ブログ運営

【さくら】WordPressでブログを始める7ステップ【月607円】

WordPressでブログを安く簡単に始める方法【月607円から】

ブログを始めるならWordPress(ワードプレス)を使いましょう。本格的にブログを始める場合はこれが最適解で、長い目で見て一番簡単な方法でもあります。

この記事では、「収益化やwebライターへの就職を目指してWordPressでブログを始めたいけれど、なんかサーバー代とか高くない?できるだけ安く始めたいな。」という方向けのWordPressブログ開設方法をお伝えします。

さくらサーバーを利用し、月換算だと607円程度のコストの想定です。クレジットカードがあれば最速で進められますが、銀行振り込みなどでもOK。

ちなみに私は現役で企業メディアのディレクター(兼webライター)として働いており、会社でもWordPressのシステムを使用しています。このブログでもWordPressを使用していて、ある意味仕事でもプライベートでもWordPressを使ったメディア運営で稼いでいます

そんな私が、「なぜWordPressが良いのか?」「なぜさくらサーバーを選んだか?」などの解説も含めて、ブログの始め方をステップ・バイ・ステップで解説していきます。

手順通りに進めることでWordPressで記事を書き始めるところまで辿り着ける構成になっていますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

WordPressとは

WordPressとは

WordPressとは、ブログ運営を簡単に行うためのシステムです。

自分でサーバーを借りて、そこにWordPressという「ブログを書くシステム」をインストールして、そこで運営するブログをWordPressブログと呼びます。

※WordPress自体は完全に無料で使えます。

要は、土地(サーバー)を借りて、そこに建物(ワードプレス)を建てて、お店やカフェ、相談所など自分の好きなもの(ブログ)を運営する感じです。

無料ブログと比べて自由度が高かったり、商売も自由に出来たり、不慮の規約違反などで消される心配もないため、収益化を目指してブログを始める人はWordPress一択です。

webライターへの就職を目指してブログを始める場合も、WordPressを扱った経験の有無はかなり大きいため、絶対にWordPressで始めるべきです。

補足

ちなみに、WordPressを使わずに自分で1からサイトを作る事もできるのですが、WordPressの性能があまりに良すぎるのでほぼオワコンです。

いまでは企業サイトでもWordPressを採用していることが多いです。

昔は「ホームページビルダー」とかを使って1から作ったものですが、そんなことをせずに超簡単にクオリティの高いブログやサイトを作れるのがWordPressというシステムです。

WordPressでブログを始める意味は?

WordPressでブログを始める意味は?

世の中には、完全に無料で使えるブログサービスも沢山あります。

しかし、WordPressでブログを始めると、少しお金がかかります。サーバー代が月500円~2,000円程度。さらにカスタムするには様々なお金がかかります。

というわけで、「なんでブログを始めるならWordPressなの?」ということをもう少し噛み砕いておきます。

無料ブログとWordPressブログの違いを簡単に説明すると、下記の通りです。

↓スマホの場合横にスクロールできます。

違いイメージ料金オリジナルティ消える心配商売は?集客は?

WordPress
持ち家月500円程度~出せる無いOK最終的に強い

無料ブログ
賃貸無料微妙有る場合によりOK最終的に弱い

無料ブログでも商売OKのところはありますが、規約が厳しかったり、ジャンルによりNGだったりします。デザインは既定のテンプレートから選ぶことになるため、カスタマイズのふり幅も微妙でオリジナリティは出しにくいです。

また、ブログは基本的に「開設から年月が経てばたつほど集客が有利になる」のですが、そのサービスが立ちいかなくなれば消えてしまうこともあり、そうなるとせっかくの努力が水の泡になります。

※実際に、Yahooのブログサービスが2019年に終了してしまったという事例もあります。こんな大手のサービスでも終わることがあります。

WordPressだと自分の好きなようにカスタマイズできたり、速度に不満があればもっと良いサーバーに乗り換えたり好きなように運営できます。

  • 日記を書くなら無料ブログ
  • 収益化を目指すならWordPressブログ

上記の認識で間違いありません。

収益化を目指してブログを始めるなら、WordPress一択です。

WordPressでブログを始めるために必要なものは?

WordPressでブログを始めるために必要なものは?

そもそもPCが必要ですが、それ以外に必要な物は下記の3点です。

  • レンタルサーバー
  • 独自ドメイン
  • テーマ

テーマに関しては最初は無料のものでOKです。それぞれ深堀りして解説します。

レンタルサーバー

レンタルサーバー

そのブログを設置する土地のようなものです。

web上の場所を借りて、そこでブログを運営します。

今回の解説手順で使用するサーバーはさくらのレンタルサーバのスタンダードプランです。安くて安定していて情報が多い、良サーバーです。

探せばもっと激安のサーバーもあるのですが、そういったサーバーは情報が少なくて初心者には難易度が高いです。

その点、さくらのレンタルサーバは老舗で大きい会社。トラブルがあっても調べればすぐに情報が出てきて安心です。

更に、さくらのレンタルサーバの費用は「年額5,238円+初期費用1,048円=6,286円」を想定しています。月換算だと500円程度と最高のコスパで、初心者にはこれ以上無いほどおすすめです。

※ちなみに当ブログもさくらサーバーで運営しています。

補足

エックスサーバーなど、もう少し値段も性能も高いサーバーも人気ですが、初心者のブログにはオーバースペックです。スぺックが足りないほどブログが育てば、そのときに引っ越せばOKです。(引っ越す作業を記事のネタにもできて一石二鳥ですね)

独自ドメイン

独自ドメイン

そのブログの住所みたいなものです。

このブログだと「tklandphoto.com」の部分がそうです。

ブログ名を「北海道ログ」にした今となっては「hokkaidolog.jpとかにすれば覚えやすくてよかったな」と思いますが、あまりデメリットはありません。

厳密に言えば、そのブログで上位を狙う検索キーワードに合わせてドメインやブログ名にもこだわった方がSEO対策には良いです。

ですが今回は「まず収益化や就職を目指してワードプレスブログを始める方」向けで、どちらにせよブログ名は途中で変えたくなると思いますので、何でも良いです。私も途中でブログ名は変えまくっています。

こだわるのは、慣れてきて2つ目のサイトを立ち上げるときなどでOK。

独自ドメインを取得できる有名どころは、「お名前.com」というサイト。今回の記事でも、お名前.comで取得する方法に解説していきます。

独自ドメインの取得費用は、だいたい年額1,000円程度を想定しています。

テーマ

テーマ

家の外観をワンタッチで着せ替えられるようなアイテムが「テーマ」です。

無料でも沢山配布されていますので、まずは無料のものでOK。「本格的に続けられそうだな」と思った際は、有料テーマがおすすめです。

有料テーマの方がサポート体制やSEO対策がしっかりしていたり、デザインが優秀な場合が多いです。

(ちなみにこのブログは、有料テーマ「JIN」を使っています。)

無料テンプレートで一番有名で最強なのは、Cocoon。私も以前使っていましたので、今回もCocoonを使う手順で解説します。

つまり初期費用は?

つまり、今回のブログ開設にかかる初期費用は、年額7,286円。

1か月換算だと607円です。激安ですね。

WordPressでブログを始める7ステップ

WordPressで安く簡単にブログを始める方法

それでは具体的にWordPressブログを始める方法に入ります。

まずは「WordPressブログを作る作業の全体像」を整理してお伝えします。

途中でいくらでも一息つけるように細かく刻んでいきます。スムーズに行けば、全体の作業時間自体は1時間程度です。

7段階で、ステップ・バイ・ステップで解説します。

  • STEP1
    独自ドメインの取得
    【10分程度】ドメインを取得します。超簡単な、「お名前.com」での取得方法を解説します。
  • STEP2
    サーバーのレンタル
    【10分程度】サーバーをレンタルします。さくらでのサーバーの契約方法を解説します。
  • STEP3
    独自ドメインの設定
    【5分程度】さくらサーバーで独自ドメインの設定します。簡単です。
  • STEP4
    ネームサーバーの変更
    【5分程度】お名前.comのサイトで少し設定します。手順通りにやれば何も難しくありません。
  • STEP5
    SSLの設定
    【5分程度】見てくれる人のために、「http→https」とセキュリティを強化するSSLの設定をします。

    ※ここで数十分~数時間の待ち時間が発生します。SSL設定がサーバーに馴染むまでの時間です。

  • STEP6
    WordPressのインストール
    【10分程度】さくらサーバーにWordPressをインストールします。
  • STEP7
    WordPressの最低限の設定
    【15分程度】WordPressの初期設定をすれば完了です。

順番に見て行けば確実に完了できますので、一つ一つ確実にこなしていきましょう。

STEP1.独自ドメインの取得

  • STEP1
    独自ドメインの取得
    【10分程度】ドメインを取得します。超簡単な、「お名前.com」での取得方法を解説します。

まずは、取りたい独自ドメイン(ブログの住所)をお名前.comで検索しましょう。

お名前.comでドメインを取得する

ためしに「webwriter」で取得できるか検索してみます。

お名前.comでドメインを取得する

なにやらチェックを入れる箇所に「メールのマーク」のものと普通の「□」のものがありますね。このメールマークは、「誰かが使用中だから、空いたら通知をもらう」という状態のドメインです。

実際に今すぐ申し込めるドメインはシンプルな「□」になっているもののみ。そして、記載してある価格は年額です。

人気の文字列ほど高くなるため、ここは妥協するべきところです。目安として年額1000円程度なら安い方です。個人ブログを始める場合、あまりこだわるところでもありません。いろいろな文字を検索して安い物を選びましょう。

欲しいドメインが決まれば、チェックして進み、会員登録して支払えばOKです。

ちなみに、支払い方法は下記の方法から選べます。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 請求書払い
  • コンビニ決済

基本的にはクレジットカードが楽です。どうしても難しい方は、コンビニ決済が手軽で速いです。「メールで決済コードが送られてくる→コンビニで払う」の手順。簡単です。

ドメイン取得のポイント
  • 初心者は日本語は避けましょう
  • 「〇〇〇.△△」の△の部分はcomかjpが無難
  • 「〇〇〇.com」の〇〇は何でもOK

日本語ドメインは避けましょう

日本語ドメインだけは、文字化けしたり面倒な事も多いので、特別な狙いが無い限りは避けましょう。

comかjpが無難

「.com」などが見慣れていると思いますが、「.org」とか「.tokyo」等他にもいろいろあります。

「ぶっちゃけなんでも良い」が結論ですが、あまり見慣れないものだと「なんとなく怪しい…」と思ってしまう人も一定数いるので、こだわりなければ「.com」「.jp」が無難です。

「〇〇〇.com」の〇〇は何でもOK

前述した通り、ドメインは「ブログの住所」みたいなものです。

しかし、長く付き合うことになりますので、あとから考えて恥ずかしくなるような文字列だけは避けて、なんでもOKです。

STEP2.サーバーのレンタル

  • STEP2
    サーバーのレンタル
    【10分程度】サーバーをレンタルします。さくらでのサーバーの契約方法を解説します。

さくらのレンタルサーバで、サーバー(ブログを置く場所)を借りる手続きをします。

さくらサーバでレンタルサーバを契約する

このように様々なプランがありますが、ライトはそもそもWordPressが使えないのでダメです。

スタンダードのスペックの転送量80GB/日は、具体的には月間30万PVくらいまでは余裕で耐えるため、初心者にはこれで十分。「スタンダード」で始めることをお勧めします。

支払いは、月額524円ずつ払うか、年額で5,238円(2か月分オトク)を一括で払うかどちらかです。年額で払った方が普通にオトクなので、年額支払いをお勧めします。

「お申込み」から進むと次の画面になります。

さくらサーバでレンタルサーバを契約する

初期ドメインは、正直なんでもOKです。

先ほどお名前.comで取得した独自ドメインに載せ替えるので、初期ドメインが外部に表示されることはありません。便宜上、取得した独自ドメインと同じ文字列にしておけば覚えやすいかもですが、悪い人に推測されやすいという欠点もありますので、初期のままでもOK。

下部の項目については、独自ドメインはすでにお名前.comで取得したので、「レンタルサーバだけ契約」でOKです。

補足

お名前.comではなくこのタイミングでの独自ドメインの取得も可能ですが、もし将来的に別のサーバーに引っ越す事になった場合に少々考えることが増えます。値段も別に変らないので、ドメインはお名前.comで取得がベターです。

このあとは、会員登録をして支払い方法を選ぶだけです。

下記の3種類から選べます。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 請求書払い

ドメインと同じく、クレジットカードが一番早いです。クレジットカードが無い場合は銀行振り込みか請求書で対応しましょう。

STEP3.独自ドメイン設定

  • STEP3
    独自ドメインの設定
    【5分程度】さくらサーバーで独自ドメインの設定します。簡単です。

さくらサーバーのコントロールパネルにログインしましょう。

さくらサーバのコントロールパネルにログインする

さくらサーバーは、今ちょうど新コントロールパネルに移行中。せっかくですから、「新コントロールパネル」で解説します。

①ログインして、ドメイン/SSLへ

①ログインして、ドメイン/SSLへ

②ドメイン新規追加へ

②ドメイン新規追加へ

③「他社で取得したドメインを移管せずに使う」を選択

③「他社で取得したドメインを移管せずに使う」を選択

④独自ドメインを入力して、「追加」

④ドメインを入力して、「追加」

お名前.comで取得した独自ドメインを入力して追加します。例えばこのブログであれば、tklandphoto.comが入力する文字列です。

補足

「ネームサーバーを変更してください」と補足情報が出ていますが、「独自ドメインを追加→お名前.comサイトでネームサーバー変更」が正しい手順です。

STEP4.ネームサーバーの変更

  • STEP4
    ネームサーバーの変更
    【5分程度】お名前.comのサイトで少し設定します。手順通りにやれば何も難しくありません。
ネームサーバーの変更

ここで一旦お名前.comに戻り、「ネームサーバー」を変更します。

要は、「この独自ドメインはさくらサーバーで使いますよ」と設定する作業です。

ログインして、「ドメイン」タブへ。

ログインして、「ドメイン」タブへ。

①ドメインのタブをクリックすると「更新手続き」のアラートが出ますが、「②更新画面から移動する」でOKです。

「ドメイン機能一覧」に進む。

「ドメイン機能一覧」に進む。

上の方の「ドメイン機能一覧」をクリックします。

ネームサーバーの変更

ネームサーバーの変更

ここは分かり易いですね。「ネームサーバーの変更」をクリック。

ネームサーバーの入力

ネームサーバーの入力
  1. 「1.ドメインの選択」で、今回お名前.comで契約した、使いたい独自ドメインにチェック。
  2. 「2.ネームサーバーの選択」では、まず「その他」タブをクリック
  3. 「その他のネームサーバーを使う」にチェック
  4. ネームサーバー1に「ns1.dns.ne.jp」と入力
  5. ネームサーバー2に「ns2.dns.ne.jp」と入力
  6. 下の方の「確認」へ

これで、さくらサーバーで独自ドメインを使う準備ができました。

STEP5.SSLの設定

  • STEP5
    SSLの設定
    【5分程度】見てくれる人のために、「http→https」とセキュリティを強化するSSLの設定をします。

これは、あなたのブログのURLを「http」から「https」にする作業です。

作業理由をシンプルに説明すると、「httpsの方がセキュリティが強いので、ユーザーが安心して使える」という事です。いまはほぼ100%のサイトがSSLを設定しています。

古い官公庁のサイトがhttpのままだったりするので、そういうのを見るとちょっと悲しくなりますね。

それはさておき、さくらの新コントロールパネルに入りましょう。

ホーム画面から進む

ホーム画面から進む

「ドメイン/SSL」→「ドメイン/SSL」と進みます。

ドメインを選択

ドメインを選択

今回選択したいドメインの、「SSL」をクリックします。

Let’s Encrypt(無料SSL)の「利用する」を選択します。

チェックを入れ、「無料SSLを設定する」で完了です。

ここから数十分~数時間程度で反映され、「https」で繋がるようになります。

補足

厳密に言うと、この作業の完了時点ではhttpでも繋がってしまうので、最終的にはwordpressインストール後にプラグインでリダイレクト設定して設定完了します。(後で説明するので忘れてOKです)

STEP6.WordPressのインストール

  • STEP6
    WordPressのインストール
    【10分程度】さくらサーバーにWordPressをインストールします。

さくらサーバーのコントロールパネルのホームに、「WordPressインストール」のボタンがあります。めちゃくちゃ親切ですね。

WordPressのインストール
  • 「WordPressインストール」ボタンをクリック
  • 「webサイト/データ」→クイックインストール→WordPress

どちらでも同じ画面に進みます。

WordPressのインストール

インストールするドメインは、「https://(お名前.comで取得したドメイン)」を選びましょう。

SSLの設定には少々時間がかかるので、スムーズに着た場合は「https~」始まる独自ドメインが表示されていないかもしれません。

その場合、ブログの名前や書きたい内容を考えながらちょっと寝て待ちましょう。

表示されれば、データベースを選択して、データベースのパスワードを入力して次に進みます。

※データベースの作成については下記の通りです。

データベースの作成

 

  1. データベースバージョン:触らなくてOK
  2. データベース名:表には出ないので、分かり易い名前でOK
  3. パスワード:今後、追加でDBを作る場合も共通のパスになります
  4. 文字コード:触らなくてOK

とくに表に出る内容ではないので、そんなに難しく考えなくてOKです。

前項に戻り、今作ったデータベースを選択して進めば、最後の仕上げです。

WordPressインストールの最終仕上げ

WordPressインストールの最終仕上げ

一旦ホームに戻り、「Webサイト/データ」→「インストール済み一覧」と進みます。

WordPressインストールの最終仕上げ

表示されているURLから設定画面に入ります。

ここで各種情報を決めます。

  1. サイトのタイトル:後からいくらでも変更可能です
  2. ユーザー名:ログインIDにもなります。推測されにくいものが良いです
  3. パスワード:重要。できるだけ長く複雑に。
  4. メールアドレス:生きているものを入力してください。
  5. 検索エンジンでの表示:チェックは絶対に入れない。いれると検索に引っかからなくなってしまいます。
  6. インストールで完了

これでサーバーなどの設定は終了です。あとは最低限のWordPressの設定をすれば、記事を書き始められます。

STEP7.WordPressの最低限の設定

  • STEP7
    WordPressの最低限の設定
    【15分程度】WordPressの初期設定をすれば完了です。

STEP6まで順調にこなせていれば、「https://〇〇.com/wp-login.php」に繋ぐと、下のような画面が出てくるはずです。

WordPressの最低限の設定

早速ログインしてブログを運営していきましょう。

ここでは、運営において最低限必要な作業をお伝えします。

  1. 常時SSL化
  2. ASPへの登録
  3. テーマのインストール
  4. パーマリンクの設定

①常時SSL化

常時SSL化

まずはこれです。

プラグインの画面に入ると、「SAKURA RS WP SSL」というプラグインがあるはずです。「有効化」を押すと、常時SSL化になります。

要は、「http」につないでも勝手に「https」に繋がるようになり、見てくれる人の安全性が上がります。ワンタッチなので、忘れないうちに必ずやっておきましょう。

②ASPへの登録

ASPへの登録

ブログを収益化する基本は、「ASP経由で広告商品と提携する→ブログで紹介する→紹介した商品が売れるとお金を貰える」という流れです。

ASPは、「ブログに貼る為の広告商品のまとめサイト」みたいなものです。

例えば「青汁」の商品を紹介したい場合、もしもアフィリエイトから貼りたい青汁の広告を選んで提携すれば、あなた専用のURLが発行され、それをブログ記事に貼り、それをクリックして申し込んだ人がいればお金を貰えます。(実際に青汁があるかどうかは調べてみて下さいね)

「収益化というよりもwebライターとしてのポートフォリオに使いたい」という方も、ASPについての理解は必要なうえ、「商品を売れるwebライターの方が強い」ので、どんな商品があるのかだけでも見てみることをお勧めします。

審査の厳しいASPも多いのですが、下記の2つのASPは比較的簡単に審査がおります。広告商品に合わせて書く記事を決めていくことも有効なので、とりあえずどんな商品があるか見れるよう、先に登録しておきましょう。

↓スマホの場合横にスクロールできます。画像クリックでリンクします。

ASP特徴広告ジャンルおすすめ度


A8.net
取り扱い商品が非常に多い
登録審査無し
オールジャンル

もしもアフィリエイト
W報酬制度などでオトク
amazonや楽天はココ
オールジャンル
エンタメ・回線系が多い印象

③テーマのインストール

③テーマのインストール

無料テーマのCocoonをワードプレスに入れましょう。

上のリンクからダウンロードページに飛び、マニュアルもあります。

テーマを何も入れていない状態だとあまりに簡素なデザインですので、何か入れて方が良いです。何度でも着せ替え可能ですので、気になるものがあればなんでも試してみればOKです。

④パーマリンクの設定

④パーマリンクの設定

「パーマリンク」とは、ブログ内でこれから書いていく記事のURLのことです。

何でも良いと言えばなんでも良いのですが、「ブログ運営中に下手に設定を変えると大変なことになる」ということだけ覚えておきましょう。

途中で設定を変えると、これまで書いた記事のパーマリンクが全て変わる=せっかく検索エンジンに掲載されたURLが台無しになります。

初期設定で取り返しがつかないのは、パーマリンクくらいです。

具体的な手順は下記の通り。

まずは設定→パーマリンク設定へ。

④パーマリンクの設定

そうすると下の画像のような画面になります。

④パーマリンクの設定

要は「https://ドメイン/〇〇」の〇〇が各記事のURLになるので、それをどんなルールで決めるかという設定です。

何でも良いのですが、数字ベースの方が無難で多い印象です。

特にこだわりなければ、数字ベースにして完了です。

お疲れさまでした。

WordPressのブログ運営を始めましょう

WordPressでブログを始める為の手順を一通り解説しました。

あとはプラグインを入れてカスタマイズしつつ、記事を書いていきましょう。

では。

<関連記事>webライティングの基本はこちら

webライティングの基本を解説。SEOに効果的な記事の書き方とは?
webライティングの基本を解説。SEOに効果的な記事の書き方とは?webライティングの基本について解説しています。仕事でもプライベートでもひたすらメディアで記事を書いている筆者が、ユーザーに有益なコンテンツを届けるための書き方をお伝えします。...
ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在はとある企業メディアのディレクターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にもちょっと詳しいです。 当メディアの情報が、仕事や人生に疲れた方のちょっとした手助けになればと思っています。