札幌に移住して1年たったので感想を話します。メリットデメリットも。

札幌への移住

こんにちは。北海道に移住して、毎朝北海道の写真をTwitterにアップしているtk(@tklandphoto)です。

札幌に移住して1年が経ちました。あらためて札幌に住むメリットやデメリットが見えてきましたので、ご紹介したいと思います。

私は北海道を気に入りすぎて、関西から札幌へ移住しましたが…

だいたいこんな感じです。

もう少し詳しくお話します。

このページを見てわかる事
・北海道の魅力
・札幌に移住して後悔しそうな人

いますぐの移住を考えている方はもちろん、将来北海道でのんびり暮らしたいなーなんて思っている方も、ぜひ一度見てみてください。

tk
tk

北海道は良い。

D750
D750

全部良い。

札幌への移住について

北海道の新得町の風景

札幌に移住して1年の私から見て、札幌に移住するにはどのような人が適していそうか、メリットやデメリット、そういった事を順番にご説明していきたいと思います。

とにかく「北海道が好きだ!」というモチベーションがあれば深く考えなくても良いとは思うのですが、やはり生活がありますので計画は必要です。その参考にして頂ければと思います。

札幌へ移住する動機

みなさんどういった目的で移住を考えていますか?「のんびり暮らせそう」「写真が撮りたい」「子育ての情操教育のためにも自然の中で生きたい」いろいろな動機があると思います。

定年後や老後の生活を札幌で過ごしたいな、と漠然と考えている方もいると思いますし、田舎の復興に尽力したいという志を持つかたもいると思います。

なんでも良いと思いますし、そこまで綿密な計画がなくてもなんとかなると思うのですが、大前提として「北海道が好きだ!」という気持ちがないと恐らくイヤになると思います。あと、パリピの方は純粋に生きづらいと思います。

札幌へ移住するのに適している人と、そうでない人

関西から札幌に移住して1年住んでみて、「札幌に住むにはこういう人が合ってるだろうな」というのが見えてきました。

札幌への移住に成功しそうな人

  1. 静かに過ごしたい人
  2. オシャレにそこまでこだわりのない人
  3. 流行の最先端を走る事に興味のない人
  4. ライブなどに興味のない人

こういった方が適していると思います。要は流行や体験型コンテンツにめちゃくちゃ興味がある方は生きづらいですよという事なのですが、札幌は東京や大阪と比べると正直遅れています。流行りのお店が1年以上経ってからやっとできたり、ファッションも1週くらい遅れています。

私は元々ファッション業界の現場で働いていたり、その業界で人事のお仕事をしていました。関西から札幌に移住したのですが、例えば大阪では2018年の時点でみんなBALENCIAGAのスニーカーを履いていましたし、ストリート系ラグジュアリーみたいなファッションが全盛でした。でも札幌に来たら誰もそんなの着てません。冬だからかなと思いましたが、夏になっても全然です。2019年の冬頃に、やっとBALENCIAGAのスニーカーやストリートっぽい恰好の子が増えてきていて、「あれ、なんか懐かしいな」という感じです。

そのくらいギャップがあります。これが良いとか悪いとかではなくて、流行に乗っかりたい方は生きづらいかもしれませんという話です。わたしはプライベートでは服にこだわりは無いのでOKです。

あとは体験型コンテンツに興味がある方もしんどいです。代表的なものがライブですよね。お笑いのライブは大阪や東京にいけば毎日劇場でやってますし、代表的なフェスも開催地は本州です。毎回行くと飛行機代や宿泊代がバカになりませんので、それに命かけてる方は札幌や北海道に住むのは難しいと思います。

最後に1の「静かに過ごしたい方」というところですが、札幌とかすすきのの中心地でもバカみたいに騒いでるパリピみたいな集団が全然いなくてハッピーです。あと電車の中とかめっちゃ静かです。

札幌へ移住して後悔しそうな人

もう殆ど話してしまいましたが、適している方の逆ですよね。

  1. パリピの方
  2. オシャレの最先端を走りたい方
  3. 流行に常に乗りたい方
  4. 毎月ライブ行きたい方

こういった方は、北海道や札幌では生きづらいと思います。

札幌や札幌近郊に移住するメリットとデメリット

札幌に移住するにあたって、どのようなメリットとデメリットがあるのか。移住に適している人ともかぶりますが、もう少し具体的にお話します。

札幌に移住するメリット

  1. 静かに過ごせる
  2. あまり服を気にしなくて良い
  3. ひとり親へのサポートがそこそこある
  4. 札幌移住者というだけでちょっとだけ自分のブランドになる
  5. 30分移動すれば自然を感じられる

あまり多くてもわけわからないと思いますので、当たり前の事はできるだけ避けて5つにしておきました。

静かに過ごせる

適している人のところにも書いたのですが、北海道は基本的に静かです。騒ぎながら歩いてる集団とか全然みません。大阪とか東京ってめっちゃいますよね。札幌にはいないので安心して下さい。これは超メリットです。

あまり服を気にしなくて良い

冬は寒いので、防寒に力をいれます。そんなにオシャレするふり幅がなくて、そういった時期が年の半分くらいあるので、つまりそこまでオシャレを気にしなくて良いです。遊ぶところといえば自然を感じられる場所だったりするので、オシャレするより動きやすい方が良いです。

ひとり親(シングルマザー)へのサポートがたくさんある

私は全然ひとり親でもないし、妻と二人暮らしで子供もいないのですが、札幌に移住するときに調べた情報の中で、特にシングルマザーの仕事とか資格取得、生きていくための資金調達の制度はそこそこ充実しているなという印象でした。

例えば働くための資格を取るための給付金。看護師や保育士、調理師や社会福祉士などなど、そういった資格を取るための養成学校に通っている間に給付金を支給しますよみたいな制度があったりします。その養成学校に入るための補助金も上限付きで給付されたりします。ひとり親世帯のみ医療費も補助があったりします。

子供の情操教育にもめちゃくちゃ良いと思いますので、その辺りを調べてメリットがありそうなら来ちゃうのもアリだと思います。

札幌移住者というだけでちょっとだけ自分のブランドになる

これからの時代、自分のブランディングも大切ですよね。1億総クリエイター時代ですから、企業から個人の時代になってきていて、企業に依存するのではなくて独立して生きていけるようになりたいという人もどんどん増えてきていると思います。

そういったモチベーションで運営されているのかどうかはわかりませんが、例えば札幌移住情報でYoutubeチャンネルを開設されていて人気が出ている方もいます。Youtuber&ブロガーのだんごむしさんとかですよね。

例えば岡山県から大阪府に引っ越してもなにもブランディングに繋がらないと思いますが、札幌に引っ越すとなぜか引っ越しではなく「移住」になって、移住者というブランドがつきます。それはそれだけ札幌や北海道のイメージが良いからで、離島だからなのか引っ越す難易度が高いと思われているからですよね。沖縄も同じような空気があると思います。

たとえばTwitterとかでも移住者だけのコミュニティがちらほらあったりします。そんな繋がりも楽しいかもしれませんね。

30分移動すれば自然を感じられる

これは本当にすごいなと思うのですが、例えば大阪とか名古屋から30分移動しても大自然は見られないですよね。

札幌は約200万人に近い人間が住んでいる都市で、ここまで大規模な都市なのに中心地から30分移動すれば大自然があるという地域は日本には他にありません。

このあたり、全部札幌から30分くらい移動したら見られます。(リスなんて5分電車のったら見れます。)ご興味あればブログの他の記事もいろいろ見てみて下さいね。

札幌に移住するデメリット

デメリットもあります。1年住んで感じたデメリットを、こちらも5つご紹介しておきます。アホみたいなこともありますが、正直に感じているところです。

  1. テーマパークに行きづらい
  2. amazonで買っても届くのが遅い
  3. 車がないとちょっと困る
  4. 水道代とかライフラインのコストがちょっと高い
  5. 老後の生活は少々不安
テーマパークに行きづらい

ディズニーとかUSJとか写真撮りに行きたいですが、モチベーション高くないと行くのつらいです。飛行機乗って、1泊じゃちょっとしんどいから2泊だなーとか、そうなるとけっこうお金かかるなーとかでかなり躊躇します。ちなみにUSJのことを関西人はユニバと言います。ユ↓ニ↓バじゃなくてユ↑ニ↓バです。どうでもいい。

関西に住んでいた頃は電車に30分のればユニバに行けたので、エンターテイメント系はちょっとデメリットです。

amazonで買っても届くのが遅い

離島は物が届くのが遅いです。関西に住んでいた頃は注文したタイミングによっては翌日に届いていたのですが、普通に中2日かかります。いや、冷静に考えるとそれでも十分早いのですが、本州に住んでいた頃の感覚から考えると遅いなーという話です。

慣れって怖いですね。

車がないとちょっと困る

関西とか関東だと、駅のすぐ近くにスーパーも本屋もあれば遊ぶところもあると思うのですが、札幌は中心地から電車で10分離れると駅周辺が寂れてきます。

外食したくなったら札幌駅やすすきの駅周辺にいくしかなかったりしますし、どこか出かけようと思っても、札幌中心地30分圏内より外に出ようとすると車がないと超不便です。

とくに私のような写真撮るのが好きな人間からすると車がないのは超不便です。

多分10年くらい運転していないので、ペーパードライバー講習にいって車は入手したいなーと思っています。

水道代とかライフラインのコストがちょっと高い

水道代はちょっと高いです。

たとえば2015年の家庭の統計データで、20㎥の使用量だと大阪が2063円なのに対して札幌は3585円です。実に1.5倍。

ガスは冬場の寒さに比例して増えがちになりますので、やはり少々高くなります。我が家は二人暮らしの共働きで、どちらかが家にいる時間帯は寝るとき以外ガスファンヒーターをつけていて、2日に1度くらいの頻度で湯舟に浸かって、毎晩料理をして、それで1万2千円くらいです。本州の感覚からすると高いですよね。

その分エアコンとかはつけないので電気代は安いですが、総合的に考えるとやはりちょっと高くなりました。

老後の生活は少々不安

まず病院がそんなに多くなくて、さらに駅付近になかったりします。あとは上にも書いたように車社会だというのと、冬の雪道とかで転んだら骨折しそうです。一軒家だと雪かきが必要なのですが、例えば80歳こえて雪かきとかヤバいですよね。

そのあたりではちょっとだけ老後に不安は感じています。ですので、定年してから札幌や北海道の田舎に移住してゆったり暮らすというのはあまり現実的ではなさそうです。雪国に慣れていなくて歳もとっている状態から、冬道の運転や歩き方、そのほか生活習慣を身に着けるのはしんどいかもしれません。本気で計画している方は今動いた方が良いのではないかなと思います。

札幌が好きなら移住するが吉

札幌に1年住んで改めて感じたメリットとデメリットをまとめたのですが、実際移住する人のモチベーションってメリットデメリットというよりも好きかどうかだと思います。

札幌に旅行にきて、いいなーここに住みたいなーと本気で思ったのであれば、その動機で全然OKだと思います。

周りの人は「そんな簡単に」とか「なんでわざわざ試されにいくんだ」とか言うかもしれませんが、自分で決めて自分が移住するなら全然良いですよね。どこに住もうが自由です。

同じ北海道でも、たとえば網走とか、富良野、美瑛、釧路、そういった田舎(失礼)に引っ越すとなると、例えば仕事も少ないし、子供の学校、病院、その他インフラ等いろいろと心配な部分が多くなると思うのですが、札幌なんて雪が多いだけの普通の都市です。住むにあたっての特別な準備なんて殆ど必要なくて、真冬用に耳あてを買っておけば良いくらいです。耳ちぎれそうになるので。

関西や関東に比べると給与水準は低いのですが、これからの時代はそこも自分の働き方次第でカバーできるのではないかなと思っています。

「札幌に移住して後悔した!」とか、「こんなデメリットがあるからやめたほうがいい!」って20個も30個も無理やりまとめて記事にしている人がいると思うのですが、、、あれってアクセスを集める為のSEO対策でやってるだけで、多分本気では思ってないはずです。

なのでネットの情報だけを鵜呑みにはせずに、自分が北海道や札幌に魅力を感じたのであれば、とりあえず行動して間違いないと思いました。

1年住んで、もちろん今も北海道は大好きです。

tk
tk

札幌や北海道は良いよというお話でした。

D750
D750

写真撮りたい人にはさらにおすすめ。ではまたー。

コメント