仕事や転職

【転職する?】新型コロナの影響を受けても大丈夫そうな仕事を考察しました。

2020年3月。新型のコロナウイルスが世間を賑わせており、WHOもパンデミックを宣言しました。

私の住む北海道でも感染者が増えていて心配です。

一刻も早い収束を願います。

そんな中、そもそもギリギリの体力で運営していた会社は倒産するところも出てきているようですが…あなたの仕事は大丈夫でしょうか?

販売業やサービス業をしている知り合いがいるのですが、

「キャンセルが相次いで掃除しかしてない」

「お客さんこないから仕事がなくなった」

こんな声も聞こえてきました。

今後生きていく中で、ウイルスだけでなくいろいろなイレギュラーが考えられます。

そんないろいろな不測の事態がおこった際に、できるだけ続けやすい仕事はどんなものなのか?

考えてみました。

この記事でわかる事

不測の事態でも安定する仕事
具体的な職種

新型コロナの影響を受けても大丈夫そうな仕事を考察しました。

何かが起こった時、景気が悪くなったとき、生き残りやすい仕事はどんなものでしょうか。

公務員は不景気でも安定するという話は有名ですが、今回は民間企業のお話。

私が考える限りでは、超簡単に分けると以下のような仕事なら影響が少なそうです。

  • 市場が広い
  • 嗜好品でなく必需品
  • 場所が限定されない

すこし考えてみます。

市場が広い

仕事というのは、基本的にはなにかを売るものです。

サービスを売る、物を売る、娯楽を売る。

ジャンルはいろいろあると思いますが、対象とするお客さんの層が幅広いほどつぶしが効きます。

全世界に向けて売っているなら市場が広い。
とある国や地域の人にだけ売っているなら狭い。

全世代に販売できるなら広い。
20代の男性にだけ売っているなら狭い。

こんな具合です。

嗜好品でなく必需品

不測の事態がおこったとき、人は節約思考になり、嗜好品を使ったり買ったりするのを避けます。

「人は生活必需品を買うと精神が安定する」という研究結果もあるようで、必需品の売上が上がります。

3月にはなぜか全国で一時的にトイレットペーパーが売り切れるという、集団洗脳みたいな出来事も起こりましたよね。

あれは「トイレットペーパーの生産が止まって売り切れそうだ」というTwitterでのデマが元だったようですが、精神の安定を求める人々がちょうどその情報に乗ってしまったという図式でしょう。

場所が限定されない

お店を構えていて、「そこでしか販売できない」という状況はどうやらマズそうです。

その地域で不測の事態が発生してお客さんがこなくなれば終わり。

例えばインターネットでも売れるとか、出張していって売れるとか、そのような対策を考えられる商売の方が、生き残りやすいかもしれません。

宿泊施設の方からお客さんのところには歩いて行けませんもんね。

じゃあ全部ダメじゃん

上の3つに照らして考えていくと「だいたいの商売はアウトじゃん」となってくるのですが、あまり影響を受けなさそうな職業もあります。

不景気になったり今回の新型コロナのようなイレギュラーな出来事があっても「景気がまだマシ」であろうというお仕事をご紹介します。

新型コロナ影響下でもまだマシなお仕事

それでは、私が考えた、景気や不測の事態にそこまで左右されなさそうなお仕事をご紹介します。

工事、施工業者

たとえば道路の工事、建物の工事。

正直仕事はなくなりませんよね。

勝負がどんどんインターネット上に移っている世の中でも、工事は現地にいかないとできません。

最強です。

札幌でいうと、たとえば定山渓の方の道路。ずっと工事してるイメージですが、あのあたりのインフラ整備の仕事は今回のウイルス下でも全く影響なく動いているという話を聞きました。

たしかに、外でする仕事で、そんなに密集するわけでもなく、むしろ車が減っていて捗りますよね。

美容師

いくらウイルスが蔓延していても髪の毛は切りますよね。

もしも景気がどんどん悪化しても、「ちょっと不景気だから髪の毛を切るのをやめておこう」とはなりません。

かなり強いです。

私の通っている美容室でも、予約の入りは良くないにせよ、結果的に毎日埋まっていると仰っていました。

SEなどIT関連

かなり広くくくってしまいましたが、全般的に強そうです。

案件にもよると思いますが、場合によってはリモートでもできそうですし、対法人の仕事であれば急になくなったりはしません。

景気の影響によっては新規の受注が滞る可能性もあるかもしれませんが、比較的安定しているでしょう。

大型家電量販店

大型の家電量販店では、家電だけでなくさまざまなものを扱っています。

たとえば今回の新型コロナの影響での休校、外出自粛ムードに伴い、見守りのためのwebカムの売上が爆発的に上がったようです。

こういうカメラですね。

あとはやはり必需品を買い込み始める方が増えるので「冷凍庫」の売上が伸びているようです。

大きい量販店だと突然売り切れたトイレットペーパーも取り扱っていたと思いますし、いつ何が売れるかわかりませんね。

こんな風に幅広い商品を取り扱っていれば、その時々のさまざまな世代のニーズにこたえられるので大型店は強いです。

おまけ:オンライン学習系

これは今回の新型コロナでの休校や外出自粛の影響の特需なので、不景気やその他のイレギュラーでは関係なさそうですが…

「よし、どこも行けないし英会話でも習うか。」とオンライン英会話の申し込みなどが増えているそうです。

本当にいつ何の需要が上がるのかわかりません。

新型コロナに負けない仕事のご紹介でした。

新型コロナや、その他ご時世の動きの影響をそこまで受けなさそうなお仕事をご紹介しました。

とはいえ本当に状況によりますので、「だから転職する!」というのはさすがに難しいとは思います。

が、売上が下がってしって働ける時間や給料のカットにまで発展してしまったり、本当に仕事がなくなってしまう可能性は0ではありません。

いざというときに動ける準備はしておいた方が良いかもしれませんね。

<関連記事>仕事、検索してみますか?

札幌転職!おすすめ転職サイト10選を元人事が調査しまくって解説する札幌で転職する際の、おすすめの転職サイトをまとめました。エージェント型とサイト型で分けて解説しているので、あなたにあったサービスを見つけて下さい。...

では。

ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在は企業のwebライターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にはちょっと詳しいです。当メディアの情報が、仕事や人生に疲れた方のちょっとした手助けになればと思っています。