サブスクリプションの話

髭剃り(カミソリ)の替え刃の交換時期はいつ?気になる疑問を調査!

髭剃り(カミソリ)の替え刃、交換してますか?あるいは使い捨てのカミソリを使っている場合、いつ捨てていますか?

これは男性の永遠のテーマではないでしょうか。

「買ってから一回も替えてない…」「いつ替えれば良いか全くわからない」こんな方も多いはずです。

私自身非常に適当に過ごしていたため、カミソリや髭剃り、さらに電動シェーバーを提供されている各社のデータを調査して、交換時期の目安や保管方法などの情報を網羅的にまとめました。ぜひご参考下さい。

髭剃り(カミソリ)とは

髭剃り(カミソリ)は、髭を剃る際に使用する器具。上の画像のような物です。

髭を剃る際だけでなく、もしかするとすね毛や腕毛を剃る方もいるかもしれません。

そんな髭剃りは、大きく分けて2種類のタイプが存在します。

  • 替え刃を交換できるタイプ
  • 使い捨てタイプ

上記のように、どちらにせよ「定期的に刃は新品に交換する必要がある」という物です。

「替え刃をいつ交換すれば良いか問題」については、議論が交わされるところではないでしょうか。

替え刃を交換しなければどうなる?

今回の記事のテーマである替え刃の交換時期ですが、「そもそも交換する必要あるの?」という方もいらっしゃると思います。

交換しない場合のリスクを、下記にまとめました。

  • STEP1
    性能が落ちる
    純粋に剃り味が悪くなってくる
  • STEP2
    繰り返し剃る
    それでも剃るために、何度も同じ場所に刃を当てて剃ることになる
  • STEP3
    肌を痛める
    何度も刃を当てる事により肌を痛める
  • STEP4
    更に痛める
    新品よりも引っかかりやすく、肌を痛めるリスクは2重に上がる

つまり、替え刃を交換しない事は、肌を痛める事に繋がります。

せっかく清潔感を出す為に髭を剃るのに、肌を痛めたら本末転倒です。適正な交換時期をしっておくべきです。

髭剃り(カミソリ)の替え刃の交換時期はいつ?

髭剃り(カミソリ)の替え刃の交換時期はいつ?

髭剃りやカミソリの替え刃の交換時期は、結論から言うと、「2週間」が目安です。

各社の見解が違う為、下記にまとめました。

  • schick社:2~3週間
  • 貝印社:2週間程度
  • gillete社:切れ味が悪くなったら

代表的な3社の見解として、「まあまあアバウト」なのですが、とはいえ2週間程度が一つの目安になります。

電動シェーバーの替え刃は?

参考として、電動シェーバーの替え刃の交換時期もお伝えしておきます。

  • Panasonic社:外刃1年、内刃2年
  • ブラウン社:1年半
  • フィリップス社:2年

結論として、電動シェーバーは各社の見解がしっかりしているため、それに従うのが良いです。とはいえ、1年半くらいで変えておけば安心ですね。

替え刃を長持ちさせる保管方法は?

交換時期の目安がわかったとはいえ、できるだけ長持ちさせたいですよね。

そんな場合、下記の保管方法を実践しましょう。

  • STEP1
    水洗い
    水やぬるま湯で水洗いをして、毛や皮脂を綺麗に落とす
  • STEP2
    水切り
    水切りをする。ブンブンふるのも良いですが、新聞など刃に絡まない分厚さの紙で水を吸うのもおすすめ。(ティッシュだと刃に絡まってあまり良くないです)
  • STEP3
    乾燥した場所で保管
    乾燥した場所で保管します。お風呂でそのまま保管するなんてNGです。湿気で明らかに劣化しますよね。

これだけで長持ちできるなら、そんなに面倒ではないですよね。

剃った後にそのまま風呂場に置いたままにしていた人は、せめて洗面所に移しましょう。

面倒な人には髭剃り(カミソリ)のサブスクがおすすめ

替え刃の交換目安はわかったとはいえ、カミソリの替え刃を買うのってめちゃくちゃ面倒ですよね。

薬局で思い出したときに「あれ、俺が使ってるのってシックだっけ?ジレットだっけ?」となって、結局買わずに帰り、そのまま忘れ去った経験はありませんか?

私はあります。

そもそも買うのが面倒だったり、「あれ?昔買った替え刃どこやったっけ?」なんてことにもなります。交換時期が分かったところで、正直面倒です。

そこで私が見つけたのは、髭剃り(カミソリ)のサブスクリプションサービス。

毎月500円~の定額サービスで、定期的に替え刃を送ってきてくれるという最高のサービスです。

GALLEIDOのカミソリのサブスクとは

個人的にめちゃくちゃ画期的だなと思って感動にふるえました。

「サブスクってこういうことだよ!」と思いました。

GALLEIDOは、「SIKI株式会社」という大阪の会社が展開するサービス。実は髭剃りの替え刃のサブスク以外に、電動歯ブラシのサブスクも展開しています。

どちらも絶対に交換が必要な物ですから、定期的に送ってくれるなんて有難さしかありません。

そんなGELLEIDOのサービス、価格は下記の通り。

替え刃の交換目安は「2週間程度」が理想でしたので、基本的には1か月あたりに2個届くエコノミープランでしょうか。

1か月あたりの価格が500円で、2か月に1度(つまり同時に4枚)。クレジットやamazon payで払えるうえ、宅配便で配送されてきてポストに投函されるので、受け取りや支払いの煩わしさも無し。

最高ですね。

例えば同居している方が何名かいる場合(例えば親とか、息子とか)や、会社に置いておくとかそんな場合、ビジネスプランやプレミアムプランにしておけば更にお得です。

さらに上の画像にもある通り、「替え刃が余っている場合はスキップ可能」だったり、「送料込み」だったり、めちゃくちゃ安心なサービスです。

そんなGALLEIDOの価格は、先ほどもお伝えした通り1か月500円~。

髭剃りの替え刃を買うのが面倒だったり忘れがちな方は、ぜひ試してみて下さい。

GALLEIDO公式サイトに繋がります

GALLEIDOのサブスクサービスを詳しく見る

ABOUT ME
アバター
たくろー(WEBライター)
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 企業オウンドメディアの運営チームで働きながら、ブログや複数サイトを運営して生計を立てています。このブログでは、WEBライティングや北海道情報などを発信中。
未経験からwebライターになれる「ブログ」始めませんか?

【朗報】ブログを始めたら、超ホワイトなwebライターに転職できた。

ブログを始めれば、良いことばかり
  • ブログを続ければ超ホワイトなwebライターに転職できる
  • 続ければ続けるほど、たいてい結果がでる
  • 人に行動してもらえる文章術がみにつく

35歳からwebライターに転職した体験談はコチラ→

サラリーマンがブログを始めるメリットはコチラ→

すでに「ちょっとブログ始めてみようかな?」と思ってた方は、以下の記事もご覧ください。

ブログの始め方-ブログであらたなキャリアを作っていく方法 このページを読めば、ブログをはじめて未経験からwebマーケティング業界に転職する方法がわかります。 突然で...