仕事や転職

35歳以上で転職するにはコツがあります。何も考えず働いてたら詰む。

「転職は35歳が限界」という話を耳にしたことはありますか?「いやいや、今はもうそんな時代じゃない」とおっしゃる方もいると思います。

そんなご時世の中、私はちょうど35歳でまったく違う職種に転職しました。(人事・総務からウェブライターへ)

人事として働いた際の様々な方の履歴書を拝見した経験と、自分の転職経験を横展開して、「世間の30代以上の社会人が、転職を見越して生きる上で気を付けておくこと」を、私の例を交えながらお伝えできればと思います。

35歳以上で転職するための考え方

誰もが、「ずっとこの仕事を続けてていいのかな」とか、「でも今から別の業種に転職も難しいよな」とか、ふと思う事があります。

いざ会社がつぶれたら、自分の仕事がAIにとって代わられたら…

漠然とした不安の中で生きていくのは嫌ですよね。

ちなみに私は40歳でも50歳でも全然転職できると思う派なのですが、「仕事が嫌で転職する」といった逃げのモチベーションでの転職は歳を重ねるごとに厳しくなってくるのは事実だと思っています。

何も考えずに適当に転職活動をしている人も、歳を取るにつれて本当に決まらなくなってくるはず。

30代以降の人生を幸せに生きるには、「今所属している会社がつぶれても生きていけそうなスキル」を身に着けながら働くことが大事だなーと思っています。

まずは、「こんな働き方は危ないかもしれない」というものをご紹介します。

他社にとって魅力のない経験

私は以前アパレルや小売の業界にいて、そこそこ全国規模の会社で人事の仕事をしていました。

求人サイトに登録している求職者の方へスカウトメールを送ったり、履歴書や職務経歴を拝見する事も多々ありました。

あくまで個人的な感想とはしておきますが、

「あ、この人仕事決まらないだろうな」

という特徴がいくつかありますので、わかりやすい部分を3つだけお伝えしておきます。

  • 一社であまりに長く働いている方
  • ずっと同じ仕事しかしていない方
  • 職務経歴をまともに記入できない方

順番に見ていきます。

※専門知識の必要な仕事は除きます。あくまで一般的な仕事の会社員の話です。

一社であまりに長く働いている方

10年や20年スパンで働いている方の事です。

もしかすると意外に感じられるかもしれませんが、これ、転職を受け入れる側としては結構リスキーです。

「そんな長く働いたのになぜこの年齢で転職するの?」

「その仕事では、うちではその給料出せないけど大丈夫?」

「そこでしか働いたことなくて、本当にうちに馴染めるの?」

正直こんな感想が溢れそうです。

もちろん会社がいま欲しいポジションにめちゃくちゃマッチする経験だったら別なので、しっかりと経験を積んでいれば大丈夫ではありますが、最初は給料が下がったりと悩ましい事も起こると思います。

終身雇用の崩れたこれからの時代は、ある意味定期的に(3年~5年スパンで)会社を渡り歩いた方が安全とすら言えるかもしれません。

もちろんそこには将来のビジョンや一貫性があるべきですが。

ずっと同じ仕事しかしていない方

上にも書きましたが、もちろん医者や看護師、弁護士などの資格職や、職人などの専門性のある仕事の場合は別です。

そうではなく、一般的な会社員なのに、同じ仕事を5年も10年もしている方の経歴を拝見することがあります。

正直なにも考えずに5年も10年も同じ仕事を続けているのは経験とは呼べないですし、5年も10年もステップアップせずに働いてたという事は能力やモチベーション的にも厳しいと判断されます。

私の経験した業界で言うと、「10年間ずっと同じ店の店長してます」みたいな方ですね。

これは結構厳しいです。

「もう他の仕事に馴染めないんじゃないか」と思われてしまいます。

こういった方は自分でいろいろと勉強して他の技能を身に着けるなどして、それを職務経歴に盛り込まないと、現状維持やステップアップの転職は厳しいです。

職務経歴をまともに記入できない方

いわゆる「自分のやっていた仕事を棚卸できていない方」です。

自分がなにをしていたのか言語化できていない方、多分みなさんが想像しているよりもたくさんいます。

要は本当に普遍的なことしか書けない方なのですが、例えば小売り業界の販売員だと

「〇〇店で3年間販売スタッフとして従事」
「接客、レジ応対、担当コーナーのVMDなど」

このくらいしか書くことのない方は、若ければなんとかなるのですが、30歳超えてると怖くて採用できません。

なんかもっとしてなかったの?って思われます。

自分のことをもっと具体的に知る

「こんな人はマズイ」を3つ抜粋して書いたわけですが、では35歳以上でいざというときに転職できるように生きるにはどうすれば良いのでしょうか。

めちゃくちゃ簡単に一言でいうと「やりたい事をみつけて頑張る」という事ができればなんとかなりそうです。

超持論になりますが…これには「ターゲッティング」と「お客様目線」が関係してきます。

商売の基本ですが、転職でも役に立ちます。

ターゲッティング

ペルソナ設定とも言います。

商売の現場では「どんなお客様を対象にするか」といったことが大切なのですが、将来転職できるように生きるには人生においてもこれを考えて動く必要があります。

つまり、「将来どう生きたいか」というターゲット設定をしておく必要がありそうです。

新卒で働く時には企業研究とか自己分析とかされた方もいると思うのですが、働いているとそんなことしなくなりますよね。

もちろんガッチガチにやる必要はないのですが、仕事や生きる上でのモチベーションにも繋がるので少しはやっておいた方が良いかもしれません。

「将来は自分の店を持ちたい」「ノマド生活がしたい」「田舎で夫婦なかよく暮らしたい」

こんな事で良いのですが、本気で実現させたいものを考えます。

私の場合は、「会社に依存せずに生きれるようになりたい。でもできるだけリスクとりたくない。」です。

「この会社で自分のやってる仕事、会社がつぶれたら潰しがきかねえな…」とふと思ったのがきっかけです。多分今のご時世、こんな考え方の方は増えてきていると思います。

別の例だと、「自分の店を持ちたい」という方もいらっしゃいますよね。そんな方も、会社でただただ漠然と店長として働くだけだと一生雇われ店長で終わりますよね。

会社で身に付かないなら自分で仕入れを勉強しないといけないし、店を構えるには不動産についても勉強しないといけないし、物流についても知識が必要かもしれません。売上仕入の出入り帳簿は最低限必要なので、基本的な経理の知識も必要です。

でも、「自分の店を持ちたい」と言っている人の中で、上のようなことを本気で勉強している人はあまり見た事がありません。

ターゲッティングがしっかりしていないからだと思います。本気では考えてないのです。

お客様目線

次は、そのターゲットに到達できそうな会社や仕事はなんなのかを考えます。

たとえば私のターゲットは「会社に依存せずに生きれるようになりたい。でもできるだけリスクとりたくない。」なのですが、これはもう会社で働くならウェブ・IT系しか思いつきませんでした。

プログラミングなのか、ウェブマーケティングなのか、ウェブメディアなのか、ECサイト運営なのか。

自分で勉強したり情報を集めた上で、一番身になりそうだったのがウェブマーケティング業界、特にウェブメディアの運営で、それについていろいろと知識やスキルを身に付けました。

このブログを運営しているのも勉強の一環です。

たぶんウェブメディア界隈の経験者だとフリーランスの方などが多くなると思うので、「しっかりと部下がいた人」ってあまりいないんじゃないかな?と思っていて、「マネジメント経験×メディア運営知識」で転職できそうなところを狙いました。

結果、求人みて「ここだ!」というところ1社だけ受けて受かりました

35歳で転職は、ぜんぜんできる

というわけで、ちゃんと考えて働いていれば35歳以上で転職は全然できるよという話でした。

具体的なアクションとしては

  • ちゃんと目標を立てて生きる
  • それが達成できるようにがんばる

というあほみたいに当たり前の結論に着地して申し訳ないのですが、「この転職エージェント使ったら絶対転職できるぜ」みたいなウラワザとかは無いです。自分の人生のケツは自分で拭くしかありません。

35歳を過ぎて、上の「ヤバイ状態」に当てはまる心当たりのある方がいたとしても、いまから1年頑張ればなんとかなると思います。私も本気でメディアの勉強し始めてから1年も経たずに転職しています。(それまでの別業種の経験を考慮してもらったのが大きいですが)

自己啓発という言葉はあまり好きではないですが、頑張れることは見つけた方が良いですね。

一つだけ、もう少し具体的な事をお伝えしておくと、人事の経験上「経歴書の書き方は本当にヤバい人が多い」という事です。相手にとった見やすさや求めている情報を整理できてい居ない方が多い。同じ仕事でも書き方でかなり印象が変わるはずです。

転職エージェントを利用すれば職務経歴書を添削してくれたり書き方も教えてくれるので、自身ないならそういったサービスを利用するのもアリです。

それでは、あなたも良い転職ができるよう祈っております。

ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在は企業のwebライターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にはちょっと詳しいです。仕事や生活に役立つ情報を発信しています。たまに写真のことも。