カメラの話

三角構図とは?写真に「安心」と「ストーリー」を生み出す素敵な構成

「三角構図」とは何か。

なんとなくイメージはありつつも、改めて調べた事は無いなーという人も多いのでは?というわけで、徹底調査。するとどうやら、ポイントは「安定感」と「ストーリー」みたい。

「三角構図とは何か」という話から、どんな効果があり、具体的にはどんな写真がそうなのか。詳しく解説していきます。

三角構図とは

三角構図(三角形構図)とはその名の通り、写真の中に「三角形」ができている構図。例えば上の写真のような真っすぐの道を撮ったり、高い建物を撮った際に自然と生まれます。もちろん三角形のものを撮影すればそれだけで三角構図に。

そんな三角構図の魅力とは?と考えたとき、突き詰めると「ストーリーが生まれやすい」ということが一番。

どういうことか?順番に見ていきましょう。

まず、安心感がある

モエレ沼公園のガラスのピラミッドはまさに三角形

たとえばスーパーの陳列、服屋さんのショーウインドウ等でも、よくよくみると「三角形」を基準にした構成になっていることが多いです。これは「三角構成」と呼ばれ、人が安心感を感じやすいデザインなんだそう。

写真もそれと一緒で、構図の中に三角形が入っていることで事で安定します。人が心地よさを感じやすいというのは、それだけでメリット

小樽水族館のペンギン。三角っぽい。

もしかしてペンギンがかわいいのは、フォルムが三角形っぽいからでしょうか。安心して見てられますね。

それに加えて、視線誘導の効果も

三角構図には、視線誘導効果もあります。とくに上の写真のような「」の部分の三角だと、手前から奥に向かってスーーーっと見ちゃいませんか?

なんとなく、広い方から狭い方へ。手前から奥へ。自然と視線が動かされます。静止画のなかで視線が動くと、まで動かされることが多いそう。つまり印象的な写真になる確率が高いということ。それはあえて狙いたいメリットですね。

ちなみに真っすぐな道が三角形に写るのは、パース(遠近法)の効果。近いところはより大きく、遠いところはより小さく写るという原理です。レンズの焦点距離が広角なほど、パースは強く出ます。

もともと三角の建物も、下からあおって撮るとパースが効いて更に三角形が強調されます。こんな写真も、下から上に視線が動きがちですね。

逆にすると、ちょっと不安

逆にすると、ちょっと不安無意識に避けていたのか、手持ちの写真には全くなかった「逆三角形の構図」。フリー素材から気球の写真をお借りしました。

逆三角形が入っている構図は、圧迫感を感じて「不安をあおる写真になる」と言われています。たしかにバランスの悪さは感じます。

そのあたりも考慮して撮影できれば良さそうですね。

つまり感情が動き、ストーリーが生まれやすい構図である

つまり三角構図は、視線が誘導されたり、逆三角形だと不安が生まれたりと、「人の感情を揺さぶりやすい構図」だと言えます。

感情が揺さぶられると、そこにはストーリーが生まれます。意識して狙っていくことで、見る人の想像を掻き立てる写真が生まれやすいかもしれませんね。

三角構図を使いこなせ!シーン別の作例

解説で沢山の写真をお見せしましたが、あらためてシーンごとに整理しておきましょう。三角構図はこんなときに、こんな効果を発揮しているぞ、という具体例をご紹介します。

そこに道があれば、三角を狙え

さきほどもお出しした写真ですが、「道」は三角構図においてキホンのキ。どこまでも続いていく道が、自然とストーリーを連想させます。

僕が気づけば道の写真ばかり撮っているのは、本能的なものでしょうか。多分そんなフォトグラファーも多いはず。(偏見)

そんなわけで、「道」はパースを効かせて三角を意識して撮ると、ストーリーが生まれやすくて効果的というわけですね。

とにかく三角っぽければ、ちょっと安心する

赤れんが庁舎のてっぺん

写真の構図に困ったときは、三角っぽいところを写しておけば安心して見れる写真になります。

札幌に旅行に来たら、やっぱり建物全体を写したくなる赤れんが庁舎。いつでも行ける余裕のある道民なら、こんな贅沢な構図で撮ってみるのも良いのではないでしょうか。

建物の三角の部分をさがすと、意外な発見があるかもしれませんね。

風景でも三角を探せ

風景でも三角を探せ

もちろん自然の風景でも三角はあります。「山」とか、「木」とか。とにかく三角をいれると、安定して「見やすい」写真になります。

心を動かす効果は「道」とかの視線誘導をねらった写真の方が有利ですが、落ち着く風景も良いじゃないですか。ぜひトイレに飾りたい写真。

というわけで、三角があれば積極的に撮っていきたいですね。

三角構図で、写真に安心感とストーリー性を

三角構図を使いこなせば、安定して「良い写真」が撮れます。さらに道や線路などを撮れば、「心を動かす」写真にも。

そんな三角構図。ぜひ狙って行って下さい。それでは良きカメラライフを。

風景写真の基本構図とは?「それっぽい」写真を撮るための基礎知識「似たような風景を撮ってるはずだけど、あの人の写真となんか違う…」 こんな経験ありますよね。原因が何かといえば、やはり構図の違いで...
ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 企業オウンドメディアの運営チームで働きながら、ブログや複数サイトを運営して生計を立てています。このブログでは、WEBライティングや北海道情報などを発信中。
もっと簡単にレタッチしたい方必見。

【朗報】細かいレタッチ方法を覚えるのが面倒な方には、ルミナー4がオススメです。

ルミナー4のスカイリプレースメントとは?細かい機能を全解説!ルミナー4なら、普通の写真も星空に。
  • ボタンを押してバーを動かすだけで、さえない空の写真が満点の星空
  • 当サイト限定プロモコード「HOKKAIDO」を入れると1000円オフ
  • 30日間はカンタンに全額返金OK

詳しくはルミナー4公式サイトをチェック。

もっとルミナー4の機能を知りたい方は、以下の記事もチェックしてみて下さい。

ルミナー4のスカイリプレースメントとは?細かい機能を全解説!
ルミナー4のスカイリプレースメントとは?細かい機能を全解説!Luminar4(ルミナー4)のスカイリプレースメント機能の基本的な使い方や、全ての機能の役割を解説します。 ルミナー4を導入し、...