【激安】外部ストロボGodox TT600購入レビュー【おすすめ】

godoxtt600レビュー レビュー記事

毎朝Twitterに北海道の写真をアップしているtk(@tklandphoto)です。こんにちは。

今回一眼レフカメラで撮影する為の、格安で高性能なスピードライト(外部ストロボ)を入手しました。

私が購入したときは8000円という本当に大丈夫なのか?という値段だったのですが…全然問題ありませんでした。

このページをみればわかる事
・スピードライトの選び方
・godoxのコスパの良さ
・godoxTT600の操作性
tk
tk

付けるとD750がかっこよくなります

D750
D750

元々かっこいいけどね

外付けのフラッシュが必要になった理由

普段は北海道の風景などをメインに撮っているのですが、たまーに室内で撮る機会があります。

室内だと、やはり光量が足りないことがあります。

D750は内蔵フラッシュが付いてはいますが、「フラッシュ焚いたら写真がダサくなる」という事実に気づきました。

人に向けても、料理に向けても、とにかくまっすぐのフラッシュを焚くと一気にヤボったくなります。

調べたところ、天井に光を当てて反射させる(バウンス撮影)と、めちゃくちゃ綺麗に撮れるというではありませんか!

というわけで、「これは欲しいなあ」と思い、めちゃくちゃ調べた結果、これだと思ったのがGodoxのTT600

外部ストロボを購入するのは初めてですので、選んだ際のポイントや本体の写真、使い方の説明、ちょっとした比較作例等も含めてレビューしたいと思います。

おすすめクリップオンストロボのGodox TT600

どうやら私が欲しているのは、「クリップオンストロボ」という種類の外部フラッシュのようでした。天井に向けて光を発して、バウンス撮影という技のできるものです。

バウンス撮影とは、撮る対象に直接光をぶつけるのではなく、天井や壁に光を反射させることによって、自然な明るさの写真を撮る技。物撮りとかにすごくよさそうです。

選ぶ基準にした、欲しかった機能

  1. 安い(機能?)
  2. 上に向けられる
  3. 普通の電池で動く
  4. そこそこ光が強い

これだけです。毎回持ち歩くものでもないので、重さとか大きさは基本的には度外視で良いかなと思いました。そして充電式だと忘れそうですし、電池で動けば良いような気がしました。

結果的に4つの基準を全てを満たしたのがGodoxTT600でした。TT350と悩んだのですが、どうせ買うならと光量の大きい方にしました。大は小を兼ねる気がします。

Godoxの光量はGN60で、例えばメーカー純正のクリップオンストロボの上位機種と変わらないくらいのパワーを誇ります。それで8000円ってなんなん?

メーカー純正のストロボも、いろいろな細かい機能、痒いところに手が届くような機能がついているからこその値段とメーカーならではの安心にお金がかかっていて、コストではやはりGodoxの圧勝です。初心者はコストで圧勝しているものが欲しいのです。

メーカー製の上位機種と比べたときにGodox TT600が弱い部分としては、「TTLの有無」と、「左右に首が振れるかどうか」くらいかなと思いました。正直どちらもそこまで必要無いなと思い、Godoxを購入しました。(というわけで、TT600は左右に首振りはできません)

クリップオンストロボのTTLという機能とは

Thought The Lensといって、要はストロボの光量を自動で調整してくれるという機能です。メーカー純正のストロボにはこれが付いているものが多くて、「初心者にはTTLがついているものがおすすめ!」といろいろな所でおすすめされていました。

確かに自動で使えた方が簡単で良いような気はしますが、よくよく調べていくと、光量についてはどちらにせよマニュアルで微調整が必要な気がしました。たとえTTLがついていても、撮影したいイメージによって光量を変化させる必要があるのではないかと思い、それならば初めから自分で調整すれば良いのではと、この機能は評価にいれませんでした。

現に、「TTLは実際使った事ない」といった意見も散見されましたので、必ずしも必要ではなさそうです。このストロボを使ってみましたが、ダイヤルを回すだけで設定できるので、TTLは本当に別にいらなさそうな気はしています。

Godoxのスペック紹介

マニュアルに書いてあるものを転記します。翻訳ソフトにでもかけたのか、少々日本語おかしいです。

  • GN60(m ISO100、@200mm)、22段調光(1/1~1/128)
  • 2.4Gワイヤレス伝送を内蔵(レシーバとトランスミッター一体化、長遠距離、無限なクリエイティブ)
  • 拡張機能、無限な応用(ハイスピードシンクロ、ワイヤレスパワーコントロール、ハイスピードストロボ、手動補助フォーカシング)
  • 光学研究、出力安定(ハイスピード連続発光輝度と色温度一致(5600±200k)、光線均一分布
  • 高級パネル、簡単で便利(高精細度LCDディスプレイ直感的な表示、手触り良く、三つのステップで操作)

つまり、光量はそこそこで、別売りの器具をかえば遠隔でも操作ができて、いろんな応用がきいて、すごく操作しやすいよ。という事が書いてあります。

だいたいあってます。

D750
D750

あってるの?

tk
tk

だいたいあってます。

Godox TT600 を開封

godoxTT600の付属品

早速ですが開封しました。amazonで購入したのですが、だいたい8000円くらいでした。※2020年1月現在。

付属品は上の写真の通りで、本体、スタンド、ケース、保証書、説明書がついていました。

買う前に調べた際は「日本語の説明書がついてこない」というレビューが多かったのですが…

説明書も保証書も日本語の物がついてきました。買う業者によっても違うようです。

私はコチラから買いました。説明書ついてるはずです。

パッケージに関しては、表記は中国語と英語です。中国語でGodoxは「神牛」と書くようです。かっこいい。

godoxTT600のパッケージ

箱がボコボコでしたが、まあ気にしない。動けば良い。

ちなみにケースには本体とスタンドが収納できます。素材感も悪くない。

godoxTT600の見た目

本体をかっこよく撮影。

godoxTT600の見た目

スタンドを付けると自立します。首を下げてもしっかりしています。

godoxTT600の首をふったところ

かっこいい。そしてこの写真では伝わらないと思いますが、思ったよりデカい。D750につけてみます。

godoxTT600をD750に装着した写真

ゴツいけど、うちのD750が更にかっこよくなります。

D750
D750

我ながら良い。

Godox TT600の操作説明

godoxTT600の操作説明

どうやらこのような感じのようです。マニュアルに細かく載っていました。しかし良く使うのはダイアルでの光量調整と、焦点距離の変更くらいだと思います。

MODEを押して変更できるマルチモードというのが、連続してフラッシュを何回も焚くとか特殊な設定用です。私は使わないような気がします。

ちなみにAF補助光は

godoxTT600の操作説明

こんな感じ。ピカー。

ちなみに電源は単三電池4本です。

godoxTT600の操作説明

一瞬電池を入れる方向迷いましたが、カバー側が凹んでいるところにプラスを、でっぱってるところにマイナスを合わせればOK。この写真の方向だと、左からプラマイプラマイです。

クリップオンストロボを使うと撮れ高がどのくらい違うのか試してみた

さて、実際にクリップオンストロボを使うとどんなものかというのを少しだけ試してみました。

ストロボを焚かずに撮ったパンダとペンギンのカプセルトイ

部屋の中で普通に撮るとこんな感じになります。露出を上げればもっと明るく撮れるのですが、ISO感度もバリバリあがってノイジーな写真ができあがります。これでもすでにISO2000くらい。部屋の中の撮影は光が足りなくて難しいです。

この写真を簡単に補正するとこんな感じ。

ストロボを焚かずに撮ったパンダとペンギンのカプセルトイ

かすみの除去をつかったりシャドウを上げたり、少し色味が変化してしまいまったり、色がうまく落ち着かなかったりします。

そこで、バウンス撮影をして(フラッシュを天井に向けて焚いて)撮ってみます。

ストロボを焚いて撮ったパンダとペンギンのカプセルトイ

自然な柔らかい光をまとった写真が撮れました。まったく補正していない撮って出しの状態で、ストロボを焚かずに撮った写真とカメラとレンズの設定は全く同じ。

tk
tk

確かに違う。

D750
D750

ただ明るくなっただけじゃなくて、ふわっと柔らかく映るね。

比較してみます。バーを動かしてみてみてください。

ちなみに上のストロボ撮影の写真は1/64の光量設定で撮影しましたので、もっと光を強くすることも可能です。もっと暗い部屋でもなんでもござれ。

普通に電灯のついているだけの部屋では、生活するには十分でも撮影するには光量が足りないという事がわかりました。

これまで室内で撮影する場合はISO感度をあげて後からシャドウ上げて露光あげて頑張って補正してなんとかしていたのですが、ストロボがあればそんな作業からおさらばです。

物撮りとか室内で人を撮るときとか、めちゃくちゃ役立ちそうです。

その他の機能や特徴

正直私には関係ないかなーと思っているのですが、Godoxのウリは、ワイヤレスシステムが安価で手に入るというところです。

どういう事かというと…

  1. Godoxのストロボを離れたところに設置する
  2. カメラにはストロボではなくリモコンのような機器を取り付ける
  3. シャッターを切ると離れた場所のストロボが発光する

こういった具合で使えるワイヤレスシステムです。

ワイヤレスならレンタルのスタジオでもサクっと設営できそうですので、スタジオ撮影の多い方にはかなり有用なのではと思います。

それも、勿論1台だけではなく複数台、Godoxシリーズのいろいろなストロボを組み合わせて使えると。

その送信機がこちら。


amazonで8000円台。全然高くないです。

しかも欲しくなれば後から買えば使えるので、将来的に欲しくなったときも安心ですね。

GodoxTT600のデメリット

いろいろと機能などを見てきましたが、私が感じた純正品と比較した際のデメリットはこちらの二つです。

TTLがない

冒頭でも触れましたが、自動で発光量を調節してくれる機能がないのは純粋にデメリットです。(正直、必要無さそうではあります。)

保証が心配

中国製ですし、壊れた際の保証は諦めた方が良さそうな気はしています。

その分の価格かなと思っています。

「ちゃんと保証がないと不安だ!」

という方は、やはり3万円4万円だしてカメラメーカー純正のものを買ったほうが良いかもしれません。

Godox TT600はどうやら使えそう

godoxtt600レビュー

というわけで、格安で入手したGodox TT600はどうやら使えそうだという事がわかりました。

室内の物撮りとか人撮りとかに使っていきたいと思います。

tk
tk

この値段でこの機能ならめちゃくちゃコスパいいのでは?

D750
D750

いい感じだね。ではまたー。

コメント