小樽の夜の撮影スポット3選!小樽運河と、出抜小路と、〇〇が熱い!

北海道の風景

北海道の小樽は、札幌から電車やバスで1時間ほどで行ける港町です。観光スポットとしては小樽運河がとても有名で、レトロなオルゴール館や洋菓子屋さんの並ぶ通りが観光客(ほぼ外国人)で年中ごったがえしています。海鮮を食べられるお店も多かったり、実はあんかけ焼きそばも人気だったりグルメも楽しめて、札幌の次は小樽!といった感じの北海道定番スポット。

そんな小樽ですが、写真を撮るなら基本的に夜が映えます。小樽運河出抜小路、そして隠れスポットとしておたる屋台村。この3か所で撮影できる風景がとても良かったので、小樽のインスタ映えスポットとして撮影場所をご紹介したいと思います。

出抜小路を夜に撮影するとまるで映画のような写真になる

出抜小路の夜のエモい風景

名称:小樽出抜小路
住所:〒047-0031 北海道小樽市色内1丁目1
営業時間:店舗による。要確認。
https://otaru-denuki.com

出抜小路は、小樽運河の目の前にあります。路地に飲食店が並んでいてとても楽しいスポットなのですが、ここがとにかく映えます。

正確には出抜小路の「夜」が映えるのですが、どういう事かというと「提灯が良い感じに配置されている」という理由。映画のセットのような幻想的な雰囲気を楽しめます。

出抜小路の夜のエモい風景

出抜小路の夜のエモい風景

2階から撮るのが一番オススメ。

小樽出抜小路の幻想的な風景

見上げるのも良いです。一眼レフはもちろん、スマホでも良い感じに撮れると思います。

小樽出抜小路の幻想的な風景

夜の小樽運河を撮影する3つのアイデア

小樽運河の夜の風景を上から見る

小樽運河を撮影する際は、皆さんだいたい運河を正面から見られる場所に殺到して撮影されると思います。しかし、実は上からも撮れます。上の写真で50mmの画角です。スマホだともっと広く写ってしまいますが、コンデジや一眼をお持ちの方はこの角度からの撮影もオススメです。

ではこれはどこから撮影したのか。実は、さきほどご紹介した出抜小路にある「火の見やぐら」から撮りました。無料で上がれますので、是非登ってみて下さい。ただ階段が非常に暗くて正直少々危ないので、足元にはお気を付けください。

次の撮影スポットは、小樽運河沿いです。しかし、皆さんがこぞって撮影している「運河を真正面から撮れるスポット」には行きません。ここはサっと運河沿いに降りて、とくに雪が降っている際はライトにピントを合わせて見て下さい。雪が一直線にキラキラ光って、幻想的な写真を撮れます。

小樽運河のイルミネーション

楽しいです。雪が無くても、この角度からだと皆さんとは一味違った写真を撮れるハズ。やわらかいガス灯の明かりを楽しめます。

最後の撮影ポイントとして、冬のイルミネーション期間限定にはなりますが青のライトで遊ぶのも楽しいです。

小樽運河のイルミネーション

運河を撮るだけが小樽運河の楽しみ方ではないよというお話でした。

レンガ横丁とロマン横丁も良い。

名称:おたる屋台村
住所:〒047-0032 北海道小樽市稲穂1丁目4−15
営業時間:店舗による。要確認

おたる屋台村は、商店街(サンモール)の脇にあります。レンガ横丁とろまん横丁に分かれています。ここも良い。

おたる屋台村の幻想的な風景

異世界に入っていくような雰囲気。

おたる屋台村の幻想的な風景

おたる屋台村の幻想的な風景

ここも出抜小路と同じように、やはり提灯がすごく良いです。幻想的な雰囲気の写真を撮れます。

小樽の夜のオススメ写真撮影スポット3選でした。

小樽出抜小路の幻想的な風景

小樽の撮影スポットといえば倉庫や運河が有名ですが、夜に撮影するにはこういった路地がとてもオススメ。きっと良い写真が撮れると思いますので、是非足を運んでみて下さい。

tk
tk

今回ご紹介した写真は全てAi NIKKOR 50mm F/1.4Sで撮りました。

D750
D750

味があって良い感じになったね。ではまたー。

コメント