コラム

Twitterは飲食店と同じ!ヘッダー&プロフィールの正しい作り方

Twitterでひたすら北海道の写真をアップしているtk(@tklandphoto)です。

  • Twitterのフォロワーを増やしたい
  • 何か発信したいことがある
  • 現在のフォロワー500人以下

今回はこのような「Twitterでしっかり情報を発信していきたい」初心者の方向けの情報を、Twitter = 飲食店というイメージでわかりやすくお伝えしたいと思います。

結論、ヘッダー画像やプロフィールが適当だと、

「この人フォローして大丈夫かな…?」

という不安が膨らんで、フォロワーさんは増えません。

勿論つぶやく内容が重要ではありますが、ヘッダー画像やプロフィールをしっかり作りこむ事で、フォロワーが増えないリスクを減らすことができます。

私は幸いにも3か月くらいの運用で1000人以上のフォロワー様方にフォローして頂けました。

こんな感じのツイートを毎日しています。

Twitterを運用していて気づいた事もいろいろとあったので、Twitterのヘッダー画像やプロフィールがなぜ重要なのか、自分なりの答えを記そうと思います。

このページを見ればわかる事
・ヘッダー画像のデザインのコツ
・プロフィールの構成のコツ
・フォロワーを増やす心構え

なぜヘッダーやプロフィールが重要なのか

Twitterを運用されているという事は、なにか目的があるのだと思います。

たとえば私の場合だと、大好きな北海道の魅力を伝えたいと思ってひたすら写真をアップしています。

ただフォロワーを増やす事自体が目的の方は、いくらでも方法があると思います。相互フォロー企画にとにかく乗っかって増やすことも可能ですし、お金を出して買うことだってできるかもしれません。

そんな方にはこの記事はきっと役立たないと思いますので、別の記事を読んでください。

でも、多分そうじゃないですよね。

自分の発信している事に共感してくれる人が増えたり、自分の発信でだれかの人生が少し良くなったり、そういう事が目的にあるから、フォロワーを増やしたいんですよね。

周りを見渡すと、たとえば「生活で役立つネタ」を発信する方もいれば、「お金儲けの方法」を発信する方、いろいろな方がいます。

たくさん方がいる中で、「自分はTwitterでこういう事をしている人です」という事を記しておくのがヘッダー画像やプロフィールの役割です。

飲食店に例えると、

ツイート=広告
ヘッダー画像=看板
プロフィール=入り口のメニュー

こういった図式です。

Twitterのフォロワーが増えるときは

  1. ツイートを見る
  2. 興味が出ればプロフィール画面に行く
  3. ヘッダー画像が目に入る
  4. プロフィールを読む
  5. もっと興味が出ればフォローする

この5つの流れになります。

飲食店に入るときは

  1. 広告(ぐるなび等)を見る
  2. 興味が出れば行く
  3. 看板が目に入る
  4. 入り口のメニューを見る
  5. 大丈夫そうなら入る
  6. おいしければリピート

飲食店の場合は2の段階で実際に足を運んでいるので、よっぽど店の雰囲気が悪くなければ3や4の段階で帰ることはありません。その代わり、リピーターになる6の「おいしければ」に大きなハードルがあります。

Twitterでは2が手軽すぎて、3や4で興味が沸かなければすぐに帰ってしまいます。でも、そこさえクリアすれば5のフォローもとても気軽です。

つまり、ツイート(広告)で目を引いたあと、ヘッダー画像(看板)やプロフィール(メニュー)で興味や安心感を与えさえすればフォローしてもらえるという事です。

逆にどれだけツイート(広告)の段階で興味を引いたとしても、プロフィールやヘッダー画像がチープだとどうしてもそこで興味が途絶えてしまいます。

というわけで、しっかりとTwitterを運用したい方は、ヘッダー画像やプロフィールにも力をいれる必要があるわけです。

Twitterのヘッダー画像を作るコツ

まずはヘッダー画像です。

ヘッダー画像は、あなたの看板。一目でイメージを伝える必要があります。

ここでは、ヨコ 1500pixel × タテ 500pixel の画像が必要です。

このサイズであなたのTwitterにとって適切な画像を用意する事で、あなたの未来のフォロワーの安心感を担保できます。

ヘッダー画像を用意する上で、知っておくべき事が2点あります。

  1. アイコンの場所
  2. 上下が見切れる現象

順番に解説します。

1 アイコンの場所

Twitterのトップ画面では、ヘッダー画像にアイコンが丸く侵入してきます。

こんな感じです。

アイコンがヘッダーに侵入してデザインにもろ被りします。
ここに文字などを入れるとわけわからなくなるので、それだけ注意して下さい。

私の場合もデザインにかぶっていますが、これはまあ…いいかなと思って使っています。

アイコンの円形のサイズまで計算して作り始めると面倒なので、

左下に重要な文字や画像をいれない

という事だけ注意すればOKです。

2 上下が見切れる現象

※画像の見切れゾーンはイメージで、正確には測っていません

例えばこの画像の上下の赤い部分が、端末によって見えなくなる場合がある、という情報があるのですが…

2020年2月現在、私の持つ環境でいろいろと試したところ、特に確認できませんでした

上下それぞれ30pixelくらいは見切れる可能性があるというデータがありましたが、信憑性は謎です。

基本的には上下高さいっぱいにデザインしても問題ないと思います。

ヘッダー画像のデザインのコツ

いろいろな方のヘッダー画像を見て研究しました。

あらためてご説明しますが、「昨日ハンバーグ食べた」とか「明日テストだるい…」と友達と呟きあう為の個人アカウントであれば、もちろん自分の好きな画像を使えばOKです。

ただ「こういうコンセプトでフォロワーを集めたい!」と決めて運用している方は、以下のポイントに注意してください。

  1. コンセプトが分かり易い
  2. あやしくない
  3. オリジナリティがある

これだけ守ればOKです。

つまり、「私はこういう事を呟くアカウントだよ」

と一目で分かり易いものにしましょう。

私のヘッダーが最高だ!というわけではないので、たとえばですが…

この画像だと、ヘッダー画像では何なのか良く分からないですよね。デザイン自体は好きなのですが、「じゃあなんなの?」って感じです。

なので、この画像に変えました。

これだと、「あ、なんか北海道で写真とってる人なのかな」ってまあわかりますよね。

すでにめちゃくちゃ影響力のある方とか、アーティスティックな才能が半端ない方は文字なんて少ない方が雰囲気が出て良いかもしれません。

が、そうでなければ何か関連する文字や説明、画像をヘッダーにいれておいた方がわかりやすいし、安心です。

極端に言うと、カレー屋さんの看板にめちゃくちゃアーティスティックな画像が載っていたり、寿司ざんまいのイラストが描いてあったら意味わからないですよね。

でも…めちゃくちゃオシャレなインフルエンサーのSNSのヘッダーにつらつらと説明文が書いてあったら興ざめです。

つまりコンセプトと合っているというのが一番大切で、それ以外にもフリー画像とわかるようなものをそのまま載せていたり、その人と関係の無いヘッダー画像だと、一体なにを発信する人なのか一目で分かりづらいので、自作するのがベターです。

Twitterプロフィールの構成のコツ

この画像の部分がプロフィールです。

ヘッダー画像(看板)も重要ですが、プロフィール(メニュー)も重要です。

飲食店の入り口のプロフィール(メニュー)が適当だと

「広告の写真が良い感じだったから来てみたけど、入り口に値段もまともなメニューも書いてないし、なんか入るの怖いから帰ろ」

こんな感じになります。

逆にメニューや値段がわかりやすければ

「あ、これこれ。これが食べたかったから入ろう」

となって入ってくれます。(=フォローしてくれます)

安心感を与えるのがプロフィールの役割といって良いと思います。

具体的に記載する内容としては

  1. 自分が何者か
  2. 何を発信しているか
  3. どういう人向けか

こういった内容を書けばOKです。

私の場合だと、

北海道を切り取って毎朝アップしている
関西から札幌に移住している
youtubeとかブログとかでも発信してる
Nikon D750というカメラを使っている

こんな情報をプロフィールにいれています。

「ああ、なんか北海道に移住してきて写真撮ったりしてる人なのかな」ってわかりますよね。

元々はもう少し長い文章でツラツラと書いていたのですが、長文はなかなか読まれないということにも気づいたので、短く区切って書くようにしました。

SNSでフォロワーを増やすのは大変

ヘッダーとプロフィールの重要性をお伝えしました。

  • ヘッダー画像はコンセプトと合わせる。
  • プロフィールをわかりやすく書く

ただこれだけですが、やってみるとなかなか難しいです。
これといった正解はないので、反応をみながら週単位で変えていく必要もあるでしょう。

さらにツイートもしっかり考えて行かなければなりませんし、多分しんどいです。

発信したい事があってフォロワーを増やしたい!

と強い目的があればあるほど何回も絶望すると思います。

でも、地道に、真摯に続けていれば、きっとあなたのことを信頼してくれるフォロワーさんが付いてくるはずです。

私もまだまだですが、どんどん北海道の魅力を発信していければなと思っています。北海道の素晴らしさを、少しでも多くの方に見てもらえるように。

それでは、一緒に頑張りましょう。

よかったらフォローもおまちしています!

ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在は企業のwebライターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にはちょっと詳しいです。当メディアの情報が、仕事や人生に疲れた方のちょっとした手助けになればと思っています。