働き方

サラリーマンの出世に意味がないと言う人は多分出世した事がない件

エリアマネージャーや人事として採用に関わって感じた事として、「ある一定のポジションまで出世した事のある人のほうが会社として採用しやすい。」という感覚があります。

たぶん、だれかを雇うために客観的に履歴書を目にしたことのある人は「出世するのは意味ない!無駄だ!」なんて言わないはず。

ただただ上司にゴマだけすって出世するような生き方をするくらいなら、他の事に時間を費やした方が良いとは思いますが、普通に仕事をする中で出世する意味はあります

というわけで、ブラック気味の会社でまあまあ出世したものの、「あ、これこのまま出世していっても意味ないな」と思って別業種に転職した私が、出世することが無駄なのかどうか考察します。

サラリーマンが出世する意味

サラリーマンが出世するメリット

すみません、結局わたしは「無駄だな」と思って転職したのですが、「この仕事で出世していっても自分にとって無駄だな」という思考であって、出世そのものが無駄だとは思いません。

そもそもお前誰だよという話だと思いますので、私の経歴をお伝えしておきます。

26歳でアパレル業界のお店のスタッフの一般社員として入った会社で、29歳で数店舗を統括するエリアマネージャーになって、しばらく働いたあと本社で人事の仕事をしてて、35歳で転職してて、今はwebライター(ディレクター)をしているという経歴の人間です。(ちなみに25歳頃まではほぼゲーム廃人のニートでした)

前提として「基本的に独立は考えていない」という人向けではありますが、サラリーマンとして生きていくならある程度のポジションまでの出世は目指すべきだというのが私の考えです。

出世する事には、意味があります。

というのも、サラリーマンが出世すると以下のようなメリットがあります

  1. 一定のポジションまで出世すると転職しやすくなる
  2. 出世するにつれ会社の仕組みがわかってくる
  3. 仕事においての、多少の酸いも甘いも知る

給料があがるとかそんな当たり前の事は抜きにしておきます。

2と3は1の補足のような内容になりますが、以下ご覧ください。

1.一定のポジションまで出世すると転職しやすくなる

ある一定のキャリアまで上がることで、転職しやすくなるというメリットは確実にあります。

そして、これからの時代を安心して生きる為には、「いつでも転職可能」な自分を整えておく事がとても重要だと考えています。

自分が人事部にいていろいろな人の履歴書をみたり、自分も転職活動をした経験から思う事なのですが、「係長や課長クラスまで出世した事ある人は会社として雇いやすい。」といった感覚があります。

私が今のゆるふわホワイト企業に転職した際も、ほぼマネジメント経験を買ってもらって他業種他職種に移ったような形なので、自分で立証しました。

なぜ係長や課長クラスなら雇いやすいのかというと、会社側として「プレイヤーとしても使えそうだし、管理職としても使えそうだし、使い勝手が良さそうだ」という印象です。

平社員係長 or 課長
仕事わからんわからん
マネジメントできなさそう出来そう
時間管理できなさそう出来そう
挨拶わからん出来そう
電話対応わからん出来そう
PDCA回すわからんけど無理そう出来そう
経費管理わからんけど無理そう出来そう
コミュニケーションわからんわからんけど出来そう

上の表はめっちゃ適当ですし、もちろん経歴書や面接で判断しますが、会社側からぱっと見た印象はめちゃくちゃ大切です。

サラリーマンとして生きていくためには、客観的に見て「使いやすい」と思われる経歴を作っておくことはとても大切です。(実際の能力がないと、ボロがでて転職先で社会的に死にますが)

実際に入ってからどんな仕事をするかは知りませんが、「あ、この経歴なら使いやすそう」と思われるのは大切なので、係長か課長くらいまで上がっておくのはアリですので、出世には意味があるという話です。

2.出世するにつれ会社の仕組みがわかってくる

その会社に将来性があるのか、自分にとって良いのか悪いのか、という事が、出世するにつれクリアになってきます

理由は以下です。

  • 業務の幅が増える
  • 取り扱う数字が増える
  • 細かい売上管理を求められる
  • 細かい経費管理を求められる
  • 部下ができて労務についても学ぶ
  • 部下の働き方が見える
  • 上司の働き方が見える
  • 関わる取引先が増える
  • 会社の上層部との関わりが増える

役職の無いサラリーマンだと、視点が低すぎて上記のような事に関わる事すら難しい場合があります。

業務範囲が広がって様々な数値を取り扱う必要がでてきて、売上内容も細かく知るようになるでしょうし、会社がしている事業だってもっと広い範囲で知るようになります。

次に会社が何をしようとしているのか、大抵の場合は一般社員よりも早く分かります。

ある程度の裁量が出てきて、部下に何をされたら嬉しいのかが理解できれば、自分がどう動けば良いのかわかります。

「会社で働く」という事がよくわかってくるのが、係長や課長クラスです。

「あ、こんな収益構造の会社から見ればこういう経歴の人間が欲しいだろうな」みたいな事が自分で理解できてくるので、転職にも有利になります。

というわけで、「会社での働き方が本当に意味でわかってくる」といった内容で、出世する意味は大いにあります。

3.仕事においての、多少の酸いも甘いも知る

係長や課長といえば、いわゆる中間管理職ですが、「自分もプレイヤーとして働いて、部下のマネジメントもしている」という方が大半だと思います。

そんな場合、大抵はいろいろな所からの板挟みになります。

上司が面倒なやつだと取引先と上司の板挟みにもなるし、もちろん部下と上司の板挟みにもなるし、そこを上手く調整して仕事を回していく必要があります。

全員が全部効率よく回れば良いのですが、悲しい事に、人間なのでそんなわけには生きません。面倒なやつ全員AIになればいいのに

もしかすると多少は汚い事もする必要があるかもしれません。部下の不正も、場合によっては上手く握りつぶす必要があるかもしれません。(法律には触れないようにしましょう。あくまで会社の意味のないクソみたいなルールに違反した内容とかです。)

中途採用の面接官は、大抵の会社では「ただの人事部の平社員」なんかには任せません。学生相手ではなくキャリア採用の面接ですから、それこそ最低限係長や課長クラスの人間が出てくるでしょう。転職エージェントと採用条件の打ち合わせをするのも、恐らくペーペーじゃなく係長や課長クラスです。

となると、面接官からすると親近感がわいて、やってきた仕事を想像しやすいのも係長や課長クラスを経験した事のある人ですよね。

じゃあ、出世する意味ありますよね。

サラリーマンが出世する意味は、準備運動みたいなもの

2019年に経団連会長が「終身雇用もう無理でーす!」と宣言してから、これからのサラリーマンとしての生き方を考えなければならない時代に入りました。

それこそ昔の企業体制で、新卒で入って定年まで同じ会社で働くような場合だと、ある一定のところで「あ、おれ出世無理だな」となってもそのまま同じ会社に居続ける事はできました。窓際で定年を迎えるなんて人生も、安定という意味ではあったと思います。

でもこれからの時代。大企業でも40歳以上になったらリストラの対象になるような時代です。老人が余って、若者が足りず、海外からの優秀な人材が入ります。

そんな中でうまく生き抜いていくためには、「いつでも転職できる体制」を整えておく必要があります。能力的な意味でも、ポジション的な意味でもです。

会社に60歳まで務めれば退職金がもらえて、家を買うときはお金を出してくれる時代は終わっています。自分の身は自分で守らなければなりません。

となると、ある程度まで出世して、いつでも動きやすい体制に自分の身をおいておく必要があります。

出世する意味、ありますよね。

サラリーマンが出世するデメリット

サラリーマンが出世するデメリット

出世するデメリットもあります。以下の2つを思いつきました。

  • 部長以上になると逆に転職はキツい
  • フリーランスになるつもりの人には無駄

解説していきます。

部長以上になると逆に転職はキツい

部長クラスまで上がってしまうと身動きが取りづらくなります。

「部長」って、その会社の事をよく理解していなければ任せられないポジションです。

もし転職するとなると、相手も最低限部長が出てくるし、確実に役員面接もあるし、採用コスト高いです。そもそも求人も少ないです。

できれば社内の事を理解している人でなければ任せたくないので、会社としては内側の人間を出世させて部長のポジションに置きたいですよね。

「じゃあちょっとポジション下げれば転職できるの?」という話なのですが、正直それはそれでどこかの会社で部長やってた人間を一社員として使うなんてちょっと腰が引けます。

プレイヤー気質の会社なら良いかもしれませんが、管理がメインの職場の部長だとかなり厳しいはずです。

  • 前の会社に染まってそう
  • 変な裁量出しそう
  • 労務にも詳しいだろうから細かい性格だと面倒

イメージとして、人となりを相当知っていないと、積極的には雇いたくないポジションだということは想像できますよね。

というわけで、「部長」以上の肩書は転職を見越した場合は不良債権に成りえます。せっかく出世したのに、悲しいですね。

会社と添い遂げる気合がある人か、いざというときの転職先のコネをたくさん作っておけるパリピ気質の人でない限りは、出世するのは一旦課長クラスで止めておくのが無難です。

フリーランスになるつもりの人には無駄

人を束ねるような仕事をするならマネジメント経験が有れば役立ちますが、基本的にプレイヤーとして働く予定であれば、自分のスキルをひたすら磨いた方が有意義です。

出世すると部下の管理やら評価やらの余計な仕事がふえるので、プレイヤーとしてにスキルだけを磨きたい人にとっては完全に無駄になります。

そういった方の場合は、確かにスキルを磨くだけ磨いて早めに独立してしまった方が、出世するよりも圧倒的にコスパは良いはずです。

ジャンル選びさえ間違えなければ、失敗してもスキルさえあればプレイヤーとして働けますしね。

あなたが出世する方法やコツ

これからの時代、出世してある程度のポジションに身を置いて、常に動きやすくしておく必要がありそうだとお伝えしました。

「じゃあ出世するって具体的にどうすればいいのよ?」という事が気になると思います。

私は中小企業でしか勤務したことがないので、あくまで中小企業目線での話をします。大企業で勤めている方は、上司にでも聞いてください。

私が中小企業で係長や課長クラスまで出世した経験と、出世させたいなと思った部下の印象からのお話になります。

出世する人

早い
正しい
わかってる

多分上の3点に気を付ければ出世できます。あくまで私の経験談です。できなくても怒らないでください。

早い

いろいろな事がスピーディな人は出世しやすいです。

  • 返事が早い
  • 動き(物理)が早い
  • 職場に馴染むのが早い
  • そもそも仕事が早い

いろいろあると思うのですが、一言でいうと「適応能力がある」というところでしょうか。

効率化していけるから仕事が早い。先々をを見れているから動きも早い。言われそうな事をあらかじめ想定できているから、返事も早い。

仕上がりは正直100点満点の70点とか80点で良いので、先々のことを考えながら早く仕事できる人は、非常に一緒に仕事しやすいです。部下にいたらとても嬉しいし、引きあげたくなります。

正しい

正義マンになろうという事ではありません。「その会社にとって正しい判断ができる」という意味の正しいです。

会社にとって正しいならアホみたいな業務もする必要があるかもしれません。

例えば…バイトでもお店で働いたことのある人ならわかると思うのですが、「レジの違算を少なくするために定期的にレジ金をチェックする」という謎行動をほぼ100%します。

「レジの違算を少なくする打ち手の効果を測るために定期的にレジ金チェックする」ならわかるのですが、「レジ金チェック=違算を少なくする打ち手」みたいに捉えている会社めっちゃ多いはず。

1回のチェックに10分かけて、1日5回やったらほぼ1時間ですよね。(実際に違算あったら追及にもっとかかります)

時給1,000円換算でも1か月で3万円の人件費コストをレジ金チェックにかけています。

つまり、1年間で36万円もレジ金チェックにお金かけてるんですよ。自動レジにした方が安いですよね。

これも客観的に見たらアホみたいな業務なのですが、会社としては「改善するためにこんな行動をしているから、私たちは正しいんだ。」みたいな思考なのです。

そこで「いやいや!自動レジにしましょうよ!」と言い始めると、一時的にコストがかかるからその承認を通す為の企画書作らないといけないし、また面倒になるから触らないのが一番なんですよ。(ちなみにぼくはそういうアホみたいな所が嫌だったので転職しました)

そういった、会社として正しいと思っていることはある程度受け入れて働ける人は、出世しやすいです。でも、何も気づかないのは違います。

「実際はこうだとも思いますけど、わかりますよ。このままでいきましょう。」

と言えるスタンスが一番出世しやすいです。これも部下にいたらすごく嬉しいので、引き上げたくなります。

わかってる

上の項目とすこし被る部分がありますが、社会の仕組みをよく分かってる人が良いです。

例えば、「こうした方が効率良いのにな」と思う仕事なんて一杯あります。ただ、それはそのポジションから見てそう思うだけで、別のポジションの人から見ると必要な作業が含まれているのかもしれません。

説明しやすいのが接客の話で、わからない方がいれば恐縮なのですが、たとえば服屋さんで「いや、お客さん全員に声かけるのなんて、嫌がる人もいるし、ゆっくり見たい人もいるし、お客さんにとってよくないよな」と全員が思ってるんですよ。5%くらいは本気でおもってるイカれた奴もいますが

でも、世の中の仕組みがそれを許さない。

声をかけない=サボってると捉える人もすごく多い業界なので、ミステリーショッパーなんていうクソ役者がだまし討ちをしてくるサービスを取り入れているお店や施設もたくさんあって接客に点数を付けられるし、ふとしたタイミングでお偉いさんが来た時にもめっちゃ接客してないと怪訝な顔をされます。

そういった事を客観的に考えて、わかってる人がすごく出世しやすいです。

お客さんには嫌がられない程度に手加減してお話をできて、お偉いさんの望むような雰囲気を出せて、ミステリーショッパーがきても良い点数を出せる。

でも内心では「アホみたいだな」と思える。

そんな人が、とても出世しやすいです。

出世しやすい人とは?

つまり出世しやすい人とは、会社には良い顔をしつつも内心ではちゃんと考えて「空気を読んでる」人と言えます。

「なんかそいつヤダな」と思いましたか?でも、みんなそうやって生きてるんですよ。

もしも出世を目指す若人がこの記事をみてくれているのであれば、上記に気を付けて働けば良いのではないかとおもいます。

サラリーマンとしてこのまま働くべきか悩む人へのQ&A

サラリーマンとしてこのまま働くべきか悩む人へのQ&A

サラリーマンの悩みを出しました。そこそこがんばって働いていたので、悩んでいる若者の相談には乗れる気がします。

Q.出世すると自分の時間がなくなってコスパ悪いと思いますがどうですか?

A.出世すればするだけ働く時間が増えるという謎推論は今すぐ捨てましょう。同じ時間で他の人より成果を出せるようになったら出世できます。

Q.出世できない人=仕事のできない人ですか?

A.出世した人が全員仕事ができるわけではないのは何となく想像がつくと思います。その逆と考えると、必ずしも仕事ができないわけではないと思います。上司の好き嫌いもあります。

Q.出世の見込みがなくなったら、何をモチベーションにすればいいですか?

A.それは悲しすぎるので早めに転職した方が良いのではないでしょうか。あなたにあった仕事をしましょう。転職エージェントに相談すれば、あなたのスキルで応募できる企業を紹介してもらえます。

Q.サラリーマンは出世が全てですか?

A.自分の好きな仕事をして好きなように生きれるのが一番良いとおもうので、出世したいなら頑張ったらいいと思います。したくないならプレイヤーとして頑張れる自分にあった仕事を探すのがいいです。

サラリーマンが出世する意味とは

サラリーマンが出世する意味とは

というわけで、「課長クラスになるまでにその会社を見極めて、将来性がやばそうなら逃げ出してもっといい仕事に移った方が良い」という結論です。

  • サラリーマンとして働き続ける予定なら課長くらいまで出世するのが良い
  • 部長以上になるなら人脈を作っておくか会社と添い遂げる覚悟をもたないとヤバい
  • フリーランスになる予定ならスキルだけ磨ける職場でがっちりみがいて独立
  • 出世するには空気を読む

私はそんな感じで、やりたかった仕事のゆるふわホワイト企業に転職しました。

ではまた。

<関連記事>求人原稿からブラックを見分けれるようになろう。

https://tklandphoto.com/2020/03/07/sapporo_tensyoku/

ABOUT ME
アバター
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 企業メディアのディレクターとか、カメラマンみたいなことをしています。北海道生活で感じたことなどをいろいろとお伝えしています。