サブスクリプションの話

kindle unlimitedとは?月980円の価格で本が読み放題のオトクサービス

kindle unlimitedとは?解約しながら4年使ってわかった賢い使い方

kindle unlimitedは、Amazonのkindleで販売されている電子書籍が「月定額980円の価格で読み放題」になるサービス。この記事では、定期的に契約と解約を繰り返しながら通算で4年ほど利用している中で得た、「kindle unlimitedの自分なりの賢い使い方」を記します。サービスの特徴やメリット、使い方、おすすめ書籍なども掲載。

実は今日もまた、unlimitedを解約する日です。kindle unlimitedを契約してちょうど1か月が経ちますが、いま読みたい本はあらかた読み終えました。一旦解約して、また数か月後に使うことでしょう。

kindle unlimitedとは、月980円の価格で本が読み放題になるサービス

kindle unlimitedとは

kindle unlimitedとは、Amazonの展開する電子書籍サービス「kindle」の中の一部の電子書籍が、月額980円で読み放題になるサービスです。

2016年8月3日にスタートされたタイミングから、割とすぐに使い始め、定期的に解約しつつだらだらと利用しています。

結論から言えば、1か月で読みたいだけ読み、読みたい本がなくなれば一旦解約し、また読みたい本が出たときに登録し…という使い方がおすすめ30日の無料体験もあるので、とりあえず試して損はないサービスです。

さっそくkindle unlimitedを30日試す
無料で読み放題を体験する

kindleが全部読み放題なわけではなく、対象の本が指定されている

kindleが全部読み放題なわけではなく、対象の本が指定されている

読み放題といっても、kindleで売られている全ての本が読めるわけではありません。タイミングにより対象のタイトルや冊数は変わりますが、和書・洋書あわせて100万冊以上。和書だけだと10万冊以上といったラインナップです。

とはいえ、恐らく一度のタイミングの中で本当に読みたい本は5冊くらい。「無料なら読んでもいいかな」、と思える本が10冊~30冊、といったモチベーションが関の山ではないでしょうか。少なくとも僕はいつもそんな感じです。

ラインナップには、雑誌、ビジネス書、古い漫画が多い

ラインナップには、雑誌、ビジネス書、古い漫画が多い

こう聞いてピンとこなかった人には、kindle unlimitedは有用ではないかもしれません。まず小説はあまり読み放題に並びません。次に、新しい漫画もまず追加されませんし、されたとしても1巻~2巻程度で、サンプル的な用意のされ方です。

しかし雑誌やビジネス書に目を通す事が多い人には、非常にコスパが良さそうです。フライデイなどの週刊誌から、oggi,withなどの女性ファッション誌、ターザンといったフィットネス誌やゲーム誌。ビジネス書は幅広いですが、人気のものであれば幻冬舎系列の書籍はよく読み放題に並びます。

ちなみに、ごくピンポイントではありますが、サスペンスやミステリー系が得意な貴志祐介さんの書籍が意外と多く並んでいます。個人的にはこの点はとてもメリット。

これらはあくまで執筆時点の情報で、具体的なタイトルは入れ替わることも多いですが、概ねこういった傾向にあることは確かです。

対象書籍は、入会前でも確認できる

kindle storeから「kindle unlimited読み放題」に進めば、対象書籍はいつでも確認できます。読みたい本が増えてきて、「今だ!」というタイミングで入会したいところですね。

一度にダウンロードしておける本は10冊まで

これは特にメリットともデメリットとも言えませんが、一度にライブラリに保存しておけるのは10冊までです。もちろん会員期間中であれば何度でもダウンロードし直せますし、退会すればそもそも読めなくなります。

単品購入した本は除き、あくまでunlimited読み放題でダウンロードした本は10冊まで、ということですね。

初めて使う人には、30日の無料体験期間が用意されている

初回は、1か月の無料体験がある

そんなkindle unlimitedですが、初回登録時は30日間無料で使えるキャンペーン中です。タダで本を読めるなら、読まない手はありません。

登録したことのない人は、この下の注意点などにも目を通しながら利用してみて下さい。少なくとも、解約さえ忘れなければ損はしないでしょう。

\CHECK NOW/

kindle unlimitedを30日試す
無料で読み放題を体験する

kindle unlimitedの賢い使い方

kindle unlimitedの賢い使い方

次に、そのようなkindle unlimitedを使いこなすにはどうすれば良いのか?というお話に入ります。賢い使い方として、使う上でのメリットや注意点をお伝えします。

読みたい本がkindle価格980円以上で、読み放題対象になっていれば入会する

読みたい本が対象本にあり、kindle価格980円以上なら入会して間違いない

当然ですが、unlimitedには通常にkindleで売られている本が並びます。たまたま今は幻冬舎の特集が組まれていたので、あのベストセラーになっていた『メモの魔力』などもラインナップされているのを確認しました。定価1,317円ですので、月額980円で読めるならシンプルにオトクです。

その他、例えば雑誌に目を通したり、読んでいなかった古典をさらっと読んでみたりすれば、「月額980円で読み放題」のメリットを十分に感じられるでしょう。

逆に言えば、読みたい本がなければ入っても仕方ありません。一旦確認してからかな?とは思います。対象書籍の確認は、上でも書いた通り「kindleストア→kindle unlimited対象」と進めば、加入していなくても確認できますので、たまにチェックしつつ読みたい本があるときに入会したいですね。

退会したら読めなくなるので、手元に置いておきたい本は単品買い推奨

注意点を一つ。kindle unlimitedでダウンロードした本は、もちろん退会すれば読めなくなります。「これはめちゃくちゃ良い本だ!いつでも読み返せるように手元に置いておきたい!」と思うような良書と出会ったときは、買って手元に置いておいた方が良いかもしれません。

使い始めると、単品買いに躊躇するようになって財布に優しい

これには注意点とメリット、両方の側面があります。まず、kindle unlimitedを使い始めると、ビジネス書を単品買いすることがちょっとバカらしくなってきます(※個人の感想です)

僕もたまにビジネス書に目を通すのですが、例えば上でご紹介した『メモの魔力』とかも持っていたりします。もちろんunlimitedは発売から一定期間たってからラインナップされることが殆どで、事実メモの魔力も読んでからかなり月日が経っていますので、「損した」なんて感覚ではありません。

しかし、「まあ、どうせそのうちunlimitedに並ぶだろう」と、それほど読みたいわけではない本は買わなくなります。ある意味ではメリットですし、知りたいときに知りたいものを読まなくなる傾向にあるという点ではデメリット?とも言えるかもしれません。

ただ、unlimitedを利用することで、財布に優しくなるのは事実としてありそうです。

kindle unlimitedは、入会も解約も超簡単

Amazonはどのサービスもそうですが、入会も解約もカンタンです。特に普段からAmazonで買い物をする人にとっては、なんの入力も必要なく、ワンボタンです。

kindle unlimitedへの入会はワンボタンでOK

そのときにより画面は少々かわりますが、このページの「30日間の無料体験を始める」あるいはすでに体験をしたことがある人は「kindle unlimitedに入会する」といったボタンを押すだけで、入会が完了します。

特に難しいことはないでしょう。

\CHECK NOW/

kindle unlimitedを30日試す
無料で読み放題を体験する

kindle unlimitedの解約(退会)もワンボタンでOK

unlimitedは、止めたいときにいつでもサクっと止められることもメリットです。具体的には、この会員情報ページから「kindle unlimited会員登録をキャンセル」を押すだけ。

ちなみにどのタイミングで退会しても、1か月の期間が終了するまでは、もちろんライブラリにある本は継続して利用できますし、あらたにダウンロードもできます。

つまり賢い使い方として、退会日の1週間前くらいになって、「今回はそろそろ読みつくしたな」と感じれば、そのタイミングで解約しておくことをオススメします。解約手続きを忘れる事もなく、終了日まではあらたにダウンロードもしながら普通に使えます。もし継続したくなれば、さきほどの会員情報ページで「kindle unlimited会員を継続する」のボタンを押せばOKです。賢い使い方というか、「僕のような忘れっぽい人が無駄に980円払わない為の使い方」ですね。

kindle unlimitedの解約方法│解約後も期間内は使えるから安心して退会しようAmazonのkindle unlimitedの解約方法を、詳しく解説します。解約後も期限が残っている内は利用し続けられるので、安心して...

kindle unlimitedで読める、人気のおすすめ書籍10冊

もちろん好みにもよりますが、現段階のkindle unlimited対象書籍のなかから、読んで面白かった本や、人気な本、古典で間違いない本などを10冊だけご紹介します。だいたいこんなのもあるんだな、と思って頂いて、良さそうなら実際に検索してみて下さい。

パフォーマンスアップにおすすめ

魔法のコンパス 道なき道の歩き方【電子書籍】[ 西野亮廣 ]
created by Rinker

Tarzan特別編集 決定版 自律神経を整える。【電子書籍】[ マガジンハウス ]
created by Rinker

他にもビジネス系や暮らし系など沢山。ジャンル的にはビジネス書が一番多いです。ちなみに、テストステロン氏の『筋トレが最強のソリューション』は、ぜったいに読んだ方が良い良書です。

小説・古典が好きな人におすすめ

硝子のハンマー【電子書籍】[ 貴志 祐介 ]
created by Rinker

鍵のかかった部屋 (角川文庫) [ 貴志 祐介 ]
created by Rinker

完全に自分の好みですがハリーポッター、貴志祐介さんのミステリーなどが読めます。もちろん他にも沢山ありますので、気になるタイトルを探してみて下さい。

よく雑誌を読む人におすすめ

雑誌は特に、おそらく発売日に最新のものが入っています。定期的に読んでいるものが何冊かあれば、Unlimitedに入りっぱなしでもオトクかと思われます。

ちなみにプライムに入っていれば、prime readingは無料で使える


ちなみに、アマゾンにはprime readingというサービスも存在します。kindle unlimitedとの違いは、純粋なる冊数と、値段。

上の表の通り、prime readingの読み放題対象書籍はたったの数百冊。要するにkindle自体をお試するために用意されたものと捉えて良いでしょう。プライムに入っていれば無料で利用できて、unlimitedから純粋に冊数を大幅に減らしたような読み放題サービスです。

良い本はまったくと言って良いほどありませんが、もしご興味あれば試してみて下さい。

kindle unlimitedとは、賢く使えばとてもメリットのあるサービス

kindle unlimitedとは本の読み放題サービスではありますが、常に自分の読みたい書籍がラインナップされているかというと話は別

登録しっぱなしにするよりも、読みたい本が貯まったタイミングで契約し、あらかた読み終えたら退会するような使い方がおすすめ。ぜひ賢く使ってみて下さい。

\CHECK NOW/

kindle unlimitedを30日試す
無料で読み放題を体験する

ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 企業オウンドメディアの運営チームで働きながら、ブログや複数サイトを運営して生計を立てています。このブログでは、WEBライティングや北海道情報などを発信中。
未経験からwebライターになれる「ブログ」始めませんか?

【朗報】ブログを始めたら、超ホワイトなwebライターに転職できた。

ブログを始めれば、良いことばかり
  • ブログを続ければ超ホワイトなwebライターに転職できる
  • 続ければ続けるほど、たいてい結果がでる
  • 人に行動してもらえる文章術がみにつく

35歳からwebライターに転職した体験談はコチラ→

サラリーマンがブログを始めるメリットはコチラ→

すでに「ちょっとブログ始めてみようかな?」と思ってた方は、以下の記事もご覧ください。

ブログの始め方-ブログであらたなキャリアを作っていく方法 このページを読めば、ブログをはじめて未経験からwebマーケティング業界に転職する方法がわかります。 突然で...