

できるだけストレスなく利用できると良いですね。

まずはむかつくポイントを改善要望として伝える

「ん?」とむかつく事があったなら、まずはそのポイントを改善して欲しい旨を相手に伝えることから始めましょう。

結局言わないとわかりませんし、相手もサラリーマンなのでクレームが入るのは恐れます。

つまり要望を伝えるだけで丁寧な扱いになる可能性があります。

例えば、

  • 電話じゃなくてメール連絡にしてほしい
  • 期日までまだ日があるんだから急かさないでほしい
  • もっとスピーディに返信してほしい

このように、思ったことをメールなどで率直に伝えればOKです。

改善して欲しいポイントを具体的に伝えさえすれば、きっとあなたへの対応の優先順位を上げたり、対応を見直したりしてくれるはずです。

解決しないなら担当エージェントをチェンジしてもらう

改善してほしいポイントを伝えた上で解決しないなら、担当エージェントを変更してもらうよう要望を出しましょう。

自分の担当エージェントではなくサービス全体に届くアドレスやカスタマーサービスに対して、だいたい以下のようなニュアンスでメールを送ればOKです。

【サービス名】 ご担当者様

お世話になっております。
御社の転職サポートを利用させて頂いている◯◯と申します。

現在◯◯様にご担当いただき、転職活動を進めております。

しかし◯◯の点が私の希望と合わず、お伝えしても改善されない状況が続いております。つきましては、ご担当者の変更をお願いできればと存じます。

どうしてもスムーズに転職を成功させたく、ご検討いただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

たくろー
たくろー
僕自身サービス業をしてたのでわかりますが、具体的にはっきり言わないと動かない会社も多いので、あんまり濁さずストレートに伝えた方が良いですよ。

そもそも要望に沿ってくれないなら相手が悪いですし、普通に変更依頼をすればOKです。端的に希望を伝える内容のメールを送りましょう。

もちろん別のエージェントに頼ってみるのも良い

エージェントと相談するのが面倒だったり、どうにも良い求人と出会えなさそうな場合は、すっぱりと別の転職エージェントに切り替えるのも良い手段です。

転職エージェントなんて沢山ありますし、それぞれ取り扱っている求人も、担当エージェントの人間性も違います。

すでに進んでいる選考に関しては最後までそのエージェントを介すべきですが、それ以外はスッパリと乗り換えてOKです。

無理に嫌なエージェントを使わず、もっと別のエージェントも見てみて下さい。

むかついたポイント別のおすすめ転職エージェント

むかついたポイント別のおすすめ転職エージェント

今回の調査では、各エージェントの「むかつかれるポイント」の違いが顕著に出ていました。

ここでは「こういうポイントにムカついた人には、このエージェントが良い」という視点で、いくつかの転職エージェントをご紹介しておきます。

リクルートエージェント|スピーディに進めたい方におすすめ

リクルートエージェントは、どちらかというと「スピード感早め・提案多め」という意見が多いエージェントでした。

つまりスピーディに次の職場を決めてしまいたい人にとっては、リクルートエージェントの方針が向いています。

「今のエージェントだとスムーズに進まないんだよな……」と感じているなら、ぜひ一度リクルートエージェントに相談してみて下さい。

リクルートエージェントで理想の求人を探す
さっそく無料登録するリクルートエージェント公式サイトへジャンプします

【264名の評判】リクルートエージェントの口コミを調査!ひどいって噂はどうなの?リクルートエージェントの口コミ・評判をまとめました。転職エージェントに登録しようと思えば絶対に候補にあがるサービス。実際のところどうなのか?詳しく調査しました。...

マイナビエージェント|じっくり進めたい方におすすめ

マイナビエージェントは、どちらかといえば「スピード感がゆっくりだった」という意見の多かったエージェントです。

つまりじっくり自分と向き合って次の職場を決めたい転職初心者にはマイナビエージェントの方針が向いています。

「今使ってるエージェント、急かしてくるからあんまり好きじゃないんだよな」という方は、ぜひマイナビエージェントに乗り換えてみて下さい。

マイナビエージェントで理想の求人を探す
さっそく無料登録するマイナビエージェント公式サイトへジャンプします

【141人の評判】マイナビエージェントの口コミを調査。若手に人気のサービスどうも、たくろーです。 今回は大手転職エージェントの一つ「マイナビエージェント」の評判を調査しました。 20代〜40代のマイ...

doda|求人数を重視したい若手におすすめ

dodaは担当エージェント自体にむかつくという意見は少なく、40代以降の方から「希望するのと違った職種を提案された」という意見が多かったエージェントです。

つまり20代、30代からは全体的に評価が高かったので、若手はまず登録しておいて損のないエージェントと言えます。取り扱っている求人数が多いのも、シンプルに魅力ですね。

「今のエージェントだと求人数が物足りない」とか、ちょっとした不満を感じているなら、一度dodaも利用してみて下さい。

dodaで理想の仕事を探す
さっそく無料登録するdoda公式サイトへジャンプします

dodaの評判は悪い?転職した64人の口コミを元に特徴やメリットを解説どうも、たくろーです。 今回は転職エージェントを利用した20代〜40代の男女900名にアンケートを取り、そのうちのdodaを利用し...

むかつく転職エージェントは、さっさと見限ろう

転職エージェントは世の中に沢山あります。

担当者の人柄も、営業方針も、取り扱っている求人も全然違いますので、あんまり一つに固執せず色々使ってみると良いですよ。

相性の良いエージェントを見つけて、スムーズな転職を実現していきましょう。

600人が選ぶ!転職エージェントおすすめ人気ランキング10社比較!どうも、たくろーです。 今回は転職エージェントを利用して転職に成功した600名が実際に利用した転職エージェントを、利用者数の多い順...
ABOUT ME
たくろー(WEBライター)
「ブロガー・Webライター」と「企業オウンドメディアの編集長(兼カメラマン)」の二足のワラジを履くパラレルワーカー。人事・労務関連のキャリアが豊富。北海道に移住。趣味は筋トレダイエット。妻とwebマーケティングが好き。SEO対策・webライティング・メディア運営が得意領域。下記URLより詳しいプロフィールもご覧ください。
公式LINE始めました!

北海道ログの公式LINE始めました!

「あなたの上司が教えてくれないホワイトな働き方」をテーマに、LINEでしか読めないニュースレターを週に一回ほどゆるめに配信しています。

「働き方相談」も募集していますので、何か困ったことがあったり、記事にした内容で聞きたいことがあったりする方は、お気軽にメッセージください。必ず返信させていただきます。

とりあえず、下記のボタンよりお気軽にご登録下さい!

友だち追加

公式LINE特設ページはこちら!