サブスクリプション

【audibleの感想】結論、読んだことのある本を買わないと後悔する。

「audibleを使った人の感想が知りたいな」「1冊が結構高いし、失敗したらいやだな…」

こんな方へ、オーディオブックの「audible」を使った感想や、後悔しない本の選び方をお伝えします。

audibleはどう考えても人を選びます。さらに言えば、1冊が高いので使い方をミスると後悔するでしょう。

そんなサービスを使ってみた感想とともに、audibleと普通の本を比べたときのメリットとデメリットや、オーディオブックブックの失敗しない選び方、無料体験の概要などをお伝えしていきます。

【1か月無料】audibleを試してみる

audibleの感想

audibleとは

audibleとは、Amazonが展開している「オーディオブック(聴く本)」のサービスです。

オーディオブックという名の、「すでに出版されている本をナレーターが読み上げたもの」が1冊1,500円~3,000円くらいの価格帯で販売されています。ぶっちゃけ高いと思いましたが、ナレーターの人件費が掛かっているから仕方ありません。

会員になれば毎月1冊もらえるのは良い

月額1,500円払って会員になると、毎月「コイン」が1つ貰えます。この「コイン」は好きなオーディオブックが1冊と交換できるので、毎月1,500円で1冊入手できるわけです。

大抵のオーディオブックが1,500円~3,000円程度の価格帯なので、つまり1冊でも買いたい場合は会員になってコインと交換した方がコスパが良さそうです。

会員になれば全てのオーディオブックが30%オフになるので、尚更ですね。

ちなみに、今なら月額会員を1か月無料で体験できます。

会員になれば聴き放題のコンテンツがあるのも良い

更に、audible会員には、「audible station」が聴き放題という特典もつきます。簡単にいえば収録ラジオのようなものですが、いつでも何度でも聴けます。

英語学習に役立ちそうな海外のニュースチャンネルがあったり、ホリエモンが時事問題に切り込むチャンネルがあったりと、刺さる人にはグっと刺さるはず。

でも、用途は限られる…

オーディオブックをきちんと楽しもうと思うと、「一度読んだことのある本を買うべき」だと思いました。その本の基本的な内容が頭にないと、聴いているだけでストレスになる可能性があります。

何故か?それは、オーディオブックのデメリットに感じる部分に起因します。

一度読んだことのあるブックを買うべき理由

オーディオブックには、実際の本と比べた場合にデメリットに感じる部分もあります。それがそのまま、「一度読んだことのある本を買うべき」と思った理由。

  • 「少し戻って読み直し」が難しい
  • 「これなんて意味?」とググりながら聴くのは面倒
  • 人間の理解速度と相性が悪い

デメリットをまとめると3点。順番にお話ししましょう。

「少し戻って読み(聴き)直し」が難しい

本を読むとき、「あれ?これってどんな意味だっけ?」と少し戻って読み直す人も多いと思いますが、audibleだとそれが面倒です。

使い勝手はいわゆる音楽プレイヤーですので、ピンポイントでは巻き戻せないと思った方が良いでしょう。つまり「今なんて言った?」とか「それなんの話?」みたいな疑問が沸いても、そのまま続きを聞いていくことになります。

戻ろうと思うと、「その話どこでしてたっけ?」と秒数単位で調整しなければならないのですが…想像しただけでメンドクサイですよね。

「これなんて意味?」とググりながら聴くのは面倒

通常の本やkindleであれば、よくわからない単語があれば一旦読むのをやめて検索できます。kindleなんて、その単語を選択すればそのまま検索できますよね。

でもオーディオブックだと、一旦再生を止めて「なんて漢字だ?」とか考えながらググることになります。これも想像しただけでメンドクサイでしょう。

理解のスピードと合わないこともある

その本のテーマを深く解説するページと、少し横道に逸れた話題のページ。実際に本を読むときは、それぞれで読み進める速度が変わりませんか?

大切なところは何度も読み直したりしますよね。人によっては重要なページに付箋をつけることもあるでしょう。

あるいは講演会を想像してみて下さい。伝えたいメッセージが上手く伝わるように、大切なところは熱量をあげて話すでしょうし、「理解できてなさそう」と思ったら何度も説明しそうですよね。

でもオーディオブックだと、ナレーターが一定の速度で一定のテンションで読み上げています。大切なところで熱意をあげることもありませんし、本の内容を無視して同じことを繰り返すこともしません。(当然ですが)

「ん?どういうこと?」と思ったら、なんども聞く必要があるんですね。そういうメンドクささがあります。

つまり、元々知ってることじゃないと頭に残りにくい

よっぽど頭の良い人は別だと思います。1度聴くだけでピーンと理解できる、とてもIQが高い人もいるでしょう。

しかし普通の人は、その本の内容が有益であればあるほど、新しい知識であればあるほど、声だけじゃ理解しにくいかもしれません。

つまり、「一度ひととおり本で読んで内容が分かっている本を、繰り返し知識として定着させるためにオーディオブックで聴く」という使い方がベストかなと思いました。

audibleには良いところもある

audibleの感想と、無料体験でできること

そんな感じで個人的にはaudibleに「クセ」は感じていますが、もちろん良いところもあります。

audibleなら、目も手もいらない

audibleなら、目も手もいらない

本と違って、電車の中でも風呂の中でも、目も手も一切使わずに本の内容を頭に叩き込めます。集中できるかどうかは別として、仕事中もイヤホンできる人なら垂れ流しておくことも。

睡眠学習もOK。たとえば寝る前から英語ニュースを垂れ流して、スリープタイマーを掛けておくこともできます。(audibleアプリにタイマー機能有り)

つまり、”ながら聴き”ができたり、目を休めたいときも情報をインプットできたりするメリットを感じました。

さきほど「一度読んだ本じゃないとキツい」というお話をしましたが、逆に言えば「何度でも読み返したいような本なら、オーディオブックを使った方が効率良い」とも言えます。

そんな本がある人は、迷わずaudibleで探してみるべきですね。

英語学習なら丁度いい

英語学習をするなら、やはり読むだけよりも「聞いてなんぼ」みたいなところがあります。

英語学習アプリなども勿論良いのですが、audible stationの海外ニュースチャンネルを聞くのは非常に耳が鍛えられます。

なにしろ勉強用に用意されたものと違って、ガチでニュースを伝えるための原稿です。生の英語に気軽に触れられるのはメリットです。

audibleには無料体験がある

audibleの無料体験でできること

そんなaudibleですが、最初にも少し触れた「月額会員」の特典を、今なら1か月無料で体験できます。

  • コインを1つもらえる
  • 全ブックが30%オフで買える
  • audible station聴き放題

コイン1つは本1冊と交換できます。例えば僕はDaiGoさんの本と交換してみましたが、ビジネス書なり、小説なり、いろいろあります。

コインと本を交換すると、結果的に無料期間で退会したとしてもライブラリに残ります。つまり真の意味で無料で1冊貰えます。

普通にオトクですので、興味があれば使ってみて下さい。一切損はありません。

【1か月無料】audibleを試してみる

audibleの感想、「これは人を選ぶ」

audibleを使った感想として、「どう考えても万人受けするサービスではないな」と感じました。

元々読書家の方は「やっぱり本で読みたい」と思う人も多いでしょう。そもそもビジネス書とか実用書を読む気が無く小説メインの読書家の方だと尚さら。

しかし、例えば「英語学習に使いたい」という人。あるいは「好きな筆者のビジネス書を繰り返し読んで頭に叩き込んでおきたい」という熱心な人や、「目や手が塞がっているときでも情報をインプットしたい」というビジネスマン。

そんなあなたなら、有意義に使いこなせるでしょう。僕ももう少し使ってみます。

いまなら1か月無料。ぜひ試してみてください。

ABOUT ME
アバター
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 企業メディアのディレクターとか、カメラマンみたいなことをしています。北海道生活で感じたことなどをいろいろとお伝えしています。