サブスクリプション

【試聴すべき】オーディオブックで小説を聴く方法【損しない使い方】

【試聴すべき】オーディオブックで小説を聴く方法【損しない使い方】

「オーディオブックで小説を聴くときって、どのアプリが良い?」「というか、どんな小説が聴けるの?」「オーディオブックで聴けるおすすめの小説を教えて欲しい」

こんな疑問にお答えします。

とりあえず、純粋に「小説を聴いてみたい!」と思っている人は、audiobook.jpの聴き放題プラン(1か月無料)で聴いてみつつ、audibleに登録して1冊好きな小説を無料で貰うのがオススメです。

(でも、audiobook.jpの聴き放題にはぶっちゃけあんまり良い小説は無いです…。)

個人的には「オーディオブックで小説を聴くのは楽しいけど、下手すると変にお金がかかるかも」という感じです。

とりあえず、買う前に試聴はしましょう。

その辺りも踏まえて、オーディオブックで小説を聴く方法と、サービスの登録方法、解約方法、失敗しない選び方をお伝えします。

【無料】audibleに無料で登録する【無料】audiobook.jpに無料で登録する

オーディオブックで小説を聴く方法

オーディオブックで小説を聴く方法

そもそも、オーディオブックは”聴く本”です。

そんなオーディオブックを使う目的は主に2種類あります。

  • エンタメとして聴く
  • 頭に叩き込むために聴く

ビジネス書などを聴く場合は、「本の内容を頭に叩き込む」という目的で、同じ本を何度も何度も聴く人が多いです。

(メンタリストDaiGoさんもオーディオブックフリークですが、「繰り返し聴く」ということを推奨されています)

でも、小説を聴きたいあなたにとっては、「同じ本を何回もリピートして聴く」ってイメージは沸きませんよね?

小説を読み聞かせのようにエンタメとして聴きたいのであって、ハリーポッターのストーリーを頭に叩き込むためにオーディオブックを使う人は少数派のはずです。

というわけで、小説を聴きたい人には、「いろいろな小説を好きなタイミングで聴く」ことができるオーディオブックアプリをメインに選ぶのがオススメです。

audiobook.jpとaudibleの違い

audiobook.jpとaudibleの違い

今、オーディオブックの主なサービスには2種類あり、それぞれちょっと使い勝手が違います。

シンプルに説明すると、「幅広く定額で聴きたいならaudiobook.jp、1冊ずつ買ってじっくり聴きたいならaudible」という選び方が基本です。

audiobook.jp
  • 月額750円で聴き放題プラン
  • 聴き放題に小説はあまりない
  • 小説の新作はペース遅い
audible
  • 月額1500円でaudible会員
  • 会員になれば常に30%OFF
  • 小説の新作のペース早め

audiobook.jpは、月額750円の聴き放題プランで1万冊ほど聴けます。その中にはもちろん小説もあるので、「読み聞かせ感覚でいろいろな小説を聴きたい」という目的にピッタリです。

ピッタリではあるのですが…あまり新しい小説はなくて、例えば『走れメロス』とか夏目漱石の『こころ』といったラインナップが中心です。

半面、audibleの定額会員には、そもそも小説の読み放題はありません。その代わり、audibleは無料登録するだけで好きな本を1冊貰えます。

単品で購入する分にはかなり新しいタイトルもあり、きっと楽しめます。

こんな感じで一長一短の2つのアプリ。

オーディオブックで小説を読みたいあなたにおすすめの入門フローはコチラ。

  1. audiobook.jpの聴き放題プランで、好きな小説を適当に聴く。初月無料なので、とりあえず試す。
  2. audibleに無料登録して1冊好きな小説を貰い、1か月の無料期間内に一旦解約する。(解約しても、貰った本は残ります。)
  3. オーディオブック自体が気に入れば、単品購入してじっくり聴いていく

これがベストかなと思います。

失敗しないための注意点

オーディオブック初心者が足を踏み入れる場合に、「こんな使い方したら失敗するかも」という内容をまとめます。

注意点①.audiobook.jpの聴き放題プランにある本はaudibleで買わない

注意点①.audiobook.jpの聴き放題プランにある本はaudibleで買わない

audiobook.jpの聴き放題プランは、月額750円です。

audibleで単品購入したい本があっても、必ず一度audiobook.jpの聴き放題に無いか確認しましょう。上の『風立ちぬ』のように、もしaudibleで買ったら損した気分になりそうな本もあります。

あったらめちゃくちゃ損した気分になりそうです。

注意点②.値段を比べる

注意点②.値段を比べる

同じ本であっても、二つのアプリで価格が違うことがあります。

例えば『火花』を買おうと思ったとき、上がaudiobook.jpで、下がaudibleです。

こんな風に全然値段が違うことがあるので、併用して毎回比べるのがオススメです。

注意点③.試聴してナレーターを比べる

注意点③.試聴してナレーターを比べる

あとは、ナレーターの好みもあるかもです。

こんな風に、同じ本でも全然ナレーターが違ったりします。

どちらのアプリでもサンプルを視聴できますので、好みに合うか試聴してからの方が失敗がなくて良いですね。

オーディオブックアプリの登録・解約方法

というわけで、とりあえず二つとも初月無料で使えますので、興味があれば試してみて下さい。

復習すると、audibleは無料登録でaudible会員が1か月無料&好きな本を1冊無料で貰えます。audiobook.jpは月額750円の聴き放題プランが初月無料です。

audibleの登録方法

まずはaudible公式サイトへ。

audibleの登録方法

ここから。

audibleの登録方法

ここへ。あとはamazon会員であれば1ボタン。そうでなければ登録すれば、1か月無料で会員になれます。

会員になると、1冊無料で好きな小説を貰えます。

audiobook.jpの登録方法

まずはaudiobook.jp公式サイトへ。

audiobook.jpの登録方法

ここからすすみ、ページのちょっと下の「無料トライアル開始」へ。

audiobook.jpの登録方法

氏名・メールアドレス・パスワードを設定するだけで登録完了です。

audiobook.jpの登録方法

AppleやFacebookのIDがあれば、それでも登録できます。お手軽ですね。

audibleの解約方法

まずはトップページ。「アカウントサービス」へ。

audibleの解約方法

次のページの、「退会手続きへ」から。

audibleの解約方法

audiobook.jpの解約方法

トップページ右上の「アカウント」から。

audiobook.jpの解約方法

次のページの下の方、購読中のサービスの「聴き放題」へ。

audiobook.jpの解約方法

下の方の、「確認して次へ」から。

audiobook.jpの解約方法

オーディオブックで聴ける小説

実際にオーディオブックでどんな小説が聴けるのか、ちょっとご紹介します。

audibleで単品購入できる小説

audibleで単品購入できる小説

新海誠とか、新しいラインナップも結構あります。

audibleで単品購入できる小説

とりあえず無料登録すれば1冊貰えるので、聴いてみて下さい。

【無料】audibleに無料登録して1冊貰う

audiobook.jpで聴き放題の小説

audiobook.jpの聴き放題の小説は、正直けっこう古いラインナップ…ですね。

audiobook.jpで聴き放題の小説

うーん…って感じですが、とはいえこちらは1か月無料で聴き放題です。

試してみてまったく損しないので、一度聴いてみて、意外と良かったら続ければOKですね。
【無料】audiobook.jpの聴き放題プランを無料で試す

オーディオブックで小説を聴く方法まとめ

というわけで、オーディオブックで小説を聴く方法と、失敗しない選び方をお伝えしました。

オーディオブック自体はとても良いものです。手が塞がっている時でも聴けて、音楽の代わりに流すこともできます。

もしもビジネス書などにも興味が沸けば、そのジャンルの本はaudiobook.jpの聴き放題プランにも豊富にあります。

単品購入するときは、二つのアプリを比べながらがベストですよ。

オススメフローをもう一度置いておきます。

  1. audiobook.jpの聴き放題プランで、好きな小説を適当に聴く。初月無料なので、とりあえず試す。
  2. audibleに無料登録して1冊好きな小説を貰い、1か月の無料期間内に一旦解約する。(解約しても、貰った本は残ります。)
  3. オーディオブック自体が気に入れば、単品購入してじっくり聴いていく

ぜひ試してみて下さい。

<関連記事>audibleをもっと詳しく知る

【audibleの感想】結論、読んだことのある本を買わないと後悔する。audibleは、どう考えても人を選びます。情報をインプットしたい!という人にはおすすめですが、タイトルにもある通り「一度読んだことのある本を選ぶべき」です。そのあたりを、実際に使った感想を通して解説していきます。...
ABOUT ME
アバター
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 企業メディアのディレクターとか、カメラマンみたいなことをしています。北海道生活で感じたことなどをいろいろとお伝えしています。