明治時代へタイムスリップ!中島公園の豊平館を撮影してきました。

札幌の風景

北海道札幌市の中島公園の中にある、『豊平館』(ホウヘイカン)をご紹介します。明治政府が建てた唯一のホテルで、国指定重要文化財にも指定されている建物です。

tk
tk

中もなかなか撮りごたえがありました。

D750
D750

照明足りないから、カメラの設定には気を付けてね

豊平館とは

名称:豊平館
営業時間:9:00~17:00
(毎月第二火曜日、年末年始休業)
住所:北海道札幌市中央区中島公園1-20

明治天皇が行啓(お出ましになる事)された後は、民間に貸し出されてホテルとして運営されていたという建物。皇室御用達のホテルというブランドで、すごく由緒正しい建物です。

tk
tk

外観も内装もレトロでめっちゃ良い感じですね

D750
D750

文明開化の音がするね

豊平館へのアクセス

中島公園の中にあります。地下鉄南北線『中島公園駅』徒歩5分。ゆっくり公園内を見ながら歩いて10分。雪の中なら15分。中島公園付近にホテルもありますので、泊まった際の早朝のお散歩にとても良いですね。

豊平館のご紹介

それでは写真でご紹介して行きたいと思います。

tk
tk

入館料は300円でした

D750
D750

中のカフェのコーヒーはリーズナブルだし、全然元取れるね

1F ロビー

受付は別の建物になっており、少し進むとすぐに豊平館に入ります。
1Fのロビーはこんな感じ。オシャレな洋館です。

右手のドアはカフェになっています。
まずはこちらから。

1F カフェ

早朝に公園を散策して、ここのカフェで一休み。いいですね。
入館料300円+コーヒー300円。普通の喫茶店と変わらない値段で入れる隠れ家的なスポットです。

とても良い雰囲気です。

このドア、めちゃくちゃデカい。なかなか見たことない大きさです。このドアを挟んだ隣の部屋は講座などの使用で貸出しているようで、今日も集まっている方々がいました。

tk
tk

コーヒー飲んでないけど係員の方がめっちゃ説明してくれました。

D750
D750

観光ガイドのプロの技を見たね。

結婚式場

豊平館は結婚式場としても利用されていたようです。

過去に豊平館で2万組以上が結婚式を挙げたそう。
今は結婚式はできないとの事でしたが、館内でのフォトウェディングは可能のよう。
ここで撮影、めちゃくちゃオシャレです。

2F 大広間

結婚式を挙げていた際は、ここを披露宴会場として使っていたそうです。

tk
tk

超広角の14mmで上の写真みたいに全体が写るくらい。めっちゃ広いです。

D750
D750

魚眼レンズとか使っても面白かったかもね

この書もレプリカではなく本物を展示してあるそうです。

ところでカフェも大広間も同じ柄の絨毯です。唐草模様で、カーテンも全て揃えているとの事。
こだわりがある。

ウメの間

こちらは明治天皇が宿泊された部屋。

奥には入れなくなっています。殆どの家具はレプリカだそうですが、ひとつだけ当時からある椅子が展示されています。

大広間には、明治天皇の行幸時の絵も展示してありました。

200名ほどでの行幸だったそうです。

天井の模様

さて、館の中の天井をよくよく見ると、シャンデリアの付け根にそれぞれ違う模様があります。

この意匠も豊平館のウリの一つ。
それぞれの場所で違ったデザインになっています。

館内の各部屋で撮ったものを並べてみました。
さすが重要文化財。それぞれ違う模様でかなり細かい仕事です。
部屋数から考えていくつか撮り忘れてそうですので、漏れているところがあったら教えて下さい。

tk
tk

ガイドの方がめっちゃ説明してくれたのですが、掘った方の名前忘れました

D750
D750

知ってる方いたらおしえてね

その他館内写真

天井がとても高いです。明治時代のアメリカでの建築様式でそのまま建てたらしく、1Fも2Fも天井の高さが4m以上あるそうです。THE・洋館。

テラスも映えます。実は向かいの建物にも同じ形のテラスがあるのですが、それはこの豊平館へのリスペクトで作られたそう。そんな趣のあるエピソードも。

まとめ

とても良い雰囲気の建物でした。
館内の各部屋は貸し部屋として利用できるようです。ここでレッスンとかすごいオシャレですね。
詳しくは公式ページからお問い合わせください。

tk
tk

札幌から近いし、中島公園の自然も楽しめて良いですね

D750
D750

そうそう、中島公園の記事もみてね。ではまたー。

コメント