転職する際に、上司から「明智光秀か」と裏切り者扱いされた話。

札幌への移住

私自身、関西から札幌へ移住してきました。

移住を考えるときには「仕事」という問題が必ず付きまといます。

ウェブで仕事を完結できるフリーランスの方やリモートワークが可能な方はあまり問題ないと思いますが…2020年の現代ではまだまだマイノリティですよね。

つまり大抵の場合転職する事になると思うのですが、転職って勇気いります。

勇気を出して転職先を決めて、いざ現職に退職を切り出すときが最終関門。

たぶん裏切り者扱いされます。

tk
tk

どうも、明智光秀です

D750
D750

こりゃどうも

私は転職する際に上司から「おまえは明智光秀か」と裏切り者のように言われた事があります。

おもしろかったので、上司がどうしてそのような発想になったのかを考察したいと思います。

移住とかで転職、退職する際のメンタルコントロールの参考にしてください。

この記事を読めばわかる事
・「退職=裏切り」がおかしい理由と理屈
・良い会社は辞める社員を〇〇にする
・転職するにはハロワじゃなく求人サイト

「退職や転職=裏切り」は普通におかしい

まず、私自身何年もマネジメント経験があります。

最大で一度に50名くらいの部下がいました。

アルバイトやパートの方も含めて入れ替わりの多い業界でしたので、もちろん退職の相談を受けることもありました。

退職には、いろいろな理由や状況、タイミングがあります。

「あの人と一緒に働くのがイヤだ」といったネガティブな理由から、「もっとやりたい事がある」というポジティブな理由、「旦那が転勤することになった」という仕方ない理由。

私は仕事に対しては割とドライな性格なので、自分自身「裏切られた!本能寺の変かよ!」とか思ったことはありませんし、むしろ「やりたい事できるなら良いじゃん!」とか、「イヤならしょうがないなあ」と思っていました。

もちろん、ネガティブな理由の方については、まっとうな意見であれば改善に走りました。

退職は制度としてありますし、「明日から有給全消化して最終日を退職日にしてやめます」なんて言われたらそりゃ明智光秀かよと思いますが、普通に1か月とか2か月の期間をおくなら何の問題もないですよね。

法律上は2週間で退社できますし、できないなら奴隷制度です。

そもそもそんな事を従業員が言ってくる職場は…正常に回ってないヤバい会社ですよね。よっぽど熟練のバックラーなら話は別ですが。

ただ、周りの同僚のマネジャーや上司などを見ていると、「退職=裏切り」と思う方がいるだろうなとは思ってはいました。

思ってはいましたが、「あ、本当にそんな事言うんだ」と少しびっくりしました。

私に「裏切られた!」と感じた上司からの言葉

私に「おまえは明智光秀か」といった上司の言葉。

上司といっても、何も知らない中間管理職ではなく役員クラスです。

要点はこの3つです

  1. 今じゃないとダメなのか
  2. なぜ突然なんだ
  3. 今抱えてる仕事は、辞めたあとは知らんぷりか?

多分、似たようなメンタルの会社は大抵同じような事を言ってくるのではないかなと思います。

1.今じゃないとダメなのか

良い転職先が見つかるかどうかは、正直タイミング次第のような所があります。

転職先は待ってくれないので、あなたにとってもタイミングは今じゃないとダメです。

こんな事を言う上司は、多分自分でも「まあ今じゃないとダメなんだろうな」と薄々思いながら言っていると思いますので、真に受けないほうが良いです。

もし本気で言ってるなら、世間知らず過ぎるのでスルーです。そんな会社辞めて正解。

2.なぜ突然なんだ

「わたしそろそろ辞めるかもしれません」なんて言ってから転職活動してちょっとずつ辞める人なんていませんよね。

そんな事したらもし転職先が見つからなかったときに働きづらくなりますし、言われた上司も「こいついつ辞めるんだろうドキドキ」となるので、お互い良くないです。

転職や恋人との別れは突然やってくるものです。これも1と同じく、「もう何も言い返せないけれど何か言いたい」という上司の口から出た言葉です。

多分本気で言っているわけではないのでスルーです。

本気で言っている会社なら尚更辞めて正解です。

3.今抱えてる仕事は、辞めたあとは知らんぷりか?

これなんてもう完全にパワハラですよね。

「1か月や2か月で引き継ぎますよ」って言っているのに、こういう事を言ってくる人がいました。完全に昭和脳です。

でも、残念ながら日本企業の幹部レベルにはこういった脳みその人が多いと思います。

もっとドライな職場もどんどん増えてきていると思うのですが…社長がある程度年配だったり20年以上続いている会社だと、昭和の奴隷制みたいなマインドだけが残っています。

「そんな事言うなら退職金ドカドカ出して死ぬまで面倒見ろよ」と思いますが、どうせしてくれないのでスルーで大丈夫です。

とはいえ、上司の気持ちもわかる

とはいえですが、上司の考えている事もわかります。

裏切り者扱いするということは、それだけ期待していたという事の裏返しでもあります。

ですから、「あ、期待してくれてたんだな」と思って、感謝の気持ちをもって会社を去るのが正解です。

ここで変に戦おうとしたり、「そんな事いうなら明日からこない!プンプン!」なんてしようものなら、完全に裏切り者になってしまいますし、面倒なだけです。

こちらが大人になって、「ああ、期待してた社員が離れて悲しいんだな、ヨシヨシ」くらいに思って、さわやかに去りましょう。

良い組織が、辞める社員に対してする事

自分がマネジメントしていて常々思っていたのですが…辞める社員は大切にしないといけないんですよ。

なぜなら、辞めた社員って一番の広告塔になるからです。

だって「明智光秀かよ」なんて言われて辞めたら、次の職場の人とか友達に「辞めるとき明智光秀って言われたんだけどw」って絶対言うじゃないですか。

私なんてこのブログで全世界に向かって言ってますからね。(さすがに会社名は出しませんが)

その話を聞いた人は、もし仕事を探していてもその職場にだけは絶対応募しませんし、友達も紹介しませんよね。

人づてではなくても会社のクチコミサイトなんて沢山ありますし、就活や転職のときにめちゃくちゃ見られています。そこに「辞めるときに裏切り者扱いされた」なんて書かれてる会社に絶対入りたくないですよね。

逆に辞めるときに「今までありがとう。ちょっとだけど退職金だすわ」なんて制度にもない退職金を5万でも10万でも包んだらどうでしょうか。

その人、たった5万で一生会社の広告してくれますよね。

極端な話かもしれませんが…昭和脳の人って何で目先の事だけでなく先の事を考えられないのかな?とは思います。

良い会社は、辞める社員を大切にします。

というわけで、明智光秀扱いしてくる会社なんて辞めて正解。というわけです。

良い転職先を探すには、転職サイト

ちなみに、転職先を探すにはハローワークとかではなく転職サイトや転職エージェントなどから探す方がぜったい良い会社と出会えます。

ハローワークって無料で求人出せるので、どの会社が採用モチベーション高いのか読みづらいです。対して求人サイトは企業がお金払ってるので、本気で人を探している企業しか載せていません。

退職するときは明智光秀扱いされても気にしない

まとめると、

退職するとき明智光秀扱いしてくる会社は、さわやかに辞めるのが正解

という話でした。

札幌移住を考えているあなたも、良い会社と巡り合える事を祈っています。

tk
tk

北海道はいいぞー

D750
D750

まってまーす

コメント