レビュー記事

シロカSB-111ホームベーカリーで食パン作ったレビュー【損はない】

シロカSB-111ホームベーカリーレビュー!食パンやピザ生地も!

「シロカSB-111って買って大丈夫かな?」「ホームベーカリーってどれがいいかな?」

こんな風に悩んでいる方へ、シロカSB-111を買った感想、レビューをお伝えします。

シロカ(SIROCA)のSB-111は、1万円以内で購入できて、食パン、ピザ生地、ジャムまで作れる優れもののホームベーカリーです。

結果、めっちゃいいです。買って損なし。

いつも自炊している方でも、パンはまだまだ市販のものが主流ですよね。

でも、せっかくならパンも焼き立てを食べてみたいですよね。

正直、ホームベーカリーで焼いたパンって、超熟とかより全然うまいです。(超熟が世界一うまいと思ってました)(超熟ファンの方ごめんなさい)

ということで、購入してとても良かったホームベーカリーのシロカSB-111をレビューします。

↓動画にもしているため、もしよろしければあわせてご覧下さい。

シロカSB-111 ホームベーカリーとは

シロカSB-111 ホームベーカリーとは
そもそもシロカとは、いろいろな生活家電を発売している会社。

オシャレなコーヒーメーカーや、今回ご紹介するようなホームベーカリーなど、暮らしを少しオシャレに、楽しくする家電がそろっています。

さらにリーズナブルなお値段も特徴で、今とても人気のあるメーカーです。

今回購入したものはシロカの全自動ホームベーカリーSB-111。amazonの実勢価格で8,000円程度のお値段なのに、必要十分な機能を持った日本製全自動ホームベーカリー。

朝起きたら焼き立てパンの香りがする、素晴らしい生活があなたを待っています。

型番シロカSB-111
サイズ幅28 ×奥行32 ×高さ29.5cm
メーカー希望小売価格15,000円(税抜)
本体重量3.9kg
コード長1.4m

ホームベーカリー他機種比較

シロカSB-111ホームベーカリーは、他機種と比べてめちゃくちゃリーズナブルです。
特徴は後述しますが、まずは価格で比べて見て下さい。

↓スマホの場合横にスクロールできます。

機種比較
メーカーSIROCAパナソニックタイガーツインバード
型番SB-111SD-SB1-WKBY-A100-WBM-EF34G
価格8,990円20,918円23,333円15,195円
食パン1~2斤用1斤用1斤用1~1.5斤用
詳細amazonで見るamazonで見るamazonで見るamazonで見る

※価格は2020年4月時点のamazon掲載情報です。

もちろん細かい機能の違いはあるにせよ、かなり価格が違います。

さらに焼ける大きさの幅も1斤~2斤から選べるうえ、実際めちゃくちゃ美味しいパンが焼けましたので、コスパは良好です。

そんなシロカSB-111ホームベーカリーの特徴を深堀りしていきます。

シロカSB-111 ホームベーカリーの特徴

シロカSB-111 ホームベーカリーの特徴

SB-111の特徴は下記の通り。

  • 作り方レシピ付き
  • タイマー最大13時間
  • 1斤~2斤の食パンを作れる
  • 焼き色を3段階で選べる
  • 安心の日本製

作り方レシピ付き

説明書に、一通りのレシピがついていて安心です。

書いてある分量通りにいれてスイッチを押すだけで、パンや生地が出来上がります。

シロカSB-111ホームベーカリーで作れるレシピを下にまとめました。

↓クリックで開きます

作れるもの

パン作り

  • 食パン
  • フランスパン風パン
  • ソフトパン
  • スウィートパン
  • 全粒粉パン
  • 米粉パン

生地作り

  • パン生地
  • ピザ生地
  • うどん生地
  • パスタ生地
  • そば生地

その他

  • お餅
  • ジャム
  • フレッシュバター

めっちゃいろいろ作れます。

タイマー最大13時間

タイマー機能がついています。

夜のうちに材料をいれて、朝に焼きあがるようにセットしておけば、起きたときにリビングにパンの香りが漂っています。

最高です。

ただ、音は少々うるさいため、マットの上に置いておくなど工夫できるとベストです。

1斤~2斤の食パンを作れる

サイズも選べます。

シロカのパンミックスで作る場合は、1袋1斤用で小分けになっています。2斤で作りたい場合は純粋に2倍の量をいれればそれでOK。

個人的には1斤を小まめに作った方が食べ切りやすくて良いかなと思います。

焼き色を3段階で選べる

個人的には「ちょっと焦げ気味」くらいの焼き色がついていてほしいため、これはありがたい機能。

「うすめ、ふつう、濃いめ」の3段階の焼き色を選べます。

安心の日本製

SIROCAは日本製。保証なども国内で対応してもらえるため、安心して購入して下さい。

シロカSB-111の開封レビュー

シロカSB-111ホームベーカリーのレビュー写真

せっかくですので開封していきます。「パン作ってるところ見せろよ!」って方はここは飛ばして下へ進んでください。

それでは開けます。けっこう大きいです。

シロカSB-111ホームベーカリーのレビュー写真

梱包は丁寧。

シロカSB-111ホームベーカリーのレビュー写真

炊飯器と同じくらいでしょうか。こんな感じです。

シロカSB-111ホームベーカリーのレビュー写真

中に付属品が入っています。

シロカSB-111ホームベーカリーのレビュー写真

付属品はシンプルにこれだけ。

シロカSB-111ホームベーカリーのレビュー写真
  • 計量カップ
  • 軽量スプーン
  • 生地をこねる羽
  • 羽がうまったときに取り出す金具

この4つ。

分かり易いです。

シロカSB-111を使って食パンを作った感想

シロカSB-111ホームベーカリーでつくった食パン

食パンを作ってみました。

感想を一言で言うと、「普通に簡単だけど、まあまあうるさい」です。

うるさいのは対策できるので、8,000円でこれなら十分満足です。

というわけで、食パンを作る実際の流れをご紹介します。

  1. 水を入れる
  2. パンミックスを入れる
  3. パンミックスをなだらかにする
  4. ドライイーストをいれる
  5. 本体にセットする
  6. スイッチON

手順はこれだけ。

作るのが手間だと作らなくなりそうだなーと思ったのですが、材料さえ用意すればめちゃくちゃ簡単でした。

順番に写真で紹介していきます。

今回用意したもの

今回用意したものはシンプルです。

ソフトパンミックス
  • ソフトパンミックス
  • ドライイースト

これだけ。

これだけでパン作れます。パンミックスはSIROCAのものがamazonでセット販売されています。1斤分ごとの小分けになった10斤分セットで2,000円くらいです。

食パンの手作りレシピ

ちなみに、材料を自分で調合して記事を作る方法も説明書に載っています。

参考までに、食パン1斤の材料はこちら。

食パン1斤の材料

水 180 ml
強力粉 250 g
バター 18 g
砂糖 18 g(大 2)
塩 4 g(小 2/3)
スキムミルク 6 g(小 3)
ドライイースト 2.7 g(小1弱)

上記を調合して作ればパンミックスを使うよりも少しだけ安く済むと思いますが、初めからやると普通に失敗しそうだったのでパンミックスを用意しました。

それでは作っていきます。

1 水をいれる

シロカSB-111ホームベーカリーで食パンを作る手順の写真

まず水をいれます。今回使ったパンミックスだと、1斤分で160ml。水の量を適当にすると大変なことになるので、ミリ単位で測ります。

2 パンミックスをいれる

シロカSB-111ホームベーカリーで食パンを作る手順の写真

水の上からドシャーっといれます。ただいれるだけ。

3 パンミックスをなだらかにする

シロカSB-111ホームベーカリーで食パンを作る手順の写真

指でツンツンしてなだらかにして、すこし窪みを作ります。

というのも、しばらく発酵させたい場合はこの後にいれるドライイーストという材料は水に触れるとアウトだからです。

ライイーストをいれられるスペースの窪みを用意します。

4 ドライイーストをいれる

シロカSB-111ホームベーカリーで食パンを作る手順の写真

慎重に窪みにいれます。水にふれてしまうと発酵しなくなって残念な物体が出来上がります。

5 本体にセットする

シロカSB-111ホームベーカリーで食パンを作る手順の写真

セットします。ガチャっといれます。

6 設定して完了

シロカSB-111ホームベーカリーで食パンを作る手順の写真

あとは作る物などを設定して完了です。食パンを作る場合に設定する項目は下記の通り。

  1. 作る種類 = 食パン
  2. サイズ = 1斤~2斤
  3. 焼き色 = うすい~こい
  4. タイマー = お好みで

これだけです。

ちなみに食パンが焼きあがるには4時間半ほどかかりますので、基本的には寝る前にセットして、朝に出来上がっているというルーティンがおすすめです。

とはいえ、こねるときの音が結構うるさいです。

グワン、グワン、グワン、みたいな音がそれなりに大きいので、テーブルの上とかに置くとテーブルで反響(?)してぶっちゃけ目が覚める程度にはうるさいです。

マットを敷くなどして対策すれば問題ないので、それだけお気を付けください。

焼けた食パンをご紹介

シロカSB-111ホームベーカリーで食パンを作る手順の写真

あんなに簡単だったのに最高の焼き上がり具合で完成しました。

フリフリしてパンを取り出します。これが公式の取り出し方。

シロカSB-111ホームベーカリーで食パンを作る手順の写真

ゴロンと出ます。

※羽の部品が埋まっていることがあり、取り出す必要があるので注意。

シロカSB-111ホームベーカリーで食パンを作る手順の写真

なまらうまそう。

シロカSB-111ホームベーカリーで作った食パンの写真

早速切ります。

シロカSB-111ホームベーカリーで作った食パンの写真

良い。

シロカSB-111ホームベーカリーを使うメリット

シロカSB-111ホームベーカリーで作った食パンの写真

というわけで、使ってみて感じたメリットは以下です。

シロカSB-111ホームベーカリーのメリット

  • 1万円で生活がちょっと豊かになる
  • ピザ生地とか餅も作れるオールラウンダー
  • とてもカンタンにパンを焼ける
  • 焼いたパンが市販のものより明らかに美味い
  • パンミックスを使えば1斤200円程度で毎日焼き立てパンを食べられる

朝おきたら焼き立てパンの香りがする生活。

もう市販の食パンは無理かもしれません。

シロカホームベーカリーに関するQ&A

気になる質問をまとめました。

Q:ホームベーカリーの食パン作りは複雑ですか?

A:専用のパンミックスと水をセットするだけで超カンタンです。こだわる方は強力粉などを混ぜても作れますが、レシピ通りにいれてセットするだけなので誰でもできます。

Q:1斤にどのくらいの時間がかかりますか?

A:だいたい4時間半くらいかかります。タイマー機能があるため、夜にセットして朝に出来上がっているようなルーティンがおすすめです。焼き立てパンの香りで目覚める生活、最高です。

Q:食パン以外に何が作れますか?

A:ピザやうどんなどの生地から、ジャム、お餅など。様々な物を作れます。詳しくは記事内で解説しています。

シロカSB-111ホームベーカリーは最高

シロカSB-111ホームベーカリーで作った食パンの写真

ホームベーカリーを導入することで、毎日の朝ごはんがとても楽しみになります。

ピザ生地を作って焼くのもとてもカンタンです。

ぜひあなたのライフスタイルにも取り入れてみて下さい。

では。

ABOUT ME
アバター
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 企業メディアのディレクターとか、カメラマンみたいなことをしています。北海道生活で感じたことなどをいろいろとお伝えしています。