仕事や転職

【騙されるな】バイトでも有給はあるし、ボーナスが出るところもある。

バイトでも有給はある。
バイト中のねこさん
バイト中のねこさん
アルバイトでも有給を使えるって聞いたけど本当かな?なんだか聞きづらいし、周りに使ってる人が誰もいない。うちの会社大丈夫かな?

こんな疑問に、元人事部の私がお答えします。私は元々札幌の企業の人事部で働いていたので、採用や労務についてはちょっとだけ詳しいです。

アルバイトを会社にとって都合良く働かせようとする会社は沢山あります。そんな会社では働きたくないですよね。

というわけで、アルバイトを探している方にとって有益な、知らないと損する情報をこのページにまとめました。

札幌でアルバイトを探す際のおすすめサイトもあわせてご紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

この記事でわかる事

アルバイトとは何か
有給やボーナス
まともなバイトを探すなら

\正社員になりたい人はコチラ/

札幌転職!おすすめ転職サイト10選を元人事が調査しまくって解説する札幌で転職する際の、おすすめの転職サイトをまとめました。エージェント型とサイト型で分けて解説しているので、あなたにあったサービスを見つけて下さい。...

バイトするなら知っておいた方が良い知識

そもそも「アルバイト」ってなんでしょうか?仕事をさがす場合、良く目にする雇用形態が「正社員」と「アルバイト」です。

この違い、きちんと説明できますか?

あなたが仕事を探す上で、最低限知っておいた方が良い知識をまとめます。

アルバイトと正社員の違い

会社に直接雇用されている労働者の雇用形態はおおきくわけて3種類。

正社員、契約社員、パートタイマーです。法律上「アルバイト」という雇用形態はありません。いわゆる「契約社員」と「パートタイマー労働者」が、「アルバイト」というくくりで呼ばれることが多いです。

3種類それぞれの違いは以下です。

・正社員
契約期間の定めがなく、フルタイムで働く雇用形態のこと。
・契約社員
契約期間の定めがある雇用形態のこと。
・パートタイマー
週の勤務時間がフルタイム勤務の方と比べて短い労働者のこと。

アルバイトとは「契約期間に定めがあったり、勤務時間が短い人のこと」と考えて良さそうです。ですので、その他の法律上の権利は同じように持っています。

たとえば、勤務時間が極端に短い方でなければ、パートタイマーでも契約社員でも社会保険に加入できる(しなければならない)事が多いです。

その他、有給やボーナスについては以下の通りです。

アルバイトも有給は使える

アルバイトであっても、フルタイムで働いていて規定日数の8割以上出勤している場合は入社から半年後に10日付与されて、そこから1年ごとに追加されていきます。これは正社員と変わりません。

パートの方はフルタイムに比べると日数は減りますが、それでも有給はあります。

パートの場合は勤務日数に応じて減りますが、週4日勤務だと半年後に7日。週1日勤務でも半年後に1日は有給がもらえます。

これは法律で決められている事です。

アルバイト「有給ありますか?」

会社「アルバイトだから無いよ」

もしこんな事を言っている会社があれば一発アウトです。

アルバイトでも有給がもらえるが、条件はある

これはアルバイトであろうが正社員であろうが変わりませんが、有給をもらうには条件があります。

有給をもらう条件

入社日から半年たった日
既定日数の8割以上出勤している

規定日数とは、「そもそも出勤しなければならない日数」です。

要は「あまりにも病欠とかズル休みとかが多かったら有給はあげないよ」という事。

例えば月に20日出勤日がある場合、8割なので16日以上出勤していればOKです。(けっこう甘い

もしあなたがフルタイムであれば、正社員と同じ日数の有給が貰えます。その会社の勤続年数によって貰える日数が増えていくのですが、以下の表の通りです。

入社日からの年数 付与される有給日数
0.5年経過 10日
1.5年経過 11日
2.5年経過 12日
3.5年経過 14日
4.5年経過 16日
5.5年経過 18日
6.5年経過 20日
以降1年ごとに 20日

めっちゃ休めますよね。

しかし、フルタイムではない場合は日数が変わってきます。これは勤務日数によって段階的に変わってきますので、下記の表をご覧ください。

入社日からの年数 週4日勤務 週3日勤務 週2日勤務 週1日勤務
0.5年経過 7日 5日 3日 1日
1.5年経過 8日 6日 4日 2日
2.5年経過 9日 6日 4日 2日
3.5年経過 10日 8日 5日 2日
4.5年経過 12日 9日 6日 3日
5.5年経過 13日 10日 6日 3日
6.5年経過 15日 11日 7日 3日
以降1年ごとに 15日 11日 7日 3日

これが有給を貰える日数です。

アルバイトが有給を使う方法

有給をもらえるのはわかりましたが、どうやって使えば良いのでしょうか?

申請を出す→OKが出る→休む

基本的にはこのパターンで、厳密にはOKが出るも何も有給を取る権利はあなたにあります

一応、時季変更権といって、会社の運営が妨げられるようなスケジュールで有給を使おうとする人に対しては「有給使うの1週間後のこの日に変えてね」といったように時期を変更するよう指示する権利が会社にはあります。

とはいえ取れるものは取れます。申請の仕方は会社によって違いますので、どうやって申請すれば良いか上司に聞いてみましょう。

「入って半年たったんですけど、有給って使えますか?」みたいな聞き方が一番角が立ちません。

「有給?つかえるわけねーだろ」みたいな事言ってきたら、さらに上の上司にかけあうか、面倒なら辞めましょう。もし労力を惜しまないのであれば、あなたの会社の本社に連絡するか、管轄の労働基準監督署にかけあえば何とかしてくれます。

ちなみに有給のシステムも法律も理解していないバカな管理職、世の中には結構います。これであなたの方が賢くなりましたね。

私が以前いた会社も、バカな管理職がアルバイトやパートの方の有給の使用を拒否したせいで本社まで労働基準監督署から電話がかかってくる事がありました。

有給は使わせなければ明らかに違法なので、労働基準監督者に連絡するほどの気合がなければ本社に連絡すれば直接対応してくれるでしょう。(あなたがいるのが本社ならもうその会社終わってますが)

有給についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事も合わせて読んでみて下さい。

有給とはなんなのか解説します
有給とは何なのか、元人事部がめちゃくちゃわかりやすく解説します。有給とは何なのか、誰にでもわかるようにめちゃくちゃわかりやすく解説します。 私はもともと札幌の企業で人事として働いていたのですが、...

アルバイトでも、ボーナスがあるかも

アルバイトでも、会社によってはボーナスも出ます。

大企業では2020年から、中小企業は2021年から施行される「同一労働同一賃金」という制度。

これは、「同じ仕事をしている人は同じ賃金や待遇で働けるようにしよう」という制度。

例えば販売員などで、正社員と同じ仕事をしているアルバイトの人には同じだけのボーナスや給料が出るようになるかもしれません。

かもしれませんとしたのは…この制度には抜け道も沢山あるし守らなくても罰則はないので、守らない企業も沢山ありそうだという勝手な推測です。

とはいえ、良い人材にはたらいてもらうには、こういった制度をきちんと整備しておく必要があるので、まともな会社ほど「従業員を大切にする制度」がどんどん整備されてきています。

アルバイトでもボーナスが出ると明記してある会社は、こういった「従業員を大切にする制度」をおおく用意している事が多いので、ホワイト率がとても高いです。

ホワイトなアルバイトを探すコツ

さて、ここでホワイトなアルバイトを探すコツをお伝えしておきます。

なんとなくお気づきだとは思うのですが、上に書いたような「有給」「ボーナス」といった制度のことを、わかりやすく求人の中で明記している企業は間違いなくホワイトです。

有給って、1年間で10日以上ない限りは、労働者側から会社に言わなければ取らせる必要ないんですよ。

求人に明記するルールもないので、知らない人は有給の存在を知らずに働いて、最後まで知らずに辞めていきます。

その方が会社からすると都合が良いので、わざわざ書かない企業も多いです。

でも、きちんと制度について調べている労働者はそういった制度を知っています。

賢い労働者は権利や制度をわかっているので、「労働者を安く使おうとする企業」は避けます。

なぜなら、自分が損をするだけだからです。

ですから、きちんとした労働者を雇いたい企業は、そういった制度も最初から求人に明記しておきます。

賢い労働者に避けられない為に。

札幌のおすすめバイト求人サイト

さて、ホワイト求人の見分け方がわかったところで、札幌エリアでバイトを探す際のおすすめ求人サイトをいくつかご紹介しておきます。

正直、アルバイトでもボーナスが出る会社なんてかなり少数です。

でも、少なくとも

  • どんな仕事をするのか
  • どこで、どのくらい働けるのか
  • 給料の下限は何円なのか

このあたりがイマイチわからない求人だけは避けましょう。

求人にすら仕事をわかりやすく書けない会社は、実際に仕事をはじめても教え方が下手だったり制度がメチャクチャな会社が多いです。

それでは、紹介していきます。

マイナビバイト

マイナビのサイト自体2020年久々にリニューアルしたという事で、PRや掲載企業の獲得にかなり力を入れています。

とても勢いがあるので、求人数もとても多いです。

なんとなくですが、「10代~20代はマイナビ」のイメージがあるので、IT関係やアパレルの販売など、割と華やかなイメージの求人をさがすならマイナビバイトがおすすめ。

勿論その他も総合的に掲載されているので、一度はチェックすると良さそうです。

\まずはココ/

バイトル

「高時給、短期、日払いOK」といった打ち出しが強めの求人サイト。

これもイメージですが、学生さんのバイト探しには良さそうなイメージ。

もちろん通常の求人も多数掲載されているのですが、働ける期間が決まっている方などは一度チェックしてみると良い求人に出会えるかもしれません。

\学生さんオススメ/
バイトルを見る

タウンワーク

おそらく30代以上の人からすると「アルバイトと言えばコレ!」といったイメージの求人誌がタウンワーク。

もちろん人事部もそういったイメージを持つ方が多いので、「募集するならとりあえずタウンワークかな」といった思考になりやすいです。

特に主婦のパートさんを探す場合などは掲載しがちです。(世代的に「バイトといえば」の共通認識があるので)

というわけで、安定して幅広い職種の求人数が多いのがタウンワーク。

これも見ておいて損はなさそうです。

\バイトするなら?/
タウンワークを見る

アルキタ

札幌の地元情報誌なので、あまり大きくない会社も掲載されているイメージです。

会社目線で見ると、全国紙ではない分求人の掲載料が安めです。

ですから、道内でしか募集しない会社や地元密着企業からすると求人を出しやすいという特色があります。

近くのお店のバイトを探すような使い方にはとてもおすすめ。

\地元密着!/
アルキタを見る

おまけ:ジョブキタ

こちらは正社員の求人サイトなのですが、アルキタ同様地元密着企業が掲載されているのでご紹介しておきます。

学生さんや主婦のパートの方などはアルキタが良いですが、フルタイムで働ける方はアルバイトにこだわらずジョブキタで探してみるのも良いかもしれません。

\正社員になる?/
ジョブキタを見る

札幌のバイト探し情報でした

  • アルバイトでも有給はある
  • アルバイトでもボーナスが出るところもある
  • ホワイト企業は求人が明確
  • 札幌のバイト探しのおすすめは3社
  • 正社員もいいぞ

ということをご説明しました。

変な会社には引っかからないようにして下さいね。

それでは、あなたも良い求人と出会えることを祈っています。

ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在は企業のwebライターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にはちょっと詳しいです。当メディアの情報が、仕事や人生に疲れた方のちょっとした手助けになればと思っています。