コラム

デジタル一眼カメラは、あなたの人生を豊かにします。

札幌に移住してきて写真を撮りまくっているtk(@tklandphoto)です。こんにちは。

今回は

「カメラのある生活はこんなに素晴らしいよ」

「カメラのある未来はこんなに明るいよ」

というお話をしたいと思います。

私はPanasonicのLUMIXシリーズのカメラを買ってからカメラの世界にはまり、次に一気にフルサイズ機のD750に移行しましたが、大正解でした。

デジタル一眼カメラやミラーレスカメラを買おうかどうか迷っている方や、趣味を探している方、買ったばかりの初心者の方、是非見て行って下さい。

デジタル一眼カメラは感動を切り取れる

デジタル一眼カメラの素晴らしさってなんでしょうか。

写真を綺麗に撮れること?背景をボカせる事?

いえ、あなたの思い通りの写真を撮れる事です。

スマホのカメラで感動できる写真を撮る事ができれば、軽いしコンパクトだしめちゃくちゃコスパ良いです。

ですが、本気で写真撮影が好きならデジタル一眼カメラをオススメします。

何故かといえば、

「綺麗に撮れるスマホ」

はたくさんでていますが、

「思い通りに撮れるスマホ」

はまだ出ていないからです。

というのも…どれだけスマホの画像処理エンジンが優秀になっても、レンズの大きさにどうしても限界があるからです。

それによってズームの機構が難しかったり、階調の表現に限界が出てきます。

デジタル一眼のレンズが大きいのは、大きいなりの理由があるという事です。

結論、デジタル一眼カメラのすばらしさは、あなたの「思い通りの写真」を撮れることです。

「そのときの感動を切り取って保存する」という素晴らしい体験をスムーズにできるのが一眼の良さです。

何故なら人間の目はピントの合う範囲が狭いから

例えば旅行にいったとき、だいたいの方がスマホで写真撮りますよね?

比較的高めなテンションでソフトクリームを撮ったり、皆で自撮りしたり、風景撮ったり、楽しいです。

自撮りをすれば、そのときの写真を一緒にいった友達や彼女や家族と見返したり、送りあったり、SNSのアイコンにする事もできます。

記念にもなるし、記憶を思い起こすキッカケにもなります。とても良いお土産です。

でも、風景の写真ってどうですか?

最近は性能が上がっているとはいうものの、スマホで撮った風景の写真ってそんなに見返したり友達に配ったりしないですよね?

(あえてスマホで撮ってめっちゃ見返す方いたらスミマセン…)

それは上でも書いたように、スマホでは「綺麗に」は撮れるけれど「思い通りに」は撮れないからです。

それは人間の目の構造に原因があります。

というのも、人間って思ってるより見えている範囲が狭いからです。

視野角は広い人で200度くらい(360度の半分以上!)あるのに、

実際にピントが合っている範囲は中心の一部分だけなんです。

風景を見たときも、同じように風景のどこか綺麗な場所の一部にピントがあっている状態で感動しています。

それをスマホで写すと…余計な部分まで映っちゃいますね。

思ったのと違う写真がスマホの中に出来上がるのはそのせいです。

めちゃくちゃすごい絶景スポットでも、スマホで撮って帰ってから見返すとあまりそのときの感動が伝わってこない事も多いです。

私も初めて北海道に旅行したときに、

「北海道の素晴らしい風景はスマホでは映しきれない!」

と思いました。

でも、あなたに一眼カメラがあれば、きっとそのときの感動ごと切り取る事ができるようになります。

撮りたい画角に合わせてレンズも変えられますし、スマホのデジタルズームと違ってレンズの機構でズームすると画質が落ちませんので、好きな部分だけ切り取れます。

イマからミライまでを繋ぐカメラ

一眼カメラがあれば、風景も立派なお土産にできます。

作品にもできるし、そのときの記憶を呼び起こすトリガーにもなりますので家に飾れば毎日ハッピーです。

=あなたの人生が豊かになります。

実際に私の例でお話しすると…

カメラを手に取るまでは旅行に行ってもろくに写メなんて撮らず、

なんとなく観光して、

なんとなく美味しい物を食べて

そんな感じで旅行が終わっていたのですが、カメラを持ち出してからは全く変わりました。

写真撮影の技術を身に付ければ、もしかすると仕事や生活に変化が出てくるかもしれません。

私は、カメラを持つまで仕事に写真なんて全く関係なかった(ないと思っていた)のですが、仕事でも少しずつ使うようになりました。

写真や画像ははプレゼン資料から研修資料、広告、なんでも使われています。

写真の扱い方がわかれば、

「ここにこんなイメージの写真があればもっと伝わるな」

という事が具体的にイメージできるようになります。

「でも、今から始めてもな…」

「忙しいし、撮ってる時間ないしな…」

と思いますよね。でも人生って長いです。

「人生が長い」という話題、たまに漠然と考える事があると思いますが…

もしあなたが新しい事を始めるのに躊躇していたとするならば、少しだけ考えてみて下さい。

今は人生100年時代で、もしあなたが今30歳前後なら、今まで生きてきた期間をあと2回くらい繰り返す可能性が高いわけです。

40歳を超えたあなたも、きっと1回以上は繰り返します。

これが例えば60歳でも、80歳でも。

10年や20年単位でこれからの生活があります。

写真撮影は老後もできる趣味ですが、例えばたったの10年でも本気で撮影し続けたらめちゃくちゃスキルが上がります。

10年撮影するって冷静に考えるとすごいんですよ。

新卒で入社して2,3年で独り立ちするカメラマンもいるでしょうから…そう考えると本気で取り組めば完全にプロのスキルが身についてますよね。

これからの時代は確実に動画コンテンツが増えてきていますが、一瞬を切り取った写真の価値は下がらないと思っています。

例えば子供や孫の写真。

嫌がったとしても定期的に最高に綺麗に撮ってあげて、結婚式の際にでも渡してあげましょう。

きっとその写真を撮ったときのあなたの感動が、年月を超えてその写真で伝わるはずです。

今から未来までを繋ぐ架け橋になるのがカメラなんですよね。

カメラはあなたの人生を豊かにします

もしもあなたがカメラを買おうかどうか悩んでいたり、趣味を探していたりするなら、迷わず買うことをオススメします。

きっと、あなたも、まわりのひとも、いまよりもっと笑顔になります。

というわけで、

「カメラは自分の思ったように感動を切り取れるツールで、あったらめちゃくちゃ人生が豊かになるよ」

というお話でした。

ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在は企業のwebライターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にはちょっと詳しいです。当メディアの情報が、仕事が辛い方への手助けになればと思っています。