カメラの話

【撮影用ライト】おすすめ商品5選!コスパ重視で紹介します。

【撮影用ライト】おすすめ商品5選!コスパ重視で紹介します。

撮影用ライトのおすすめ商品をまとめました。いまや動画、静止画問わず、クオリティを保ちたいならライティング環境は必須です。Youtubeの撮影、物撮り、ポートレート撮影などなど。

僕もたまに仕事の取材でカメラを使うのですが、場所によってはレフ板を使ったとしても暗くなってしまったり、シャッタースピードが稼げなかったり苦労します。

「これはそろそろライトが欲しいな…」と思い、調査しました。

撮影用ライトの選び方と、Youtubeの動画撮影用、自撮り用、初心者向けなどシーンごとに役立つおすすめ商品をご紹介します。

↓横にスクロールできます。商品画像クリックで詳細へ。

商品画像メーカー型番価格(※1)明るさサイズ
NEEWERCN-1602,299円900ルクス141mmx62mmx150mm
iMartineSB-145,880円詳細不明。10段階調光。ライト直径25cm程度
NEEWERNL-6609,499円3360ルクス232mmx200mmx48mm
FOSITANJPLS2200-217,399円3330ルクスソフトボックス500mm*700mm
ソフト傘840mm
ライトスタンド2M
K&F conseptJPKF34.0125,539円詳細不明。最大12W出力。175mmx120mmx25mm

※2020年5月時点のamazonの価格です。

撮影用ライトとは

室内や暗所で撮影する際に、被写体を明るく照らすためのアイテムが撮影用ライト。

ただ記録のために撮るだけであれば、カメラの性能でなんとかできる場合が多いのですが、画質にこだわりたい場合は必須のアイテムです。

これに関係するのが「ISO感度」という機能。カメラの内部で光を増幅する仕組みで、ISO感度が高いほど画質が荒くなります。(正確には「絞り」と「SS」も密接に関係あります)

ともかく、暗い所で撮影すると画質が悪くなります。ライトさえあればその心配がなくなり、画質を各段に上げることができます。

写真の場合は外部ストロボ(スピードライト)でも良いのですが、連射できなかったり、狙った部分に当てるには調整が必要で、実は少々面倒です。

さらに、動画撮影の場合はストロボでは意味がないため、確実に撮影用ライトが必要。

撮影用ライトは、安い物は3,000円程度からラインナップしていて、導入コスパが非常に高いアイテムです。

撮影用ライトを選ぶ基準

撮影用ライトを選ぶ基準

個人で使うための撮影用ライトを選ぶ際に、見るべきポイントは3つ。

  • 光量
  • 形状
  • 大きさ

です。

光量

光の強さです。ルクスという単位であらわされる事が多いです。

例えばスーパーや服屋さんの一般的な陳列棚は、「750ルクス程度」の明るさが基準になっています。あれだけあれば結構明るいですよね。

その程度の光量が確保できれば撮影にも役立ちますので、「750ルクス」を一つの基準にすれば良いかと思います。

形状

自撮り用であれば円形。全体的に照らしたい場合は四角いタイプがおすすめです。

個人用の小さいタイプであれば、基本的には上記の2種類が殆どです。

なぜ自撮りに円形が好まれるのかというと、「瞳の中に円が映って可愛く見える」から。

自撮りは円形!と覚えておきましょう。

大きさ

今回は個人向けの小さめのタイプを中心にご紹介しますが、家の広さや、撮影場所に合わせた大きさのものを選びましょう。

おすすめの撮影用ライト5選!

おすすめの撮影用ライト5選!

それでは、撮影用ライトをおすすめ順にご紹介します。

  • 光量
  • 形状
  • 大きさ
  • コスパ

主に上記の4点に焦点を当てています。

↓横にスクロールできます。商品画像クリックで詳細へ。

商品画像メーカー型番価格(※1)明るさサイズ
NEEWERCN-1602,299円900ルクス141mmx62mmx150mm
iMartineSB-145,880円詳細不明。10段階調光。ライト直径25cm程度
NEEWERNL-6609,499円3360ルクス232mmx200mmx48mm
FOSITANJPLS2200-217,399円3330ルクスソフトボックス500mm*700mm
ソフト傘840mm
ライトスタンド2M
K&F conseptJPKF34.0125,539円詳細不明。最大12W出力。175mmx120mmx25mm

※2020年5月時点のamazonの価格です。

NEEWER CN-160 LEDビデオライト

NEEWER CN-160 LEDビデオライト

ライティングの入門におすすめ!

まずはコスパ最強のNEEWERのライト。カメラに取り付けられるサイズで小型ながら、900ルクスの光量をほこります。四角い基本的な形で、160球のLEDライト搭載。

色温度は、付属のフィルターで3200kか5600kで変更可能。白熱色とオレンジ色の光でライトアップ可能です。

というスペックで価格は2,000円台。

バッテリーが別売りのところがマイナスポイントではあります。

使用可能なバッテリーも一緒に下に掲載していますが、バッテリーと本体を合わせると5,000円程度になります。

単三電池6本でも動きますが、頻繁に使用予定であればバッテリーの導入が経済的かなと思います。お好みで。

必要最低限の機能ながら、個人用でまず撮影し始めるには問題ない明るさ。とりあえず買うならここから初めて良いのではないか?という商品です。

商品名NEEWER CN-160
照明900ルクス
サイズ141mmx62mmx150mm
色温度3200k-5600k



iMartine SB-14 LEDリングライト

LEDリングライト 10in

卓上での自撮りにおすすめ!

卓上で動画を撮る際に特におすすめできる円形ライトです。小さな三脚が標準でついており、そこにスマホを設置できるようになっています。

さらに、全指向性のマイクがついている上、bluetoothでシャッター操作可能にするためのリモコンまで付属。

まさに「スマホでYoutube撮影する人用」といったスペックのオールインワンライトです。これで4,000円台はお得。

USB充電でき、光量も調整できるので、普段は卓上ライトとしても使用可能。

問題は、「スペックに不明な点が多い」ところ。

しかし、口コミや評価はなかなかよく、卓上に置いて室内で動画撮影や自撮りをする程度であればなんの問題もなく使用できるとは言えます。

商品名iMartine SB-14
照明不明。10段階変更可。
サイズライト直径25cm程度
色温度3種類変更可(白、黄、暖)


NEEWER NL-660

NEEWER NL-660

本格的にライティング環境を揃えていきたい人におすすめ!

一つ目にご紹介したCN-160のスペックアップ版です。LEDライトが660球になりました。

AC電源が付いたため、屋内の長時間撮影に安心です。バッテリー駆動も可能。※バッテリーは別売り。上でご紹介した物が使用可能です。

光量は3360ルクスまでパワーアップしており、通常の部屋であれば一台あれば撮影は安心。とはいえサイズは20cm程度で大きいものでもなく、部屋にも置きやすい大きさです。

光量だけでなく、上下の角度調整や、色温度をツマミで調整できる機能などもスペックアップしています。

CN-160と比べて、「小さい物ではちょっと物足りない」という、しっかり撮影したい方にはこちらがおすすめ。

ライトスタンドは別売り。下に一緒に掲載しますので、一緒に買いましょう。

商品名NEEWER NL-660
照明3360ルクス
サイズ232mmx200mmx48mm
色温度3200k-5600k



FOSITAN 33点セット

FOSITAN 33点セット

「細かく集めていくのは面倒だから、一気にシステムを組みたい!」という方におすすめ。

こだわっていくと、ライティングも2方向3方向から当てたくなってきます。そんなときに、元々システムが組んである商品であればラクチンです。

  • ソフトボックス×2
  • ソフト傘×2
  • 200W相当電球×4
  • スタンド×4
  • 背景布×3
  • その他補助アイテム

計33点が入って2万円以内で購入できます。

様々な雰囲気のライティングに対応できるよう、ソフト傘、ソフトボックスが付属。背景の布は綿素材で、汚れた場合は洗濯可。

ハイアマチュアとして自宅の1室を簡易スタジオにしてしまいたい方はこちらで。

商品名FOSITAN 33点セット
照明各電球3330ルクス~
サイズソフトボックス500mm*700mm
ソフト傘840mm
ライトスタンド2M
色温度白熱電球

K&F Concept LED ビデオライト 104球

K&F Concept LED ビデオライト 104球

とにかく小型のライトを用意したい!という方におすすめ。

スマホサイズのライトで、屋外でも最低限のライティング環境を用意できるアイテムです。

バッテリー駆動で、カタログスペックであればだいたい1時間程度は最大光量付近で照射可能。USB給電可能なので、充電しながらでもOKです。

色温度は2800K-6000Kの範囲で調整可能。光量も10%-100%で調整可能と、小回りの効くアイテムです。

商品名K&F Concept LED
照明明記無し。最大12W表記
サイズ175mmx120mmx25mm
色温度2800K-6000K

おすすめの撮影用ライトのご紹介でした

おすすめの撮影用ライトをご紹介しました。

↓横にスクロールできます。商品画像クリックで詳細へ。

商品画像メーカー型番価格(※1)明るさサイズ
NEEWERCN-1602,299円900ルクス141mmx62mmx150mm
iMartineSB-145,880円詳細不明。10段階調光。ライト直径25cm程度
NEEWERNL-6609,499円3360ルクス232mmx200mmx48mm
FOSITANJPLS2200-217,399円3330ルクスソフトボックス500mm*700mm
ソフト傘840mm
ライトスタンド2M
K&F conseptJPKF34.0125,539円詳細不明。最大12W出力。175mmx120mmx25mm

※2020年5月時点のamazonの価格です。

ぜひ自分に合ったライトを選んでみてください。

では。

<関連記事>ストロボもいいぞ

Godox TT600レビュー!このストロボ、コスパ良いぞ【作例】
Godox TT600を一年以上使ったレビュー。初心者向け、コスパ良し格安スピードライトGODOX TT600のレビュー。実物の写真や操作性、作例など。プライベートの物撮りや、仕事で取材する時の人物撮影で、1年以上使った感想とともに解説します。Nikonのフルサイズ機でのレビューです。...

 

ABOUT ME
アバター
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 企業メディアのディレクターとか、カメラマンみたいなことをしています。北海道生活で感じたことなどをいろいろとお伝えしています。