ライフハック

札幌で素敵なフォトウェディングを。札幌市内フォトスタジオ7選!

どんどんとミニマルになっていく時代。札幌でも結婚式を挙げるカップルは減ってきているようです。

「式を挙げるお金があるなら別の事に使いたい」そんなカップルにオススメなのがフォトウェディング。結婚式を挙げることに比べると、10分の1くらいの値段で素敵な思い出をカタチに残せます。(特に札幌はフォトウェディングにピッタリな土地だなあと思っています。)

フォトブロガーとして「こんなシーンの撮影はアマチュアではなくプロに頼むべき!」といった視点での情報と、いつまでも色あせない思い出作りにピッタリな札幌のフォトウェディングスタジオをご紹介します。

この記事を読めばわかる事
・プロに写真を頼むべきシチュエーション
・札幌でフォトウェディングがおすすめな理由
・札幌でフォトウェディングをお願いできるサービス

プロに写真撮影を頼むべきシチュエーション

アマチュアの写真家でもプロに負けない機材を持っている方もいらっしゃいますし、すごい撮影技術を持っている方も勿論いるとは思いますが、やはりアマとプロは違います。

プロとアマの違いとしては

  • お客様目線で写真を撮影できるか
  • どんなシーンでも安定して成果を出せるか
  • 金銭などの責任を伴うか

この3点が大きいです。テクニック、意識、慣れ、いろいろな要素が絡んできます。

というわけで、一生に一度しかないイベントや、衣装をレンタルして撮影したい場合など、時間制限のあるシーンでの撮影はプロに頼むべきです。

例えばこのようなシーン。

・フォトウェディング
・結婚式の式中撮影や前撮り
・七五三
・成人式の前撮り
・レンタル衣装(和装など)での撮影
共通しているのが、1日単位での時間制限があるシーンだということです。
逆に、知り合いのアマチュアカメラマンの方などに頼んでも良さそうなシチュエーションはこちら。
・マタニティフォト
・ペットとの写真
・家族写真
・遺影
・ポートレート
・手持ちの衣装での撮影

1度の撮影で失敗しても別の日に改めて撮影しやすいシチュエーションです。

やり直しがきくなら、趣味のフォトグラファーでも機材やスキル次第で十分対応できると思います。

フォトウェディングはドレス等は勿論、場所の選定や機材、天候、いろいろな要素のプロデュースが必要です。

せっかくの晴れ姿ですので、思い切ってプロのカメラマンに撮影してもらいましょう。

この記事の下の方では、Lovegraphという出張撮影サービスをご紹介しています。

めちゃくちゃリーズナブルに撮影してもらえるので、

「ウェディングフォトまではちょっと大げさかな…」

という方はぜひフォトスタジオと合わせて検討してみて下さい。

\話題の出張撮影サービス/
Lovegraphを見てみる

札幌でフォトウェディングがおすすめな理由


フォトウェディングは「ブライダルフォト」とも呼ばれますが、結婚式は挙げずに二人のドレスや和装姿の写真を撮影できるサービスの事。

  • 結婚式を挙げるお金がない
  • 式を挙げても呼ぶ人があまりいない
  • 人前に出るのが苦手
  • 式にあまり重要性を感じない

こんなカップルの思い出作りにおすすめなのがフォトウェディングです。

撮影場所やドレスの手配、メイクなども一通りお任せでOK。きっと二人の素敵な思い出になるでしょう。

そんなフォトウェディングが札幌で特にオススメな理由は、ドレス映えする撮影に最適なロケーションが近場にそろっている事。

たとえば赤れんが庁舎、中島公園の豊平館、時計台、モエレ沼公園。

スタジオによっては富良野や美瑛で撮影可能なプランもあります。

あなたの大好きな北海道で、あなたの大好きな人と、最高の1枚を残せるのが札幌でのフォトウェディングです。

札幌のフォトウェディングサービス

La-VIE(ラヴィ)

サッポロファクトリー内にお店を構えるフォトウェディングサービス。
札幌市内だけでなく、富良野や美瑛などの人気スポットでのロケーション撮影にも対応しています。
一生の思い出になること間違いなし!
アクセス
地下鉄東西線「バスセンター前駅」より徒歩8分
〒060-0032 北海道札幌市中央区北2条東4丁目1-2 サッポロファクトリー レンガ館2F
営業時間
10:00 ~ 19:00 (定休:水曜日)
web
https://www.la-viephoto.com/sapporo/

イシクリフォトスタジオ

「いい写真は人をしあわせにできる」という考えのもと、フォトウェディングサービスを展開しています。スタジオスナップなら19,800円~の低価格で楽しめるのが魅力。もちろん札幌の各地でのロケーション撮影にも対応しています。
アクセス
苗穂町3丁目バス停 徒歩すぐ
北6条東13丁目バス停 徒歩すぐ
〒065-0043 札幌市東区苗穂町4丁目1-1
営業時間
9:00 ~ 17:00
定休:水曜日(祝日の場合は営業)・年末年始
web
https://www.ishikuri.com/

シンデレラストーリー

「20年たっても飾りたい結婚写真」をコンセプトに、オトナのウェディングフォトを提案しています。衣装や小物にもこだわりのあるスタジオです。
アクセス
各線札幌駅 徒歩3分
〒060-0806 札幌市北区北6西2 PASEO地下1階
営業時間
10:00~21:00 (年中無休)
web
http://ウェディングフォト.com/

写真工房ぱれっと

ウェディングだけでなく、成人式や卒業式、七五三など様々なシチュエーションに対応可能な総合撮影スタジオ。
ロケーション撮影ももちろん対応可能ですが、スタジオ撮影の背景バリエーションが沢山あるのが特徴。室内撮影で様々なシチュエーションを選べるのは、天気によって予定変更し難い忙しいカップルにも安心です。
アクセス
サッポロファクトリーバス停 徒歩すぐ
〒060-0032 北海道札幌市中央区北2条東4丁目
サッポロファクトリーレンガ館3F
営業時間
10:00~18:30(年中無休)
web
http://www.studio-palette.com/

aim

ドレスのバリエーションや、ヘアメイクのスキルに自信のあるスタジオ。マタニティウェディングでも対応可能のドレスもあって授かり婚のカップルも安心。女性の美しさを引き出してくれるスタジオです。
アクセス
各線札幌駅 徒歩5分
〒060-0808 札幌市北区北8条西3丁目32
8・3スクエア北ビル1F
営業時間
10:00~19:00 (定休日:水曜日)
web
https://www.aimbridal.jp/sapporo/

ノーブルジャパン

衣装による追加料金一切無し、「最高の1枚にこだわる」というコンセプトのスタジオ。海外のレタッチ技術を取り入れていて、自然で美しい仕上がりにこだわっているのも特徴で、いつまでも飾っていたい写真になること間違いなしです。
アクセス
地下鉄東西線西18丁目駅 2番出口徒歩5分
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西18−29-1-27
S2BL 3F
営業時間
10:00-19:00
web
https://noblejapan.jp/

大和田写真館

札幌市内のロケーション撮影ならどこでも一律料金で、わかりやすくて安心。どうしてもその日しか難しい、というカップルは雨天晴天両方に対応可能なロケーション撮影も相談可能で、忙しい二人にもピッタリなフォトスタジオです。
アクセス
地下鉄東豊線美園駅 1番出口 徒歩4分
〒062-0011 北海道札幌市豊平区美園11条5丁目1-16
営業時間
10:00~19:00 (定休日:木曜日)
web
http://www.ohwada-photo.com/bridal.html

ちょっと特殊でオススメな撮影サービス

ウェディングフォトはちょっと大げさだから、記念撮影くらいの気分でプロに撮影してみて欲しい!

こんな風に思う方もいらっしゃいますよね。

そんなあなたにオススメなのが、LOVEGRAPH。

所属カメラマンが全国各地にいて、事前にその方の撮った写真などを見て

「この人に撮ってほしい!」

と指名して撮影してもらえるサービスです。

たしかに、ただ綺麗に撮っただけの面白みのない写真じゃなくて、ちょっとふざけててもエモい写真を撮ってもらった方が良い方もいますよね。

このLOVEGRAPH、スタンダードプランだと29,800円(税抜)ポッキリ。

1~2時間の撮影で保存した75枚以上の写真データを全部もらえます。

これってけっこう重要です。

例えば式場の提携カメラマンとか、サービスによっては向こうが勝手に厳選したデータ10枚分くらいしかもらえないところもあります。

アルバムが10万円で、データ渡すならさらに10万円…とか平気で言ってくるところも多いです。

なので、写真がメインであれば上に挙げたようなフォトウェディングスタジオとか、このLOVEGRAPHとかがオススメ。

ただ綺麗なだけの写真じゃなくて、

”あなたにとって”良い写真を撮ってくれるカメラマン。

出会えると良いですね。

LOVEGRAPHの所属カメラマンは人柄も重視して厳選して選ばれた方ばかりのようですので、一度検討してみてください。

\話題の出張撮影サービス/
Lovegraphを見てみる

札幌のフォトウェディングで素敵な思い出を

札幌のフォトスタジオを7つご紹介しました。
写真は今を未来へと繋ぐとても素敵なモノです。
あなたも是非、プロのフォトグラファーの撮影で思い出を残してくださいね。
ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在は企業のwebライターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にはちょっと詳しいです。当メディアの情報が、仕事が辛い方への手助けになればと思っています。