webライターのこと

ブログと日記の違いとは?テーマを決めて「読まれるブログ」にするコツ。

この記事を読めば、「ブログ」と「日記」の根本的な違いがわかります。「読まれるブログ」にしていく手順もレクチャー。

たくろー
たくろー
どうも。札幌のwebライター、たくろーです。

「ブログ」と聞くと、イメージするのは「日記」ですよね。

もともと「ウェブログ(ウェブ上の日記・記録)」が語源になっていることから考えても、そのイメージがあるのは当然です。

でも日記って、基本的に誰からも読まれないんですよね…。(実体験)

そんな悲しい「ただの日記」ですが…ちょっと視点を変えるだけで、たくさんの人から読まれる「ブログ」に早変わりすると。

まったく同じテーマだったとしても、コツさえわかればなんとかなると。

たくろー
たくろー
じゃあ、そうした方がいいと。

今回は「ブログと日記の違い」を整理しながら、「読まれるブログ」を始めるコツをお伝えしていきます。

この記事が役に立つ人
  • これからブログを始めたい人
  • 書いた記事が読まれず、困っている人
  • webライターの仕事のテストライティングになかなか受からない人

書こうとしていた日記の”切り口”を少し変えて、読まれるブログを作りましょう。

「ブログ」と「日記」の違いとは、読者の悩みを解決できるか否か

ブログと日記の違いとは、読者の悩みを解決できるか否か
違いブログ日記
記事の構成は考える必要がある考えずに書ける
読者の悩みを解決するしない
検索には引っかかりやすい引っかかりにくい
収益化しやすいしにくい
キャリアになるならない

結論からいえば、「ブログ」と「ただの日記」の違いは、「それが誰かの悩みを解決するコンテンツとして成り立っているか否か」という点です。

たくろー
たくろー
役立つ情報を発信して、読者の悩みを解決できるサイトが「ブログ」ですね。

例えば、以下のようなメディアが「ブログ」の形をとっているサイト。読者の役に立つ情報を発信しています。

バズ部…ウェブマーケティングの情報サイト

LIG blog…Web制作会社の雑記な情報メディア

対して「日記」は、その日あったことや感じたことを記すだけのもの。下記のような、芸能人がアメブロに書いているものが有名です。

市川海老蔵ブログ…市川海老蔵さんの日記

のんピース…辻ちゃんの日記

たくろー
たくろー
断っておきたいのは、ただの日記がダメだという話ではないということですね。

たくさんの人に読まれたいなら、ブログを。自分の感情や出来事を記録しておくだけなら、日記を始めましょう。

「収益化」や「ウェブマーケティングの勉強」などが始める理由に含まれるなら、ぜひ企画・構成をして「ブログ」を始めたいところです。

ただの日記は、その人に興味がなければ読まれない

たとえば、アメブロの市川海老蔵さんのブログ。基本的には絵日記みたいな内容なのに、おどろくほど沢山の読者がいます。それは市川海老蔵さんの生活を知りたいファンが大勢いるから

つまりある意味では、『市川海老蔵ブログ』は「市川海老蔵さんの普段の生活が知りたいというファンの悩みを解決している」とも言えます。

しかし普通の人がただの日記を書いたとすると、たぶん見てくれるのは知り合いのみ。

たくろー
たくろー
3日もすれば見てくれなくなる可能性すらあります。

これはツラい。

つまり見てくれる人にとって「読むメリットがある記事」でなければ、だれにも読んでもらえないということです。

「ブログ」は、悩みを解決したい人に読まれる

「読むメリットのある記事」は、「悩みを解決できる記事」と言い換えられます。

たとえば毎日欠かさず料理をする人が「その日作った料理の感想を書くだけの日記」は、残念ながらあまり読むメリットが感じられません…。

しかしその人が日々の料理生活で得た「ゆでたまごの殻を綺麗に向く方法」とか「豆腐の水切りが驚くほどスムーズにいく方法」を発信する「ブログ」であれば、それは読者の悩みを解決する素晴らしい情報になり得ます。

たくろー
たくろー
豆腐の水切りの画期的な方法、個人的にはものすごく知りたいです。

同じテーマなのに、ただ切り口を変えるだけ。それだけで、「読者の悩みを解決できる情報メディア=ブログ」として輝き始めるというわけです。

ブログは人のため、日記は自分のために書くもの

ブログ=誰かのために書く。収益化しやすいし、読まれやすい。

日記=自分のために書く。読まれにくいから収益化しにくい。

ブログと日記の違いは、「誰かの役に立つか否か」です。

でもその違いは紙一重。

同じ人が「料理」をテーマに書き始めるときでも、読者の役に立つよう企画するか否かが「ブログ」「日記」の分かれ道になります。

たくろー
たくろー
もちろん好きなようにかけばOKですが、せっかくなら「ブログ」を始めるのがおすすめですね。

>>「ブログのメリットがわかる記事」もあわせてどうぞ。

「ブログ」のテーマは、歩いてきた道に落ちている

ブログ初心者は、自分の半生からテーマを見つけるべき

そのまま書けば「日記」になってしまう内容も、読者の役に立つように企画して執筆することで「誰かの悩みを解決できるブログ」に早変わりする、とお伝えしました。

でも、教えられることなんてないんだけど?

と思ったときも、諦めることはありません。

ブログのテーマは、自分の歩いてきた道を振り返れば必ず見つかります。逆に、無理に背伸びしたり「金稼ぎ」に走ると、だれからも読まれなくなるかもしれません…。

そんな「ブログのテーマ探し」について、少し掘り下げていきます。

自分の歩いてきた道にしか、武器は落ちていない

この「自分の歩いてきた道にしか、武器は落ちていない」というフレーズは、オリエンタルラジオの中田敦彦さんがYouTubeチャンネルでおっしゃっていた言葉ですね。

たくろー
たくろー
細部は違うかもしれませんが。

ブログのテーマ選びも、まさにこれです。

たとえば、「クレジットカード」「FX」「投資」「サプリメント」。こんなテーマは、当たればめちゃくちゃ稼げます。

でもたぶん…けっこう無理しないと書けないですよね?

読者がクレジットカードを選ぶための、本当に役に立つ、信頼性のある記事を100本ほど書けるのであれば、それはきっと「クレジットカードを愛している人」です。

その場合は、クレジットカードをテーマにしたブログを立ち上げて全力で書けば、今から参入しても勝てるかもしれません。

でもそうじゃない場合。「ブログを始めるために、あらたに知識を身に付けるぞ!」と無理にがんばるのは本末転倒です。

「その分野を愛してる人」とか、「専業アフィリエイター」に負けて、結局誰からも読まれないブログになるのが目に見えています。

たくろー
たくろー
好きで書くなら良いのですが、無理にテーマを選んで書いても失敗しますね。

逆に言えば、テーマは必ず歩いてきた道に転がっている

これまで自分がしてきた趣味や仕事、遊び。探してみると、きっとなにか熱中したテーマがあるはずです。

たとえば仕事を頑張った人なら、その経験は十分いいテーマになります。

それが、ゲームでも、裁縫でも、ルービックキューブでも、とにかく「自分が熱中したことがあるもの」であればなんでもOK。

もしかすると、「これまで面倒な人間関係を避け続けてきた人生の処世術」なんてのも、人間関係に悩まされている人の助けになるかもしれません。「引きこもり20年の快適ライフ」だって、切り口によっては引きこもり1年目の人の悩みを解消できるはずです。

たくろー
たくろー
このブログも、僕が生きてきた中で得た経験を書いてるようなもんですね。

自分が生きてきた中で感じた、そのまま書けば「日記」になってしまうようなこと。

それを「誰かの悩みを解決する記事」になるよう企画して書けば、「読まれるブログ」になります。

テーマを伝える”切り口”を考えて、ブログの軸にする

テーマを決めれば、つぎは「どんな切り口で見せるか?」という企画をしておきます。

しかしその人が日々の料理生活で得た「ゆでたまごの殻を綺麗に向く方法」とか「豆腐の水切りが驚くほどスムーズにいく方法」を発信する「ブログ」であれば、それは読者の悩みを解決する素晴らしい情報になり得ます。

さきほど料理日記を例にあげて上記のようにお伝えしましたが、まさにこの視点ですね。

具体的には、下記の5ポイントを整理すれば良いでしょう。

5つのポイント
  • 「誰が」
  • 「なぜ」
  • 「誰に」
  • 「何を」

伝えて、「読者がどうなれる」ブログなのか?

上記の5ポイントを整理すれば、だいたいうまくいきます。

料理ブログなら、たとえば下記のとおり。

料理ブログのテーマ
  • 主婦が
  • 初心者のころ、調べてもわからないテクニックが多かったから
  • 料理初心者に向けて
  • 毎日の料理経験で会得したテクニックを

伝えて、「読者が彼氏・旦那の胃袋を掴めるようになる」ブログ

毎日つくった料理を書くだけだと、ただの日記になります。でも上記のようなコンセプトで書けば、なんだか良い感じのブログが出来上がりそうじゃないですか?

これを設定して「ブログの軸」としてもっておけば、絶対にただの日記になりません。

立派なブログの完成です。

「誰に書くか」は、細かく設定するほどブレなくなる

前項の5つのポイントの中で、「誰に書くか」という項目がありました。

一旦「料理初心者に」としましたが、実はブログのターゲット読者は細かく設定するほど良いと言われています。事実、書きやすくなります。

これをブログの「ペルソナ」といって、本格的に運営するブログには超・具体的なプロフィールを作っておくことがほとんどです。

例えば。

例えば上記の二人の女性に、「ホイコーローのレシピを教える手紙を書く」と考えてみて下さい。

ちょっと違う手紙になると思いませんか?

  • 口調や語感
  • 伝えるレベル感
  • 金銭感覚

この辺りが違ってきますよね。

ブログも同じで、明確にペルソナを設定しておくことで「ブレない」記事になり、同じ属性の読者のファンができやすくなります。

ペルソナ設定についても、あわせてチャレンジしてみて下さい。

いかにして「読者に役に立つ記事を書くか?」が大切

自分の歩いてきた道で感じた、そのまま書けば「日記」とも言えることを、「誰かの役に立つ記事」になるよう企画して書くのが「ブログ」

ブログ運営の本質は、「どれだけ読者の役に立つ記事を書けるか?」ということです。

稼ぐために付け焼刃で身に付けたような知識、知りたくないですよね…。

その浅はかさは「文章のうさんくささ」として滲みでてしまいますし、肝心な部分でボロが出てしまうと思います。

たくろー
たくろー
めっちゃ怪しい情報商材とか、ありますよね。

しかし自分がこれまで生きてきた中で熱中してきたこと、あるいは本気で学んでいることなら違います。

たとえ文章がつたなくても、綺麗な言葉が出てこなくても、かならず誰かの心に響き、その人にとって役立つ記事になるはず。

つまりブログは、自分の歩いてきた人生を人の役に立てられる、素晴らしいツールだと言えます。

読まれるブログを書き始める手順

読まれる日記ブログを始める手順

それでは実際に、ブログを始める方法を順を追ってお伝えしていきます。

ぜったいにこの手順通りにやらないと書けないというわけではありません。が、「読まれるブログを作りたい!」という意気込みがあるなら、いちど流れだけでも確認しておいてください。

たくろー
たくろー
僕は最初ノープランで始めましたが、けっこう苦労しました…

できそうな部分だけでも取り入れてもらって、スムーズにブログを書いていって下さい。

1. 「無料 or WordPress」から選んで始める

1. 「無料 or WordPress」から選んで始める

基本的に「webマーケティングのスキルを身に着けたい」とか、「将来的に収益化したい」といった思いがあるなら、WordPressでブログを始めることをオススメします。

そうでもなく、「本当にただ書きたい」というだけであれば無料ブログでOK。

WordPressのメリット
  • コーディングのスキルが身に付く
  • 自分の資産になる
  • 転職時のスキル評価が高い
  • 収益化の自由度がたかい

詳しい違いや、それぞれのメリットを知りたい方は、詳しく解説している以下の記事もご覧ください。

WordPressと無料ブログのメリット・デメリット比較。あなたに合うのはどっち?
WordPressと無料ブログのメリット・デメリット比較。あなたに合うのはどっち?この記事を読めば、WordPressブログと無料ブログの違いがわかります。それぞれのメリット・デメリットを理解できて、自分に合ったブログ...

2. テーマとペルソナを考えて、ブログの軸を設定する

この記事で解説した通り、テーマを考え、ブログの軸を設定しましょう。

復習しておくと、下記の通り。

テーマ選定のコツ
  • 自分の人生の中で、熱中したものをテーマにする
  • 誰にどう伝えるか?という切り口を設定する
  • 「誰に」を超具体的にする

これだけです。

3. 書けるキーワードを整理する

2. 書けるキーワードを整理する

上記の画像のような「キーワードリスト」を用意しておくと、超スムーズにブログを書いていけます。

キーワードとは、言い換えれば「読者が知りたいこと」です。

考えた「テーマ」に関連性のあるワードでキーワードを掘り出していきましょう。

上記のツールを利用すれば、無料でスムーズに「キーワード」を整理できます。

以下の記事を読めば、詳しい「キーワード選定の方法」がわかります。合わせてご覧ください。

絶対にブログでネタ切れしない方法。キーワードは読者のニーズにある!
【KWリスト有】絶対にブログでネタ切れしない方法。読者のニーズを探し出せ!この記事を読めば、もう二度とブログがネタ切れしません。読まれるキーワードを見つけるカンタンな方法がわかります。 ブログがネ...

4. webライティングの基本に合わせて記事を書いていく

3. webライティングの基本に合わせて記事を書いていく

ブログを立ち上げて、テーマも決めて、キーワードリストが用意できれば、あとは書くだけ。

記事を書くときは、「webライティング」という「web上で書くときの基本ルール」に則って書くのがセオリー。

以下のライティングについて解説した記事も、あわせてご覧下さい。

ライティング関連記事

ブログの始め方の参考になる、おすすめブログ例

自分の歩いてきた道で感じたことを、いろいろな切り口から「ブログ」として情報発信する。聞いただけでは難しく感じますが、具体例をみればわかりやすいはず。

ここではキャリア作りや収益化に成功しているブログの具体例をご紹介します。

ここでご紹介する大成功しているブログも、まったく企画せずに書いていれば「ただの日記」になっていたはず。

マクリン│レビューブログ

マクリン

ガジェットレビューで有名になった「マクリン」さんのブログです。もともと家電やガジェットが好きで、それを読者の役に立つようにレビューしていたら有名ブロガーになっていた、という方。

「レビューはただの日記とは違う」ということが、とてもよくわかる例です。

もしも「買ったガジェットをただ紹介する」というマインドで書いていれば、ぜったいに成功していません。

「読者の知りたい情報を、レビューという形で紹介する」ということを徹底されているからこそ、これだけ成功されてるんですね。

マクリンさんのブログはこちら

manablog│ライフスタイルの情報発信

manablog│ライフスタイルの情報発信

人生をコンテンツ化している人といえば、manablogを運営するマナブさんです。

海外留学、ニート、プログラマー、プロブロガーと転々とする経歴のなかで得た知識や経験を発信していて、「自分の歩いてきた道に武器があるとは、まさにこのこと」と思えるような内容のブログです。彼に憧れるブロガー続出。

マナブさんのブログはこちら

まとめ│「ブログ」と「日記」の違いとは

ブログと日記の違いは「誰かの役に立つか否か」

収益化やキャリアのために始めるなら、誰かの役に立つ「日記ブログ」を始めるべき。テーマは、自分の歩いてきた人生の中に落ちています。

というわけで、ぜひ誰かの役に立つ、素敵なブログを始めてみて下さい。

WordPressと無料ブログのメリット・デメリット比較。あなたに合うのはどっち?
WordPressと無料ブログのメリット・デメリット比較。あなたに合うのはどっち?この記事を読めば、WordPressブログと無料ブログの違いがわかります。それぞれのメリット・デメリットを理解できて、自分に合ったブログ...
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 企業オウンドメディアの運営チームで働きながら、ブログや複数サイトを運営して生計を立てています。このブログでは、WEBライティングや北海道情報などを発信中。
未経験からwebライターになれる「ブログ」始めませんか?

【朗報】ブログを始めたら、超ホワイトなwebライターに転職できた。

ブログを始めれば、良いことばかり
  • ブログを続ければ超ホワイトなwebライターに転職できる
  • 続ければ続けるほど、たいてい結果がでる
  • 人に行動してもらえる文章術がみにつく

35歳からwebライターに転職した体験談はコチラ→

サラリーマンがブログを始めるメリットはコチラ→

すでに「ちょっとブログ始めてみようかな?」と思ってた方は、以下の記事もご覧ください。

ブログの始め方-ブログであらたなキャリアを作っていく方法 このページを読めば、ブログをはじめて未経験からwebマーケティング業界に転職する方法がわかります。 突然で...