カメラの話

【第三回】ISO感度の意味を直感的に分かり易く説明します

札幌に移住してきて写真を撮りまくっているtk(@tklandphoto)です。こんにちは。

初心者向けデジタル一眼カメラ撮影講座の第三回です。

今回は「ISO感度にはどういった意味があるのか」というお話。

たとえば夜景を撮影したとき、写真の画質がやけにザラザラになったことはありませんか?これにはISO感度が関係していますので、当記事で解説します。

撮影&画像編集入門記事

下記の記事に、デジタル一眼カメラでの撮影とライトルームでの画像編集ができるようになる為の入門記事をまとめてあります。

カメラの設定の全体像

第一回、第二回目と同じく、まずはカメラの設定の全体像をお伝えしておいた方が良いかと思います。
一回目、二回目と全く同じですから、すでに見た方はこの項目は飛ばして頂いて構いません。

カメラを撮影する際にカチャカチャと設定する項目は大きく3つあります。

絞り値
シャッタースピード
ISO感度

この3つ、お互いに深い関係にあって、どれかを変えると他の項目にも影響します。

この初心者講座では、まずはこの3つを切り離してご説明して、最後にまとめて解説したいと考えています。

ISO感度とは

設定を変えると、写真の何がどう変わるのか。

「写真のクオリティ」

「他の設定との関係」

という2面からご説明したいと思います。

まずはクオリティ面から。

ISO感度と写真のクオリティ

ISO感度は、仕上がった写真のクオリティと関係しています。

簡単に結論から説明します

ISO感度が低いほど、写真にザラつきがなく綺麗に仕上がる。
ISO感度が高いほど、写真にザラつきが出る。

ISO感度を調整する事は、増幅器を使うようなものです。

と言われてもわからないと思いますので、具体的にどういった違いが出るのか例を出します。

極端な例が分かり易いので、100と12800を比べてみます。

まずはISO100の写真

つぎにISO12800の写真

拡大して並べて見てみます。

左がISO100、右がISO12800の写真です。

全然綺麗さが違いますよね。

ISO感度と他の設定との関係

クオリティの項目の冒頭で、「ISO感度を調整するのは増幅器を使うようなもの」とお伝えしました。

ISO感度を上げると「写真データの明るさ」が増幅されます。

そんなISO感度には、第一回と第二回で学んだ「絞り」「シャッタースピード(SS)」が関係してきます。

実は、絞れば絞るほど写る写真が暗くなります。

SSでも同じような事が言えて、SSを短くすればするほど写る写真が暗くなります。

例えば屋内で人物を撮影する場合。

なんだか上手く撮れなかったことはありませんか?

第二回の講座でご説明しましたが、手ブレせずに撮影できる目安のSSは「1/焦点距離 秒」程度です。

普通の屋内では光量が足りない事が多くて、SSが長くなりすぎる場合があります。

特に人物を撮る場合は風景と違って動きますので、ブレブレの写真が量産されます。

ここで、「ISO感度を上げると写真が明るくなる」事を利用して調整します。

ISO感度を上げて写す写真を無理やり明るくすると、SSを短くしても適正な明るさで写真撮影ができるようになるのです。

ISO感度の設定の目安

これまでの項目では、

・ISO感度を上げれば上げるほどザラつきが出る
・暗い場面でシャッタースピードを稼ぐにはISO感度を上げるべき

という事がわかりました。では実際に使える範囲のISO感度はどのくらいなのでしょうか。

ここで関係するのが、「高感度耐性」というカメラの性能の指標です。

「高感度耐性が高いほどISO感度を上げてもノイズが目立ちにくい」

という図式が成り立ちます。

これはセンサーサイズによって変わる部分が大きく、センサーサイズが大きいほど高感度耐性が高い場合が多いです。

ここでいろいろなカメラを例に出すのもまた複雑になりますから、なんとなくの目安をお伝えします。

最終的には実際にご自身のカメラで試してみるのが良いでしょう。

ISO感度の常用範囲の目安

マイクロフォーサーズ: ISO2000程度まで
APS-C :ISO3200程度まで
フルサイズ: ISO6400程度まで

あくまで私の経験といろいろなデータからの経験則です。

こちらを目安にいろいろと試してみて頂ければと思います。

最後に、D750の作例を出します。

D750はフルサイズ機ですから、わりと高感度耐性が高い機種です。

ISO感度比較用:D750の作例

低いISOだと勿論綺麗ですので、2000から行きます。

こちらがISO2000の作例。

次はISO3200。

3200の作例があまり見つからず、少しわかりづらいです。

そしてこちらがISO6400の星景。

長秒撮影しているのでそのノイズも合わさっていますが、まだ実用範囲です。

まとめ

今回は「ISO感度にはどういった意味があるのか」というお話でした。

ISO感度を上げると画質が悪くなるけれど、写真が明るくなります。絞りやSSとうまくバランスを取れるよう練習しましょう。

自分の写したいイメージに合わせて絞りとシャッタースピードを設定して、最終的にISO感度で調整しましょう。

補佐的な位置ですが、ISO感度もとても重要です。

自然に設定できるようになると撮影がもっと楽しくなります。

さて、次の第四回目では「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の具体的な設定手順をご説明して、この講座は一旦終了になります。

ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在は企業のwebライターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にはちょっと詳しいです。当メディアの情報が、仕事が辛い方への手助けになればと思っています。