札幌の風景

札幌ミュンヘン・クリスマス市は食べ物もイルミネーションも最高です。

札幌の大通り公園では、毎年クリスマス時期になるとミュンヘン・クリスマス市が開催されます。

「クリスマスっていっても、はしゃぐ歳でもないし…」「外寒いし…」

いえいえ、札幌のミュンヘン・クリスマス市は綺麗なイルミネーションあり、ドイツっぽい食べ物もあり、ホットワインもあり、大人もめちゃくちゃ楽しめるスポットです。
もちろん子供ははしゃぎまわり、カップルはいちゃつき、しかし独り身でも楽しく写真を撮影できる、そんな素敵なスポットです。

ファンタジーな写真とともにご紹介したいと思います。

ミュンヘン・クリスマス市とは

ミュンヘン・クリスマス市とは、さっぽろの大通り公園で開かれるクリスマスイベントです。

例年11月末から1か月くらいの期間で開かれます。
2019年の開催情報はこちら。

第18回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

・開催期間
2019/11/22 ~ 2019/12/25
・場所
さっぽろ大通り公園
11:00 ~ 21:00 (ラストオーダー20:45)
・イルミネーション
16:30 ~ 22:00

札幌とミュンヘンは姉妹都市!

このミュンヘン・クリスマス市は、札幌がドイツのミュンヘンと姉妹都市という事で、毎年交流の為に開かれています。

ちなみに札幌とミュンヘンが姉妹都市になった背景には、「ビールの産地として有名」という事が挙げられます。
ドイツは紀元前1800年から作り続けているらしく(すごい!)、明治時代からビールを作り始めたルーキーの札幌と並べてしまうのは少々苦しいところがありますが、それ以外にも緯度や人口が似ているなど共通点が多くあるようで、昭和47年から姉妹都市になっています。実は札幌にはミュンヘン大橋なんていう橋もあったりします。

そんな姉妹都市のミュンヘンで毎年開かれているクリスマスマーケットを札幌でも開いて、もっとミュンヘンも知ってもらおう!という事で、食べ物あり、ホットワインあり、ビールあり、クリスマスの小物やお土産のケーキもあり、テレビ塔の展望台からの最高の眺めもあり、というイベントが開かれるようになりました。

ミュンヘン・クリスマス市の様子

それではどのような様子のイベントなのかご紹介していきます。

ちなみにとても混雑しているイベントですので、踏み固められて雪がカッチカチです。本当に気を付けて下さい。

なかなかの人通りです。
このイベントがオススメな理由はなにより大通り公園という空間の世界観をしっかり統一しているところ。店の装飾は全店統一感があって、スタッフさんのイメージにも気を付けているのが見て取れます。イベントの成否は最終「ブランディング」に尽きると思っていますが、その点でこの札幌のクリスマス市もとても良いですよね。

ドイツっぽいしクリスマスっぽい。
さすがにウインナーなんて食べるとビール飲みたくなりますが、すぐ酔っぱらうので外では自粛。
しかし大通り公園はお酒が好きな方にはめちゃくちゃ良いですね。
夏はビアガーデンがあるし、冬はクリスマス市がある。
ちなみにミュンヘン・クリスマス市ではビールやホットワインは勿論、レモネードやホットチョコなどのソフトドリンクを出すお店もありますので、老若男女楽しめますよ。

イルミネーションの写真

さて、それではここからはイルミネーションの写真をご紹介です。
もしご興味あれば、イルミネーション撮影がこんなに楽しくなる!というコツを教えますという記事で撮影方法もご紹介しています。
カメラをお持ちの方は、絶対に持って行って頂きたいです。

それでは参ります。

まとめ

ミュンヘン・クリスマス市の様子をご紹介しました。
食べ物もよし、イルミネーションもよし、しかも気軽に行けるという素敵スポット。

ちなみにですが、一応『ミュンヘン・クリスマス市 in sapporo』と『さっぽろホワイトイルミネーション』は別のイベントになっています。

形としては、『ミュンヘン・クリスマス市』と『ホワイトイルミネーション大通り会場』が併設されていて、大通り会場以外にも、赤れんが庁舎前の通りや札幌駅北口などでイルミネーションイベントが展開されています。

毎年恒例のイベントですので、タイミングが合えば行ってみて下さい。

では。

ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在は企業のwebライターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にはちょっと詳しいです。当メディアの情報が、仕事が辛い方への手助けになればと思っています。