レビュー記事

【audible】無料体験の感想と、失敗しない使い方【なるほど】

「audibleの無料体験って、何ができるんだろう?」「audibleを使った人の感想が知りたいな」「なんか、本買っちゃったりして失敗したらいやだな」

こんな方へ、オーディオブックの「audible」を無料体験で1か月使ってみた感想や、失敗しない使い方をお伝えします。

私は、普段web系のお仕事をしていて、オフィスで仕事中もイヤホンをして聴いたりしています。家ではアレクサに読み上げてもらうこともあります。

結論、audibleに合っている人は「純粋に情報を入れたい人」「作業用BGM(声)が欲しい人」「落語が好きな人」の3タイプかなと感じました。

また、本格的にオーディオブックを使う場合はaudiobook.jpと併用がベストだと思います。

audibleで本を買うときは、「これはだけは繰り返し聞きたい!」みたいな、すでに中身を知ってて耳でも聞きたいよう本が良いんじゃないかな?と思います。

感想とともに、audibleで何ができて、無料体験で何が使えて、使うとどんなメリットがあるのか。お伝えしていきます。

オーディオブックのトレンド

検索数の推移
出典:google trend

オーディオブックに関するgoogleでの検索数の推移を調べてみました。上の表の通り、オーディオブックの人気、右肩上がりです。

そもそも30日無料ですので、まだダウンロードしたことの無い人は一度登録しておきましょう。この記事で、感想とともに詳しい使い方も解説します。

  1. Amazonの「audible」のページで無料登録
  2. アプリダウンロード
  3. この記事を見ながら、まずは無料で使ってみる

合わなければ、30日以内に解約すればお金は一切掛かりません。

audibleとは

audibleとは

audibleとは、Amazonが展開している、「オーディオブック(聴く本)」のサービスです。

audibleには、過去に「会員になれば無料で全部聴き放題」の時期がありました。しかし、2018年から「会員は一部聴き放題、オーディオブックは買い切り」の方式に変更されています。

なんとなく「え?聴き放題じゃないの?」というイメージでしたので、初見だと結局何ができるのかよくわかりませんよね。

まずは「audibleの使い方」「会員システム」についてお伝えしてからでなければ「無料体験」の話に繋げられないので、順番にお伝えしていきます。

audibleの使い方

audibleの使い方自体は、非常に簡単です。

要は「本」と「ラジオ」と「音楽プレイヤー」が合わさったようなものです。ラジオと違うのは、「配信されているタイトルから自分で選んでダウンロードして聴く」ということ。

例えば上の本を購入して、プレイヤーで再生するという使い方です。

このようなインターフェイスで、「再生速度の変更ができる」というのが、音楽やラジオとの大きな違いでしょうか。

Amazonの他のサービスをよく利用している方にお伝えするならば、「kindle」と「Amazon music」が合体して、Amazon musicの曲が、「ラジオステーションは聴き放題で、アーティストの曲は1曲ずつ買い切り」になったような感じです。(余計わかりづらい?)

要は、オーディオブックを入手して、それを再生する流れで使います。

オーディオブックのイメージは何となくわかりましたか?

audible会員の概要

audible会員の概要

さて、audibleの無料登録は済んでいますか?

いま登録していただいた「audible会員」で何ができるのか。下記にまとめました。

  • audible stationが聴き放題
  • 毎月1コインが貰える
  • オーディオブック購入が常に30% OFF

こんな特典があります。

最初の30日無料で、次の月からは月額1,500円です。

ぶっちゃけ最初は「なんかショボいな…」と思ったのですが、無料体験したみたことで、audibleの良いところが沢山見えてきました。

それをお伝えしていきます。

audibleの感想と、無料体験でできること

audibleの感想と、無料体験でできること

audibleの無料体験期間は、前述した「audible会員」の特典をそのまま利用できます。

それを掘り下げつつ、使って感じたaudibleの感想をお伝えします。

audibleの無料体験でできること

audibleの無料体験でできること

先ほど、audible会員には下記の特典があるとお伝えしました。

  • audible stationが聴き放題
  • 毎月1コインが貰える
  • オーディオブック購入が常に30% OFF

これがそのまま使えます。

まず、「audible station」は、収録ラジオのようなものです。何かのテーマについて対談しているものや、落語、お笑いなどの番組がいろいろとあり、それが聴き放題です。

「HORIE ONE」という、ホリエモンが最近のニュースを解説する番組を持っていたり、桂三枝さんの落語が聴けたり、吉本の東野さんの番組があったり、他にもいろいろ聴けます。

無料で聴き放題のものはこの「audible station」のみですが、会員にならなければ1本ずつ2,000円~程度の価格で購入する必要があるので、聴き放題のお得感があります。

また、audible会員は毎月1コインが貰えるのですが、この1コインで好きな本1冊と交換できます。そして、そこで交換した本はaudible会員を退会しても自分の持ち物のままです。

つまり、無料登録するだけで好きなオーディオブックが1冊貰えます。そこは天下のamazonさん。解約したらなくなるなんてことはしません。

登録する前は「なんかショボいな…」なんて思ってましたが、なかなか太っ腹でした。

また、1コインで1冊交換したあと、追加で購入したい場合は1冊〇〇円と課金していくのですが、会員は常に30%オフになります。

「とりあえず無料で試したい」という場合は、オーディオブック30%オフは特に気にする必要はありません。が、買おうと思えば安く買えます。

というわけで、無料体験はなかなかお得感を感じます。

無料で1冊貰えますので、登録がまだの方はとりあえず貰っておきましょう。

  • 簡単5分登録
  • 1冊貰えます
  • ホリエモン聴き放題

無料 公式HPはこちら

リンク先:https://www.audible.co.jp/

30日無料体験キャンペーン中!まずは聴き放題と1冊無料で試しましょう。

audibleの無料体験の感想

audibleの無料体験の感想

ここで本腰をいれてaudibleの感想をお伝えします。

まず、登録~ライブラリの使い方やプレイヤーの使い方などは、普通に使いやすいです。「amazonのサービスに慣れているから」というのものあるかもしれませんが、直感的な操作感で〇です。

シンプルに「システムがあまりに分かりづらい」と感じたのでこの記事を書いたのですが、一体どんなサービスなのか伝わりましたか?

まとめると、「会員は月額1,500円。聴き放題は収録ラジオで、オーディオブックは1冊ずつ購入する」という内容です。

オーディオブックは1冊3,000円(会員価格2,100円)程度のものが多く、正直安くはないので、あまりポンポン買うのはな…と思います。

ちなみに同じオーディオブックサービスの「audiobook.jp」に聴き放題の本が多かったので、無造作に聴きまくる場合こちらを併用したいところです。audiobook.jpaudibleの比較は下の記事が分かり易かったので、ご興味あれば見てみて下さい。

結論、個人的な感想としては、「耳が空いているときに、耳から情報を入れたい」という用途であればめちゃくちゃ有用。「ただの暇つぶし用」なら音楽でも良いかな?と思いました。Amazun music unlimitedなら月額980円で6500万曲聴き放題ですからね。(ちなみにこれも1か月無料です)

個人的には、しばらく使ってみようかなと思っています。

audibleを使うメリット

audibleを使うメリットとして、「しばらくオーディオブック使ってみようかな」と感じた理由をお伝えします。

理由の一つとしては、DaiGoさんの書籍の垂れ流しが結構よかったからです。

彼の配信を聴きたいと思えば、もちろんYoutubeとかニコニコでも良いのですが、1本につき20分くらいです。でもオーディオブックは1冊6時間くらいあるので、仕事中落ち着いて通して聴けるというメリットを感じました。

あと、オーディオブックは買い切りなので、解約してもライブラリに残るというのも良いですね。

また、「普段はaudible stationを垂れ流しつつ、毎月1冊コインで本を交換しつつ、audiobook.jpも併用する」という使い方で、毎月2,250円で良質な情報を常に得られるというのはかなりコスパ良いです。(ちなみにaudiobook.jpは月額750円で1万冊聴き放題です)

本格的にオーディオブックを使う場合は、単体で使うというよりも併用が良いですね。

↓一応もう一度置いておきます

audibleに合っている人

audibleに合っている人

今回体験した感想を総合した結果、audibleに合っている人は下記の通りです。

  • 純粋に情報を入れたい人
  • 作業用BGM(声)が欲しい人
  • 落語が好きな人
  • 新しいものが好きな人

純粋に情報を入れたい人は、仕事中とか作業中にも耳から好きなオーディオブックで情報を入れられるので、シンプルに有用です。

「作業用BGMとして垂れ流しにしておきたい人」も、audible stationの聴き放題をメインに利用しつつ、毎月の1コインで1冊ずつ好きなオーディオブックを入手していくという使い方が良さそうです。

落語が好きな人は、聴けるタイトルがかなり沢山ありましたので、これまた有効。

あと、トレンドがかなり上がってきていますので、新しいものが好きな人は、今のうちに体験しておきましょう。完全に一般に浸透して、ふと話題にあがったときに「ああ、使ったことあるよ」って言えるようにしておいた方が良いですね。

少なくとも上記に合っている人は、ぜひダウンロードしてみて下さい。

audibleの無料体験の感想でした

audibleの無料体験についての感想や使い方、audible会員の概要などをお伝えしました。

オーディオブックは、音楽やラジオ以外に耳から聴ける新しいスタイルのサービスです。

ぜひ試してみて下さい。

  • 簡単5分登録
  • 1冊貰えます
  • ホリエモン聴き放題

無料 公式HPはこちら

リンク先:https://www.audible.co.jp/

30日無料体験キャンペーン中!まずは聴き放題と1冊無料で試しましょう。

ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在はとある企業メディアのディレクターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にもちょっと詳しいです。 当メディアの情報が、仕事や人生に疲れた方のちょっとした手助けになればと思っています。